たけさん さん プロフィール

  •  
たけさんさん: たけさんの水彩スケッチ日記
ハンドル名たけさん さん
ブログタイトルたけさんの水彩スケッチ日記
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/taketoshi1940
サイト紹介文定年退職後早7年、師につかず教室に通わず、気ままに試行錯誤しています。趣味は剣道。
自由文時に上手な人の製作過程を、側で見れたら勉強になるだろうな、と思うこともしばしば。
インターネットで感覚的に素敵な絵を鑑賞して、製作意欲をつのらせています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2010/11/23 16:16

たけさん さんのブログ記事

  • 記憶があいまいに
  • 十数年前のことなのにはっきりと思い出せない。記憶があいまいになっているのに愕然となる。情けなさが込み上げて来る。あの日春の陽気に誘われて私たちはドライブに出かけたのです。確か門司で高速道を降りて行橋方面へ一般道を走った。信号が多くのろのろ運転で後悔したことは覚えています。途中宇佐神宮に寄ってその後宇佐別府道路を走り、日出バイパスへ降りて日出温泉に。宿の窓から別府湾が一望出来てスケッチした。翌朝、鉄 [続きを読む]
  • 帰らんちゃよか
  • 長男が仕事で九州へ出張して、帰りに立ち寄ってくれた。一泊してわずか24時間の滞在でした。久しぶりに男同士静かに酒をくみかわすことが出来た。駅まで見送ろうかと思ったがよした。島津亜矢は「帰らんちゃよか」と唄うが、「機会があったらまた寄っておくれ」と言ってしまった。先日墓参りをしたついでに、阿弥陀寺への道の端で矢筈ヶ岳を眺めた。手前に棚田を見下ろし、田圃の奥に小さな森があり、その向うに矢筈ヶ岳を見上げ [続きを読む]
  • 春近し
  • 今日は天気が良く窓越しに見る外の景色は光輝いて見える。だが窓を開けると冷たさに怯んでしまう。仙崎の港にももうすぐ春が来る。日本海の見える山にも春が来る。そして君にもきっと春が来る。幸せが来る。http://art.blogmura.com/watercorors/ブログ村水彩画←よろしかったら応援 お願いします。「長門の春」 [続きを読む]
  • BS歌番組
  •  今夜はBSで民放各社が一斉に歌番組を放送する。しかも日テレ、TBS、フジは7時〜9時と同じ時間帯。ジャパンが9時〜11時となっている。いつも思うが曜日を別々に分散してくれればありがたいのに! 天気の変化がめまぐるしくて暖かいのか寒いのか判らなくなってきた。追従しきれない。こんな時に風邪を引きやすいので気を付けようと思う。久兼辺りへ久しぶりに行ってみようと出かけたが、農免農道から佐波川を渡る辺りま [続きを読む]
  • 防府・春待つ里山(富海)
  • 今日から気温が上がりそうで嬉しい。まだ2月だから油断は出来ないが春がもうそこまで来ている。暖かい陽射しの中を庭に降りて雑草を眺めた。三山ひろしの新曲「男の流儀」を口ずさみながら・・・。詞や曲もさることながら、「男の流儀」と云うタイトルが気に入った。この歳になっても心が定まらない凡夫には魅力的な言葉の響きなのです。♪酒は手酌の 日暮れ酒・・・。http://art.blogmura.com/watercorors/ブログ村水彩画←よろ [続きを読む]
  • 五能線とお岩木山
  • 11月末に能代を経ち五能線沿いに、12月は14日、1月は頑張って19日間のウォーキングで143kmを行き、川部に到る。あの日十和田湖へ行く途中、小高い見晴らし台から岩木山が見えると言うので上がってみた。先客の中年男性が一人、あいにくの曇り空で見えないと言う。北海道から来たと云う。そんなわけで五能線沿いのどこかから見えるであろう幻のお岩木山を、三山ひろしの歌を口ずさみながら描いてみました。♪山よ!山 [続きを読む]
  • 防府・向島漁港
  • アリーナへ行く途中、工場の建屋があった辺りの景色が様変わりしていて、気になっていたので寄り道をしていたら、向島の漁港が見える岸壁へ出た。ついでにスケッチ。アリーナの後、家で着彩。やっぱりもう少し丁寧に描きたいですね。 今朝は最低気温が7度と云うのだが明日はー1度と云う。新聞の天気予報は大丈夫かしら?http://art.blogmura.com/watercorors/ブログ村水彩画←応援 お願いね。「防府・1月の向島漁港」 [続きを読む]
  • 防府・雪景色
  •  ボクシングの村田諒太選手のファンです。彼は強いだけでなく考える人、思索家です。試合前の不安へ対処する時、自分でコントロール出来ることだけに集中する。自分の良さを再確認し、それで戦う。そして「これで通じなかったらそれまでさ」と開き治る勇気を持とうと言う。 今日はいい天気。これから4,5日は気温が上がりそうで嬉しい。三寒四温と云うにはまだ早いだろうがそんな言葉さえ浮かんでくる陽気です。そんななかで先 [続きを読む]
  • 防府・雪が降る
  • アダモの哀調を帯びた「雪が降る」を聴きながら、先日の雪降る景色を描いて見ました。試みにダーマトの白も部分的に使って見ました。あの日の雪はみんな融けてしまったけれど、この週末にはまた寒波が来るかもしれない。また雪が降るかもしれない。あなたは来ない、いくら呼んでも・・・。http://art.blogmura.com/watercorors/ブログ村水彩画←あなたの応援 お願いね。「雪はふる 白い雪が・・・ただ降るばかり・・・(防 [続きを読む]
  • 防府・雪の朝
  • 昨夜から降り始めた雪で、今朝は一面の銀世界です。この冬一番の雪景色です。昔山形や富山に居た頃、毎朝出勤前に車を出せるように雪掻きをしました。懐かしい思い出にひたりながら、家のまわりの雪景色をカメラに納めました。今日は寒いので、今から相撲が始まるまでの時間、掃除や片づけなどで出来るだけ体を動かして凌ごうと発意すると、子供の頃に雪が降るとわくわくした気分を思い出しました。http://art.blogmura.com/waterc [続きを読む]
  • 防府・富海隧道へ
  •  きのうのNHKテレビ「団塊の世代」を参考に冷蔵庫の中を整理整頓した。すっきりして、余裕のスペースもできて、いい気分。 正月がいい天気だっただけに、そろそろやって来そうな本格的な冬の寒さに怯えている。今日は予報にそむき一度も陽が射すことはなくこのまま暮れそうだ。正月に息子が散歩の途中に撮った富海の風景の中の一枚を描いてみました。「道端の寒そうな枯れすすき」(たけさん)http://art.blogmura.com/waterc [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • 新年明けましておめでとうございます。旧年中、ブログを訪ねて下さった方々、励ましの やコメントをくださった方々にお礼申し上げます。また、多くの方々のブログを楽しませていただきました。ありがとうございました。今年もよろしくお願い致します。12月に山口宇部空港から羽田へ向かう途中、左側の窓からくっきりと雲上の富士山が見えました。目に焼き付けておいたのです。午前9時前だったけどアドリブで朝焼けにして [続きを読む]
  • 年の瀬
  • 年の瀬はいつも慌ただしい、追われるような雰囲気になる。年内に片付けておきたいことをリストアップしている。毎年のことだが、途中で根気が続かなくなり、半分くらいは諦めてしまう。昨日は年内最後の好天気と思い、張り切って家事に取り組んだ。最近は店に並んでいる寄せ植えの葉ボタンの鉢を買うのだが、それを止めてポットのを買って自分で寄せ植えをやってみた。妙にやる気になったのです。「お天気が良すぎる独りぼっち」( [続きを読む]
  • 小太郎見参
  • 先日、東京武道館で関東学生剣道新人戦大会が行われた。孫が出場すると言うので応援に駆け付けた。肩の手術後、リハビリを続けながら、稽古不足の中で公式戦初出場にしては上出来だった。 小太郎!ママやパパに可愛がられ、アンちゃんたちに遊んでもらって幸せだね。初対面の爺ちゃんを大歓迎してくれたね。来年はアンちゃん達の試合に、体調を整えてまた行くからね、その時は公園に散歩に行こうね。http://art.blogmura.com/wate [続きを読む]
  • 象潟(きさがた)から能代へ
  • 9月30日に象潟を経ち、18日の歩きで74kmを行き秋田へ入る。昔、千秋公園の一角に秋田県立美術館があった(今は移転している)。美術館の入り口の縁石にタイヤをこすらせパンクしてJAFの御世話になった思い出がる。入館して鮮烈だったのが藤田画伯の「秋田の行事」の絢爛豪華な絵巻物のような生命の躍動感だった。寒風山にも行ったことがあったがその名の通り風が強かった。さて11月は15日間の歩きで62kmを行き [続きを読む]
  • 寒い朝
  • 寒い朝は起きるのが辛い。起きぬけに石油ストーブを点火しておいて小用に。戻ってストーブの側で着替えて、さて洗面へ。仏間が寒い。台所で朝食の支度。寒い朝は味噌汁が一番だ。カーテンを開けて窓越しに朝焼けの山の稜線を眺めながら、ラジオを聴きながら食事。今日は一番先に、先日行った山口の亀山公園山頂からの景色のスケッチを完成させることに。亀山からの帰りに禅昌寺に寄ってみたら桜が咲いていた。この時期の桜は寒々と [続きを読む]
  • 周南・風車の見える街
  • 先日、知人を見舞いに富田の病院へ行った。病室の窓から永源山と風車が大きく見えた。新南陽は昔は都濃郡南陽町と云った。合併後、新南陽という呼び名も消えた。ここの病院で3人の子供を授かった。懐かしい町です。22歳から14年間住んだ町です。先週末、長男夫婦と次男が名古屋で7段審査に臨んだが、3人ともあえなく不合格。私が生きているうちに誰か独りでも受かって欲しいと思っています。取敢えずは大学1年生になった孫 [続きを読む]
  • 周防富士?
  • 鳥海山を秋田側から見て、「秋田富士」とも言う。大山も南壁は切り立って厳しいが、西から見れば「伯耆富士」とも言う。山はみる場所によって随分とたたずまいが変わりますね。先日たまたま問屋口の岸壁から海を眺めていたらこの絵の景色です。ここからは江泊(えどまり)山が均整のとれた美しい形でした。そこで「周防富士」と呼んで見たけど名前が大き過ぎるかしらん。http://art.blogmura.com/watercorors/ブログ村水彩画←よろ [続きを読む]
  • 山形から秋田へ入る
  • 9月度は15日間のウォーキングで62kmを行き、庄内の湯野浜から宮の浦、酒田へ入り遊佐,吹浦を経て県境を越え象潟(きさがた)辺りへ来ています。山形県の形は下の絵の左側を見て戴くと、ちょっと人の横顔に似ていませんか?湯野浜カントリーでゴルフに興じ、帰りに道端で安価な美味しい砂丘メロンを買って喉を潤したものでした。湯野浜の手前に鶴岡があります。藤沢周平の故郷です。小説の中の海坂藩は酒井家が統治した庄内 [続きを読む]
  • 似顔絵練習・小池都知事
  • 小池百合子さんの最大の魅力は、男顔負けの度胸の良さと腹のすわりかたにあろう。少々の嫌味を言われても、大概の男なら気色ばむところを、にこっと笑顔でゆうゆうと落ち着いて対応する様は小気味良い。まさに日本の肝っ玉母さんになって欲しい。頑張れ、百合子!http://art.blogmura.com/watercorors/ブログ村水彩画←よろしかったら応援 お願いします。ランキング参加中。「女度胸の百合子さん」 [続きを読む]
  • 一夜明けて
  • 夜中に激しい雷雨で、2度ばかり目が覚めてしまいました。今朝は何事も無かったかのように穏やかな日が射しています。女心と秋の空!先日、防府の坂本辺りへロケハンに行った時、右田ヶ岳の濃いくっきりとした蒼と黄金色した刈り入れ前の稲田が美しく印象に残りました。手前には高菜?の畑がありました。山陽新幹線が一瞬で走り抜けました。 http://art.blogmura.com/watercorors/ブログ村水彩画・・ お願いします。ランキ [続きを読む]
  • 実りの秋を
  • 次から次と台風がやって来る。簾を外したままに秋が終わるかもしれない。稲刈りが終わってしまわないうちにと出かけました。本当は久兼か周南の広谷の棚田が浮かんでいたが、少し遠いと感じるもう一人の私がいました。年のせいか、魂が高ぶらないのか、大儀に感じたのです。そう言うわけで極く近場の好きな場所の一つである坂本を訪ねました。稲刈りが始まったところでした。 稲刈りを 眺めるような 矢筈ヶ岳(たけさん)http:/ [続きを読む]
  • 山形県庄内エリア
  • 8月度はお盆があり、酷暑が続いたこともあって、アリーナから足が遠のいてしまいました。結局僅かに8日間のウォーキングで33kmの走行でした。温海(あつみ)の北の五十川(いらがわ)あたりから庄内浜の湯野浜辺りに来ています。途中、由良で懐かしい白山島(はくさんじま、御島(おしま)とも呼びます)を眺めながら、あの日を回想しました。家内と二人で釣りに来ました。橋を渡って左手へ入り、家内は狭い、人一人がやっと [続きを読む]
  • 電池切れ あれも これも
  • 歌の文句じゃないが、”ひとつ違えば次から次と、待ってはくれない向かい風”。最近脳トレをしいられています。 朝食の後、縁側で手製の椅子に腰かけてコーヒーを飲み、新聞を広げながらラジオを聴く。これが朝の日課です。ラジオは、昔、イランに石油化学コンビナートを建設する仕事に携わっていたころ、仲間うちではやっていた、でかくて重い6バンドラジオカセットレコーダーで、香港で買ったもの。日に日に音量が小さくなる。 [続きを読む]
  • 電池切れ あれも これも
  • 歌の文句じゃないが、”ひとつ違えば次から次と、待ってはくれない向かい風”。最近脳トレをしいられています。 朝食の後、縁側で手製の椅子に腰かけてコーヒーを飲み、新聞を広げながらラジオを聴く。これが朝の日課です。ラジオは、昔、イランに石油化学コンビナートを建設する仕事に携わっていたころ、仲間うちではやっていた、でかくて重い6バンドラジオカセットレコーダーで、香港で買ったもの。日に日に音量が小さくなる。 [続きを読む]