川合左余子 さん プロフィール

  •  
川合左余子さん: 音に心を 〜 ヴァイオリンレッスンのヒント
ハンドル名川合左余子 さん
ブログタイトル音に心を 〜 ヴァイオリンレッスンのヒント
ブログURLhttp://ameblo.jp/sayoneco/
サイト紹介文川合左余子のブログ。'14年3月末「いまさら聞けないヴァイオリンの常識」(音楽之友社)発売!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2010/11/09 10:14

川合左余子 さんのブログ記事

  • 【終了】第3回指導法講座〜導入期 終了しました。
  • 関東は毎日暑い日が続いております。7/18(火)に、指導法講座〜導入期を開催しました。(講座資料) 実際に使用しているテキストの一部。 私が一番関心があることなので、内容は盛り沢山になってしまいました。 以前に、楽器店開催の講座で話したことも含みながら、新しいことも加え、また私の生徒さんのレッスン動画も見ていただきました。ご参加いただいた皆さんからのアンケート、とても励みになります。 *** 受講生アン [続きを読む]
  • 【募集開始】第3回夢の室内楽 ピアノ講師のための室内楽講座
  • 本日10時より、「第3回夢の室内楽〜ピアノ講師のための室内楽講座」募集開始します。すぐに満席となる見込みですので、お早目にお申込みください。→レッスン受講生あと1名です。(第2回夢の室内楽、受講生のご感想はこちらをご覧ください) 【第3回 夢の室内楽 〜 ピアノ講師のための室内楽講座】<レッスン〜本番へ>開講は金曜午前といたします。2回レッスン+GP+本番の流れです。レッスンは9時15分開始、12時半終了で、受講 [続きを読む]
  • 【主催】第2回夢の室内楽、終了しました。
  • 連続講座、「夢の室内楽」本日本番を迎え、終了しました。ピアノ講師の方を対象とし、金曜の午前に開講しました!第1回は、草加市のますこしょうこ先生主催で、今回は私が主催いたしました。 本番三週間前に1回目、前週に2回目のレッスン、本番の流れです。どの方も、どんどん私達のアドバイスを吸収されて、本番が一番良かったです!! 受講生の皆様がフェイスブックに有り難いお言葉を書いてくださいました。許可をいただいて [続きを読む]
  • 【7/18受講生募集】指導法講座〜導入期
  • 指導法講座、次回は導入期指導についてです。 以前、楽器店での講座でお話しした内容に、その後、レッスンで撮影した動画を追加して、改めてお話しします。今回は部屋が狭いので、あと2名ほどの募集となります。 (ずっと以前に撮影したお子さん。HP掲載に協力してくださいました) <日時>2017年7月18日(火)10:00〜12:00(終了後希望者のみランチ会) <会場>昭和音楽大学 北校舎(小田急線新百合ヶ丘駅下車2分)http: [続きを読む]
  • 【主催】第2回指導法講座スケールワーク終了しました。
  • 昨日は指導法講座、スケールワークシステムについて講義しました。 4名の素敵な先生方がいらしてくださり、私が取り組んできたスケールワークについて熱心に聞いてくださりました。 終わってからは北校舎近くのイタリアンでランチ会。 **受講生アンケートより**今までA-Durから音階をやっていましたが、イマイチ効果がなく、生徒に役立てることができませんでした。音階についてきちんと説明することで音階って楽しいと思える [続きを読む]
  • Cofalikの教材「動物園」「ABCヴァイオリン」
  • 2010年にHPを立ち上げて、それからあっという間に時は過ぎて今は2017年。ベーシック教材で記載しているものの情報が古くなってしまいました。今、HPの記載をあちこち見直してしています。 2010年当時の使用教材を記載していたものも7年たつと変わってきました。海外から楽譜を個人で取り寄せるのが容易になり、入手できる教材をコツコツと買い、良いと思うものは生徒に使い・・・。自分でも、レッスンでの教材の扱い方や考え方 [続きを読む]
  • 【主催6/20】第2回指導法講座〜スケールワークで読譜に強くなる
  • 指導法講座、第2回は私が取り組んでいるスケールワークシステムについてです。スケールを書きながら、Ⅰ、Ⅳ、Ⅴ7を学び、簡単な作曲、楽曲分析へ導きます。 これによって、生徒の読譜能力が格段に飛躍しました。読譜能力は初見力につながります。このワークをすべてこなした生徒は皆、譜読みが早くなりました。自発的に作曲を楽しむ子供も出てきました。こういった子供は自ら成長してくことができます。このスケールワークシステ [続きを読む]
  • 第10回ヴァイオリン骨体操講座終了。
  • 第10回ヴァイオリン骨体操講座、無事終了いたしました。 今回は音高生が2人来ておりますので、その子たちに向け、「聴く」ことに関してお話しいただきました。音色を増やすには、自身の音を客観的に聴くことができなければなりません。5度の心地よさ、体の動きとイメージ、さらに出る音との関係、ボウイングのことについて、今回は充実した内容でした。 受講生アンケートより *** 本のみの知識だっため、実際の体操のリ [続きを読む]
  • 【主催】第2回夢の室内楽 1回目のレッスン終了
  • 第3回「夢の室内楽」第1回目のレッスンが終了しました。募集開始とともに即日満席となった室内楽講座、受講生の皆様と熱い時間を過ごしてきました。 これはランチ会です。弾いているところを写真を撮り忘れ。(^^;)この前にしっかり楽器を弾きましたよ!!ハイドン、クレンゲル、ベートーヴェン、メンデルスゾーンのピアノトリオです。 会場のプリモ芸術工房のスタンウェイ、とても素敵なピアノです。皆さん、反応の良さに驚い [続きを読む]
  • 【主催】指導法講座〜ヴィブラート
  • 指導法講座ヴィブラート編、終了しました。(受講生の皆さんと写真を撮り忘れ??)ヴィブラートをテクニックというにはあまりにも軽いというか・・・。うまく言葉にできませんが、ヴィブラートはテクニックとしてのくくりではなく、演奏者の表現のひとつの手段というものでしょうか。ヴァイオリンの音色を作る最大の特徴と言えると思います。 昨日お話ししたのは、ヴィブラートの訓練や、具体的な指導方法についてです。いつから [続きを読む]
  • 【主催】5/30第1回指導法講座〜ヴィブラート導入
  • 少人数で指導法講座をスタートすることにいたしました。きっかけは、先月の楽器店での講師会議で、若い先生からご要望をいただいたからです。指導法について、順を追ってお話ししていくのは本当は理想ですが、忙しい諸先生方のご希望に添えるには、私が話せることについてリクエストをいただき、それにお応えする形式で、講座を開催するのが良いのではないかと考えました。 拙著の「音色の魔術!ヴィブラート」の章に沿ってお話し [続きを読む]
  • 新しい風 〜 佐々木つくしさんのリサイタル
  • 鶴見のサルビアホールにて、佐々木つくしさんのリサイタルでした。三歳の小さかった子が、今では芸高の2年生、はじめての長い持ち時間のコンサートです。彼女の音を聞きながら、色々なことを思い出しました。 チャレンジなプログラムでした。 何事も最初はとてもプレッシャーを感じるもの。最後まで確かなテクニックで弾ききりました。 若い彼女は、まだまだこれから。もう高校生なんだか [続きを読む]