tasuke さん プロフィール

  •  
tasukeさん: カメラマン・夢を目指せ!
ハンドル名tasuke さん
ブログタイトルカメラマン・夢を目指せ!
ブログURLhttp://00naoki.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文カメラマンを目指す方へ、写真家、写真情報、独学でなる法など応援メッセージを、お送りしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供97回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2010/11/24 05:56

tasuke さんのブログ記事

  • 写真コンテストの1位の写真が良いかどうかは審査員の感性による?
  • 写真コンテスト1位なら、傑作と安易に言えるだろうか?こんにちは。前回、首から上を無くした写真について書きましたが、この写真は、多くの人が興味を持たれたようです。次の文はKさんというサラリーマンの方のメールの一部を抜粋したものです。「カメラ雑誌のコンテストに1位として受賞しているのに、太助さんは、自分なら、その写真を1位にはとてもできない、それどころか、入選にもできない・・・・と書いておられましたが [続きを読む]
  • 人物写真の撮り方:首無し写真も撮り方のコツになるのか?不可解!
  • 首無し写真でも1位になれるのか?人物写真の撮り方で首無し写真が1位になったことがあります。これも人物写真撮影のコツなのでしょうか? 次の写真をご覧下さい。この写真は、カメラ雑誌「フォトコン」のバックナンバー自由の部で、推薦(1位)に選ばれた写真です。 ご覧のように女性のちょうど首辺りから上がチョンギられています。参考までに、審査員の「評」をポイントのみあげてみましょう。「謎めいている」「不思議な [続きを読む]
  • ポートレートの撮り方:何故頭部をカットするの?
  • ポートレートを撮っている人は多いと思います。撮り方を学んでいる方もおられることでしょう。 その方法として、被写体の上部をカットすると、画像が引き締まります・・。ポートレート撮影:この撮り方もコツの一つです。前回の写真で気がついたことを、お伝えしますね。次の写真がその写真です。何度も出てきて見あきたと言う方があるもしれませんが、少し、お付き合いください。この写真では、母親の頭部が、わずかにカットされ [続きを読む]
  • カメラマン:かつてはズブノ素人が今じゃ写真の魔力にハマってる!
  • カメラマンになるために、写真という未知の世界に入ったズブノ素人が、紆余局切を経ながらも、どうにかプロになることができました。 そんな自分が、今じゃ写真の深い魅力から、抜け出せないでいます!! (苦笑)前回のこの写真をどうご覧になりましたか?撮った場所は、神社の境内だったらしいのですが、かなり大きな神社のようで、この日は何かイベントが行われていたようです。外人観光客がいるぐらいですから、由緒ある神社 [続きを読む]
  • 撮影会ほとんど高齢者!トップ入選なんと90歳!
  • 地元の写真グループが撮影会と写真展示会を行いました。高齢者が多くなりましたねえ!でも皆さんとてもお元気!トップ入選が、なんと90代と聞いてびっくり! やっと体調が戻ってきました。 夏には、必需品の扇風機も、時には魔に変身しますね。クワバラ、クワバラです。 さて、先にも言いましたよぅに、久しぶりに地元の写真展にいってきました。地元には、幾つかの写真グループがあって、その一つが開催する写 [続きを読む]
  • 猛暑です!お盆です!扇風機です!
  • href="/_images/blog/_e3f/00naoki/E382B9E382A4E382ABE5AF84E3828B-8c323.jpg" target="_blank">(お盆 : 広角による見事なワンショットです!)お元気でしょうか?このお盆どうおすごしでしょうか?猛暑がこたえませんか?私は、2〜3日ぐらい前から、どうやら気分が戻ってきました。先月、朝起きると、目まいがして、だるくて、動くのが、おっくーでした。初めての経験です。「いったいどうしたんやろ??」すぐ近くの病院へ [続きを読む]
  • 意図して撮る写真(テーマ性)と偶然撮れた写真(偶然性)の価値は?
  • カメラマンにはテーマを持ち、自分の思いを伝えたいと意図的に写真を撮る人が多いのが普通だろうと思います。ある風景に、たまたま光がさし込んで、傑作になる写真ができる場合も、時にはありますが・・・・・・・。私が初めて入選したとき!「・・・何をどう撮るのか、よく考えて撮ろう・・・」よく、言われることですよね。たくさんの「カメラ雑誌」が出ていますが、開けば、必ずこんな言葉に出会います。私は、学校の最初の授業 [続きを読む]
  • 初心者が写真の撮り方を速く会得できるのは人物写真!その理由は?
  • 初心者が写真の撮り方をマスターする場合、人物写真から始めると速く技法を会得できます。風景写真と比較しながらその理由を書いてみたいと思います。初心者が風景写真を撮るとしたら?前回、初心者の方が、写真技法をマスターするには「人物写真」 が速いとお伝えしましたね。もちろん、これにはハッキリした理由があります。● 「風景写真」 は、作品といえるところまでレベルアップするには、カメラ操作も含めて、多くの技法 [続きを読む]
  • 写真撮影:初心者が撮るコツ!ドライバーより写真を選んだ男性!
  • 写真撮影にあたって、初心者さんが、撮るコツとは何でしょうか?右も左も知らないズブノ素人だった私は、速くプロになる為、どうしたらよいかを、何日も徹底して考え続けました。その結果・・・!ドライバーになるか、カメラマンになるか?リストラにあった20代半ばの「R」さんから相談メールが届きました。私が、証券会社のサラリーマンから、カメラマンに転職した人間であることを知って、メールを送る気になったそうです。そ [続きを読む]
  • カメラ雑誌「アサヒカメラ」などの技法構図記は事参考になるの?
  • カメラ雑誌「アサヒカメラ」とか「日本カメラ」などについて、技法や構図の解説記事は、参考になりますか?と問うてる人がいました。カメラ雑誌でプロになった私は驚嘆してしまいました。「カメラ雑誌」は役に立つか?ネット上で次のような一文を見つけて、私は、「えっ?」 と驚いてしまいました。その一文の抜粋を挙げてみますと、「・・・ カメラ雑誌の ”アサヒカメラ”や”日本カメラ”の技法 や 構図 の解説記事って参 [続きを読む]
  • 写真家:女性カメラマンとして有名な石内都の心眼に共鳴しました!
  • 写真家として世界的に知られる女性カメラマン石内都さん。死後の遺品を撮る写真家として、国内外で有名なお人です!遺品を通して時間を撮るという「心眼」の深さに共鳴します!得体のしれない写真家「石内都」今月(6月)半ばごろだったでしょうか。女性写真家と監督(女優でもある)の対談を見ました。写真家は、主として遺品を撮り続ける「石内都(いしうちみやこ)・70」 さんという有名な女性カメラマンです。(石内都・7 [続きを読む]
  • 雑誌にも出ない素人同然のカメラマンがナゼ外国からから評価される?
  • 普段、雑誌などで全く見かけない素人に近いカメラマンが外国で、高い評価をうけています。ロシア、インドなど数か国で写真芸術賞に推挙され、巡回個展も開催されてます。こんにちは。定期検診に行っていて投稿が遅れましたが、申し訳なかったです。(苦笑)さて、先日の写真鑑賞いかがだったでしょうか?今日も、同じものを次に挙げて、撮ったカメラマンと写真の説明を簡単にお伝えしてみたいと思います。①②都合で、先に写真②  [続きを読む]
  • 有名な写真家でなくとも、多くの国が認める知られざる芸術家!
  • 有名ではなく、名もないアマチュア写真家が、世界から、「写真芸術賞」を受け、写真芸術部門の会員にも推挙されるということは、普通考えられないでしょう。しかし、世にはそんな偉業を遂げる知られざる「写真家」がいるのです!①②上の写真①、②は、共にケータイで撮り直したものですので、原画の「素晴らしさ」を味わっていただけないのが、残念ですが、ご了承下さいね。 (苦笑)この2点は、一方は、日本屈指の超有名なプロ [続きを読む]
  • 写真家:80歳の初心者が撮るコツを速くえ得する方法を教えて!
  • 前回「最速独学戦略」を中止とお伝えしました。それに対して、「バカヤロー」と先輩から一喝されたあと、写真の撮り方を速く覚えたいと80歳の初心者の方からメールを頂きました!時代の流れは予想以上に速い!こんにちは。10日ぶりの投稿です。「最速独学戦略」 の中止について、あれこれ考えてみました。その間、「99%の会社はいらない!」という本を読みました。   三度目です。著者は、もうお馴染みの、ホリエモン( [続きを読む]
  • 写真家になる最速の方法配信の中止を決めたら先輩曰くバカヤロー!
  • 写真家になる最速の方法の配信を始めたのですが、大事なデメリットに気付き、更新を止めようとしました。すると、「止めるなバカヤロー!」先輩のプロから一喝されました!写真家になる最速の方法のデメリットとは?今年初め、「最速・独学戦略」 をお伝えしようと、更新を始めました。ところが、どうしても、途中で手が止まって進まないのです。その理由が、「健康にあったこと」 を前回お伝えしました。すみませんが、・・・・ [続きを読む]
  • カメラマンになるための最速・独学戦略の落とし穴に気づきました!
  • カメラマンになるための最速の方法として独学でマスターする方法を「最速・独学戦略」と題してお伝えしようと、進めてきましたが、途中、「ハッ」と大きな落とし穴に気づき、どうしても投稿の手がにぶってしまいました。「最速・独学戦略」の大きな落とし穴とは?「 ”最速・独学戦略” の大きな落とし穴とは?」なんて、いったいどういうこと?と不審に思われたかもしれませんね。簡単に言えば、「体調」 のことなんです。私は [続きを読む]
  • 最速・独学写真マスターの落とし穴!思案のうえ伝達を止めました!
  • 最速で写真を学ぶ「独学戦略」を、年始に計画しました。独学で頑張る人に、役立てて頂きたいと考えたからです。しかし、それには落とし穴がありました。ズーッと思案を続けた末に、私は、その計画を中止することにしました。「最速・独学戦略」は止めることにしました!「最速独学戦略」と題して、今年の最初に、計画を立てました。働きながら学ぶ独学のあなたに、少しでも役立てていただけたらという、私の独断からです。しかし、 [続きを読む]
  • カメラ雑誌;初心者&中級者共におススメ!内容構成面白さ抜群!
  • カメラ雑誌を選ぶ時、初めはいろいろ迷いますよね。ここでは、初心者にも中級者にもおすすめの本をご紹介します。 内容はもちろん,構成・面白さも、他の雑誌の追随を許しません!おススメのカメラ雑誌は「フオトコン」誌!前回、「広告写真に挫折した」 とメールを下さった女性Aさんの話しをさせていただきました。私は、彼女にもう一度やりなおすことを提案しましたが、その時に、彼女におススメしたのがカメラ雑誌 「フオト [続きを読む]
  • カメラ雑誌:初心者&中級者OK!親切でプロへ導くダントツの面白さ!
  • カメラ雑誌は初心者や中級者でも楽しめることが一番です。親切さ面白さでは他紙にはない特徴があり、さらに、プロへも導いてくれるダントツの構成を誇るカメラ誌をご紹介!広告写真の厳しさに挫折!前回も話しましたように、私は、大阪で、一人の女性カメラマン「A」さんと会うことになりました。Aさんは、2年制の写真専門学校を出て、ある広告会社に就職しました。  この会社は、雑誌類の広告依頼が多い会社だったらしく、仕 [続きを読む]