edcoach さん プロフィール

  •  
edcoachさん: JYDA教育コーチング日記・教育コーチブログ
ハンドル名edcoach さん
ブログタイトルJYDA教育コーチング日記・教育コーチブログ
ブログURLhttp://www.jyda.jp/blog/
サイト紹介文日本青少年育成協会認定の教育コーチによるブログです。毎日更新しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2010/11/24 15:39

edcoach さんのブログ記事

  • 酒田市体験セミナー
  • 暑くて溶けそうな酒田市から久々の投稿です。8月6日(日)酒田市にて体験セミナーを行いました。参加者は2名。お一人は山形市から大学の先生。お一人は息子が通う学校の先生。(びっくり)お二人ともコーチングセッション初体験。一生懸命「傾聴」... [続きを読む]
  • 恒産なければ恒心無し
  •  超介です。 人生の目標を立てることはとても有用ですが、その学びの機会があったり、あるいは誰か私淑する人がいる、あるいは逆境に出会う、そのような条件がないとできないことが多いと思います。私の場合、会社人としてのスタート時に尊敬する人たちに出会... [続きを読む]
  • 夏休み初日
  •  皆さま、こんにちは。 大学院生教育コーチのいっすぃ〜です。巷では、夏休みが始まりましたね うちの子どもたちは先週の金曜日が夏休み初日。 その日は、いろんなことが重なりました。 息子が中体連の試合: 勝てば次の駒へ/負ければ最後の試合。 ... [続きを読む]
  • 苦手なことに取り組む方法(その6)
  •  超介です。 苦手なことの学びは、長続きしません。しかしながら、5分間だけの内容なら、あるいは一日に1問だけなら、いやにならない内容、時間、量であるのならこなせることがあります。それを始めます。条件は毎日継続してやることです。そのうち日々の作業... [続きを読む]
  • 苦手なことに取り組む方法(その5)
  • 超介です。 苦手なことに取り組むには継続力が必要になりますが、さらにそのことを得意にするためには、こういっては身もふたもないですが『必死になって、夢中に取り組む』ことがないとものにはなりません。周りから強制されて、しぶしぶトレーニングをする程... [続きを読む]
  • 苦手なことに取り組む方法(その4)
  • 超介です。 英文法が苦手な理由として、英語という科目の特性の理解が不足していたことがありました。ではそれはどうしてそうなっていたか、その理由です。これは塾を運営していると塾生たちの様子からも気づくことです。それは、「たちどまって思考する能力(... [続きを読む]
  • 苦手なことに取り組む方法(その3)
  • 超介です。 英語が苦手である理由は英語の言語的な特性の理解をせず、まるでAIが言語を翻訳するように学ぼうとしていたからでした。例えば、単語の「意味」を理解しようとせず、和訳を暗記することをしていたのです。一つの英単語の意味と日本語訳が対応する... [続きを読む]
  • 親育ち・子育ち
  • こんにちは。教育コーチの あずみん です。3番目の子、次男が人生航海図へ参加中。高校を卒業し、予備校に通いながら私塾を手伝う中で、教育コーチングを学びたいと言い出した。それまで、私がかける彼への承認の言葉も「コントロールされてなるもの... [続きを読む]
  • 苦手なことに取り組む方法(その2)
  • 超介です。 英語は苦手な教科でした。大学卒業以来、大手学習塾に勤務していましたが、数学やら理科が担当科目、ところが52,3歳ころに急遽中学生に英語指導を所属の会社より依頼されました。その際英語の勉強を、少しして英検の2級を取得もしました。退職... [続きを読む]
  • 苦手なことに取り組む方法
  • 超介です。  勉強でも仕事でもそうですが、苦手なことでもやらねばならないことに出くわします。締め切りあるいは期限ぎりぎりまで、手を付けることができず、逃げていて直前で何とかやりすます。 そのような経験を沢山しやっと引き出したのが、すぐに着... [続きを読む]