とあるワナビー さん プロフィール

  •  
とあるワナビーさん: とあるワナビーのライトノベル作家になるための追憶
ハンドル名とあるワナビー さん
ブログタイトルとあるワナビーのライトノベル作家になるための追憶
ブログURLhttp://ameblo.jp/toaruraitonoberu/
サイト紹介文ライトノベルの感想・評価・分析
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2010/11/10 18:35

とあるワナビー さんのブログ記事

  • 86 - エイティシックス -
  • 86―エイティシックス― (電撃文庫) Amazon最高評価S〜最低評価F【文章力】B【構成力】B【キャラクター】B【設定】B【総合】B 【あらすじ】 サンマグノリア共和国。そこは日々、隣国である「帝国」の無人兵器“レギオン”による侵略を受けていた。しかしその攻撃に対して、共和国側も同型兵器の開発に成功し、辛うじて犠牲を出すことなく、その脅威を退けていたのだった。そう―表向きは。本当は誰も死んでい [続きを読む]
  • 盲目的な恋と友情
  • 盲目的な恋と友情 (新潮文庫) Amazon最高評価S〜最低評価F【文章力】B【構成力】B【キャラクター】B【設定】C【総合】B 【あらすじ】 タカラジェンヌの母をもつ一瀬蘭花(いちのせらんか)は自身の美貌に無自覚で、恋もまだ知らなかった。だが、大学のオーケストラに指揮者として迎えられた茂実星近(しげみほしちか)が、彼女の人生を一変させる。茂実との恋愛に溺れる蘭花だったが、やがて彼の裏切りを知る。五 [続きを読む]
  • 【レーベルカラー分析】MF文庫Jの特徴と歴史
  • 2002年7月創刊のライトノベルレーベル。元々はリクルートの子会社だったが、2011年から角川系列となった。とにかく萌えに特化したレーベル。萌えといえばMF文庫Jと言えるほど独自のレーベルカラーを打ち出している。メディアミックスに強く、人気作品は漫画化、アニメ化されるのが早い。創設された当時から新人賞の応募作全てに評価シートを返している。 最初は新人の育成にも力を入れている印象だったが、最近になってその勢 [続きを読む]
  • 清々と
  • 清々と 1 (ヤングキングコミックス)586円Amazon最高評価S〜最低評価F【演出力】B【構成力】B【キャラクター】S【設定】B【総合】A 【あらすじ】 田中清(さや)は名門女子校・鈴蘭女学院の新入生。憧れだった制服に身を包み、期待に胸を膨らませて入学した清ですが、周りの友達は本物のお嬢様だらけで、ちょっと気後れ気味……。果たして清は淑女になれるのでしょうか? ひとつの女子校の中で繰り広げられる、生徒 [続きを読む]
  • 兎が二匹
  • 兎が二匹 1 (BUNCH COMICS)648円Amazon最高評価S〜最低評価F【演出力】A【構成力】A【キャラクター】A【設定】A【総合】A 【あらすじ】 不老不死の女性すずと、彼女に寄り添い生きることを望む青年サク。だが想いが深まるほど、二人はすれ違っていく。さみしゅうて死にたくなる愛の物語。 【感想】 切ない。読んでいて胸が締め付けられる。不老不死という設定は使い古されたものだし、その設定の使い方 [続きを読む]
  • アオアシ
  • アオアシ 1 (ビッグコミックス)596円Amazon最高評価S〜最低評価F【演出力】A【構成力】A【キャラクター】B【設定】A【総合】A 【あらすじ】 アオき原石よ、「Jユース」で飛翔せよ!  愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)。粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めているアシトだったが、まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに―――そんなアシトの前に、東京にある強豪Jクラブ [続きを読む]
  • この素晴らしい世界に祝福を!
  • この素晴らしい世界に祝福を! 第1巻 [Blu-ray]8,208円Amazon最高評価S〜最低評価F【演出力】B【構成力】B【キャラクター】S【設定】B【総合】A 【あらすじ】 暁なつめ原作の異世界コメディに、監督:金崎貴臣×シリーズ構成:上江洲誠×制作:スタジオディーンが挑む、異世界コメディ!不慮の事故で命を落とした青年の佐藤和真はアクアという口の悪い女神に、天国行きか、魔王軍に蹂躙され、過疎化の進む異世界に転生 [続きを読む]
  • 三日間の幸福
  • 三日間の幸福 (メディアワークス文庫)616円Amazon最高評価S〜最低評価F【文章力】C【構成力】C【キャラクター】C【設定】D【総合】D 【あらすじ】 どうやら俺の人生には、今後何一つ良いことがないらしい。寿命の“査定価格”が一年につき一万円ぽっちだったのは、そのせいだ。未来を悲観して寿命の大半を売り払った俺は、僅かな余生で幸せを掴もうと躍起になるが、何をやっても裏目に出る。空回りし続ける俺を醒 [続きを読む]
  • 【レーベルカラー分析】ファミ通文庫の特徴と歴史
  • 1998年7月に創刊された。角川系列のレーベル。第1回の新人賞で桜庭一樹が受賞した。桜庭一樹は直木賞を受賞したので、直木賞作家を生み出したレーベルともいえる。元々オリジナルでそこまで有名になるものはなく、ゲームのノベライズがレーベルとしての柱だった。『モンスターハンター』『グランブルーファンタジー』など有名作品が多く、売り上げも人気も高かった。 しかしその流れを変える作品が現れる。それが第8回、2006 [続きを読む]
  • 【レーベルカラー分析】HJ文庫の特徴と歴史
  • HJ文庫はホビージャパンが刊行しているライトノベルレーベル。2006年7月創刊。ホビージャパンはTRPGやボードゲーム、模型、玩具などの開発、販売を行っている。『僕の妹は漢字が読める』や、『せんせいは何故女子中学生にちんちんをぶちこみ続けるのか?(刊行時に改題された)』など時折その個性的な設定やタイトルで話題になることが多いレーベル。 刊行点数は毎月5作程度。異世界、ハーレム、ファンタジーが多い印象。新人 [続きを読む]
  • 【レーベルカラー分析】ガガガ文庫の特徴と歴史
  • 小学館が2007年に創刊したライトノベルレーベル。創刊の理由は小学館のコミック編集局がアニメ化やキャラクター展開の中心となるコンテンツを探していて、ライトノベル市場に参入することになった。最初のスタッフは二人で、初代編集長は『IKKI』の編集長だった人物。創刊当時から新人を育成することに力を入れている。他のライトノベルレーベルとは違った分野を開拓していきたいようで、新人賞受賞作品もいい意味で癖がある作品が [続きを読む]
  • 【レーベルカラー分析】講談社ラノベ文庫の特徴と歴史
  • 2011年12月に創刊された講談社のライトノベルレーベル。ライトノベルレーベルとしてはかなり後発にあたる。創刊が発表された当時はライトノベル自体がかなり人気のジャンルとなっていたので、それに講談社が参入することに多くの人が期待していた。ラノベ文庫編集部が文芸局ではなく漫画部門のなかに置かれていることからも、メディアミックスに力を入れていることがわかる。 創刊同時の期待はかなり大きかった。第一回講談社 [続きを読む]
  • 【レーベルカラー分析】電撃文庫の特徴と歴史
  • 1993年に創刊された、ライトノベルを読む人なら誰もが知っているレーベル。売り上げ、知名度共にライトノベル市場では最大手。このレーベルの電撃大賞は今まで多くの優秀な作家を輩出してきた。それらの作家は一般文芸へと移っていった人も多いし、今なおライトノベル市場で精力的に本を出し続けている人もいる。メディアミックスにも力を入れていて、漫画化、アニメ化される作品も多い。書店での棚占有率も高く、かつ刊行点数も多 [続きを読む]
  • 【レーベルカラー分析】集英社ジャンプ j BOOKSの特徴と歴史
  • ジャンプJブックス編集部署は集英社のジャンプ・コミック出版編集部に所属しているレーベル。1993年に設立された。新人賞では村山由佳や乙一を輩出している。しかし最近、数年前までは新人賞をやっていてもほとんど受賞作を出さず、かつ受賞した作品が出版されることも少なかったので、やる気があるのかないのかわからないレーベルだった。ただ漫画界の王者と言える週刊少年ジャンプのノベライズをしているので、売上自体はかなり [続きを読む]
  • まんざいせんか
  • KAエスマ文庫 まんざいせんか 京都アニメーション648円Amazon最高評価S〜最低評価F【文章力】C【構成力】C【キャラクター】D【設定】C【総合】D 【あらすじ】 父の七回忌。 和泉穂高は古びた演芸場『漫才千花』の庭で、魔法のステッキを持った少女・月城憩に漫才の相方に誘われる。 イタい少女の誘いに「なんでやねん」と穂高は冷静にツッコムが……。 ふんわりラブコメ漫才、いよいよ開演! 【感想】 [続きを読む]
  • きみといたい、朽ち果てるまで
  • きみといたい、朽ち果てるまで 〜絶望の街イタギリにて (角川書店単行本)1458円Amazon最高評価S〜最低評価F【文章力】B【構成力】C【キャラクター】B【設定】A【総合】B 【あらすじ】 考委員の評価が真っ二つに割れた、第23回日本ホラー小説大賞〈優秀賞〉受賞作! 世界から見捨てられた人々が集まってくる混沌の街・イタギリ。希望のない街に住む少年は、明日の見えない生活の中、ささやかな希望を見いだす。 [続きを読む]
  • カササギの計略
  • カササギの計略 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)724円Amazon最高評価S〜最低評価F【文章力】C【構成力】E【キャラクター】E【設定】E【総合】E 【あらすじ】 僕が講義とバイトを終えてアパートに帰ると、部屋の前に見知らぬ女がしゃがみこんでいた。彼女は華子と名乗り、かつて交わした約束のために会いに来たという。なし崩しに同棲生活を送ることになった僕は、次第に華子へ惹かれていくが、彼女は難病に [続きを読む]