かものはし さん プロフィール

  •  
かものはしさん: 平凡な日々の呟き
ハンドル名かものはし さん
ブログタイトル平凡な日々の呟き
ブログURLhttp://kamonohashi0000.blog129.fc2.com/
サイト紹介文主婦が、主にドラマ等の感想を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供263回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2010/11/15 21:25

かものはし さんのブログ記事

  • A LIFE 〜愛しき人〜
  •   #6   ・「頑張っているのにみんな離れてく byまさお」    「“価値が無い”言われ続ける僕の人生 byまさお」    そんな壮大の心の声が聞こえる回だった   ・今回の患者は弁護士の榊原先生の父     柴田さんといい 榊原さんといい なかなかの苦労人    榊原は父を合法的に殺すために井川先生に執刀医をお願いした    ということでいいんだろうか それだけ馬鹿にされると「やります!」と [続きを読む]
  • 龍の歯医者
  •      濃い なかなか濃い時間だった     「龍の歯医者」の題名から天(空)でたくさんの暴れん坊の龍の歯を     治療するお医者さんの話? 実はほのぼの系?とか思っていたけど     制作統括が庵野秀明さん すごく「エヴァ」だった     「エヴァ」と「千と千尋」を足し算した感じ     「龍の歯医者」に選ばれるものは自分の最後を知っている そこを受け入れた     ものだけが歯医者になれる [続きを読む]
  • お母さん、娘をやめていいですか?
  •   #6   ・美月が家を出ていい方向に向かう と思った私は甘かった    文恵さんが忠告した「「白雪姫」の継母は実は実の母    優しそうに見えて手ごわいわよ」がじわじわ効いていくる今回    「毒リンゴ」だから即効性があるもんだと思っていたけど違った     少しづつ気が付かないうちに毒に犯される人々 怖いぞー!!!   ・「ママのそばにいるのが苦しいの」とまで言われたらしばらくはそっとしてお [続きを読む]
  • 嫌われる勇気
  •        旦那はこのドラマの大文字先生の“名言”が好きすぎて       とうとう「嫌われる勇気」を買っていた また貸してもらおう  #6   ・“信用”と“信頼”について 二つの言葉の使い方についてあまり意識してないけど    そういえば“信頼”の方が重い?感じがするような しないような    “信用”は銀行のような担保あり “信頼”は無条件    裏切るか裏切らないかは他者の課題(そりぁそ [続きを読む]
  • カルテット
  •   #5   ・この4人の生活費はどうしているのか疑問だったけど やっぱり別府さん(苦笑)    それでゴミ出しまではひどい ていうかゴミ出し問題はどうなったんだろう    家族が心配して 追い出す代わりに仕事を与えようと思うところもすごいし    仕事を与えられるところもすごい 別府さんちやっぱりセレブ   ・“諦められない人たち”に与えられたのは「戦闘型カルテット」    本人たちは不満そうだ [続きを読む]
  • 嘘の戦争
  •    「嘘の戦争」と「カルテット」は無料でこんな面白いドラマを見せてくれてありがとう    と感謝しながら視聴してます   《嘘》つながりの2時間 見た後どっと疲れるけど心地よい疲れ  #6   ・最初にあらすじ 登場人物にはちゃんと毎回名前表記 どこからでも参加OKドラマ    スピードは速いけど その点はとても親切   ・出てきたものは豪華でも食べた気がしない食事会    父親の職業は教師(医者 [続きを読む]
  • A LIFE 〜愛しき人〜
  •   #5   ・どこの病院のお医者さんにもしがらみや過去がある     もちろん「壇上記念病院」の医師たちにも…ということで 今回は医者の縦社会   ・医療関係者が身内にいたので “〇〇大学医学部の〇〇年卒業”がいかに    大事なことかは知っている ましてや恩師    でも羽村先生は井川先生の医療ミスをマスコミにチクった経緯があるので    例え恩師でも医療ミスを指摘し バッサリと切り捨てること [続きを読む]
  • お母さん、娘をやめていいですか?
  •   #5   ・美月が一人娘だからこうなったのか 複数人子供がいればこういうことに    ならなかったんじゃないか と色々考えてみたけど    顕子の今の状況は鏡子の母からのものなので 美月に兄妹がいても    美月かその兄弟が標的になってしまいそう    あーつくづく顕子ママが生きてるうちに関係を修復してさえいれば…   ・新築現場での出来事を ママが嬉しそう とか松島さんが返事をくれない で  [続きを読む]
  • 嫌われる勇気
  •   #5   ・「課題の分離」    「馬を水辺に連れていくことはできるが 水を飲ませることはできない」    子育てとかいろんなものの通じる理論 でも手を出したんだよー親としては…    ・ゼミのOB会に来て 盛大に喧嘩して見せるのは共犯関係を隠す常套手段   ・“顔見知りによる物取り”の線を「明確に肯定します」と言われて得意げになる    浦部さんは可愛い 小宮山&浦部は可愛いんだけど活躍はしな [続きを読む]
  • カルテット
  •   #4   ・生活する上で絶対切り離せない「ゴミ」問題   ・別府がしなけりゃ誰もゴミを出さないのは明白(キッパリ)    「朝起きられません」(知ってる)「おこずかいください」(言いそう)    「ゴミを捨てない人間はゴミから見てもゴミ」!!    ゴミ屋敷→通報→放浪の旅 ここまで想像できる別府さんの想像力(笑)   ・ゴミ問題と同じぐらい(私にとって)衝撃だった写真の女! 妻かよ元妻かよ! [続きを読む]
  • 嘘の戦争
  •   #5   ・家族と見ながら「来週最終回?」と毎週聞かれるドラマ(苦笑)   ・今回もターゲットが素晴らしい平岳大さん 小っちゃい男熱演   ・相手の見た目で判断する九島だったからパイロットは正攻法 それよりも    ハルカを1年契約のCAにして仕事の相談を持ち掛けたりする手法はなるほど!    相手の悩みを聞くと自分も打ち明けやすい    若くて綺麗でミニの似合う(足長い!)女性が九島に近づいた [続きを読む]
  • A LIFE 〜愛しき人〜
  •   #4   ・4話目にしてようやく確信した このドラマは医療ドラマ(患者対医者)    というよりも 病院で働く人々のドラマなんだね← 遅い?     “病院で働く人もにんげんだもの” という感じ   ・井川先生いい立ち位置だ 始まる前は松山さんがこんないい役だとは思わなかった    育ちが良くてぼんぼんで空気を(あえて?)読まず 言いたいことを言い    柴田さんに気持ちが真っすぐ! 残りの大 [続きを読む]
  • お母さん、娘をやめていいですか?
  •   #4   ・祖母が顕子に「ごめんね 自由にさせてあげればよかった」と一言    謝らなくてもいいけど 「大事にしていた」 とか「大好き」だとか    一言 言ってくれていたら顕子は救われて この問題の半分は解決していたのに    というか 最後の方でおばあちゃんと和解して めでたしめでたしの方向に行く!と    思っていた自分が甘かった 井上由美子さんだもんなあ    一筋縄でいくはずはない  [続きを読む]
  • 嫌われる勇気
  •   #4   ・「自由とはなにか」   ・かかりつけ医を呼んで「“心不全”で亡くなったと死亡診断書を書け!」    と言ったらきっと言うことを聞いて書いてくれると思ったのに…という話    息子は政治家になりたくないし 娘も家を嫌って海外    秘書は実は愛人の息子 という2サスマニアにとっては美味しい話なので    できれば殺人事件であってほしかったところだった   ・「狸穴家のお嬢さん」の呪縛 [続きを読む]
  • カルテット
  •   #3   ・「カルテット」に含まれる“毒”の一部を笑わない有朱が担っている と見ていたけど    今回はどうした!? あの笑わない目だけじゃなく全身から毒が出ていたよ    蛍光紫色のやつ!! 怖い!!    すずめに「大人は誘惑してください」 とか「人間を捨てる」 ネコ トラ イヌ…    と「女の仕事」を教えていたけど 基本有朱は“妖怪”の域    何よりも怖かったのは「こんにちは」「さよ [続きを読む]
  • 嘘の戦争
  •   #4   ・30年前のOL殺人事件の「シジョウ」を楓の母親の葬式のお花写真から探す    お葬式は特別だ そこで親交があったことが初めて判ることがある    次のターゲットの「クシマ」を四条の大学の卒業名簿から見つけ出す    大学生のバカ息子の片方が見つかれば 同じ大学のはずだと思う    標的の見つけ方に無理はない ありそうだと思わせているところが凄い    しかも晃と同じ「聖蘭大」!! う [続きを読む]
  • A LIFE 〜愛しき人〜
  •   #3   ・①病院の経営 特に小児科は採算が取れずどこも縮小の方向    ②大学の派閥    ③セカンドオピニオン    ④女性は資格をもってながら子供が生まれたらお医者さんに戻っていない     と新聞で読んだ(子育ての時間問題 空白期間の不安)     戻っても深冬のように0.5だと思われる 肩身の狭さ     今そこにある“医者としての腕”以外の問題をちゃんと詰め込んで誠実なドラマ     [続きを読む]
  • お母さん、娘をやめていいですか?
  •   #3   ・顕子は美月が松島に自分よりも先に仕事の悩みを相談したことで    自分が一番じゃなくなるかもしれない不安で交際に反対    「ああなたの気持ちを一番大事にしているのはママなのよ」←呪いの言葉    それでも母に不信感がある美月は交際を宣言    そしたら鏡子は体調を崩して倒れる作戦(本能的に美月をつなぎとめる為に    身体がそうなってしまうのかも)    なるほどねー 反抗したこ [続きを読む]
  • 嫌われる勇気
  •   #3   ・今回は「あなたの為」と言う言葉を多用する典型的“毒親”   ・「人生は他者との競争ではない」 トイレに貼るか   ・殺された吉野先生は遅かれ早かれ誰かの恨みをかって    ひどい目にあうと予想はされる    自分を理想の先生と見せることに執着し 周りの先生をライバル視して    幸せになりそうだと嫉妬から壊していく   ・相馬めい子も蘭子をライバル視(敵視)していたけど その考えを [続きを読む]
  • カルテット
  •   #2   ・前から5〜8列の真ん中あたりの席で極上の舞台を見ている感覚   ・すずめちゃんにもみぞみぞするけど 全く目の笑わない有朱や    狂気を秘めた鏡子さんにもみぞみぞする     真紀にはひたすらぞわぞわするドラマ 真紀にもなにか恐ろしい内包的な塊    を感じるんだよなあ それがある程度の年齢を経た女性特有なものなのか    あえて松さんが真紀の為に出しているのか謎だけど       [続きを読む]
  • ?の戦争
  •   #3   ・絶賛関西では「銭の戦争」放送中!なので草彅さんが同じギラギラエネルギーの役    だけど 全然違う感じ(「銭」はひたすら外に向かってエネルギーを放出する感じ     「嘘」はマグマのように内部に貯めて目的の人物に狙いを定める感じ)が    改めて分かって面白い 「銭」も「嘘」も元々のクレバーな感じは同じだけど    「銭」はエリートだったよね があり 同じヤサグレ具合でも違う そこ [続きを読む]
  • 視覚探偵 日暮旅人
  •   #1   ・スペシャルの時に面白い!と思ったので楽しみしていた    (「スペシャルドラマ」の欄で感想を書いている はず…)    松坂桃李さんの旅人のキャラクターとそれを取り巻く人の座組が好きなんだよ    (松坂さんは「ゆとりですがなにか」の山路もよかった)   ・1年ちょっと経ったので忘れている部分もあったけど だいぶ思い出した    というかスぺシャル再放送した?   ・灯衣ちゃん大き [続きを読む]
  • A LIFE 〜愛しき人〜
  •   #2   ・1話を見て 井川君は研修医か なりたてホヤホヤ だと思っていた    だって主要メンバーの中でとびぬけて1番若いんだもん    きっとマツケンは1話で沖田の医者としての飛びぬけた技能を見て    キャンキャン懐く 子犬ポジションだとばかり思っていたけど 違った…   ・井川先生は“俺はコネじゃない”意識が強すぎて    患者のことは考えているけど 命を救えればいいんでしょ    そ [続きを読む]
  • 精霊の守り人
  •   #1   ・前はチャグムの性格が…と乗り気でない中視聴していたけど どんどん嵌りだし    暗殺は成功するのかーーーー! で終わり えっ???になっていた   ・今回はアスラを守る話 鈴木梨央ちゃんは可愛いし 演技は上手だし 文句なし    (前回の小林颯くんも良かったけどチャグムの性格が…)    というかパパとママは変わりないけど チャグムだけがやたらデカイ    何年経った設定なんだろう [続きを読む]