マサト さん プロフィール

  •  
マサトさん: ヘミシンクピンポンパン
ハンドル名マサト さん
ブログタイトルヘミシンクピンポンパン
ブログURLhttp://ameblo.jp/masato356/
サイト紹介文ヘミシンクと幽体離脱の体験記です。
自由文ブログ初めてでパソコンも素人で右も左もわかりません。よろしく。 2年前にモンロー研究所でゲートウエイうけました。ヘミシンクやり始めて2年目の初心者です。ヘミシンクと幽体離脱の体験を中心に書いています。今のところほぼ毎日更新してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/11/21 02:42

マサト さんのブログ記事

  • コズミックハント神話探索NO1
  • にほんブログ村 にほんブログ村 NO−4775 2017年3月13日 月 PM3:25〜3:35、PM9:10〜9:25 25分CD メディテーション ミッションヘミシンクで神話世界を探索する コズミックハント神話??…そんな神々の物語をあなたは聞いたことがあるだろうか。この言葉はまだ日本語としてはあまり普及していないのか、コズミックハント神話で検索しても網にかかるのは英語ばかり。ウィキで詳しく調べてみようと思ってい [続きを読む]
  • バシャールのテスト…170204南極ピラミッド探索に立春を見るNO5
  • にほんブログ村 にほんブログ村 中央には色分けされた美しい区画があり、そこはテニスコートほどの円形競技場で、二人の男と女だろうか?アイスホッケーのような防具に身を固めた選手が何かの競技を戦っていた。一人が大きくジャンプすると、もうひとりがタックルする。野獣の跳躍のように飛びかかり、彼らのその姿は途中からライオンの形へと変容していった。(続く) ――――――――――――――――――――《 [続きを読む]
  • 虹の橋…170204南極ピラミッド探索に立春を見るNO4
  • にほんブログ村 にほんブログ村 そのために私は自分を見失い、力を無くして苦しんだのだ。そして自己存在などという柄にもない小難しい言葉に振り回され、生きる意味などを探した。意味など無いのだ。生きることに意味を見出したものにしかそれはない。それはプレアデスという虚栄の意識を反映させるだけで何も生み出すことはなく、しかしうまく行けば強い自己満足に至ることは出来る。それだけのことなのだ。(続く)&n [続きを読む]
  • 冬が終わり春がやって来る…170204南極ピラミッド探索に立春を見るNO3
  • にほんブログ村 にほんブログ村 一体これは何のヴィジョンなのだ。ここでやっとミッションを思い出した私は南極ピラピッドのワークとはあまりにも違うことに我慢ならない、というより落胆していた。ここまで黙って見ていたのだが、これはいくらなんでもおかしいと思いはじめた私はガイドに尋ねた。ガイドはバシャールだった。(続く) ――――――――――――――――――――《170204南極ピラミッド探索に立春を [続きを読む]
  • 天から地へと堕ちる…170204南極ピラミッド探索に立春を見るNO2
  • にほんブログ村 にほんブログ村 どこかのアジトとか基地の中の施設とか、軍事訓練とかそんな印象だったが、同時にここは私の家の私の部屋の中でもあった。外とは私の家の外を指しているのだが、それは家でありしかし家ではなく、もっと広大な領域でもあった。(続く) ――――――――――――――――――――《170204南極ピラミッド探索に立春を見る…天から地へと堕ちるNO2》彼らは攻撃や防御について語り合い [続きを読む]
  • 170204南極ピラミッド探索に立春を見るNO1
  • にほんブログ村 にほんブログ村 NO―4703 2017年2月4日 土 PM5:55〜6:55 60分CD メディテーション ミッション???南極のピラミッド探索だったのだが… 昨日は春分の日だった…ということを他の人のブログ記事で知ってびっくりした。それで世間はお休みだったのかとようやく気がついたのだが、この記事をUPする前にいつの間にやら春分の日を過ぎてしまったのだ。 この南極ピラピッド探索というワー [続きを読む]
  • 転生を止めること…小金井女子大生刺傷事件、鬼畜岩崎友宏NO9
  • にほんブログ村 にほんブログ村 同化というのは検索してみると《同様のものになること。自分と一体のものにすること。外から得た知識などを完全に自分のものにすること。他を感化して、自分と同じようにすること》と言ったような意味だと書かれていた。確かにバシャールの言うドウカとは少し意味合いが違う。(続く) ――――――――――――――――――《小金井女子大生刺傷事件、鬼畜岩崎友宏…転生を止めるこ [続きを読む]
  • 魂の同化…小金井女子大生刺傷事件、鬼畜岩崎友宏NO8
  • にほんブログ村 にほんブログ村 ヘミシンクを何年やってもガイドを見ないという人達がいるが、そういった人々の中にはガイドを無視するという傾向があり、ガイドとのつながりが切れているのかもしれない。自己中心性の強い人は自分以外が見えていないのだ。このような人々と極度にガイド依存が強い人々との間には、何か互いの磁力で引き合うような共通する力が働いており、両者は支配と服従という関係で容易に結び合わさ [続きを読む]
  • 鬼畜のガイド…小金井女子大生刺傷事件、鬼畜岩崎友宏NO7
  • にほんブログ村 にほんブログ村 小さな事務室のオフィスデスクの上に古い手提げ金庫が置かれていた。長いこと使われていなかったみたいな感じの部屋で、入ってくる人もいないのか、空気も長いこと入れ替えられたことが無いようだった。金庫の蓋は大きく開けられており、中は暗黒だったが何も入っていないように見えた。それがゆっくりと閉まり閉じられた。これで終わらせる…そんな意味らしい。(続く) ――――― [続きを読む]
  • 転生のループ…小金井女子大生刺傷事件、鬼畜岩崎友宏NO6
  • にほんブログ村 にほんブログ村 少しずつそれは行われ、ある日ある時、アセンションに気づくという形であなたはそれを体験するのだ。それを私に伝えるためにバシャールはグレイではなく未来の姿で現れ、世界がもう既にアセンションしているということを、忘れないようにと再びそのようにして示したのだ。(続く) ――――――――――――――――――《小金井女子大生刺傷事件、鬼畜岩崎友宏…転生のループNO6》 [続きを読む]
  • ロマネスクの王朝…小金井女子大生刺傷事件、鬼畜岩崎友宏NO5
  • にほんブログ村 にほんブログ村 シンシンと降る雪の中を一人歩く岩崎。雪下ろしの雪が小さな山となり道路の左右に壁のように連なっていた。ここに死体を埋めればよく冷えるだろうな…この男は暗い雪の夜道を歩きながらアレヤコレヤと物騒なことばかり考えていた。(続く) ――――――――――――――――――《小金井女子大生刺傷事件、鬼畜岩崎友宏…ロマネスクの王朝NO5》やがて彼の足の向かっている先には、 [続きを読む]
  • マトリクスの狂人…小金井女子大生刺傷事件、鬼畜岩崎友宏NO4
  • にほんブログ村 にほんブログ村 そしてついに鬼畜のゲロが吐き出された。岩「僕は騙されたんや〜」「この女に騙されたんや」私「それで刺したのですか」岩「ちがう〜」「会いに行っただけや」「そしたら向こうから襲ってきたんや」「それでやり返したんや」私「あんたは5歳の子供より始末が悪い」岩「うわぉ〜〜うわぉ〜〜〜」(続く) ――――――――――――――――――《小金井女子大生刺傷事件、鬼畜岩崎友 [続きを読む]
  • 精神寄生虫…小金井女子大生刺傷事件、鬼畜岩崎友宏NO3
  • にほんブログ村 にほんブログ村 他に記事としてブログに載せられないものを含めれば、私はずいぶんたくさんのサイコパス凶悪犯罪者の魂に接してきた。鬼畜どもは何人もの殺人を犯しており、罪は岩崎よりもずっと重いにも関わらず、岩崎のほうがずっと狂っている。まるで人の闇の底には底がないかと思うほどの異常さなのだ。(続く) ――――――――――――――――――《小金井女子大生刺傷事件、鬼畜岩崎友宏… [続きを読む]
  • 惨めさの中で世界を笑う…小金井女子大生刺傷事件、鬼畜岩崎友宏NO2
  • にほんブログ村 にほんブログ村 この獣はもっと生々しく、もっと地方性の濃厚な関西訛で喋っていたのだが、私はそれをあまり気に留めず、そのため正確には記録に取れなかった。今になって岩崎は関西にいたことがあるのか?。それともただふざけて真似しているだけなのかと、疑問に思いはじめ検索してみた。(続く) ――――――――――――――――――《小金井女子大生刺傷事件、鬼畜岩崎友宏…惨めさの中で世界 [続きを読む]
  • 小金井女子大生刺傷事件、鬼畜岩崎友宏NO1
  • にほんブログ村 にほんブログ村 NO―4754 2017年3月4日 土 PM6:00〜6:25 25分CD メディテーション ミッションヘミシンクで岩崎友宏を霊視する。 この事件は今にして思えば去年の5月のことであり、その時は衝撃を受けたのだが何故か私はこれをスルーしていた。そして今頃になって…あれから1年近く経とうとしている今になって、それがつい最近おきた事件として私はテレビのニュースを見ていたということ [続きを読む]
  • シリウスを通過する人々…金正男かく語りきレビューⅡ、NO11
  • にほんブログ村 にほんブログ村 私の前世も折に触れ、縁に触れ様々な前世が有ったことを知るが、逐一そんなものを引きずり出してゾロゾロと今生の足かせみたいにして囚われるようなことはしない。スピリチュアルを探求する途上で、前世にあまりにも比重をかけすぎ、あまりに重々しく扱い、囚われ苦しんだり、逆に自己陶酔に陥ったりする人もいるが、大事なことは今生にあり、さらに言えば今という瞬間にある。(続く)&n [続きを読む]
  • あなたも狙われている…金正男かく語りきNO10
  • にほんブログ村 にほんブログ村 あなたはそう遠くない日に《他者は全て私という》気づきに至る。それがアセンションの側面でもあり、そのためにあなたは今、境界のなくなりつつあるあなたの世界であなた自身を見失い、凄まじい葛藤やカオスを体験している。それを消そうとしてスピリチュアルのセミナーにせっせと参加し、カウンセラーに相談しているのかも知れないが、いい効果を得られないだろう。それは終わりの始まり [続きを読む]
  • あなたは全ての前世…金正男かく語りきNO9
  • にほんブログ村 にほんブログ村 声の存在は見えなかったが、後ろを振り向いてちょっとの間、ゴニョゴニョしていたような感じがした。それから……声「これをどうぞ」…っと言った。私「あなたはもしや…正男のガイド?」声「まず、これを見てください」すぐに目の前に立っている見知らぬ人物が見えてきた。(続く) ―――――――――――――――――《金正男かく語りき…あなたは全ての前世NO9》 その人物は男 [続きを読む]
  • 正男の前世に衝撃…金正男かく語りきNO8
  • にほんブログ村 にほんブログ村 それは、お椀を二枚重ね合わせたような形をしており、半透明で大空に溶け込んでしまいそうな、陽炎のような見え方をしていた。この半透明のお椀には誰かが乗っているらしく、そこから注意深く正男を観察しているようだった。(続く) ―――――――――――――――――《金正男かく語りき…正男の前世に衝撃NO8》 この二枚重ねのお椀は、その後ゆっくりと畑に向かって音もなく幽 [続きを読む]
  • 北朝鮮の運命…金正男かく語りきNO7
  • にほんブログ村 にほんブログ村 首らしい首すら見えないのだが、怪力で締め上げると、小象の胴体に飲み込まれていた首が浮かび上がり、絞り上げたストローみたいにそれは引きずり出されるのだ。 アウト寸前でこの巨漢と、その妻らしき女性との会話が聞こえていたのだが、記録には取れなかった。これも非言語交信なのだろうが、意味不明のヴィジョンだった。(続く) ―――――――――――――――――《金 [続きを読む]
  • 国王の法定推定相続人…金正男かく語りきNO6
  • にほんブログ村 にほんブログ村 私「あれは何ですか」声「大海原ですよ」私「崖ではないのですか?」声「同じようなものです」何故こんなものを私は見ているのだろう。正男のレトリーバルをするはずだったのでは…(続く) ―――――――――――――――――《金正男かく語りき…国王の法定推定相続人NO6》 私「金さんのレトなんですが」するとさっきとは全然違う別の声が聞こえてきた。「もう少しゆっくりして [続きを読む]
  • 魂のレトリーバル…金正男かく語りきNO5
  • にほんブログ村 にほんブログ村 ここで完全に アウトしてしまった。彼の言葉は最後まで聞き取れなかったが、彼は死んでもインテリジェンスと祖国再興のための活動をやめたりはしないつもりなのだ。数秒ほどだったのか?全身に軽い振動が走るのを感じて私はめざめた。《世界中の人々があなたのことを心配している》と誰かが語っている声が聞こえていた。そして他の誰かの声が聞こえてきた。(続く) ―――― [続きを読む]
  • 提灯と龍、2つの顔…金正男かく語りきNO4
  • にほんブログ村 にほんブログ村 この旅館に来るには道路は一本しかなく、車で来る以外に方法はなかった。来客であれ、資材搬入であれ、駐車場に止めてある車でいま誰がいるのかを確認することが出来る。もし山中の登山道を歩いてやってきた場合、車がないことによってかえって目立ってしまう。そんなところだった。(続く) ―――――――――――――――――《金正男かく語りき…提灯と龍、2つの顔NO4》 その [続きを読む]
  • 私は殺された…金正男かく語りきNO3
  • にほんブログ村 にほんブログ村 金「私が正男だ」私「…なにか深い事情があるのですね」金「誰でも事情の一つや二つはある」私「それはそうですね」「と言うことは、ともかく正男さんは死んだ。殺されたということなのですね」金「当然だ」「私を殺そうとする勢力が存在するのだ」「そんな状態では誰しも殺される」(続く) ―――――――――――――――――《金正男かく語りき…私は殺されたNO3》 金「たとえ [続きを読む]