北海熊 さん プロフィール

  •  
北海熊さん: 北海熊の独り言
ハンドル名北海熊 さん
ブログタイトル北海熊の独り言
ブログURLhttp://ameblo.jp/hokkai-kuma/
サイト紹介文我が家の亀ちゃん(ハナガメ)の事を中心に書き、北海道の美味しい物等を紹介してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3895回 / 365日(平均74.7回/週) - 参加 2010/11/27 23:51

北海熊 さんのブログ記事

  • ザナルディの活躍がモンガーの刺激になればとハミルトン
  • 3度の世界王者に輝いたルイス・ハミルトンはアレッサンドロ・ザナルディの活動が、先のイギリスF4でクラッシュを喫して両足切断の大ケガを負った10代の同胞ドライバー、ビリー・モンガーのインスピレーションになればと願っている。イギリス出身で17歳のモンガーはドニントン・パークで行われたイギリスF4のレース中、時速120マイル(約時速193km)のスピードで固定車両にぶつかる大事故に遭い、両足を負傷。マシンからの救出に90 [続きを読む]
  • ライコネンのスロースタートをベッテルが擁護
  • セバスチャン・ベッテルいわく、キミ・ライコネンのここまでのリザルトは彼の本来の力に見合ったものではないという。ライコネンは第3戦が終わった現在のランキングトップ5のドライバーの中でただ1人、まだ表彰台に上がっていない。前回のバーレーンは4位で終えてロシアにやってきた。一方のベッテルは2勝を挙げてチャンピオンシップをリードしており、チームメイトとのポイント差はすでに倍に開いている。「彼はきちんとしたレー [続きを読む]
  • 自分の走りに満足はしていないとライコネン
  • 今の状況は開幕前に期待していたものに届いていないと自認するキミ・ライコネンだが、今後のことについてはまだ特に考えていないという。スロースタートのシーズンとなったライコネンの獲得ポイントは、チームメイトでチャンピオンシップリーダーのセバスチャン・ベッテルが稼いだ68ポイントの半分にとどまっている。中国GPで5位に終わった彼を見て、フェラーリのセルジオ・マルキオンネ社長はイタリアメディアにライコネンの攻撃 [続きを読む]
  • スペインで大幅改良の投入を予定するレッドブル
  • レッドブルを率いるクリスチャン・ホーナーは最高技術責任者(CTO)を務めるエイドリアン・ニューイが来月に控えるスペインGPでデビューさせるアップデートに「昼夜を分かたず」取り組んでいると明かした。空力が強化された技術規約の採用に伴い、2017年シーズン開幕前にはレッドブルの上位グリッド復帰が期待されていたものの、レッドブルはこれまでの3レースを通してフェラーリとメルセデスのライバル勢に匹敵できていない。確 [続きを読む]
  • トヨタ、KIROBO miniのWEB予約を5月10日から開始
  • トヨタは、いつも寄り添い、会話やしぐさを楽しむことができる、手のひらサイズのコミュニケーションパートナー「KIROBO mini」を東京都ならびに愛知県の一部トヨタ販売店にて5月10日より発売。注文は、WEBを通じてのみとなり、予約の受付を同日13:00より開始する。価格は42,984円(税込)。「KIROBO mini(キロボ ミニ)」は、座った姿勢で高さ10?と手のひらに収まる小柄なサイズのコミュニケーションパートナー。話しかけた人 [続きを読む]
  • 今や3社のPUはほぼ対等とペレス
  • これまで1強とされてきたメルセデスエンジンに対して、今やフェラーリとルノーは対等レベルに並んだとフォース・インディアのセルジオ・ペレスは確信しており、明確なアドバンテージを持つ相手はHondaだけになったと述べた。3年間トップの座を走り続けたメルセデスだが、かつてエンジン面で持っていた圧倒的なアドバンテージはなくなったように見受けられ、ファクトリーチームも今年はフェラーリと長いタイトル争いを演じることに [続きを読む]
  • ボッタス、「ナンバー2にはならない」
  • ルイス・ハミルトンのタイトル挑戦をバックアップするためにメルセデスのナンバー2ドライバーになるつもりはないとバルテリ・ボッタスが述べた。2週間前のバーレーンGPでボッタスは、ハミルトンにレースリーダーのセバスチャン・ベッテルを追わせるために彼とポジションを入れ替えるようメルセデスのピットウオールから指示された。レース後ボッタスは指示の背景にある理由は理解できるとコメントしたが、今週のグランプリを前に [続きを読む]
  • ストロールを励ますマッサ
  • 不運続きのランス・ストロールに対し、レースを一度でもフィニッシュできれば自信を取り戻すことができるとフェリペ・マッサがルーキーのチームメイトを励ましている。開幕戦のオーストラリアをブレーキブレーキで終えたストロールは次の2戦で強制的にリタイアさせられている。中国ではセルジオ・ペレスに、バーレーンではカルロス・サインツに衝突されてレースを終えてしまった。このため、彼にはいまだグランプリ完走がなく、こ [続きを読む]
  • フェリペ・ナッセ、2018年のF1復帰を目指す
  • フェリペ・ナッセは、2018年のF1復帰にむけて取り組んでいると述べた。ブラジル銀行の強力な支援により、2015年と2016年にザウバーでF1を戦ったフェリペ・ナッセだったが、今シーズンはスポンサーとF1シートを失った。しかし、フェリペ・ナッセは決して望みを失ってはいないと語る。「トレーニング目標を達成した。ほぼ3キロ筋肉をつけたし、明日クルマを運転しろと言われれば、準備はできているよ」とフェリペ・ナッセは Globo [続きを読む]
  • ハース、初日に別メーカーのブレーキを試用
  • ハースF1チームがロシアGPをカーボン・インダストリー(CI)製のブレーキでスタートすることになった。試してみた上で、残りの週末もそれを両マシンで使い続けるかどうかを決めるという。ブレーキの問題にハースは長く悩まされており、彼らのルーキーシーズンだった2016年終盤にはさまざまな問題が発生していた。彼らが供給を受けているブレンボ製ブレーキの不整合が関係していると見られており、昨年のブラジルではCI製のテスト [続きを読む]
  • タフな2016年あってのリバイバルとベッテル
  • フェラーリが2017年に好スタートを切ることができたのは、昨年の大変動を経験したからこそだとセバスチャン・ベッテルは考えている。タイトル争いに加わると意気込んで迎えた2016年だったが、昨年のフェラーリは1勝もできないままに終わった。シーズン中盤にセルジオ・マルキオンネ社長は何度も幹部を集めて緊急会議を行い、やがてテクニカルディレクターのジェームス・アリソンがチームを離脱。フェラーリのエンジン部門にいたマ [続きを読む]
  • フェラーリへの敗北に苦痛を感じるメルセデス
  • メルセデス・ベンツ・モータースポーツ責任者のクリスチャン・トト・ウォルフは開幕から3戦でライバルのフェラーリに敗れていることにチームは痛みを感じていると語った。これまで3シーズンで圧勝を収めてきたメルセデスだが、今季はフェラーリからのシリアスな挑戦を受けており、今の段階ではコンストラクターズ選手権で跳ね馬から3ポイント遅れの2位となっている。前戦バーレーンではメルセデスのバルテリ・ボッタスとルイス・ [続きを読む]