御殿場海賊団 さん プロフィール

  •  
御殿場海賊団さん: 御殿場海賊団
ハンドル名御殿場海賊団 さん
ブログタイトル御殿場海賊団
ブログURLhttp://ameblo.jp/asuki0801/
サイト紹介文御殿場海賊団
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2010/11/15 22:53

御殿場海賊団 さんのブログ記事

  • ホンツボスズ
  • 「さぁ、どうします行きましょうか?」雨の降る早朝、一本の電話が鳴る私は前日の深酒を引きずっていて思考能力が低下している為彼が私に電話で何を聞いているのか理解出来なかった私はちょっと待ってくれと、目覚めたらまた電話をすると伝えて電話を切る朦朧とする頭がゆっくりと布団の中で覚醒して行く私は彼が一体何を言わんとしたのか考える私は先日、その後輩と沼津にリニューアルオープンした居酒屋に立ち寄り雨の日にその [続きを読む]
  • そうだ、仕事をしよう!
  • ちょっとした仕事を任されて、夕方に日が落ちてから暗闇でコンクリートをコテで均す任務を充てがわれた私は夜型の生活をしてはいるが、夜行性として身体が作られてはいない為夜間の視力は鳥並みだそこで私は、嫌がる妻を連れてスマートフォンのライトで私の手元を照らさせて作業をしようと決めた時間で10分ぐらいのお遊びのような作業だ私は作業場所に車で乗り付けて妻を降ろす私はコテを持ち作業場に近づく私の背後から照らされ [続きを読む]
  • 初夏!
  • 晴れ晴れとした晴天にジリジリと腕が焼ける既に夏の風格を見せる太陽は容赦がない少し前の週末の出来事だ私達は蒸し牡蠣パーティーを開催した数日前に我が家に届いた牡蠣25kg結構ある。まぁ、最近は蒸し器がデカくなったので牡蠣を蒸すスピードが格段に早くなったので勢いに任せてコレぐらいはペロリと喰えてしまうから不思議だ昼から始まる牡蠣パーティーの数時間前私は友人に電話を掛ける「さっちゃん?、もう支度できた?」「 [続きを読む]
  • 試飲会!
  • 海底熟成酒の引き上げから数日経った今晴天の中、やっと本物の試飲会が始まる皆、各々が思う感想を言い放つ「これは美味くなったね、凄く軽く甘くなった」「成功だね」「今年はコレをいっぱい沈めよう」「コレはダメだね味が無くなっちゃった」「失敗だね」「今年はコレを沈めるのは止めよう」皆んな、簡単に言うなぁ。でもこの試飲で、今年沈める酒の方向性が確定したロウ付けの改善点もはっきりしたうん前進前進!ヨシ!今日は [続きを読む]
  • 海底熟成酒 あれから
  • 振り返ること半年前、私達は思いつきから酒を海に放り込んだ。海底熟成の記事を出来れば軽く流し読みして欲しい早朝、普段寝起きの悪い私がアラームの前に布団を出る外は雲も多いが、ひいき目に見れば晴天の部類であろう今朝は清々しい私は、身支度を済ませ2tダンプのエンジンを掛ける荷台には、ドライスーツとダイビングセットを投げ込み、助手席にはGoProセット準備は万端だ海には予定よりかなり早く着いたので少し荷台で横にな [続きを読む]
  • 330!!
  • 富士宮のボスがお店を出したと言うのでご挨拶に行って来ました名前は、居酒屋330!(ミサワ)勿論ボスの名前は三澤さんだ覚えやすい名前だお店は焼き鳥が中心のお店だが、色々な一品料理も有るかなり美味いお酒もなかなか私好みの物も多く結局呑みすぎてしまう入店直ぐに頭火会の則竹会長とバッタリ会い、更に飲酒の速度が上がっていく今夜もやっぱり深酒に悩む。 [続きを読む]
  • シーズンオフ
  • もう早いもので5月になるそろそろ半袖になり、出かける先も海などになる世の中は、潮干狩りだとかで賑わうもう5月は初夏だだが、その反面冬の雰囲気もまだ少し残ってるのも事実だ私はもう、先々週の平日に野沢温泉村の雪山に宿を取り酔っ払いながら、スノーボードを楽しんだのが最後となったが、我が家の愚息は昨日がラストランディングの日だったようで、新潟に出かけていた新潟の方まで行くと、5月に営業しているゲレンデはある [続きを読む]
  • 宮崎その後
  • 番外編私には、宮崎から帰って来てまずやらなければならないことがあるそれは今回参加出来なかった同級生の清美ちゃんに土産を渡すと言うこと彼女は、ギリギリで用事が出来て宮崎旅行に参加出来なくなってしまったので少しでも喜んでもらおうと言う事だそんな彼女の為に私は凄く考えて一番彼女が喜びそうな物を選んで購入して来た喜んで貰えるといいのだが。取り敢えず主役の清美を我が家に呼びつける今回は、ランチと言う名目だ [続きを読む]
  • 旅の寄り道
  • 茨城に遊びに来ているのだが、線路の風景が面白いので写真を撮ってみたのだがわかるかな?何か違和感を感じないだろうか?ここ常総線で走る列車は電車ではないそもそも電車の定義は電気で走る列車だここの列車はディーゼルエンジンで走る気動車で電気を必要としないので、線路の上に電線が無い作りになっている私は、幼少期よりこの地に来る機会が多くて知識として聞かされて知っていたが、この様に写真に撮ったのは初めての事だ [続きを読む]
  • 2017第5回塩昌杯in宮崎4日目
  • おはようございます。今朝も酷い二日酔いでございます。恒例となった朝食も、疲れているせいか若干喉を通りにくいまぁ、食べる量は結局変わらないけどね。今日は、早朝から起き、ゴルフ組と観光組で別行動をする観光組は、運転手の私と美紀ちゃんとさっちゃんの3人だ最終的の集合地点は宮崎空港無事に行って来れる事を願って旅立とうホテルをチェックアウトしてレンタカーに荷物を積み込む今日は、走行時間片道2時間の高千穂峡へ [続きを読む]
  • 2017第5回塩昌杯in宮崎3日目
  • 昨晩の酒が、冗談の様にガッツリ残っている今朝、アラームのなるほんの少し前に目が醒めたホテルのベットからゆっくり起き、枕元に置いてあるペットボトルの水を飲み干してカーテンを開ける外はは、100%の雨予報を押しのけ最高のゴルフ日和だ雨だと思って呑みまくったのに...。やっちまったなぁ。とにかく、こんなふらふらではどうにもならないまずは、エアコンの効きすぎで冷え切った身体を熱いシャワーで温める歯を磨き、意識を [続きを読む]
  • 2017第5回塩昌杯in宮崎 2日目
  • 睡眠不足で寝てないはずなのに、馬鹿みたいに早くから起床する少年の遠足〜ずハイ的な奴なのであろうか取り敢えず、風呂に入り歯を磨く、時間はまだ早い着替えを済ませ手持ち無沙汰になりキャリーバッグを整理する大した物は入っていない当然だ当の本人の私が、必要最低限の物以外は持ってこないようにしているのだから私はキャリーバッグを漁り持って来た服を眺める、昨日の最高気温は28度私のキャリーバッグの中の洋服は大半が [続きを読む]
  • 2017第5回塩昌杯第in宮崎1日目
  • 2017年4月恒例のお誕生日会を開催する運びとなった時は2013年4月2度目の塩川昌宏御生誕ゴルフコンペの打ち上げ時、半分宮崎人になった酔っ払った秋山弘光の一言が今回の旅の始まりとなったその一言とは「4年後のゴルフコンペは宮崎でやるぞ!」そして今日、我が家にクロネコさんがやって来た数日前、配達中に骨折した後輩の宅配ドライバーに電話を掛けて荷物の集荷を手配するそう、今回は毎年恒例となった塩昌杯だ過去記事で4月の [続きを読む]
  • なんだかせつねぇなぁ、やり直せねぇかなぁ。
  • 先日、娘の同級生で、息子の後輩の意気のいい漢が旅立った単車での接触事故礼儀正しい真面目な不良で仲間に囲まれて生きた漢だバイクと神輿が好きで、何時も我が家の秘密基地で騒いでいた漢だ漢として話の出来る奴だった息子とは、バイクとスノーボードで息子の同級生に混じって遊ぶ大人びた所もあり娘とは、小中からの仲間で、何時も気持ちをぶつけ合える親友的な存在だったきっとこいつらは道を外さず、掴める素晴らしい未来が [続きを読む]
  • 深夜の侵入
  • 深夜、立ち入り規制のバリケードを退かし敷地内に侵入する片手には懐中電灯を握りしめ足下を気にしながら前に進む目的地の目の前までやって来た私は懐中電灯で室内を窓から照らし中を確認する中の椅子の上に現金の入った茶色い財布が無造作に置かれているお宝発見だ!だがそこには鍵が掛っている中に入るには窓を破るか、鍵を開けるしかない出来れば前者は避けたいそこで私は鍵を開ける方を選択しようと考えただが問題がある、こ [続きを読む]
  • 森の妖精
  • 静かな山林を歩く、山道沿いから少し入った所に伐採され、掘り返された土の平野が広がる私はこの山道沿から少し入った広場に入り目下に広がる土の平野を散策していたその平野と私の背丈程もある茅の雑草地帯がくっきりと分かれている所まで歩いて来ると茅の中から、鳥の羽ばたきが聞こえる鳥は、茅の中を羽音を立てながら移動していく茅の中の地面に巣を作る鳥は、羽音を立てて移動して、自分に注意を向けて、他の動物に巣の場所 [続きを読む]
  • 初めてのこと
  • 週末、我が地元御殿場市では市長選がある私も勿論市民なので参加するんだが先日送られて来た選挙入場券に、期日前投票な案内が記載されて居たん?私はコレやったこと無いなと言う事で、週末の日曜日にのっぴきならなねぇ用事を作り、期日前投票をしに行くことにしたこれってのは、良いことなのか悪いことなのかわからないが、のっぴきならねぇ用事を無理矢理入れたことで私は期日前投票の資格者となった訳だ私は投票する場所を、 [続きを読む]
  • 露天風呂
  • 隣接する道路を走る車が水を引きずる音で目が醒める雨の日はこのなんとも言えない音がノイズとして耳に届き、必ず寝起きにカーテンを開ける庭の水たまりに冷たい雨が降り水面の波紋となって小さく広がってはまた消えて行く久しぶりの雨に乾燥しきった空気が潤って行く感じが気持いい1月の気候は雪ではないと、冷たい雨でも少し暖かいような錯覚をしてしまう雨の朝は気持ちが良いそんなリラックスタイムに携帯電話がけたたましく鳴 [続きを読む]
  • 担ぎ初め 滑り始め
  • 帰国してその日は親族の新年会を行う我が家が会場となる程よく呑み、お土産を配って、私は早めの就寝をするそれは、翌日に控えた富士宮浅間大社の初渡御があったからだ。新春2017.1.3初渡御.富士宮浅間大社今年の初渡御は、天候にも恵まれすっげー面白かったなぁその後は、時之栖で同級生呑みをして新潟へ雪はまだ少ししかなく天候は降ったり止んだりだが、気温が高く降り頻る雪は重い降ってもすぐに溶けてしまうのでまだあまり期 [続きを読む]
  • 南国4 最終
  • 最後に下ネタがあるので苦手な方は見ないようにして下さい。カウントダウンパーティーの興奮も冷め止まぬ翌朝、Togawaさんファミリーとブレックファーストにハイアットホテルに着くTogawaさんの割る生樽の日本酒で新年の挨拶をして初めて2017年を迎えた事を実感する遅ればせながら、新年の挨拶を本年も変わらず皆様も良い年でありますように御殿場海賊団デイビット、Ayumiさん色々ありがとうございます。この最後のBBQの後、深夜 [続きを読む]
  • 南国3
  • 2016年最後の聖なる朝をバカにしまくる様な勢いの頭痛は、昨夜の不節制の証だ非常に誇らしくもある全く成長しない私は毎日が後悔に苛まれているだが、公正の兆しは一向に見られないもしかすると私は人よりほんの少しだけ学習能力が低いのかもしれないそんな思いでロキソニンを食べて身体の故障箇所を治す実に簡単だブランチはいつものNAMI へと向かい丼かラーメンを頂く今日も全くブレずに美味しいデブが治る薬を発見したが、中国 [続きを読む]
  • 南国2
  • 昨晩の深酒が私を苦しめて、8:00起床の予定を何と無く2時間遅らせる今日は、銃を撃ちに行くからだ銃と言ってもスピアガンだが、日本から出国の際は簡単だが異国への入国の際は別だ色々と、税関で質問される私は、片言の日本語と英語でされる質問をわからないと答えて乗り切るオッケーバカンスタノシンデ!ありがとう!こんな会話で締めくくったそんなスピアガンを抱えてアクアリゾートにあるミツが経営しているボートショップに行 [続きを読む]
  • 南国 1
  • 昼近くにエアコンの風が寒すぎて目が醒める目覚めはとてもいい窓の外には青空が広がっているゆっくりと身支度を整えyukoさんとkentoくんのいる事務所に顔を出し、ここでは定番となったNAMIに飯を食いに出掛けたその後、海のレジャーを生業としている友人達のところへと挨拶に行く高級なホテルの前でそのホテルのサービスも堪能するサービス泥棒だ私達はディビットと合流してアルコールを買い込みに行き本格的に呑み始める場所を移 [続きを読む]
  • 出発の日 2
  • 釜山へ着くと私は一旦出国する事に決めた空港から一歩外に出たが思っていたより寒くはなかった数年前のこのぐらいの時期に来た時は物凄く寒かったのだが、確かそこは仁川空港だった今現在まさしが滞在している空港だ私は何気なく地図で現在地と仁川空港を検索した成る程ね、寒くないわけだ私は直ぐに空港の中を散策する釜山の空港はあまり栄えておらずお店も限られた数しかないなので店選びには迷わない空港の洋食屋さんのような [続きを読む]
  • 出発の日 1
  • 肌寒い早朝、庭先でクラクションが鳴る甲高い音が、冷たくなりきった乾いた空気を切り裂く私は、座り過ぎて熱くなった便座からゆっくりと立ち上がって窓の外を覗く黒塗りのでかいトヨタの高級車が道のど真ん中に止まるおはようございます黒塗りの車から顔を出したまさしは、寒かったのだろうか直ぐに車の窓を閉める私は急いでジーンズを上げてベルトを閉めるトイレを流して扉を開けた所でチャックがしまっていなかったことに気が [続きを読む]