okado さん プロフィール

  •  
okadoさん: okadoのブログ
ハンドル名okado さん
ブログタイトルokadoのブログ
ブログURLhttp://okadosblog.blogspot.com/
サイト紹介文湘南の歴史・自然・文化・伝説の記録です。
自由文鎌倉を中心とした湘南の歴史・自然・文化・伝説を巡る旅の投稿です。ときには湘南から離れた神社や寺院の記事も投稿しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1070回 / 365日(平均20.5回/週) - 参加 2010/11/21 16:06

okado さんのブログ記事

  • 2017アジサイ計画!JRの快速「鎌倉あじさい号」
  • あじさいシーズンに青梅と鎌倉を往復する臨時電車。これが「鎌倉あじさい号」だと思います。(昨年の写真です)運行日は、6/10.11.17.18.24.25青梅発 08:42 鎌倉着 10:24鎌倉発 18:25 青梅着 20:23全車普通車指定席(途中停車駅)河辺・羽村・拝島・昭島・立川・府中本町・横浜・大船・北鎌倉☆ ☆ ☆ ☆ ☆☆ ☆ ☆ ☆ ☆親族が集まるときに考えてみましょう! [続きを読む]
  • 2017アジサイ計画!〜北鎌倉:明月院〜
  • アジサイ明月院のアジサイの見頃は、例年ですと6月2週目あたりから。ハナショウブあじさいシーズン前半には本堂背後の庭園でハナショウブが見頃となります。庭園ではイワタバコも。本堂の前には沙羅双樹ノウゼンカズラあじさいシーズン後半にはノウゼンカズラが咲きます。オレンジとブルーアガパンサスが咲き始めると、あじさいシーズンもそろそろ終わりになります。こんなのも見れるかも。雀の砂風呂本堂前の枯山水の雀が砂浴び [続きを読む]
  • 住吉大社の招福猫と初辰まいり。
  • 住吉大社の楠珺社(なんくんしゃ)にあった招き猫。左手を挙げているのは「人招き」に、右手を挙げているのが「お金招き」のご利益があるのだとか。楠珺社〜初辰まいり〜住吉大社の初辰まいりは「はったつさん」と呼ばれ、毎月の初辰の日に種貸社・楠珺社・浅沢社・大歳社の四社を参拝するもの。48回の参拝で満願成就。「四十八辰」=「始終発達する」という意味があるのだといいます。4年がかりですが、初辰まいりを続けられる [続きを読む]
  • 2017アジサイ計画!〜鎌倉:長谷寺〜
  • アジサイ長谷寺の観音山のアジサイは、6月中旬頃から上段が見頃となり、その後、徐々に経蔵背後の下段が見頃になってきます。☆ ☆ ☆ ☆ ☆6月の長谷寺情報!詳しい情報は写真を !タップ!ハナショウブアジサイが見頃になると放生池には花筏。イワタバコ地蔵堂前に群生しているイワタバコ。もう咲き始めています。白花も咲きます。あじさいの風アジサイの時季に配られる団扇「あじさいの風」には、植えられているア [続きを読む]
  • 2017アジサイ計画!〜北鎌倉:東慶寺〜
  • アジサイクロヒメアジサイが咲き始めた東慶寺。本格的な見頃は6月中旬頃から。☆ ☆ ☆ ☆ ☆6月の東慶寺は見所がいっぱい!詳しい情報は写真を !タップ!イワガラミイワガラミは、その名のとおり岩に絡みついて、ガクアジサイに似た花を咲かせます。東慶寺の本堂背後では、30年程前に植えられたというイワガラミが崖一面を覆いつくします。特別公開は5月27日(土)から6月11日(日)。??イワガラミ特別公 [続きを読む]
  • 崇徳上皇と安井金毘羅宮〜京都〜
  • 崇徳上皇が祀られている安井金毘羅宮の北にあります。崇徳上皇は、1156年(保元元年)の保元の乱で讃岐へ流罪となり、京に戻ることなく1164年(長寛2年)に崩御(46歳)。上皇に寵愛されていた阿波内侍(あわのないし)が遺髪を譲り受けて、ここに塚を築いて霊を慰めたのだと伝えられています。安井金毘羅宮安井金毘羅宮は、藤原鎌足が創建した藤寺をその始まりとしています。崇徳上皇は藤寺の藤を愛し、1146年(久安 [続きを読む]
  • 清水寺本堂の工事は木の足場2017/05/15
  • 清水寺本堂は、檜皮葺屋根の葺き替え工事が行われています。本堂にかけられた足場は木です。工事は2020年3月までを予定しているそうです。本堂の先にある堂は、ほぼ工事が終わったようです。やっと見ることができました。釈迦堂百体地蔵阿弥陀堂奥の院清水寺http://www8.plala.or.jp/bosatsu/nara-kyoto/kiyomizudera/kiyomizudera.htm☆ ☆ ☆ ☆ ☆難しい成年後見人の解任!安心して利用するために! [続きを読む]
  • 京都:清水寺の朝倉堂
  • 1510年(永正7年)、応仁の乱の戦火で全焼した清水寺が復興されたときに、清水観音を信仰していた越前の朝倉貞景が、本堂を模した「法華三昧堂」として寄進した建物。清水寺http://www8.plala.or.jp/bosatsu/nara-kyoto/kiyomizudera/kiyomizudera.htm鎌倉との繋がりを求めて!☆ ☆ ☆ ☆ ☆親族が集まるときに考えてみましょう! [続きを読む]
  • オタクサという名のアジサイ〜鎌倉:光則寺〜
  • オタクサ(光則寺)江戸時代の後期、長崎の出島でオランダ商館医をしていたシーボルトは、アジサイを「Hydrangea otaksa」(ハイドレインジャ オタクサ)と呼んだのだといいます。「otaksa」は、シーボルトの愛人だったという楠本瀧のことなのだという説も・・・「お瀧さん」→「オタクサ」・・・「水の器のお瀧さん」ということなのでしょうか???光則寺にはオタクサという名のアジサイが咲きます。(昨年は6月中旬頃に咲いて [続きを読む]
  • 日を追って青さを増すアジサイ〜北鎌倉:明月院ブルー〜
  • 明月院のアジサイは、日を追って青さを増していきます。色づき始め濃い青この花は色づき始めですが、これはこれできれいです。どの段階をもって見頃とするのかは、それぞれの好みとなるのでしょうか・・・。濃い青がお好みの方は、6月中旬以降に行かれるといいかと思います(これからの天気によってですが・・・)。※参考昨年は6月上旬には濃い青になっていましたが、今年は昨年より開花が遅れているようです。??昨年6月8日 [続きを読む]
  • 粟生光明寺の東行逆馬の碑と熊谷直実
  • 東行逆馬の碑(長岡京市・光明寺)西山光明寺の創建者・熊井直実。源頼朝に仕えた武蔵国の武将。『平家物語』によれば・・・一の谷の戦いで直実は、波際を敗走する平家の若武者を呼び止めて一騎討ちを挑みます。直実が組み敷いて首をとった若武者は平清盛の甥・敦盛でした。敦盛は16歳だったとも17歳だったともいわれています。我が子と同じくらいの齢の若者を討ち取ってしまった直実。この事で出家を考えるようになったのだと [続きを読む]
  • 林泉と大伝法院堂宇群〜京都:醍醐寺〜
  • 1930年(昭和5年)、醍醐天皇一千年忌を記念して、実業家・山口玄洞居士が寄進した大伝法院堂宇群の周辺は林泉と呼ばれるのだそうです。 大伝法院は、下醍醐の大講堂(観音堂)を中心とした堂宇群。旧伝法学院旧伝法学院日月門鐘楼大講堂(観音堂)弁天堂下醍醐のお休み処阿闍梨寮「寿庵」☆ ☆ ☆ ☆ ☆醍醐寺http://www8.plala.or.jp/bosatsu/nara-kyoto/daigoji/daigoji.html鎌倉との繋がりを求めて!☆ ☆ ☆ [続きを読む]
  • 鎌倉:光則寺の山あじさい2017/05/21
  • 光則寺に咲いているヤマアジサイ・ガクアジサイ。青野山土佐の月土佐の蛍土佐の白玉美方八重紅剣紅剣久住の涼風伊予テマリ伊予の乱れ髪伊予の十字星セリバヒエンソウガクウツギ筒井童子伊予冠雪藍姫藍姫胡蝶の舞☆ ☆ ☆ ☆ ☆今日は「長谷の市」。光則寺門前では朝市が開催されていました。☆ ☆ ☆ ☆ ☆(開花・見頃情報などの情報!)光則寺http://www8.plala.or.jp/daisho/kamakura/sizen/ajisai-kosokuji.htm☆ ☆ [続きを読む]
  • 上醍醐の参道〜京都:醍醐寺〜
  • 標高450mの笠取山(醍醐山)にある上醍醐へと続く参道。槍山(豊臣秀吉の花見跡)1598年(慶長3年)3月15日、豊臣秀吉は槍山に花見御殿を建てて花見を楽しんだのだそうです。不動の滝(ここが中間地点)不動の滝の前には休憩所があります。音羽魔王大権現社昔、ここに、天狗の休憩所といわれた杉「天狗杉」があったのだそうです。登りきると役行者の石像上醍醐を開いた聖宝理源大師は、修験道の祖といわれる役行者を模 [続きを読む]
  • 河合神社の鏡絵馬〜京都:下鴨神社〜
  • 河合神社は、日本第一美麗神。美しくなりたい女性の願いを叶えてくれるそうで・・・この鏡絵馬は、予め描かれている顔に、自分で化粧を施して奉納するのだとか・・・河合神社http://www8.plala.or.jp/daisho/kamakura/nara-kyoto/simogamo-jinjya/kawai-jinjya.html下鴨神社http://www8.plala.or.jp/daisho/kamakura/nara-kyoto/simogamo-jinjya/simogamo-jinjya.html鎌倉との繋がりを求めて!☆ ☆ ☆ ☆ ☆運転免許更新をど [続きを読む]