hinataboko さん プロフィール

  •  
hinatabokoさん: 「ひなたぼこ」の庭づくり@福岡
ハンドル名hinataboko さん
ブログタイトル「ひなたぼこ」の庭づくり@福岡
ブログURLhttp://hinatabokodiary.blog107.fc2.com/
サイト紹介文福岡を拠点に活動する「ガーデン&エクステリア」デザインコーディネーター設計工房ひなたぼこのブログ
自由文「設計工房ひなたぼこ」は、みなさんのといっしょに「庭」を考える「ガーデン&エクステリア」デザインコーディネーターです。
自分のライフスタイルにあった「庭」をいっしょに考えてみませんか?

このブログでは、「設計工房ひなたぼこ」の手がける庭づくりのリポートをメインに掲載しています。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供187回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2010/11/08 09:55

hinataboko さんのブログ記事

  • 糟屋郡「アトラス新宮」の庭づくり(改修) 03
  • 雨続きで3日間ほど作業がストップしていましたが、4/12(水)に植栽地範囲の真砂土搬入、砂利敷き下地のクラッシャーラン路盤、化粧砂利(コンクリート下地)と植栽地の見切り材設置を行っています。今日は化粧砂利敷きの下地(コンクリート)打設、高木植栽を行っています。土の部分が植栽地、砕石部分が化粧砂利敷になります。高木植栽状況左がシマトネリコ、右がエゴノキです。高木植栽状況手前から常緑ヤマボウシ、エゴノキ、 [続きを読む]
  • 糟屋郡「アトラス新宮」の庭づくり(改修) 01
  • 2013年12月に植栽工事を行った「アトラス新宮」の改修工事です。前回の植栽工事後も2〜3年間は順調に植物も生長し、いい雰囲気になっていたのですが、昨年末に施主である東海住宅販売さんから連絡をもらって見に行くと、雑草(カヤ類)に覆われた無残な姿になってしまっていました。施工後、2〜3年間はカヤ類は出てきていませんでしたので、その後、周囲から種子の飛散によって侵入してきたものだと想定されます。植樹帯の遷移2013 [続きを読む]
  • 福岡市「SI邸」の庭づくり 03
  • 今日は、自動散水設備の工事に来ています。現地には14年くらい前に設置したタイマー(電磁弁)とスプリンクラーがあり、スプリンクラーは壊れていたのですが、タイマーは電池を交換したら無事に作動しました。植樹帯の形状を考えると、スプリンクラーよりもドリップチューブの方が良いだろうということで、スプリンクラーを殺して、タイマーにドリップチューブを接続することにしました。午前中で工事完了しています。"> [続きを読む]
  • 福岡市「R吉塚」の庭づくり 03
  • 工事完了です。覆いかぶさっていた樹木がなくなり、アプローチが広くなりました。埋もれていたポール灯も顔を出しています。枕木列中柱の高さに悩みましたが、現場で仮置きしながら全体的なバランスを考慮し、設計高よりも低く変更しました。枕木は新設したスポットライトでライトアップしています。"> [続きを読む]
  • 福岡市「SO邸」の庭づくり 06
  • 今日の午後、施主様検査ということで、午前中に、表札の取り付け、石貼目地の補修に伺いました。これで工事完了となります。建物外壁の乱形石貼(鉄平石)も「ひなたぼこ」で施工させていただきました。※表札は取り付いていますが消しています。また天気のいい日に完成写真の撮影に来たいとおもいます。"> [続きを読む]
  • 福岡市「R吉塚」の庭づくり 01
  • 賃貸マンションのアプローチ空間のリノベーション工事です。エントランスアプローチ路両サイドの植栽が、もっさりとしているのでなんとかしたいというご依頼で、植栽をメインとした改修工事を行うことになりました。現況写真計画平面図低木・地被類の植栽がメインとなりますが、そのほか、生育の悪い高木をヤマボウシ(株立)に植え替え、写真右側の島に常緑ヤマボウシの植栽、空間のアクセントとなる枕木列柱の設置(7本)、枕木 [続きを読む]
  • 福岡市「SI邸」の庭づくり 02
  • 「コニファーガーデン」が生まれ変わりました・・・3/17に既存樹木の撤去作業(高木10本、低木・地被類はほぼ全て)3/18と今日(3/19)、新規樹木の植栽作業を行いました。葉色のコントラストと樹形の対比、ランダムなスカイラインがとても綺麗です。一時期ブームになった「コニファーガーデン」ですが、最近はあまり見かけなくなりました。ブームが去った最大の原因は、コニファーが大きくなりすぎて手に負えなくなるからでしょう [続きを読む]
  • 福岡市「SI邸」の庭づくり 01
  • 福岡市のSI邸です。庭のリフォーム植栽工事となります。既存庭のシンボルツリーは「シマトネリコ」、それ以外は主にコニファーの列植で構成されています。コニファーの配植が単調なうえに、枯れや樹形の乱れが目立ってきているため、コニファーを部分的に撤去、樹形や葉色の異なるコニファーをバランスよく配植し、メリハリのある「コニファーガーデン」として再生する計画となります。「シマトネリコ」はそのまま活用、下草は基本 [続きを読む]