霞ヶ関フィルハーモニー管弦楽団 さん プロフィール

  •  
霞ヶ関フィルハーモニー管弦楽団さん: 霞ヶ関フィル 練習日記
ハンドル名霞ヶ関フィルハーモニー管弦楽団 さん
ブログタイトル霞ヶ関フィル 練習日記
ブログURLhttp://kpodiary.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文アマチュアオーケストラです。月2〜3回都内で練習しています。
自由文 霞ヶ関フィルハーモニー管弦楽団は、「音楽を愛する心」を何よりも重視し、オーケストラの楽しさ、クラシック音楽の素晴らしさを日々探求し、演奏の向上に努めております。
 団員一同、常に質の高い演奏の実現を目指し、皆様のご支持をいただけるアマチュア・オーケストラとして成長していきたいと考えておりますので、ご声援のほど宜しくお願い申し上げます。
 弦楽器メンバー募集中!お気軽にご連絡ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2010/11/23 22:43

霞ヶ関フィルハーモニー管弦楽団 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 第17回定期演奏会を終えて
  • 5月28日、練馬文化センター大ホールにて第17回定期演奏会を開催致しました。多くのお客様にご来場賜りましたこと、この場を借りて心より御礼申し上げます。霞フィルの日記を書く機会を頂きましたので、本番の演奏を自分なりに振り返ってみました。シューベルト/劇付随音楽「ロザムンデ」序曲ブラームスの1番もそうですが、誰もが知っている有名曲を弾くのは少しドキドキしました。プログラム最初の曲であり、また私自身演奏会 [続きを読む]
  • 4月29日 全奏
  • 前回に引き続き、西大島で練習でした。「プロはそんなに沢山練習できないけど、アマチュアは、同じ曲何度も合奏できる!その曲をいっぱい知れる時間があるんだ」先生がシベリウスのとき、おっしゃったお言葉です。ほんまにほんまにそうです☆だから、一回一回大事にしなきゃですね。さて、本題。ロザムンデ→シベリウス→ブラームス4&1楽章の順にやりました。ティンパニさん初登場!やはり音楽が引き締まりますね!少し [続きを読む]
  • 4月8日 管分奏
  • 先生を招いての管分奏、弦分奏でした。管分奏での印象的だったことをいくつか書いてみます。ロザムンデは、軽快に、ということ。シューベルトの譜面はともすると重く演奏するように誤解される書き方になってしまっているが、それは望まれていることではないと。シベリウスでは、音楽を円運動で感じるとよいことを紹介していただきました(シベリウスに限ったことではないが)。円運動は3拍が均等ではなく、一拍目に勢いが必要で [続きを読む]
  • 3月25日 全奏
  • 桜が咲いたとはいえまだまだ夜は冷えます。今日は先週の分奏もふまえて、先生の指揮で全奏でした。最初はシベリウスの7番。わたしはやったことのない曲ですが、きいたり弾いたりしているうちに大好きになってきました。北欧の力強い曲です。最初ところどころ取り出して練習しながら、構成を先生が解説してくださいました。ここから3楽章なのかーとか、勉強になります。この曲ビオラに珍しくたくさんメロディーがあります!嬉 [続きを読む]
  • 2月11日 全奏
  • 2月11日は、高橋先生との初合わせでした! そして、私、初の練習日記を書いております(汗)最初に、シューベルトの「ロザムンデ」序曲。 高橋先生より、「雰囲気は出ているけど、音程が。。」とのコメントがありました。 主旋律の1st Violinですが、fzの嵐!+ 和音が多いのです。若干言い訳になりますが、和音難しい~。しかし、ぼやいていても仕方がなく、とにかく、音程総復習せねば!です。次は、ブラームス 「交響曲 [続きを読む]
  • ホール予約の記
  • 演奏会実施のために欠かせない、ホール予約の顛末について書いてみたいと思います。霞ヶ関フィルは2年に3回を基本のスケジュールとして定期演奏会を行っていますが、特定の市や区についた団体ではなく、拠点と言えるホールはありませんから、公立のホールで行われる抽選に参加しています。それ以外に、ネットで抽選に申し込めたり、電話で先着順で申し込めたりするホールも少数ながらあります。まずは事前準備。例年対象にして [続きを読む]
  • 10月10日 全奏
  • いきなり寒くなった3連休最後の夜、テンション下がる間もなく本番直前練習参加です。 アンコール曲から開始。素敵な音色にうっとり。でもこれは秘密ですから詳細はカット。 次に新世界。 …は、またもや低音組からスタート。ドヴォルザークさん多くないですかね? いやでもありがたいんでがんばりますけどね。この新世界は全楽章いい曲!2楽章は故郷を思い出して泣きそうになるし、4楽章は個人的に中学3年の時に受験 [続きを読む]
  • 10/10 全奏
  • いきなり寒くなった3連休最後の夜、テンション下がる間もなく本番直前練習参加です。 アンコール曲から開始。素敵な音色にうっとり。でもこれは秘密ですから詳細はカット。 次に新世界。 …は、またもや低音組からスタート。ドヴォルザークさん多くないですかね? いやでもありがたいんでがんばりますけどね。この新世界は全楽章いい曲!2楽章は故郷を思い出して泣きそうになるし、4楽章は個人的に中学3年の時に受験 [続きを読む]
  • 9月17日 全奏
  • 前回に続き、森下文化センターでの練習でした。ホールが広いと、贅沢にスペースを使ってセッティングしたくなってしまいますが、遠いと演奏しにくいので気を付ける必要がありそうです。今日はハープの三村先生が来団され、ハープとの初合わせでした!高級感のあるハープの音が入ると、オケ全体の音がグレードアップする気がします。とくにカルメン第一組曲のIntermezzo、アンコール曲のフルートはじめ木管楽器とハープの合奏が [続きを読む]
  • 9月10日 全奏
  • 今日の練習は森下文化センターでした。初めて利用しましたが、広くて新しい木の匂いのする練習場でいい感じでした。先週の弦分奏に参加できなかったこともあって個人的には久しぶりの練習となりましたが、エキストラの方々もたくさん参加してくださり、低弦も充実して、なにより回数を重ねて余裕をもって演奏できるようになってきたことで、練習もさらに楽しくなってきました。弦のみなさんは、弦分奏の成果が出ていたのでしょ [続きを読む]
  • 8月27日 全奏
  • 8月最後の練習でした。前回の練習時の残り2か月というのもだいぶ近づいた感じがありましたが、今回であと1か月半と考えると、目の前に来たとより強く感じられます。<新世界>前回取り上げていない3・4楽章を。時間としては3楽章の方がより重点的に取り組みました。3楽章のスケルツォは、3拍子の中でも2拍子のフレーズが出てくるヘミオラもあり、スラブ舞曲にも通じるドヴォルザークらしいリズムを感じるところです。 [続きを読む]
  • 8月6日 全奏
  • 8月6日は、7月30日の弦、管の分奏を経てからの合奏で、新世界の1、2楽章と、カルメン第2組曲を練習しました。それぞれ、表現を少し丁寧に見直しました。[新世界]三点、アクセントと調性と音色に関して書きます。・アクセントについて初合奏の時に、指揮の高橋先生が自筆譜で確認してくださったドボルザークの細かく書き分けた各種アクセント記号やフォルツァンド記号の違いを共有し、それを意識した演奏を目指していますね。気 [続きを読む]
  • 6月11日 全奏
  • 6/11江東区文化センター サブ レクホールで 今期初高橋先生合奏が行われました。各曲演奏する上でまず念頭に置いておくべき事などの分かりやすい説明がありました。(特にフィガロは古典という事もあり、、)全体的に 音源で聞き慣れてしまっているテンポ設定やアーティキュレーションは楽譜通りじゃないものもあり、もう一度楽譜に書いてある事をちゃんと表現することの大切さを再認識しました。フィガロの注意点としておっ [続きを読む]
  • 5月14日 弦分奏
  • 少し時間が空いてしまいましたが、5/14に弦分奏が行われました。この日は第16回定演にむけた初回全奏を翌週に控えているなかで、団員指揮のもと練習でした。思うように弾けない部分がありましたが、個人練習すべきポイントを確認しながらすすめました。そんな初回弦分奏ですが、嬉しいことに何人もの方が練習を見学されていました!入団を決めてくれた方もいらっしゃいました。さて、今回の定演はモーツァルトのフィガロの結婚 [続きを読む]
  • 12月26日 全奏
  • 年末最後の練習は、各曲通しとポイントピックアップして合わせました。録音を聞いてみましたがかなりよくなったところもあって、いろんな人の努力の跡が見えて自分もがんばろうと思いました。音楽とただの物理的な音の違いは、奏者の伝えたいメッセージや感情や情景があるかどうか、という考え方もできるかなと思っているのですが、残念ながらまだ、こりゃ魂入ってないただの音だな〜と感じるところがありますよね、ぼく自身も [続きを読む]
  • 12月19日 全奏
  • 寒くなりましたー! 年内の練習は今日とあと1回。 本番直前モードということで、今日以降の合奏ではすべて広い練習会場を使います。 そして、前方に空間を設けてセッティングしました。 だいたいいつも同じ狭いめの会場を使っていた今までとは、勝手が違います。 距離が違うし、響きが違う。 今日からなので、みんなの戸惑いが聞こえてきます。 今日と次回、年明けの2回はそれぞれ違う場所です。また違う音がすることでしょう [続きを読む]
  • 11月28日練習日記♪
  • しばらく練習お休みしてしまいましたが(すみません、汗)、久しぶりの練習参加。 今回の曲は、個人的にすべて1度やったことがある曲なのですが、全部好きな曲です。 本番まであと1か月ちょっとになってしまいましたから、気合入ります。 高橋先生のご指導は、練習途中私たちを笑わせてくださるのでとても雰囲気が良いです。 そんな中、モーツァルト40番からスタート。 この曲は、クラシックをあまり聴かない人でもどこかで耳 [続きを読む]
  • 11月14日 弦&管分奏
  • 同じ時間帯、同じ場所の違う部屋で、弦分奏と管分奏を行いました。弦はトレーナーの先生、管は高橋先生にご指導いただきました。管セクション某団員からの感想:先生のアツいご指導、特に表現の比喩が本当に面白くてためになります。理解しやすく、笑いとともに記憶に残りやすいです。ご指摘をいただいた後はサウンドがグッと変わるうえ、練習終了後も口笛で演奏曲を吹く団員が複数名。みんなもそれだけ楽しかったようですね。 [続きを読む]
  • 10月24日 木管分奏
  • 団員指導による木管分奏でした。メインのチャイコフスキーを重点的に,合奏時に先生からご指導のあった点を反芻しながらの練習。音の処理の仕方,フレーズの取り方など,少人数でお互いに耳を澄ませ揃えられるように意識しました。ところどころ登場するややこしいリズムなども,ゆっくりめのテンポから繰り返し合わせることで精度を高めることができたのではないでしょうか。特に,強奏の部分などは音量に気を取られて個々人の [続きを読む]
  • 10月17日 全奏
  • 今回は、楽章を絞った練習でした。特にモーツァルトは3楽章を入念にご指導頂き、どのように弾いたらよいのか、的を得た的確なアドバイスのおかげで、自分でもここはこう弾いたらいいのかと、とても勉強になり楽しかったです。他の楽章と比べ、短いながらも奥が深〜い3楽章と痛感しました。まだまだ左手が追い付かず、その点はしっかりと自主練に専念し、次回に備えたいと思います。チャイ5やウェーバーについても、細かなポ [続きを読む]
  • 9月26日 全奏
  • 先生との2回目の練習。前回の練習で学んだことの確認をしつつ、各曲通しながら練習しました。音楽の流れの中で学んだことを表現する…。むずかしや。。。頭でイメージしてる音ともまだかけ離れているので、本番までに近づけていければと思います。(トップなのにごめんなさい)練習会場があまり響かなかったこともあり、そういう場所での音の出し方も教わり、勉強になりました。自分もまだできてないけど、ここは合わせ [続きを読む]
  • 9月12日 全奏
  • 昨年度にまさかの被災地出向で1年間釜石市におりました。その間は楽器に触らない生活でしたので、今回の復帰で実質1年半ぶりに曲に触れることになりました。(そもそもホールが津波でメチャクチャになっていましたから、練習しようにもできない環境でした)そして記念すべき復帰作が、第1回演奏会のメイン曲でもあるチャイコフスキーの交響曲第5番。演奏したことがなくとも、曲を聞いたことがある人なら理解してくれると思 [続きを読む]
  • 8月29日 全奏
  • 今日は、ウェーバーの「魔弾の射手」序曲、チャイコフスキーの交響曲第5番、モーツァルトの交響曲第40番と、本番で演奏するプログラムの全てを練習しました。ビオラとチェロの見学者(各一名)が一緒に演奏してくださいました\(^o^)/ 今日の練習では、本番で指揮をしていただく高橋隆元先生に初めて振っていただきました!緊張しました〜。 具体的な処方箋や、ためになるお話満載の練習で、体感としてはあっという間。楽しい [続きを読む]
  • 8月8日 全奏
  • ついに第15回定期演奏会の練習が始まりました。本番は1月なのでこれから5ヶ月間のシーズンです。今回は団員指揮での初回合奏でしたが、こんなにいっぱいもりもり弾いたのは久々で2日後に左手が筋肉痛になりました(苦笑)。後半には疲れてかなり集中力も切れてしまいましたが、練習を進めていくうちにスタミナがもつようになれるでしょうか…さて、今回はチャイコフスキーとモーツァルトの2つの大交響曲にウェーバーの序曲 [続きを読む]
  • 過去の記事 …