edc さん プロフィール

  •  
edcさん: おすすめ絵本
ハンドル名edc さん
ブログタイトルおすすめ絵本
ブログURLhttp://iiehon.seesaa.net/
サイト紹介文おすすめの絵本を紹介しています。 作家、出版社、乳児・幼児等対象年齢、テーマ別に検索できます。
自由文育児の中で出会ったおすすめの絵本を、自分たちの目で評価して紹介しています。タイトルの50音順、出版社、作家、対象年齢、テーマや内容から絵本を探す事ができます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 148日(平均1.7回/週) - 参加 2010/11/22 17:52

edc さんのブログ記事

  • なんだこれー?「わたしはおにぎり」
  • わたしはおにぎり (チャイルドブックアップル傑作選vol.2)ほんと、よくわからんが面白い。「わたしはおにぎり。おなかにはうめぼし。」とはじまります。ページをめくると…うん、おにぎりさんの得意なことが書かれていくのね。という感じ。さらにめくると…ん?そうだったの??が続いていきます。全く予想できないねおにぎりさん!!結末もまた予想を裏切ってくれました。この絵本は「チャイルドブック・アップル」という物語絵本 [続きを読む]
  • たまごさんたち幸せそう「いろいろたまご」
  • いろいろたまご「ころころ たまご  そっくり たまごなにに なるかな  いろいろ たまご」とはじまります。登場するたまごさんたちがそれはもう幸せそうな表情で。あるページの「ちゃっぷん ごとごと ぐーつぐつ」のところのたまごさんの気持ちよさそうな顔ったら。この絵本を読んでからというもの、この絵本に出てくる調理をするときに「たまごさんたち気持ちよさそうだな〜」と思ってしまいます。「たまごよ たまご な [続きを読む]
  • 何だか癒される「空の絵本 (講談社の創作絵本)」
  • 空の絵本 (講談社の創作絵本)上の子の寝かしつけ絵本の大定番「森の絵本」と似た雰囲気のこちらの絵本。一日の空の変化が描かれているのですが、何というかとても癒されます。心が洗われるような気がします。森の絵本でも感じたことなのですが、子供には内容は難しいのかもしれません。そこには何気ない日常が描かれているから。そのため、子供にとって楽しい!!という内容ではないのかもしれません。我が家でも寝かしつけに読ん [続きを読む]
  • 子どもに大人気「ぼく、だんごむし」
  • ぼく、だんごむし (かがくのとも傑作集 どきどき・しぜん)娘は虫全般ダメなタイプ…アリさんにもひーひーしています…でも、幼稚園では子供たちが虫を捕まえたりして遊んでいるようで娘は徐々に慣れてはきているようですが、スコップなどを使ってバケツに入れて…をしているようです。素手で捕まえるまでには至っておりません…これでもかなりの進歩だとは思うのですが、もう少し慣れてくれることを期待する私です。(ちなみに、母 [続きを読む]
  • とにかくかわいい「ポケット」
  • かわいらしい表紙に惹かれて手に取った一冊。ポケット (単行本絵本)いろいろな形や大きさのポケットから動物さんたちの体の一部が出ていて、ページをめくるとポケットに入っている動物さんがお顔を出します…とてもシンプルな内容ですが親子で遊びながら読み進めて子どもたちも喜んでくれる、そんな絵本だと思います。娘は三浦太郎さんの「くっついた」も大好き [続きを読む]
  • 絵本原画展『いもとようこの世界』
  • 絵本原画展『いもとようこの世界』がパリ、イタリア・ボローニャに続き、東京・上野の森美術館で開催されるようです。世代を超えて愛され続けているいもとようこさんの原画展、とても気になりますね。このブログでは以前「みんなおやすみ…」を紹介させていただいています。会期中、毎週土日はいもとようこさんのサイン会もあるようです。詳しくは公式HPを。<会期>5月19日(金)〜6月11日(日)午前10時〜午後5時(入場 [続きを読む]
  • 帰ってくるよ!!デザインあ展
  • 前回の記事で少し触れましたがデザインあ展が開催されるようです!!!待ってました〜あー嬉しいな♪展覧会のお知らせしかし…会場は富山県でした。近隣にお住まいの方羨ましいです。我が家はちょっと行くことはできないと…残念。デザインあ展会場:富山県美術館会期:2018年3月21日(水・祝)〜5月上旬(予定)約1年後…旅費貯めて行けるかしら…悩ましい…会場である富山県美術館(TAD)も新しくオープンする美術館なのですね。8月 [続きを読む]
  • 空想絵本「こねこのプーフー 6 トンネルをほる」
  • こねこのプーフー 6 トンネルをほる「リサとガスパール」シリーズ作者の新しい絵本シリーズ第6弾。絵本を見たとき見覚えのある絵だな〜と思ったらやっぱり。シリーズ6弾をはじめに紹介するとは…プーフーが保育園のお部屋で、友だちと一緒に地下トンネルをほったお話です。おやすみなさいの時間にベッドに入ったプーフーがパパにきょうあったすごい話をしてくれます。プーフーの空想物語は、子供らしくて常識にとらわれない自由な [続きを読む]
  • 五味さんの世界観!!「はじめまして」
  • はじめまして不思議な絵本。五味さんらしさが散りばめられています。読み始めてすぐ頭の中に?が浮かぶ。読み進めても ??それは読み終えても ???でも、なんだか心が温かくなるのはなぜでしょう?会話のリズムも何だかいい。心地よい雰囲気で進んでいきます。やりとり、会話という人との関係、心地よい距離感。心情。相手を思う気持ち。いろいろなおもいが詰まった絵本なんだなぁと何度か読み返してみて改めて感じました。親子 [続きを読む]
  • 桜の季節にぴったり「おひさまえんのさくらのき」
  • おひさまえんのさくらのき (あかね・新えほんシリーズ)あー絵本ってやっぱりいいなぁ〜と改めて感じた絵本。優しさが詰まっていてあたたかくて、言葉遣いも優しくて丁寧。娘にはこういう絵本にたくさん出会って欲しいなと思います。桜の季節にぴったりだな〜と手に取りました。はじめは幼稚園をいやがる子へのヒントがあるのでは?と思ったのですが読み終えるとなんとなくそうではなくて。ヒントというよりは「幼稚園を嫌がってい [続きを読む]
  • よりみちせんべい (わくわくたべものおはなしえほん) (大型本)
  • よりみちせんべい (わくわくたべものおはなしえほん)子供の絵本を選ぶとき、なぜか似たようなものばかり選んでしまうという事はありませんか?私は、好きな雰囲気の絵ばかり目に付いて「この表紙に間違いはない!!」などと変な自信というか、安全なものばかり目が行っていました。このような書き出しだと、この絵は以前なら選ばなかったと言っているようですが。子供が選ぶ絵本はほんと面白い。なぜ?感覚でわかるのかなぁ〜?こ [続きを読む]
  • クッキーカウント (とびだししかけえほん)
  • クッキーカウント (とびだししかけえほん)ポップアップアーティスト、ロバート サブダさんの作品は多くの方が一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?ゴージャスなポップアップ作品が多いですよね〓コレクションされている方もいらっしゃるのでは?お部屋にディスプレイしたくなるものばかり!〓このブログでも以前「不思議の国のアリス」を紹介させていただきました。大人気の絵本ですよね。私も初めてみたときは度肝を抜 [続きを読む]
  • ポケット版 考える力を育てるお話100
  • ポケット版 考える力を育てるお話100娘の寝かしつけのため、たくさんのお話が詰まった本が欲しくてこの本を見つけました。上の子とは違い、長い話は飽きてしまうので1話が2〜4ページで完結するのも嬉しいです。ポケット版のため持ち運びにも適しているので、電車の中や病院の待合室で読んであげたりもしています。寝かしつけには、以前ご紹介したことのある『めいさくたからばこ』も娘は大好きでおすすめですがこちらもまた違っ [続きを読む]
  • テレビで三週連続スタジオジブリを見て『魔女の宅急便』
  • 魔女の宅急便 (徳間アニメ絵本 (6))放送された物語ではないのですがジブリ絵本が読みたくて探していたら娘が選んだのが『魔女の宅急便 (徳間アニメ絵本 (6))』。DVDで何度も観た大好きなお話。原作は読んだことがないのですが、こちらのジブリ作品のアニメ絵本は映画の内容がギュッと詰まったわかりやすい内容となっています。娘も映像は大好きで観ているため、この絵本が気に入ったのだと思いますが実際に読んであげると「長い〜 [続きを読む]
  • 子どもウケ間違いなし『うんちさま』
  • うんちさま (新しいえほん)娘が大好きな一冊。表紙の裏の見返し部分にたくさんのトイレットペーパーと主人公の「ぼく」のぴかぴかおしりの絵が描かれているのですがその部分だけで娘は大喜び。娘のそんな姿を見ているとちょっと心配にはなりますがそんな娘にとって魅力的なこの絵本。著者がNPO法人日本トイレ研究所代表で小学校のトイレ改善、災害時のトイレ対策などに取り組んでいらっしゃる方なのですね。”うんち王子”として子 [続きを読む]
  • 誕生15周年記念 くまのがっこう展
  • 『誕生15周年記念 くまのがっこう展』が東京・松屋銀座8階イベントスクエアにて開催が決定したそうです。会期は2017年4月19日(水)から5月8日(月)まで。2017年1月に刊行の最新作『ジャッキーのしあわせ』を含むシリーズ全15作品から、選りすぐりの絵本原画約200点が展示されるそうです。あー楽しみ!!ぜひ行ってみたいと思います。ひとりで行こうかな〜? [続きを読む]
  • 幼児・子供向け国語辞典から大人の仲間入り?新明解国語辞典
  • 以前紹介させていただきましたが、上の子が4歳の時に子ども用の辞書を探しました。幼児、子供向けの辞書・国語辞典そして、チャレンジ小学国語辞典を購入し使用していた訳なのですが…上の子が4年生になったころ小学国語辞典では知りたい語句を調べても出てこないということが増えたため買い替えの検討をはじめました。いろいろ調べて『新明解国語辞典 第七版』が有力候補に。でも、気になるのは実際に使いやすいのか、手になじ [続きを読む]
  • だいすきひゃっかい (レインボーえほん) (大型本)
  • 夜、お布団に入る前に読みたい絵本です。寝かしつけにも我が家は読んだりします。兄弟ができたときに読んだり、兄弟が生まれる方にプレゼントしたり・・・とても素敵で、幸せな気持ちになる絵本なのでプレゼントにもおすすめです。妹が寝て、お姉ちゃんも「はやくおふとんにはいりなさい。」とお母さんに言われます。この後の「ちがうもん。おねえちゃんじゃないもん。はるなははるなだもん」というところに胸がチクンとします。そん [続きを読む]
  • びっくりかずあそび (しかけえほん)
  • アートな絵本ですよ〜!!書店で見つけたとき、びっくりしました。美しくて。私が知っている数字の絵本とは違って、大人が楽しめるものかもしれません。ページをめくるとモノクロの数字が現れます。そして、その数字をめくったり、つまみ部分を引っ張ったりなどすると…カラフルな生き物たちが数字の数だけ現れます。色鮮やかな生き物たちはとてもリアルで美しい。まさにアートな絵本です。でも、私は「1」と「3」のページは苦手 [続きを読む]
  • せんをたどって せかいいっしゅう (講談社の翻訳絵本)
  • これは、上の子が1年生の時の夏休みの宿題で選んできた絵本でした。うちの子が選んだ絵本は私が普段あまり見つけることができないような絵本。いい絵本を私に教えてくれるうちの子たち。天才!!・・・と親ばか発言ですがこの絵本は本当におすすめです。こんな発想の絵本にはじめて出会いました。本のタイトルから裏表紙のおわりまで一筆書きで続く絵本。せんをたどって世界一周のたびに出る絵本です。ステキなイラストも一筆描き。 [続きを読む]
  • おいしいめいさくたからばこ: たべもののお話がいっぱい! 全12話
  • 以前紹介させていただいた「めいさくのたからばこ―たいせつにしたい12のにんぎょうげき」のシリーズ本。めいさくシリーズは子供の寝かしつけでかなりお世話になりました。めいさくなだけに有名な物語がたくさん収められていて子供にもいろいろな物語を知ってもらうきっかけになりました。上の子の通っていた幼稚園でも全作揃っていたな〜そんなめいさくシリーズのおいしい食べ物が出てくるお話を集めたものがこちら。12話からな [続きを読む]