yori さん プロフィール

  •  
yoriさん: 〜LA DOLCE VITA〜イタリア雑貨店・店主のつぶやき
ハンドル名yori さん
ブログタイトル〜LA DOLCE VITA〜イタリア雑貨店・店主のつぶやき
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/animata2000/
サイト紹介文イタリアのこと、お店のこと、京都のこと、美味しいこと、走ってること・・色々つぶやいてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2010/11/04 16:57

yori さんのブログ記事

  • 今年もこの時期になりました
  • あっという間もなく7月も半分過ぎました。。京都の7月といえば、何をおいても祇園祭。そのクライマックスの1つとも言える、前祭(さきまつり)の宵山〜山鉾巡行が、無事に執り行われました。去年も一昨年も、この週は京都を留守にしていて非常に残念だったゆえ、3連休と重なってどエライ人出の波にのまれるのは恐ろしかったけれど、意を決して(<大げさ)各山鉾町へ出かけてまいりました。15日(土)宵々山で、無事にゲットできた [続きを読む]
  • 夏はシュワシュワが最高
  • 九州、またもや受難・・・自然災害は、最早どこにいても”想定外”と言えない。我が町にも、桂川支流の紙屋川が、普段はソロソロと穏やかに流れているけれど、ちょうど5年前には1時間に90mm以上の豪雨で氾濫したことがあり、大きな川も支流も山も多い京都だってヒトゴトじゃないのだ。それにしても、朝倉市のまるで津波の後のような惨状。。大勢の方も亡くなって、行方不明の方々も見つからず。。。胸がつまります。。。こんな時に [続きを読む]
  • ネタがないので人様ので・・ww
  • 先月1週間ほどイタリア(主にフィレンツェ)を旅してきた友人夫妻。ここ何年かは、ご主人の有給が取りやすい時期に合わせて毎年必ず1回は行くという大のイタリア好き。他にも何人か、毎年の貴重な休暇をイタリアのみに費やすというツワモノが、知人友人お客様にも何人かおられますが、プライベイトの旅なら他の国もたくさんあるのにねぇ。。と、仕事と称して行く私だからこそ正直スゴイなぁと思う(笑)前述の友人、記憶が鮮明なうち [続きを読む]
  • まだまだこれから
  • またまたランネタですこの8ヶ月間は一体何だったんだろう。。というくらい、膝はすっかり治ってしまいました(笑)すごいよ、アトラス療法。今月の月間走行距離は、去年の10月以来久々に100kmを達成地に落ちた体力も少しずつ戻ってきて、うなぎ登りだった体重と体脂肪率もボチボチと戻りつつあり。更年期の症状は、暑くなる時期に比例するように頻発してまぁまぁしんどいですが、走ってすっきりして相殺できるので、治って本当に本当 [続きを読む]
  • Mi dispiace moltissimo.....
  • 200万人以上の人達が涙した日。200万人以上の人達が祈っていても、神様は聞き届けてくれなかった。大切な人がいなくなるという喪失感や無力感って、日に日にどんどん大きくなるものだから、残された方々のココロを思うと胸がズキズキと痛む。語弊を恐れずに言うならば、特に、お姉ちゃんが心配です。。。。。今日25日は恒例北野の天神市の日で、ちょうど日曜ということもあり、骨董市好きの妹が愛犬のバムを連れて遊びに来てくれた [続きを読む]
  • 京都でシチリアを想ふ
  • 今日は久々にまとまった雨が降って一息ついた感じでしたが、例によって記録的な雨量の地域もあって被害が心配されます。。そして、今日は日の出から日の入りまでの時間が1年で最も長い”夏至”。明日から少しずつ明るい時間が短くなると思うと、ものすごくテンションが下がってしまう子どものようなワタシ・・この時期は夜9時頃でもほんのり明るいイタリア。今まさにフィレンツェに旅行中の友人夫婦が、FacebookやInstagramに上げ [続きを読む]
  • ブレイクタイムでイタリアの洒落を学ぶ
  • 家で仕事していると、どーにもオンオフのけじめがつきにくく、暇だと平日でもちょいちょいゲンキの顔をのぞきに行っては、添い寝の誘惑に負けそうになったり、立て込み出すと、日曜でも落ち着かなくてつい仕事部屋にこもってしまったり。いずれの場合も、私にとってちょっとスイッチを入れ直すのにいいのがカッフェタイム。必ず、直火式のマキネッタでエスプレッソを淹れていただきます。最近、カッフェ用のシュガーとして使ってい [続きを読む]
  • ミラクル、ミラクル
  • 梅雨に入ったとは思えないほど、爽やかな陽気の日が続いています。今週に入って、俄然騒がしくなってきました。あ、市民ランナー間だけの話ですが・・春にエントリーした秋のレースの抽選結果が続々発表されて、ブロガーさんや仲間内でも一喜一憂。とりあえず、私も2本年内の出走レースが決定しました10/29 金沢マラソン(初参加!)11/19 神戸マラソン(5回中4回当選って、スゴイな私)大阪は、さすがに連続当選ならず。さらに [続きを読む]
  • 美味しいものを更に美味しく
  • こちらも当店大人気商品、ダッテリーノのトマト缶入荷のお知らせです。酸味がほとんどなくてとにかく甘いので、余計なものは入れずオリーブオイルとこのトマト缶だけでも、シンプルながらも美味しいトマトソースができちゃうのですが、今回、あえて手間をかけて更に美味しいトマトソースを作ってみました。レシピは、NHKイタリア語講座で昨年10月〜今年3月に放映された(現在も再放送中)”旅するイタリア語”の中で、”ロザンナ・ [続きを読む]
  • ちっちゃいけど、頼れる存在
  • 先日、当店人気のデミタスカップが再入荷しました。”デミタス”というのは、フランス語の”demi-tasse”で半分のカップという意味。普通のコーヒーカップの半分ほどの大きさ、つまりはエスプレッソコーヒーを飲む時に使う食器です。今でこそ、日本でもエスプレッソの認知度が上がって小さいカップで飲むことも一般的になりましたが、一昔前は、イタリアに行った知人が、コーヒーの量が少なすぎる!しかも苦くて飲めん!と怒ってい [続きを読む]
  • 初夏のお山と火の用心
  • 早朝から日差したっぷり、風もからりと爽やかな、6月最初の日曜日。決して調子に乗ってるわけぢゃーないですが、今日は愛宕山(標高924m)山頂の、愛宕神社まで登ってきました。一昨日降った台風のような雨風のおかげか、空気がとにかくきれいで、かなり先の川面までパキーッと見えるほどでした。何度登っても、ここまでたどり着くのはまぁまぁハード。ちょうど1年前もトレーニングのために登って、降りは山頂から嵐山駅までずっと [続きを読む]
  • アラフィフ、頑張る。
  • ランニングに興味のない方はもちろんのこと、走ったり大会に出ている方でも、こんなことにまで興味ないわと言う方も大勢おられるかと思いますが。毎年5月、RUNNETさんにて集計された、その前年の4月〜3月に開催した日本陸連公認コースを使用する対象大会の完走記録データを元に、その年のベストタイムで男女別かつ1歳刻みでランキングが発表されます。小学生の頃から順位好きなもので(笑)、当然、これも走るための重要なモチベーシ [続きを読む]
  • いつまで残すか、それが問題だ
  • 数日前、ここ5年ほどお世話になっているお客様が「明日から娘とイタリアに行ってきま〜す」とメールを下さいました。全5泊の行程のうち、ボローニャに3泊する間に念願だったフェッラーラにも足を伸ばす計画が、お嬢様の「リミニに行きたい」というご希望に、何とか調整すべくネットで旅日記を検索してみたら、アニマータの記事がすぐヒットし、参考になったと書いて下さってました。頑張って書いてきた甲斐があるわ〜と喜ぶ反面、 [続きを読む]
  • 目にも楽しく脳にも優しい
  • パソコンのその後。数日間による格闘の末、一旦再起動すると全てのアプリケーションが起動するのに数十分かかるものの、何とか業務に支障のない程度にまで復帰させることができました。こーゆー時、アナログで孤独な個人事業者はほんと困るゎ・・・久々に、ルームフレグランスのニューフェイスをご紹介。その名も、"lllrope"(エルエルエルロープ)。アロマディフューザーとしてよく見かけるのはリード(スティック)を使ったタイ [続きを読む]
  • 京都でお遍路
  • 数日前、突然パソコン(Win7)が駄々をこね始め、少しずつできないことが増え、今ではWindows Live メールが受信以外全く何もできず、ホトホト困っておりまする・・(ネットもちょっと危うい)あぁ、受難は続く・・・神頼みの次は仏頼み・・というわけではないですが、走れないなりにトレーニングの1つになればと、ラン友Y子に付き合ってもらって、仁和寺裏手の御室八十八ヶ所霊場巡りに行ってきました。そう、かの四国の”お遍路” [続きを読む]
  • 元気です
  • 毎日誰かしらご訪問下さってたというのに、1ヶ月以上も放置してしまいました・・・すみません・・先月、少々色々ありまして、このいや〜な流れを断ち切ろうと安倍晴明神社でお祓いしてもらったり、安井の金比羅さんで悪縁切りの儀式をしたりと神様にすがってばかりいましたが、ココロはずーんっと凹んだままなかなか戻らず、ギリギリまで放置した決算業務だけは何とか大慌てで無事こなし、そのうち、ひっさびさに風邪引いて長引い [続きを読む]
  • Fiori di ciliegio ancora...
  • 人〜生楽ありゃ苦もあるさ〜凹んでる時は外へ出よう。桜がきっと癒してくれる。。。<4月9日撮影>基本、桜はお日様の下で見る派ですが、平野さんはご近所なのでやっぱり昼夜足が向かいます。数日の間に一気にさくら苑の方も見頃になりました。<4月11日撮影>週に1度のリハビリジョグで賀茂川へ。この時期は、あちこちで雪柳もわっさ〜っと咲き乱れ、桜との競演が絵になります。<4月11日撮影>毎年欠かせない大好きなお花見スポ [続きを読む]
  • GUARDARE I FIORI
  • やっと春めいてきた今日この頃。ここ数日で、京都の桜も一気に開花が進んでいます。それでは早速行ってみよっ<4月3日撮影>恒例、平野神社の早咲きしだれ、魁(さきがけ)桜。例年なら3月末には満開を迎えますが、今年は少々遅めです。この時は、さくら苑のソメイヨシノがまだつぼみゆえ、これ1本に皆が殺到<4月3日撮影>番外編、五色八重散椿(ごしきやえちりつばき)!ご近所にある、椿寺としても有名な地蔵院。秀吉が寄進した [続きを読む]
  • 自分の中身は意外にも美しかった
  • なかなか桜が咲いてくれないので、更新が滞っておりました・・・(笑)京都も来週末辺りにはどこも見頃になって、数ヶ所くらいはUPできるかな。2月末頃から、左手の人差し指と中指辺りがしびれるようになり、なんだろう?と思っていたら、3月中頃から左目まぶたの上が1日中痙攣するようになり、オットに何気なく話したら、「脳ドックや脳ドック!」と言うもんで、今週水曜にちょうど健康診断を予約していた病院で、ついでに初めて脳 [続きを読む]
  • ラストチャンス
  • 本日もランネタ一色です・・・今シーズンラストチャンスのフルマラソン、名古屋ウィメンズマラソンが昨日開催されました。3週間前の京都での左膝激痛による無念のリタイヤ以来、1mmも走らず筋トレとストレッチのみで過ごしてきて、先週、整形外科で受けたMRIでは、腸脛靭帯に少し白い炎症が見られるものの、骨にも半月板にも異常がないようなので(ドクターにも絶対ダメって言われなかったし!)、前夜入りで行ってきました。家族 [続きを読む]
  • ミモザとゲンキ
  • 本日3月8日は、”LA FESTA DELLA DONNA(ラ・フェスタ・デッラ・ドンナ)” 国際女性デ〜〜 ですよ。イタリアでは、日頃の愛と感謝を込めて男性から女性にミモザの花を送る日で、日本では、それに便乗して”ミモザの日”と言われてるらしい・・・オットがそんなしゃれたことをしてくれるわけがないので、自らミモザを買いに花屋さんに出かけたところ、どこにもない!四条烏丸辺りのオサレな花屋さんまで行けばあるのかもですが、 [続きを読む]
  • 美味しいパスタと東京マラソン
  • 長らく欠品しておりました伝統製法Il Vecchio Pastaioのパスタが入荷しました王道のスパゲッティ2.0mmと、何かと使いやすいペンネの2種類です。乾燥パスタ発祥の地、ナポリ近郊の町グラニャーノで、プーリア州はアルタムーラの最高級小麦グラノドゥーロを使い、成型後は低温の50℃でなんと20時間も乾燥させるという昔ながらの製法で作られています。小麦自体の香り、旨み、もちもちっとした食感、更に冷めても旨いのも素晴らしい。 [続きを読む]
  • LA MARATONA di KYOTO 2017
  • 今日はランネタオンリーで、まぁまぁ暗いです昨日2月19日日曜日、京都マラソン2017が無事開催されました。絵に書いたような素晴らしいレース日和。気分を盛り上げる爽快な青空に、適度な低気温。やや風は冷たいものの、走ってる間の熱を冷やしてくれる恵みの弱風。ウルトラマラソンで痛めた膝を大阪マラソンで悪化させてから約3ヶ月半。神戸に奈良、高槻ハーフも出走を見送り、年明けからのリハビリトレーニングが功を奏していい感 [続きを読む]
  • おひさまが欲しい
  • 節分が過ぎ、改めて新しい年を迎えたというのに、どうにも力が出ない今日この頃・・・きっとこの冷え込みのせいね・・・やっと10月の旅日記完了です。最終日はローマから。この日もあいにくのお天気で、絵的にイマイチですが・・ローマって、こんなに横断歩道に信号なかったっけ??っていうくらい、怖い思いをしたこと度々。ここはナポリか。いちいち信号で停まってると、ひどい渋滞が更にひどくなるからなんだろうけど、遠慮がち [続きを読む]
  • 旅の恥はかき捨てた
  • 一瞬寒さが緩んで油断してたら、また今日は大層しばれました・・・末端冷え性で手先が氷みたいに冷たくて、字を書くとゲジゲジになるので、仕事中もカイロは手放せず。インフルエンザも流行ってますね。皆様くれぐれもお気を付けて。さてさて、残り2日の10月旅日記。まずはペルージャ日帰りの旅編をUPしました。現地ブログで既に報告済みの事件も含め、この日は本当にアホでマヌケな1日で、自分でも呆れますが、どうか哀れみのココ [続きを読む]