ハリ魔王 さん プロフィール

  •  
ハリ魔王さん: ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記
ハンドル名ハリ魔王 さん
ブログタイトルハリ魔王の気まま、ダイビング水中記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/h_t_m_harima
サイト紹介文水中撮影機材のテストモニターを中心に、書いています。 マクロ・ワイド・魚露目8号ワイドマクロ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供173回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2010/11/05 23:22

ハリ魔王 さんのブログ記事

  • ドームポートによる影響① 新水中空玉思考4
  • 陸上撮影では、十分に手ごたえが得られたので、水中での撮影をする為の準備に入った。 まず、ここまでの検証でドームポートは、普通のフィッシュアイ用では、宙玉の周辺どころか、ほとんど、中央付近でも、画像流れがおきそうなことは、水と空気の屈折率の違いからも明確である。これを少なくするのには、通常の望遠レンズをベースにする方法しかない。 これでは、SEA&SEA『SAGA Magic Ball』のhttp://www.seaands [続きを読む]
  • 新水中空玉思考3
  • 小さい被写体の撮影を考えてディスニー・シーを歩き回った。 思いついたのは、これ 隠れていない(笑) 隠れミッキー 天地を調節して トリミングをすると、 ε=\_○ノ イヤッホーゥ!5cmほどの被写体ならこの仕上がり(@g@)b もっと小さい被写体でもイケそうな印象で、次の被写体も、 隠れミッキー 天地修正 トリミング ぅぉぉぉーヽ(゜ω゜ )ノヽ( ゜ω゜)ノヽ(゜ω゜ )ノ [続きを読む]
  • 新水中空玉思考2
  • 24mmレンズを取り付けて確認すると、確かに、画角が広くなる。 ハリ魔王が考えているほど玉の中の映像が広くならない。 ダメ元で、もっと、広角に交換して見た。この超広角になると、レンズ前に取り付けできる物が限られる。 持ちレンズで検証「レンズ名は特別な組み合わせなので現在は公表しません。」 画面サイズの中で、玉の占める割合が小さくなり画像四隅にケラレが生じる。 ここで、気が付いた。ケ [続きを読む]
  • WEEFINE WF リングライト1000 TGシリーズとの相性①
  • WEEFINE WF リングライト1000のhttp://www.fisheye-jp.com/products/light/weefinerl1000.html水中モニターテストは、 TGシリーズから開始する事にした。 ライト撮影では、最新型TG-4でも、自分のTG-2でも、結果に大差がおきないので、自分の物に試作WEEFINE WF リングライト1000を組み合わせた。 前 横 上 今回の試作機なので、取り付けマウントのネジ穴の位置を調整できない。市販品とそこが違う [続きを読む]
  • 新水中空玉思考1
  • 以前、書いた「宙玉工夫開始(*≧m≦*) 今後の個人水中撮影の為に購入した物4」のhttps://blogs.yahoo.co.jp/h_t_m_harima/20565146.html続きを久しぶりに更新したいと思う。 以前も、書いたが宙玉HP. で、http://soratama.org/掲載されている映像のクオリティーで、撮影をする事を水中では、できないでいた。 一番の問題は、玉の周りのシャープネスの低下 陸上では、絞りを絞ればある程度は、修正できるが、宙玉H [続きを読む]
  • RATIO(レシオ)コンピューターモニター開始①
  • FLコーポレーションからhttp://www.flcorp.co.jp/index.html 発売が決定した。RATIO(レシオ)コンピューターのhttp://www.flcorp.co.jp/pdf/2017/RATIO_PRESS_RELEASE.pdf発売前のモニターをさせてもらった。 [FLコーポレーションブース DIVE BIZ SHOW 2017で気になった水中撮影機材]で、https://blogs.yahoo.co.jp/h_t_m_harima/21405340.html一番気になった。一番低価格のモデルSportである。 このモデルの販売価 [続きを読む]
  • カールツァイスTouit 2.8/50Mの訳 Nauticam A6500
  • 今日の日記から、4/29まで、更新をしません 大瀬崎に行ったきりになります。 Nauticam A6500の組み合わせで、カールツァイスTouit 2.8/50Mをhttps://www.zeiss.co.jp/camera-lenses/photography/products/touit-lenses/touit-2850m.html選択したのか ついて書いて行きたいと思う。 東芝が風邪を引いた為に、東芝のセンサー工場は、ソニーの傘下に移行されるという。 そうなると、性能が保障されて [続きを読む]
  • ハリ魔王式使いこなし術 Nauticam A6500
  • 今日は、Nauticam A6500にhttp://www.fisheye-jp.com/products/mil/naa6500.htmlついて、書いて行きたいとおもう。 すでに、お客様にご注文をうけ納品した物である。 そう、お客様のサービスを兼ねて、ハリ魔王だったら、こう使うを整理して書きたいと思う。 Nauticam A6500は、α6500用のハウジングで、静止画性能は、もちろん動画性能で人気モデル 今回のお客様は、SDCの水中映像勉強会のメンバーで、マク [続きを読む]
  • D500ストロボ光の調光変更の手順 Nauticam TTLコンバーター Nikon 最終回
  • 「マリンダイビングフェア2017」の会場で、ニコンD500の質問を受けた。 「ストロボ光のみ補正する方法が、取扱い説明書に乗っていない?どの様に操作するのか?」帰って、調べてみたら、本当に、取扱い説明書に乗っていません。 考えて見たら、今までの使用機種で当たり前の印象があり忘れられていますね。初めて、ニコンデジイチを使用する人には、不親切で、D300S以前のモデルからの乗り換えユーザーにも不親切な内容で [続きを読む]