hokulani さん プロフィール

  •  
hokulaniさん: カフェ マグノリア へ ようこそ!
ハンドル名hokulani さん
ブログタイトルカフェ マグノリア へ ようこそ!
ブログURLhttp://magnolia184.blog.fc2.com/
サイト紹介文癒しサロンのオーナー兼セラピストの徒然日記。もくれんの創作小説&詩篇集 
自由文「Magnolia Therapeutics Institute」
リラックスの扉もくれんとロミロミスクールの紹介♪http://relaxmokuren.web.fc2.com/
http://lomilomischool.web.fc2.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2010/11/06 20:13

hokulani さんのブログ記事

  • 福光町を歩く その2.
  • 福光の道の駅に立ち寄りました。近くを流れる豆黒川は、別名「だまし川」と呼ばれています。世界的な版画家 棟方志功が、福光に疎開していた頃に「川のかっぱが人をだました」という伝説を聞いて「だまし川」と名付けたそうです。川辺周辺は、日本の原風景が色濃く残り、志功ならずとも愛おしさを禁じ得ません。懐かしい風景が田畑一面に広がり心から癒されます。ホタルを見られる6月には「だまし川のほたるとかっぱ村祭り」とい [続きを読む]
  • チルチルミチル
  • 暗くなってから兼六園に行こうと思い立ち、家内に小立野口まで送ってもらうことに。花見橋を渡り、根上松の横を抜け、雁行橋を渡り、桂坂口を出て、人ごみに誘われるままに石川門を抜けるも、すぐ折り返し、小将町からもりの里方面に歩いて帰ります。テクテクアルク。見頃は終わってました (/・ω・)/) チルチルミチル。 [続きを読む]
  • 空飛ぶ宝石
  • 奥卯辰山健民公園。春になると一度はここに足を運びます。お弁当は相変わらず「芝ずし」管理事務所の2階ではカワセミ写真展が開催されていました。実は、私共の常連のお客様のご主人の作品も展示されています。この池はカワセミを撮影する穴場スポットらしいのですが、技術もさることながら いつ来るともしれないシャッターチャンスを待つ根気強さがいい写真を撮る何にも勝る秘訣のようです。 空飛ぶ宝石、カワセミ。写真愛好家 [続きを読む]
  • 貴船明神
  • 庭の木蓮が咲きました。今年は枝を落としすぎたのか花芽が少なかったです。聖霊病院に行きました。教会の桜がきれいです。旧加賀藩士、高田家の住居跡に咲く木蓮。大きな花に目を奪われました。チョット散策。長土塀は外国からの旅行者でいっぱいでした。鞍月用水沿いにある貴船明神は縁結びと縁切り両方にご利益のある珍しい明神さん。高岡町側から参拝すると縁結び、香林坊から参拝すると縁切りにそれぞれご利益があるようです。 [続きを読む]
  • 龍苑
  • 夫婦でこの仕事をしていると食事の用意が全く出来ないことも多いのです。端境の時間を利用して買い物にムサシへ、その後、金沢東警察署近くの「龍苑」で晩御飯をいただくことに。玄関前の駐車スペースは満杯。。さすが 人気のお店です。奥の第二駐車場に車を置いて入店。外観同様、内装もモダンな感じです。小奇麗にしているのはやはり気持ちがいい。夫婦ふたりで、メイン2皿を選ぶツーチョイスメニューと1皿を選ぶワンセットメ [続きを読む]
  • 麺屋 雄
  • 高柳の麺屋 雄に入りました。「鴨のあっさり和風中華そば」をいただきました。麺屋達さんがプロデュースしたお店だそうで。ということは、豚骨醤油やつけ麺が人気があるのかも。鴨肉が好きなので、今日はあっさりに決めました。焼いたお肉のお焦げがスープに浮んだり沈んだり。焦げの芳ばしさが和の風味を一層際立たせています。中華そば風ラーメンに焼き鳥を一緒にいただいたらこのお味。表現そのまんまですが、美味しくいただき [続きを読む]
  • 蕾はいずれ開くだろう
  • 東京の叔父様ご夫妻とは中目黒で待ち合わせ。いいお天気です。目黒川の桜は今週末に見頃を迎えるのではないでしょうか。蕾が一段と大きくなっています。皆で川向こうのイタリアンレストランへ。シャンディガフで乾杯!本当はこれ。お祝いなのだけど。。モチロン。お祝いです!! 目黒川の桜だって直に咲くのだから。むしろ、夢が膨らんだ!目黒川の桜の蕾のように。人間万事塞翁が馬。人生長く生きているとね。唯々、感謝です。  [続きを読む]
  • スヌーピーミュージアム
  • 東京メトロ六本木駅から歩いて7分。スヌーピーミュージアムに行きました。スヌーピーファンの聖地であるカリフォルニア州 サンタローザの「シュルツ美術館」のサテライト館です。「もういちど、はじめましてスヌーピー。」展が開かれていました。スヌーピーの誕生秘話に始まり、約50年間での外見や内面の変化80点を超す原画や映像で紹介されています。スヌーピーがコミック「ピーナッツ」に登場したのは1950年。は [続きを読む]
  • カレー番長、墨田の住人になる
  • 向島で人気のパン屋さん。生地が美味しい。パン屋さんを比較する時、オレが目安のひとつにしているのはサンドイッチが普通に旨いこと。サンドイッチが美味しくないところは総じてダメだ。「石窯パン工房 KAMEYA」さんのパンはいずれも美味しい!カレー番長も一味違った。下町の街歩きはいいものだ。一度だけ、この辺りのお茶屋さんで芸妓さんを頼んで客を接待したことがある。30代後半か40代前半の頃だった。名も場所も覚えて [続きを読む]
  • 酢重ダイニング
  • 大手町で働く長女と新丸ビルで待ち合わせ。「酢重正之 楽」。酢重ダイニングが手掛ける店。仕事帰りに気軽に立ち寄れるところが魅力です。酢重正之商店は味噌や醤油を扱う歴史のある老舗で、レストランとしては、本拠地の軽井沢はじめ、ここ丸の内、渋谷、六本木、シンガポールにも出店しています。信州味噌で調理した一品を肴に一杯やりながら待つこと、小一時間。締めのご飯と味噌汁をいただくころに漸く娘がやってきました。毎 [続きを読む]
  • 「愚行録」を読んで
  • 貫井徳郎の「愚行録」を読んだ。イヤミスと言われるだけあって読後感は決して良くはない。人なんて所詮、程度の差こそあれ、利己的な動物だろうし、恋愛なんてものを過度に美化しても嘘っぽくなるだけだからこういうのもありかなって気がしないでもない。映画は観てはいないが、小説では、一家惨殺事件の被害者であるエリート夫妻をよく知る人達の証言と悲惨な家庭環境で育った若い女性の独白で構成されており、証言者とインタビュ [続きを読む]
  • 「愚行録」を読んで
  • ええ、はい。あの事件のことでしょ?―幸せを絵に描いたような家族に、突如として訪れた悲劇。深夜、家に忍び込んだ何者かによって、一家四人が惨殺された。隣人、友人らが語る数多のエピソードを通して浮かび上がる、「事件」と「被害者」。理想の家族に見えた彼らは、一体なぜ殺されたのか。確かな筆致と構成で描かれた傑作。『慟哭』『プリズム』に続く、貫井徳郎第三の衝撃。「BOOK」データベースより貫井徳郎の「愚行録」を読 [続きを読む]
  • らーめん樹
  • 黒潮とんこつ、いただきました。ここは、好きなラーメン屋のひとつだ!ライスが無料なので、お腹いっぱいになるし、濃厚とは言いながら豚骨なのにあっさり。程よく魚介の風味がブレンドされた、旨みのなかに甘味を感じる美味しいスープ。洗練された味!「黒潮とんこつ」には極細麺を使用しており、スープがよく絡み、マー油が香っていいアクセントになっている。中ライスを頼んでいたが、途中、替え玉まで頼んでしまった。紅ショウ [続きを読む]
  • 肉そば けいすけ
  • 松任のアピタの前の「肉そばけいすけ」松任食堂白山店に。肉そば醤油とチャーハンのセットをいただきました。ひと言でいえば、がっつり系の醤油ラーメンといった感じ。若い時はいいけど、私の歳には、濃いめの醤油はやはりちょっときつい。プリン体が足の親指に狙いをつけ,チクチク、突っつきだしていますが、濃い味が嫌いでないので完食させていただきました。根性あるでしょ。濃いめが苦手なかたには割りスープの用意があり、自 [続きを読む]
  • 魚がし食堂
  • 東力の魚がし食堂に行きました。朝競りの近海の海の幸がメインの色々な海鮮丼。1.000円程度でこのボリューム。私は特選刺身盛りと白身魚のフライを頼みました。これで、1.000円税別。お腹いっぱいになりました。仕事帰りにふらりと立ち寄れ、グループや家族連れでも気軽に入れる店の雰囲気。ひとり掛けの席もあって入りにくい感じはしない。魚好きにはたまりませんね。 [続きを読む]
  • 雷雪の如く 12.
  • 地元の男ふたりには帰る様子が全くない。知らず知らずに膝を揺らしている自分に気づく。貧乏ゆすりをしていたのだ。背広姿の男は吸いかけの煙草を灰皿に突っ込むとおもむろに立ち上がった。「ママ、勘定」 奴も痺れを切らしたらしい。「あら、もうお帰り?」「また、今度にするよ。新たな情報もなさそうだし。景子から連絡があれば、とにかく、いの一番に電話を入れてくれ」そう言うと男はドアに向かった。華は男を追うようにカウ [続きを読む]
  • おむすび美人
  • おむすび美人には入りました。お持ち帰りだけでなく、中で食事が出来るようになっています。月見うどんとおにぎりのセットをいただきました。ごはんもさることながら、うどんの出汁が美味しかった。カルゲン米とありますが、カルゲンとは太古の昔の海水中の石膏分(カルシウムと硫黄)を肥料にしたものだそうです。 [続きを読む]
  • いとをかしひな祭り
  • 朝、起きてくるとテレビの横に飾ってありました。そうか、今日はひな祭りなのですね。 聞けば、こちらは家内の祖母の作品だそうです。祖母は、生前、紙や布でお人形を作ることを趣味にしていたようです。父達、兄弟の洋服なども作るほど洋裁や手芸が得意な人だったみたい。 窓辺に陽の光が眩しいほど差し込んできています。遅いながらも春の予感。もう、タイヤを履き替えてもいいのかな。。 昨年のひな祭りでは、下衆な話題を [続きを読む]
  • 帰る場所
  • 彩り鮮やかな八寸。菊菜の葛豆富や春菊のお浸し、煮梅貝や柚子風味の烏賊の赤造りなどなど。春ですねー。先吸は、蟹身と蟹みその二色真丈の吸い物。 お刺身、美味しかった。 金沢中央市場直送だそうです。煮物は料理長オリジナルの鰤大根。焼き物は甘鯛の西京焼き。蓮根饅頭の揚げ出し。帰る場所をいつもありがとう。今回は、実家には寄らずに帰ります。ロビーの観音様。ゆっくりさせていただきました。有難うございました。そ [続きを読む]
  • リンガーハット 長崎チャンポン
  • もりの里のイオンのフードコート。サブウエーが撤退した一角にはリンガーハットが入っています。?安定の麺類″といったところですかね。本日は麺増量2倍!相変わらず欲張りです。自分で言うのもなんだけど。我々の時代、ご当地名物はその地へ足を運ばないといただけなかった時代でした。長崎ちゃんぽんも20代後半に長崎に出張して初めて本場の味を知りました。讃岐うどんにしても、初めて食したのは香川のどこかの駅のホームだっ [続きを読む]
  • 麺屋 達 濃厚にぼしそば
  • 家に一番近いラーメン屋さん、麺屋 達 田上店 に行きました。お店の2番人気という濃厚にぼしそばをいただきました。魚の味が結構強烈なので少し驚きました。今迄、いろいろなところで煮干し系をいただきましたが、これほど強く感じたのは初めてです。魚好きには美味しく感じるのだろうけど。。僕としては、こちらのお店ではやはり「豚骨醤油」かな。これまでの、ラーメンの食べ過ぎが祟ったのでしょうか。昨年末、腎臓結石の手術 [続きを読む]
  • フェイスブックページの特典変わりました!
  • フェイスブックページの特典が変わりました。分かりにくい点を改善させていただいた次第です。≪初来店のかたへ ≫ご予約前に、当店に「いいね!」をいただければ、下記の特典がもれなく当たる! ご予約時に「いいね!」をしたと一言、お願いします!!*ロミロミ・リンパドレナジュ ⇒ エッセンス配合ミニオイル ご自宅用にお持ち帰りいただけます(施術で使用したもの)*アロマボディートリートメント ⇒ エッセ [続きを読む]
  • 高尾食堂
  • 湯涌温泉の「高尾食堂」でランチしました。今回で3度目。今日の日替わり定食は「特大コロッケ」と「鰺フライとハタハタの唐揚げ」私は後者を選択しました。日替わりは702円。とてもリーズナブルです。多分、片町や駅周辺では1.000円前後はするでしょう。もちろん、お魚は冷凍なんかではありません。とても美味しくいただきました。ご馳走様です。ぼんぼり祭りのポスターが貼られていました。ここに描かれている稲荷神社に [続きを読む]