熱血親父 さん プロフィール

  •  
熱血親父さん: 熱血親父が世相を斬る!
ハンドル名熱血親父 さん
ブログタイトル熱血親父が世相を斬る!
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/patriotism_nippon/
サイト紹介文中国、韓国、NHK、朝日新聞、民主党、日教組などの反日勢力を批判し、日本国民に真実をお知らせします。
自由文群馬県高崎市出身
早稲田大学法学部卒業

友人達から「人間百科事典」と呼ばれていますが、実は「歴史オタク」です。

写真、ロッククライミング、マラソン、ドライブ、登山、合唱、バレエ鑑賞などを趣味にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供167回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2010/11/05 17:01

熱血親父 さんのブログ記事

  • 日韓通貨スワップは竹島返還を交換条件にしろ
  • YouTubeの動画を見ると、日韓通貨スワップ協定に関するものが、相当の数に上っているようである。もちろん、スワップ協定反対を唱える動画ばかりで、韓国側が「日本が借りてくれと言うのなら借りてやる」と言っているという動画もあって、韓国側の傲慢さに怒髪天を衝くという心境になっている日本人が多いことだろう。 しかし、日本は韓国の属国で、単なる金蔓としか思っていない韓国としては、どれだけ資金に困っても [続きを読む]
  • 金正男氏暗殺事件−韓国・北朝鮮は残虐国家である
  • 西日本新聞に、金正男氏暗殺に関する次のような記事があった。タイトルが「韓国に衝撃広がる 首相「残虐性そのまま」強い懸念 金正男氏殺害」となっている記事だが、以下に一部を引用する。  北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男氏がマレーシアで殺害された事件は韓国に大きな衝撃を与えた。大統領代行の黄教安(ファンギョアン)首相は15日、国家安全保障会議(NSC)で「北朝鮮の残虐性と反倫理性を [続きを読む]
  • 韓国人が歴史の勉強に熱中(しているらしい)
  • 仄聞するところによると、最近、韓国の若い人たちの間で、歴史の勉強が盛んなのだという。そのため、書店で歴史書の売れ行きが伸びているらしい。なぜ、そんなことになったのかというと、セウォル号事件、韓進海運の倒産、朴槿惠弾劾事件、サムスンの凋落などが重なり、韓国人が自信を喪失したことが原因らしい。自分たちの祖国を「ヘル朝鮮」などと呼んで、自虐的な精神状態に陥ってしまった結果、過去の偉人たち(笑)の業績を学 [続きを読む]
  • 安倍・トランプ会談 = クレーマー蓮舫は日本を去れ!
  • 民進党は、日本を滅ぼすことを目的とする工作機関だと思っていたが、実際は、単に地位と権力と金が目当ての連中が集まっただけの烏合の衆なのかもしれない。支那の工作員であることを誰も疑わないような蓮舫を担ぎ上げ、単なるクレーマー集団に成り下がっているが、有り体に言えば、税金泥棒の集団であり、日本にとって百害あって一利なしのゴミ集団である。 そのゴミの領袖たる蓮舫が、クレーマーになりながら得意になってい [続きを読む]
  • 「軍艦島」という映画−日本と韓国の関係は戦争当事国である
  • 韓国が準戦時下にあることは、日本では意外に知られていないらしい。たとえば、旅行者が青瓦台の写真を撮ると、スパイ容疑で逮捕されるそうである。北朝鮮による韓国領への攻撃が現実化したとき、日本人旅行者にも自粛の動きがあったようだが、現在でも年間200万人ほどの日本人が韓国旅行に行くらしい。世界最悪の反日国家に外貨を落としに行く日本人の心底は理解し難いが、それも平和ボケのなせる技だろうか。 で、「韓国 [続きを読む]
  • 釜山の「売春婦像」を新たな火種にする韓国人の狂気
  • 韓国人の狂気は止まるところを知らない。すでに韓国国民の90%くらいが火病を発症しているようである。朴槿惠もその狂気の嵐に巻き込まれ、ご多分に漏れず、韓国大統領に相応しい悲惨な末路を迎えようとしている。 とはいえ、韓国人の狂気のターゲットになるのは常に日本と日本人である。これは、言うまでもなく、戦後の日本が、韓国の小中華思想に迎合するかのように、韓国を宗主国扱いしてきたことに最大の原因がある。韓 [続きを読む]
  • アパホテル・デモ−支那人・韓国人は諸悪の元凶である
  • 産経新聞によると、一昨日、新宿で支那人によるデモがあったそうである。「デモ=民主主義」と吹聴している一部の日本人はご満悦かもしれないが、普通の日本人にとっては迷惑極まりない。それも、アパホテルに対する抗議デモだというのである。以下に記事を引用する。 ホテルチェーンのアパホテルが「南京大虐殺」などを否定する書籍を客室に備えているとして、中国当局が猛反発している問題で、日本在住の中国人らが5日、東 [続きを読む]
  • 釜山の慰安婦像の周囲で「 LOVE JAPAN 」デモ
  •  この世の中には、時として信じがたいことが起こることがあるが、そういう出来事が韓国の釜山で起こっているらしい。以下に、中央日報日本語版(2月3日配信)の記事を引用する。 釜山日本領事館前に設置された少女像の周囲である男性が少女像の撤去を要求する1人デモを3週間ほど続けていて、少女像を守っている団体と葛藤が生じている。 少女像保護運動をする「釜山ギョレハナ」によると、先月中旬からある男性が少 [続きを読む]
  • 権力欲に憑りつかれた民進党・江田憲司の狂気
  •  民進党議員の国会質問を聴いていると、蓮舫を筆頭に、余りのレベルの低さに呆れるばかりである。国民の血税で食っている国会議員が、首相や大臣に対して、子供の苛めレベルの質問をしているのは喜劇であると同時に悲劇でもある。民進党を支持している有権者が正気を取り戻すことを期待したいが、反日は、彼らのイデオロギーというより宗教だろうから、生きている限り、反日教から覚醒して正気に戻ることはないだろう。 で、 [続きを読む]
  • トランプ大統領の日本批判は見当違いも甚だしい
  • アメリカのトランプ大統領の独裁的な手法がアメリカ国民から忌避されている。全米各地で発生している反トランプデモは当分治まりそうもないし、海外にも波及しているようである。私は、オバマ前大統領のような弱腰大統領より、トランプ大統領のような剛腕大統領の方が今の時代にマッチしていると思うし、何と言っても選挙で選ばれた大統領である。ちなみに、日本では「韓国のようにデモで政治を変えるのが民主主義だ」という主張が [続きを読む]
  • 産業カウンセラー養成講座受講記(20)
  • 昨年4月に始まった産業カウンセラー養成講座がすべて終了した。学科及び実技の講習は昨年の11月に終了し、成績優秀者(?)は学科試験の受験のみで合格となるが、落ちこぼれ組(?)は、実技試験なるものも受験しなければならず、私はおちこぼれ組だった。すでに講座が終了して2ヵ月以上経過しているが、今頃になって敗者復活戦のような実技試験が実施されたのである。 すでに(18)や(19)で述べたように、一時、私 [続きを読む]
  • 従軍慰安婦問題−真実を隠蔽したままでは何も解決しない
  • 韓国人慰安婦(実態は売春婦である。奴隷は陸軍大将より高い給料は貰えない)に関する日韓合意に基づき、日本が韓国に10億円支払ったことで、日本では、慰安婦問題は解決したと主張する向きが多い。安倍首相が「最終的かつ不可逆的」という言葉を強調することからも明らかなように、両国はこの問題を二度と取り上げないという合意がなされたというのが、一般的な日本国民の理解だろう。もちろん、共産党などは「これで終わらせて [続きを読む]
  • 「日本のものは韓国のもの」が韓国人の認識である
  • 韓国では、裁判所も窃盗団の一味であることを公言して恥じないようである。竹島侵略の例を挙げるまでもなく、韓国が盗賊国家であることは明らかであり、古くは支那に寄生して生き延び、近代・現代になってからは、120年もの間、日本に寄生することで生き延びてきた寄生虫国家でもある。しかし、結果として、韓国独自の文化を持つことはなかったから、韓国が世界の中心であり、韓国人が世界で最も優秀な民族であると公言して憚ら [続きを読む]
  • 日本軍従軍慰安婦−数十万人の混血児は何処へ行った?
  • アパホテル炎上事件のお蔭で、いわゆる南京大虐殺と日本軍従軍慰安婦の捏造事件が世界の耳目を集めている。アパグループ代表である元谷氏の著作は、日本国内に留まらず、海外でも注目されるようになったようである。 当たり前の話だが、嘘で世界中を騙し続けることは容易なことではない。嘘を嘘で誤魔化し、ほころびが出るとまた嘘をつく。しかし、その嘘が更なるほころびを生む。それが世の常だろう。南京事件という世紀の歴 [続きを読む]
  • アパホテルに謝罪を迫る反日帰化人は支那に帰れ!
  • 日本国民の間で圧倒的な支持を得ているアパホテル炎上事件(以下「事件」という)について、巷間、さまざまな主張が溢れている。私も今月20日に「アパホテル客室の書籍−『南京大虐殺はあり得ない』(http://blog.livedoor.jp/patriotism_nippon/archives/4739196.html)」というブログを書いて投稿した。事件はいよいよ拡散され、海外でも注目を集めているようである。意図的に目を背けているのは、反日政治家や反日メディアな [続きを読む]
  • 産業カウンセラー養成講座受講記(19)
  •  前回(18)で述べたように、私は産業カウンセラー試験を受験する意欲を完全に失っていた。資格商法という名の詐欺に引っかかったという思いが強かったので、この上さらに、泥棒に追い銭のような受験料を払わされるのは余りにも業腹だった。  しかし、なにしろ大枚はたいているだけに、家族から突き上げられる羽目になり、とにもかくにも受験はしなければならなくなった。やむを得ず、この産業カウンセラー養成講座に関す [続きを読む]
  • アパホテル客室の書籍−「南京大虐殺はあり得ない」
  • アパホテルの公式サイトがアクセスできない状態になっている。すでに様々なメディアで報道されているとおり、支那によるサイバー攻撃を受けているらしい。もっとも、「じゃらん」などの予約サイトから予約することは可能であり、もちろん電話予約も可能である。営業にどの程度影響が出ているかは定かではない。ただ、今後は支那人による利用は激減するかもしれない。しかし、支那人に荒らされているホテルには宿泊したくないという [続きを読む]
  • 慰安婦問題に関する日韓合意をめぐる仮説
  • 韓国の釜山にある日本領事館前に新たに設置された売春婦少女像をめぐり、日本は、メディアから論客から庶民までが騒々しい日々を送っている。白髪三千丈という支那の文化を受け継いだ韓国らしく、いつの間にか慰安婦の人数は20万人に膨れ上がり、しかも慰安婦は少女たちだったことになってしまった。自称元慰安婦の売春婦の一人の証言によると、日本軍の従軍慰安婦にされたのは7歳のときだったというから、さすがに捏造の韓国だ [続きを読む]
  • レベルが低すぎる憲法9条教信者のプロパガンダ
  • 支那が尖閣諸島に侵攻するかどうかはアメリカ次第だろうが、支那が狙っているのは沖縄全島であり、ゆくゆくは九州本土にも及ぶのではないだろうか。支那人の思想によれば、アジアのすべての地域が古代から支那の版図であり、日本はもともと支那の領土だったことになる。安倍政権が安全保障制度の確立に躍起になるのは、そういう東アジア情勢に起因していることは明らかである。  しかし、自衛隊はその規模こそ小さいものの、 [続きを読む]
  • 慰安婦合意は無効?−韓国とは国交断絶あるのみである
  • 私事で恐縮だが、急病のために年末年始を病院で過ごす羽目になり、このブログへの投稿も久しぶりである。病室にテレビはあったものの、産経新聞やパソコンがなかったのは痛かった。漸く退院してきて世間の様相を見てみると、相変わらずの混迷ぶりである。その原因は支那や北朝鮮にあることはもちろんだが、何と言っても日本を混乱させているのは、反日パヨク(劣化左翼)と韓国だろう。北朝鮮に対する防波堤として韓国が必要だとい [続きを読む]
  • 沖縄テロと司法テロ−日本は法治国家なのか?
  • 「日本は法治国家だと思いますか?」と訊かれたら、おそらく99%以上の日本人が「はい」と答えるのではないだろうか。しかし、建前上はいざ知らず、日本の実態は法治国家とは程遠いと考えざるを得ないことが多い。むしろ、支那や韓国並みの人治国家であるという印象が拭えないのである。 最近では、オスプレイの事故をめぐって、沖縄の翁長知事が「日本は法治国家ではない」と発言した。もっとも、翁長知事が法治国家の意味 [続きを読む]
  • 安倍おぼっちゃま首相はロシアの工作員だったのか?
  • 自分で言うのもなんだが、「安倍おぼっちゃま首相はロシアの工作員だったのか?」というタイトルは、多くの読者の方々の顰蹙を買うだろう。私のブログの読者の方々は安倍首相の支持者が多いと思われる上に、中には狂信的な信者もいることだろうから、いかなる理由であっても、安倍首相を批判すれば私自身が批判の対象になることは容易に想像がつく。  しかし、安倍首相は、時として売国政策を推進する国賊の顔を見せることが [続きを読む]
  • 南京大虐殺−日本人も加担した世紀の捏造事件
  • 朝日新聞と並ぶ反日メディアであり、日本を貶める記事を海外に向けて配信し続けている毎日新聞が、またぞろ反日記事を配信した。私のブログを読んでくださるような方々には不愉快極まりない記事だろうが、ブログを書く都合から以下に記事を引用する。 旧日本軍により多くの市民が殺害された1937年の「南京大虐殺」から79年となった13日、南京大虐殺記念館で追悼式典が行われた。式典では厳しい日本批判を避け、中国側 [続きを読む]
  • 支那が「一つのアジア」を原則にしたら、全アジアが支那の領土か?
  • 支那が、21世紀の世界を帝国主義時代に戻そうとしていることは周知のことだが、支那に正面から異を唱える国家がなかったことが余計に支那をつけ上がらせた。特に罪が重いのは日本で、支那を経済大国にしたのが日本なら、軍事大国にしたのも日本だと言えるだろう。支那が日本に向けて設置しているミサイルだって、日本国民の血税で製造されたと言ってよい。しかも、日本は親日国の台湾と国交がないというお粗末ぶりである。 [続きを読む]
  • タイ人少年−違法行為であろうと「やった者勝ち」なのか?
  • 私が勤務している会社には「やった者損」という言葉があり、雑用の類は、気付いた人間が自主的に行うということになってしまっている。まともなら、一人の人間がいつも雑用を買って出ていれば、周囲の人間も「明日は私がやろう」と思うだろう。しかし、私が勤務している会社ではそうはならない。「あの雑用はあの人の仕事ということにしよう」という暗黙の了解が広がり、たとえ管理職であろうと雑用係になってしまう。朝礼では、社 [続きを読む]