Ayasofya-izumi さん プロフィール

  •  
Ayasofya-izumiさん: ~Awake、目覚めて生きる変容への道〜
ハンドル名Ayasofya-izumi さん
ブログタイトル~Awake、目覚めて生きる変容への道〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/ayasofya-izumi/
サイト紹介文ハトホルのヴォイスヒーリング、クリスタルボウル、フラワーエッセンス、リコネクション、ボイジャータロッ
自由文音・花・光とともに目覚めの時代を生きる。長い時代の中で外に預けてしまった無意識の力を自身の内に目覚めさせていく。新しい創造の時代はもう始まっている。自然と共生する美しく、新しい時代をCreateしていく日々を・:*:`・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供203回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2010/11/16 14:49

Ayasofya-izumi さんのブログ記事

  • 時には民泊の母となるAyasofya〜
  • 福岡出張から戻り、間髪入れずに中学生修学旅行の農家民泊を受けておりましてバタバタ・:*:`・ 子供達の受け入れなどは1年で1回受けるかどうか?くらいですが、(※現在は宿泊はクライアントの方やワーク参加者のみしかお受けしておりません) 田舎暮らしのファミリーとしてカウンセラーでもなんでもない一人の女性として 子供達のご飯をせっせと作って農体験として土いじりをリードして作物のお話をして [続きを読む]
  • あなたの中にある(自我にとってw)残念な欲望
  • 「意図したことが現実になる」それは人生の中で豊かな体験であることは間違いない。しかし意図もしなかったことに運ばれていくとき、子供のような好奇心とちょっとコワくてワクワクするという不思議な感覚がより一層沸き上がるものだ。自身の自我や過去の経験を超えたより大きな意思のもとで未知へ動かされるこの感覚。存在への畏敬の念を抱きながら流されることと流れに乗ることの両方を遊ぶ。それは 人生という身体を伴った時 [続きを読む]
  • ”すげえ腹立つわ”って言われる母たち
  • 2年前の記事だけど どなたかのタイムラインで上がったのでしょう。 この記事で反応が起こった方からの相談でまた目にしました◎ たしか2年前にもこの記事を「逆シェア」させて頂いた記憶が、、、 当時もこの記事にたくさんの「イイネ」が有って おお。。。こういう記事が世間では「イイ」とされるのか!!! と、興味深くもなんだか冷め切った感覚が有ったことを覚えています。 &nb [続きを読む]
  • 流れに流される時 流れに乗る時 流れを起こす時
  • 「仕事を辞めたいけれど、 迷いながら続けている」 という方のセッションをさせて頂きました。 2週間ほど経ったころにメッセージを頂きました。 その中に、陥りがちな思考のパターンが現れているように感じたのでシェアしてみます。 「先日のセッションありがとうございました。  近況の報告をと思い、メッセージさせて頂きました。 「やっぱり仕 [続きを読む]
  • 多くのケースの根底に宿る「境界線」というテーマ
  • メタフローラ・プレゼンスは、「捨てて行く」道。 何者かになっていた「ワタシ」から「0」ポイントフィールドへ そしてそこから始まる「本当そのままのワタシ」を生きていく行く道。 世界へ自分を明け渡して行くごとに私たちは自由になる。 何から?「ワタシ」の中にいた、幻影の統治者から。 それは、私たち自身の中に存在する、本当の 偉大なる王、マスターが目覚めるプ [続きを読む]
  • 取り残して来た「いつかの自分自身のカケラ」を統合させる
  • 【大分】タマウタ®、本日終了致しました(.˘?˘.)? 大分のみならず、広島、福岡と、お集り頂いた7名の皆さまと歌を通して繋がり合い、その存在の輝きを目撃し合う素晴らしい時間を過ごさせて頂きました。 ありがとうございます? (生まれたての赤ん坊のような 初々しい皆様のお顏を写真に撮ることに 心はいつも向きませんので、写真公開は控えています(.˘?˘.)) 私たちの奥にほと [続きを読む]
  • すべては一分一秒の狂い無く
  • 自我を手放した形で行われるワークは特に、意識では避けようとするハードなプロセスを時に通過させる。 惑星の運行が一分一秒狂うこと無く行われているのと同時に、私たちのプロセスも同じ、一分一秒の狂い無く進んで行く。 宇宙は常に完璧な過程を与えてくれている。 自我という鎧が脱ぎ去られていいくごとに流れそのものが宇宙であることを知り あなた自身が宇宙の法則そのものに一致する。       [続きを読む]
  • すべては一分一秒の狂い無く
  • 自我を手放した形で行われるワークは特に、意識では避けようとするハードなプロセスを時に通過させる。 惑星の運行が一分一秒狂うこと無く行われているのと同時に、私たちのプロセスも同じ、一分一秒の狂い無く進んで行く。 宇宙は常に完璧な過程を与えてくれている。 自我という鎧が脱ぎ去られていいくごとに流れそのものが宇宙であることを知り あなた自身が宇宙の法則そのものに一致する。       [続きを読む]
  • 相方が、 ”大麻飾り 上級講座講師の資格を取得しました!!”?
  • 相方 真介はこの度、「大麻飾り職人養成講座 上級講座の講師」としての認定をいただきました・:*:`・ 代表講師である里美先生以外での上級講座講師として特別唯一、その歩みを認められましたことのご報告とその恩恵に授かるお礼を申し上げます。 7月21日〜23日、(一社)日本燦々代表理事本間義幸先生をお招きし、ホームである古民家Ayasofyaにて第一回目の「上級講座」の開催が決定、秋田は上級 [続きを読む]
  • 自分自身を救い出す
  • 農村は初夏の空気が漂ってきました。 キッチンから見える窓の外にたくさんのお花を植えたので、 これからすくすく育って来年の春には目の前に美しい景色を見ながらお料理が出来るようにせっせとお水やりも楽しい日々・:*:`・ 昨日はなんとも香りの良いバラが咲きました。 花びらの肌触り芳しい香りゼスチャーそのプレゼンス 自然界との繋がりが私にとっての大事な「答え」を生きる道です。& [続きを読む]
  • 与えられている「チャンス」に気付いていますか?
  • 「我々の内面は宇宙よりも大きい 神とは至る所に中心があって円周のないサークルである  一粒の砂の中に全世界があり 一本の野の花の中に天国が顕現し  掌の中に無限があり 一時間の中に永遠が包含されている  最小のものより小さなものは 最大のものより大きい」       ーファースト・サンダーー 私の手帳にはこの、過去いつ読んだか分からない本の一節が書かれています。 多 [続きを読む]
  • 【大分】【福岡】にて開催決定◎「魂と繫がる歌の唄い方® 」
  • 久しぶりに「魂と繫がる歌の唄い方®」を開催します・:*:`・ しかも、 大分と、福岡にて。 東京では次回は8月あたりに開催する予定です(.˘?˘.)? 「一生に一度はタマウタ」 参加された誰しもが口々に伝えるこの深いワーク。 自身に深く繫がるとはどういうことか? 「自分で在る」というハートの領域から他者と深く繫がり、世界と繫がる体験へ〜 「タマウタを受けてから人生が激変し [続きを読む]
  • 「問題は何も無い」
  • Rヒーリング3回を受けて下さった方のフィードバックをシェアさせて頂きます。「問題」を解決しようとすると、むしろ余計 問題にがんじがらめになったり、解決したように見えて、新しい問題勃発のラットゲームスタート!となる悲しさよ、、、というテーマを講座の中でよく取り扱いますが、アインシュタインの言うように、問題と捉えている同じ視点からは問題は本当の意味では解決出来ません。問題と捉えていることが、あれをしない [続きを読む]
  • ひとつの真理はまた逆の真理をも現す
  • もしも偉大なるマスターがそのやり方をしたとしてももしかしてあなたはその真逆のやり方でそれを成すかもしれない。常にひとつの真理はその真逆の真理をも現す可能性に心を開いていること。例えば、お金持ちになるためにはお金を使わないことお金持ちになるためにはお金を使うこと謙虚であることの素晴らしさもあれば正直であることの素晴らしさもある常に両方に道は開いている。あなたがもしかして片方のやり方しか試さないで頭打 [続きを読む]
  • 「お金が無い」と感じるとき
  • 一昨年書いた記事ですが、ちょうど「お金」に関するご相談が重なったので再アップします。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■「お金」との関係性を取り扱って行くと、その方の自身への存在価値に多くの気付きが生まれます。罪悪感欠如感幸福感人間関係何を与えて何を受け取るか自分は何を世界に与えられる人か自分は何を受け取る価値があ [続きを読む]
  • 「神の声」を聴く?
  • 去年の記事だけどリブログ。 経済が発展し、時代が混沌としてくると「非日常」への憧憬が深くなるという統計があるようですが、 ある意味現代の「スピリチュアルブーム」と言われるものもその一側面かもしれません。 私は 自分自身を「スピリチュアルじゃ無い人」とも「スピリチュアルな人」とも 定義出来ませんが、 「スピリチュアル」という定義自体が余りにも曖昧な時代ではありますね^^;&nb [続きを読む]
  • 「自分じゃない荷物を降ろして行く」
  • お釈迦様生誕祝国宝石仏奉納舞無事終了しました。 っつって、 もう3日経つのだけどなんせ新学期始まって新高校生、新中学生となった子供達のお母として5時起き、弁当作り、と新たな日常リズムで先ずはてんやわんやのAyasofyaです 笑 7時にはみんなもう家を出て私も8時半には掃除もメイクも終わってるという新たなリズム?悪く無いわ〜? さてさて、 書きたい事もてんこ盛りですが奉納舞に参加 [続きを読む]
  • 二元の世界で一元を観る
  • 道は常に変わりゆく。 定められた法則もなく、 浮きと沈み柔と剛も正も邪も 相互に変わる。 唯一なる法則は、「万物は流転する」ことのみ。 すべての「道徳」と言われるものは、相対的なものだからこそ 「定義」を何とするかという「コミュニケーション」無しには実は成り立たない。曖昧なままの「道徳」は観念レベルの抑圧をむしろ生み出す。 「勇気」も「自分らしさ」も「 [続きを読む]
  • 生きるということは問いかけ続けること
  • 人生には何度か節目となる時がある。 私にとっては「4月4日」その一日だ。 忘れ得ぬ日となった兄の命日。 あれから7年。そう、もう七回忌だ。 兄の死は、私に多くのことを教えてくれた。あの出来事が無ければ、今の私のアイデンティティは無いも等しい。 何故ならこの仕事を通しての自分自身の主軸となる柱に兄の死から受け取った多くの体験があるからだ。 「生きる」ということ「今日」と [続きを読む]
  • 「机上の学び」から「体感を通した学び」へ〜
  • 昨日、久しぶりにご無沙汰していたメールマガジンを発行。  (→VTアルケミーの方、もうちょっと待ってー汗) その中での記事の一部ですが、 この春、小学校と中学校の二人の子供達の卒業式に参列して驚いたことに、 「社会の役に立つ人間に」「自分のことよりも人のことを思える人に」「自分で責任を持って自立した人間に」 という言葉が何度も言われていたことがあります。 そんな [続きを読む]