ログハウス・ビルド さん プロフィール

  •  
ログハウス・ビルドさん: ログハウスびより
ハンドル名ログハウス・ビルド さん
ブログタイトルログハウスびより
ブログURLhttps://ameblo.jp/log-buil/
サイト紹介文宮崎でログハウス専門会社を営んでいる社長の独り言&ログハウス紹介
自由文宮崎でログハウス専門会社を営んでおります。
ログハウスはもちろん、田舎暮らしのおすすめや人気の薪ストーブのご紹介、宮崎の季節のあれこれをご紹介したりの記事を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2010/11/11 18:24

ログハウス・ビルド さんのブログ記事

  • 地鎮祭
  • 祭壇にたくさんのお供えが並び、 地鎮祭の準備が整いました。 施主(左)と、この敷地内を長年管理して頂いた上水さんを、先ずは記念撮影。 御年神社より尾上権禰宜に御出まし頂き、祝詞奏上が始まりました。 お米やお塩を予定地の四方に撒いて、 土地の神様にお供えをする散供(サンク)。 刈り初め (カリゾメ) の儀。 穿ち初め (ウガチゾメ) の儀。 玉串を奉天して、 お祈りを捧げます。 続いてお姉様ご夫妻と上水さん。そして施 [続きを読む]
  • ロフトを個室に
  • Sさんから電話があり、次男が使っているロフトを個室に出来ないだろうか、とのご相談がございました。 塗装で見違えるように綺麗になった外壁ですが、3年経過してデッキ周辺が大分色落ちして来たようです。 吹抜け奥のこの空間に壁とドアを設置して、個室にする準備を致します。 奥のドーマーが個室に変わります。 既に個室を貰っている長男の部屋の天窓に異変。ペアガラスの内側のガラスがヒビだらけです。これも何とかし [続きを読む]
  • 砕石敷き
  • 犬走りより更に広い範囲まで砕石が敷き詰められ、 水糸で高さを確認しながら、ほぼ水平になる様に砕石が広げられていきます。 この後、最初の転圧をして地盤が整えられました。 基礎の下を通るように、砕石の中に給排水用の配管が進んでいます。 キッチンの配管。 手前から、トイレ・洗面台・洗濯機・システムバス用の配管。この後、水回りを中心に白蟻対策用の薬剤が散布されました。 沢山のブルーシートや枕木それに仮設 [続きを読む]
  • ブログスタート
  • 宮崎市の西部で、中型のログハウス住宅を建築致します。完成までの詳細を連載して参りますので、どうぞ気長にお付き合いください。 市道沿いの広い土地の一部を、農地転用に依って宅地化され、 その一角に住宅が建築出来るように、時間を掛けて準備されてきました。西の方角。 施主により草が刈られ、住宅の配置が決められて、 住宅予定の4隅に杭が立てられました。南西。 南東。現在、ほぼ図面が完成し、設備機器などの選 [続きを読む]
  • 日除け設置工事
  • ようやく材料が調達されて、工事が始まりました。 サンテラスに奥行が有るので、厚みのある金属を追加して出幅を確保し、 防水コーキングをしっかりと充填して、雨水の対策をしています。 横に出る下地材を斜めから固定し、 がっちりと補強がなされ、 そこから下ろしたハンドルで、 ロールシェードの出し入れをコントロールします。 漆間さんご夫妻に使用方法を説明して貰いました。 上からの陽射しはキャンバス地で完全 [続きを読む]
  • 遣り方
  • キットが到着するのはまだ1ヶ月近く先ですが、いよいよ現場が始動致しました。 北境界から1.5mにログハウス北壁の芯がきます。12mの北壁から南へ8mの長方形が家の骨格になります。犬走を含めた少し広い空間が囲われて、 犬走の外周に水糸が張られました。ここは南東の角で、更に奥にはデッキ用の基礎が準備されます。 東面。元の住宅とほぼ同じ位置に新たな住宅が建ちます。元の基礎が撤去されて全体的に低くなっていま [続きを読む]
  • 完成
  • 屋外が二色に塗り分けられ、 白い壁の要所にある戸・窓・柱・破風・鼻隠の濃緑色が 鮮やかなコントラストを見せています。 焦げ茶色のウッドデッキに導くステップには、茶系のレンガや焼き物が配置されました。 白の雨樋が南側と 北側に。 デッキには同系色の椅子やテーブルが。 天板と椅子の座面はお手製のようです。 東面には、母家から電線が引かれ、 熱気などを排出する換気扇が設置されました。 敷地の隅にはかわ [続きを読む]
  • 3年点検
  • 宮崎市前浜の F さんのお宅へ。 別荘の建築が行われる模様で、北側の空き地に基礎が出来上がり、今日から建て方が始まりました。 この周辺の空き地にも次々と新たな建物が出現しています。 F さんの住宅も周囲の環境に馴染んで、落ち着いた風情になって来ました。 デッキも良く手入れがされ、植物もしっかりと成長してします。 芝生も青々と根付いていました。 元気な子供さん達3人を守るフェンスの中で、薪ストーブもし [続きを読む]
  • 配置決めと地質調査
  • 解体撤去工事が終わりました。 入口の木々が伐採・撤去され、砕石が置かれています。 電柱左のブロック角には境界杭が有り、この部分のブロック撤去は難しそうです。 農業倉庫から母家そして家庭菜園の小屋までの3棟が解体・撤去され、 新たな広い敷地が出来上がりました。 母家に寄り添うように立っていた大木と新たな住宅の屋根が当たらないように、 計測しながら家の四隅を仮決めしていきます。 仮に立てた杭の位置を [続きを読む]
  • 2.5年点検
  • 国富町法華岳の Y さんの山小屋へ。 塗装など手入れが行き届いた外部を一回り拝見すると、見慣れぬコブを発見。 沢山の熊蜂が飛び交う蜂の巣です。役場に登録している専門業者に、撤去を依頼する様お願い致しました。 いつ見ても惚れ惚れする東南に広がる遠景。シーガイアから宮崎市街そして太平洋へと続く素晴らしいパノラマです。 下の段の植栽や手入れと共に、様々な物が自作されて進化しています。 このデッキでのティ [続きを読む]
  • 組み建て完了
  • 梅雨明けと同時に始まったガーデンハウスの建築。 当方が県外や県南に出掛けている間に、立派に建ち上がりました。 ログに囲まれた約6畳の部屋と、南側には約3.6畳のデッキ。 西面と北面。 東面。 中々良い雰囲気を出しています。 湿気をなるべく寄せ付けないように、一段高くしたコンクリートベースの上に大きなコンクリートブロックが固定され、 その上に土台が載り、床根太を支えています。 天井も高く広々とした [続きを読む]
  • コンクリートの解体撤去
  • 母家と農業倉庫の基礎や浄化槽など、コンクリートの解体と搬出が進んでいます。 玄関土間や浴室等の水回りにも相当なコンクリートが使われており、 解体しては山と積まれていきます。 出入り口の横でも、伐採や整地が始まりました。 全ての木々やフェンス等が撤去される予定です。 最近では余り見なくなった大きな庭石が次々と出て来ます。 処分場から帰って来た別のダンプに、 次々とコンクリートの塊が積み込まれていき [続きを読む]
  • 日除け対策
  • 施工を前に工事準備の為の採寸や確認が行われました。 南側の和室への遮光と、雨天時でも掃き出し窓が開けられる様に、 窓上に「クリアルーフ」を設置します。 夏には温室となってしまう「サンテラス」。老愛犬の避暑地とするべく、 上からの直射光と西日を遮る「オーニング・シェード」を設置予定です。 [続きを読む]
  • 15年点検
  • 小林市の岡原さんのお宅へ点検にお伺い致しました。 石油給湯器から電気給湯器に変わっています。 新聞紙を濡らして固め乾燥させた薪代わりの燃料。試してみられたそうですが、煙突が直ぐに詰まってしまったようです。 前々から懸念されていたデッキ。左から半分か三分の二を取り除く予定になっています。 愛猫を真ん中にして、ロフトからリビングを撮影。 キッチンには真新しいIHが据えられ、活躍をしている様子です。 屋 [続きを読む]
  • 解体工事
  • 入口に鉄板が敷かれて、解体工事が進んでいます。 農業倉庫は綺麗に解体・撤去されました。 母家もほとんどが解体され、構造材などが積み上げられています。 現在の在来構法ではほとんど使われない太い角材が沢山使われていました。 もったいないですが、ほとんど全てが廃材として処分されます。 数台の専用車両がピストン輸送して、処理場へ。 北側一面の壁のみを残し、器用な爪捌きで選り分けながら、 見る間に多くの廃 [続きを読む]
  • 5年点検
  • 宮崎市の濱川さんのお宅へ、定期点検に伺いました。屋内で特に問題の個所は無く、ちょっと気になる床下へ。 洗面台の下。 一階トイレ。 洗濯機。 建築の直後に、浴槽と配管との接続部分から水漏れが発生したシステムバスの下。細かく拝見しましたが、その後の異常は全く無さそうで、ひと安心。 二階トイレ。 リビング。 キッチン。床下にも、何ら問題無し。 奥様にモデルとなってもらい全景をパチリ。 [続きを読む]
  • キットの積み込み
  • ログメーカーより、様々なキットをコンテナに積み込む時の様子が届きました。 一番奥にログの梱包がまず4つ。その上に小振りの梱包。 下は床下やデッキに使う防腐防蟻剤加圧注入材で、その上は屋根垂木、更に上は金物類のようです。 全ての梱包に高牟礼さんの名前が記載されています。 こちらは大型のフレンチドアや戸と窓。 容積と重量が考慮されて、奥から二列に並べられていきます。 全ての梱包に番号が振られて、 そ [続きを読む]
  • 設備機器ショールーム2
  • 今回も2ヶ所のショールームを拝見致します。先ずは、リクシル。 娘さんお二人はキッズルームへ直行。 展示してあるリフォーム用階段も恰好の遊び場に。 サンテラスでは籐製のワンちゃんがお相手。 熱心に説明を聞かれるご両親の横では、バスタブの使い心地をお試し。 そして、手洗い器の蛇口のひねり具合や、 タオル掛けの良し悪しをチェック。 働き過ぎて、はやばやとご休憩と相成りました。仕事の後のリンゴジュースと [続きを読む]
  • 解体工事の開始
  • 道路を挟んで右手正面が出入り口になりますが、このままでは12mのコンテナをバックで入れるのは無理です。 そこで出入り口左側の木々や盛り土を、全て撤去してもらう事になりました。この広さだとコンテナも入りそうです。整地した跡は将来駐車場になる構想とお聞きしました。 手前の離れには、母家から移された諸々が仮置きされましたので、住宅が完成してからの解体・撤去となります。 その奥の大きな農業倉庫が最初に解 [続きを読む]
  • 電気配線仮設
  • 解体工事を前に、住宅などへの本線が切断され、仮設配線が始まりました。 仮設電柱にメーターなどが取り付けられ、 道路際の電柱との配線が行われています。 この仮設が撤去されるのは、ログハウス住宅の完成した秋になります。 [続きを読む]
  • 設備機器ショールーム
  • 最新の設備機器がどの様なものか、宮崎市内のショールーム2ヵ所に伺い、ベテランの女性からそのメーカーの特徴や利便性などを詳細にじっくりとご説明頂きました。 タカラスタンダード。新入社員の男性と共にシステムバスの説明を聞きます。 その間、私は娘さんお二人のお世話を致しました。沢山の玩具やアニメに飽きると、絵本を読んで欲しいとの希望があり、その後は広いショールームを舞台におにごっことなりました。 奥様 [続きを読む]
  • ヨーロッパパイン
  • フィンランドから輸入するログの素材を知りたいとの問合せがございましたので、少し古い写真ですが、伐採風景も含めて掲載致します。 ヨーロッパパインはパイン(松)と言っても、日本の松の様な枝振りではなく、真っ直ぐに成長します。ウィキペディアに依ると、「常緑針葉樹で通常、高さ25m、幹の直径は1m程度にまで育つが、高さ35−45m、幹の直径1.7mに達するものもある(エストニアでは46mの高さの樹齢220年の木も見つかってい [続きを読む]
  • 開聞岳 登山
  • 鹿児島県薩摩半島の南端にそびえる薩摩富士。久し振りに開聞岳に登りました。 駐車場のスタート地点からは頂上が遥か彼方に見えます。 山麓公園にあるログハウスのロッジ。建築当初はしっかり塗装されたはずのログハウス外壁はほとんどメンテナンス無しの放置状態。公共施設の無理解が残念です。 全く外の見えない登山道を登って5合目。東側に半島南端の長崎鼻が見えて、心地良い風も通り抜けていきます。 7合目。1合上が [続きを読む]
  • ログ加工図
  • ログの加工図はどんなの?とのお尋ねがございました。 左上は屋根を支える棟木・母屋・桁の図で、その右がログ壁配置図です。南北に4列、東西に3列のログ壁で構築されます。 左下は南北の右端、右下は東西の下端で、いずれも屋内から見た立面加工図になります。 [続きを読む]
  • パッキングリスト
  • ログの加工図に引き続き、梱包されるおびただしい数の柱や板などの木材や専用金物など、各種建材の打合せが始まりました。 百を遥かに超える建材の断面サイズ・長さ・数量をチェックし、摺り合わせを進めていきます。 その基となる設置場所の確認とサイズ合わせを行い、こちらの希望を遠慮無く伝えて変更して貰います。 金物などの取り付け位置や束柱などのサイズ等を確認し、全てのキットにゴーサインを出して準備が全て整い [続きを読む]