やまぐち さん プロフィール

  •  
やまぐちさん: 街歩き水彩スケッチ
ハンドル名やまぐち さん
ブログタイトル街歩き水彩スケッチ
ブログURLhttp://machiinokeshiki.blog13.fc2.com/
サイト紹介文小樽や札幌の街中を歩き、古い路地や坂の景色を水彩でスケッチしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供180回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2010/11/20 07:21

やまぐち さんのブログ記事

  • 楽描鳥2
  • 楽描鳥1と同じ模写。 水浴び後のメジロ(メグロになってしまったが...) カイツブリ・ファミリー(背中に3羽) イワヒバリ、カヤクグリ メボソムシクイ、チゴハヤブサ キセキレイ、ウソ (キリギリス)、カイツブリ親子やぶ蚊などに襲われながら苦労して撮影された写真を、室内で遊びながら模写して申し訳ないが自分では写せないしその元気もないのでご容赦を...  [続きを読む]
  • 楽描鳥1
  • 例によって、「凛として」さんのブログや道新の「野鳥百鑑」で遊ばせもらっている。まわりの木の葉や空は適当に入れた。  オオジュリン、コヨシキリ チゴハヤブサ、ヒヨドリ カヤクグリ、コサメビタキ カワラヒワ(右も) キビタキ [続きを読む]
  • 街中の寄せ集め
  • 描いた日もまちまちの街中で目にしたもの。 地下歩道の変わった階段カフェ:3月に通ったときは工事中で、モンドリアンの絵を借用しての戯画を載せた(↓)。 再掲 JR札幌駅西の大丸の横のアーチ天井の通路:何度か見ていつか描いてみたいと思っていたがやはりうまくいかない 大通のビール祭りでの待ち合わせの間に:右はイサム・ノグチのブラックスライド・マントラ 大通3丁目あたり:右の手前の二人は台湾から、褒められ [続きを読む]
  • 天神山公園から
  • 外で描きたいが街中の場所は思いつかず近くの天神山公園で描いてきた。どこも思い出して描けるが、やっぱりその場にいることだけでいい。 公園の頂上から市内方向を ほぼ同じ場所から手稲山方向を 広場の下側の下り坂 公園の東にある階段  [続きを読む]
  • ペン模写
  • 前回につづきゴッホがらみ。手元の画集(集英社)や「ゴッホの手紙」(岩波文庫)に載っているペン画の模写。 「夜のカフェ・テラス」の下絵 はね橋のペン画 「機を織る人」の下絵(左)、右題不明 どちらも題不明 1枚目のカフェと3枚目の機織りの本作品の絵は画集にある。はね橋のペン画は手元に2点あるがよく知られた「アングロワ橋・アルルのはね橋」とは別。いずれ色をぬってみたい。 [続きを読む]
  • 写真摸写
  • 8月26日から道立近代美術館でゴッホ展が開かれるが、道新の日曜版でこの数週間特集記事が掲載されている。そこの写真からの模写+付録。 当時の跳ね橋の再現されたもの 作品「サント・マリーの道」の今の通り 今のアルル市街 療養院サン・ポール・ド・モゾールの再現された病室から庭の眺め 遊び:何年か前の戯画 [続きを読む]
  • 道のスケッチ
  • 道に沿ってあちこちへ。今回のスケッチもアチコチの道のもの(w)。 中の島から幌平橋方向への坂道:奥の右にある青いアーチが幌平橋 札幌駅近くのすすきの方面への一方通行の5丁目通り 家の近くの平岸通り:歩道橋から先日もこの左下からY字路を描いた 澄川の丘からの下り道:この先に地下鉄澄川駅がある。 [続きを読む]
  • 豊平川沿い+α
  • 午前の早い時間自転車で豊平川沿いへ行ってきた。 魚道のある所から南を 同じ場所から市内方向を 精進川が流れ込む水門:正式な施設名不明何時も見せてもらっているカルロスさんのブログに国の重要文化財のレンガ窯の写真があり、法隆寺の夢殿に似て面白いと思い摸写。別の写真も参照した。     [続きを読む]
  • 小樽歩き(その5)への付録
  • 小樽歩き(その5)が2回つづいて、ややしつこいが写真からの3枚。 バックパッカーの宿 杜の樹の横の階段坂:何年か前泊まって早朝この階段を上った記憶の場所 水天宮下の本妙寺横の坂:水天宮への参道にはお寺と教会、そして頂上に神社がある、という賑やかな場所、その脇道。 街中の狭い路地:前回の旧日銀の近く。もっと狭い感じだったが... [続きを読む]
  • 小樽歩き(その5 後編)
  • 前回のつづき:水天宮を少し下り水天宮の鳥居辺りと、すし屋通り近くで描いて、バスで戻る。  水天宮下の市の中心へ向かう長い坂:右手の建物は何度も見ていたが描いたのは初めて、かつては参道入り口の茶屋ででもあったのか?坂も結構長いが名前はないと思う。赤い提灯は28〜30日の「おたる潮まつり」の飾り 旧堺小学校のグランド近くの坂 すし屋通りの裏から:手前の路地を描こうと入ってきたが空地からの赤い屋根が面白く [続きを読む]
  • 小樽歩き(その5 前編)
  • 7月21日 久しぶりに小樽へ。しばらく行っていなかった水天宮辺りをぶらついた。 水天宮から港を: ここから描くのは5年ぶり。樹の伐採作業中であったが、邪魔にならない所で描いた。港方面の見通しがよくなり描くところが増えたが大分手抜き。 水天宮南の長い坂:何度か描いているが好きな場所(w) 旧寿原邸(老朽化のため一般公開休止中) 寿原亭前の西側の坂午前の部を終え、港を見ながら軽昼食・休憩。この後、水天宮を [続きを読む]
  • 狸祭り
  • 前回の模写に刺激され、狸小路の”狸まつり” の飾りを見に出かけた。最近は人ゴミ(混?)アレルギーか余り街中へ出かけない。すすきのを少し歩き、二条市場の裏の新二条市場へ行き、、その後、祭りの飾りを写して戻る。今回はどれも家でペン描き・色塗り。 すすきの五条の狭い通り 新二条市場:下に載せた二条市場の裏 狸小路2丁目の飾り 付録:暑気払いの二条市場の冬景色(再掲) 暑いときは冬も懐かしい(勝手なもんだw) [続きを読む]
  • 変則交差点のスケッチ
  • 以前Y字路交差点のスケッチを載せたが、今回も近場の交差点のスケッチ。 変則Y字路:場所は平岸7条で、右に坂の奥辺りがTV局 やはり変則Y字路;左上へ上ると左に平岸高校、右に平岸霊園の坂道 変則4差路:左は澄川方面へ、正面が天神山公園 天神山公園の西側の出入り口:突き当りがY字路(やゝ苦しいが...w)  [続きを読む]
  • つづき:ぬりえ版
  • 前回のペンスケッチの一部に色を塗ってみた。元の本ではモノなので模写違反?(w)。 スペイン広場(イタリア) フォロロマーノ(イタリア) マチュピチュ(ペルー) サンマルタンドカニグ教会(フランス) 自分の「記憶に残る場所」を、と思ったが、思い出すのに時間がかかりそうでいずれ...(w)   [続きを読む]
  • ペンスケッチ模写
  • 暑い日がつづき、室内でペン描き遊び。何年か前に買った、D.リンドン C.W.ムーア 「記憶に残る場所」をパラパラ見ながらの模写。”空間構成の類型を提案し、場所に備わるべき「記憶に残る特質」を追求し、世界の素晴らしい場所を魅惑的な文章とスケッチで伝え、意識と記憶と追想と創作の世界へと読者を誘う”(訳者有岡孝あとがきより)。本書には大小含めて180枚程のカット・スケッチがキャプション付きで載っているが、ここで [続きを読む]
  • 月寒公園へ
  • 4月以降2度目の月寒公園へ。2〜3年に渡る改修工事がほぼ終了。 遊園地の一部を上から:前回は下から描いたが、上からは初めて。 公園から見た隣接の喫茶店 公園の外の北にある教会 ボートの浮かんだ池:どんな色のボートが浮かぶか楽しみにしていたが白一色、これらが池のあちこちに浮かぶと白鳥にでも見えるのか?(w)。 [続きを読む]
  • 近場を自転車で
  • 先日の記事に「午後曇りになるとのことで午前に出かけた」と書いたが、今回は、午後暑くなるとのことで午前に自転車で出かけた。いずれも半ドンスケッチ(w)。丘の別々の場所を2回上り下りし、半分は自転車を押しての一回り。 何度も描いているTV局前の「リンゴ坂通り」 TV局の横の三叉路坂 望月寒川沿い 1:坂の下に川が流れているがここからはやっと見える程度。  望月寒川沿い2:フェンスが面白くて、正面の橋は羊 [続きを読む]
  • 精進川公園へ
  • 午前中は晴れということで自転車で近くの公園へ。 2本の坂道の交差する場所 精進川公園の広場と精進川:近くの保育所の園児たちが遊びに、              右隅に背中上の鳥の声「ピーチクピーチクピーチク」    これは鉛筆での立書き。家へ戻ってペンで書き直してみた。 見えないが精進川を跨ぐ階段の橋  [続きを読む]
  • ライラックで繋がる2点+α
  • いつもなるべく何らかの繋がりあるスケッチを載せるようにしている。今回のも描いた時期・場所も別々だがやや繋がりが少しある時期遅れのリラ(ライラック)に関係あるスケッチ2点。 北星学園のシンボル「創立百年記念館」:花はリラではなくバラ 北大植物園内のリラこれだけだとどう関係あるか不明。道新の6月25日の「本と旅する」で渡辺淳一「リラ冷えの街」が取り上げられ、その説明に北海道にリラを持ち込んだ一人が、北 [続きを読む]
  • ファクトリー近辺へ
  • 前回は苗穂駅・サッポロビール園辺りのものだったが、今回もこの近くだが、秘境探検隊長のAさんの写真展が目的でその前後に描いたもの。 地下鉄バスセンター駅を出た所から 直ぐ東の三角屋根の家たち さっぽろファクトリーの中庭:煙突の先端部は次の絵に(w) ファクトリー外の交叉点から:蔦面(w)の旧ビール工場  [続きを読む]
  • 線路のあるスケッチ
  • 先日の小樽行きの途中、手稲駅フォームで描いた絵に刺激され、久しぶりに苗穂駅へ行ってきた。その後サッポロビール園へ寄って描いてきたもの。 手稲駅のフォームから 苗穂駅のホームから:青と赤い屋根の工場は次のと同じ。 跨線橋から:この跨線橋は10本ほどの線路を跨ぐ。左へ渡り終えるとビール園。 ビール園の旧赤レンガ工場:午前中でさすがに試飲すらしなかった(w)。 ドン・キホーテ的オブジェ  [続きを読む]