八岐 さん プロフィール

  •  
八岐さん: 徒然雑記
ハンドル名八岐 さん
ブログタイトル徒然雑記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yamata14/
サイト紹介文本や雑誌、アニメなどの感想を日々綴っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供461回 / 365日(平均8.8回/週) - 参加 2010/11/28 15:09

八岐 さんのブログ記事

  • 幼女戦記 2.Plus Ultra ★★★☆
  • 【幼女戦記 2.Plus Ultra】 カルロ・ゼン/篠月しのぶ エンターブレイン Amazon Kindle B☆W金髪、碧眼の幼い少女という外見とは裏腹に、『死神』『悪魔』と忌避される、帝国軍の魔導大隊の指揮官、ターニャ・デグレチャフ魔導少佐。大軍を烏合の衆と嗤い、懸命の抵抗を蹂躙し、焼けといわれた街を焼く。彼女の姿は、帝国軍という暴力装置の矛先として先陣にあった。各国の思惑が入り乱れ、激化する戦局の中で、帝国軍参謀本 [続きを読む]
  • 艦隊これくしょん 2017年春イベント 終了 
  • クリア後、すぐに伊13が出てくれたので、掘りも順調に進むかな、と思っていたのですが、E3をメインにずっと掘り続けていたものの、結局国後と占守は着任せず。JK鈴谷が五人くらい来ましたけどそんなには要らない。国後と占守の両方が出るE3での一挙両得にこだわっていたのだけれど、ここはE2とE4に分散するべきだったかな、と反省中。資源の備蓄が十分だっただけに、連合艦隊に支援艦隊にと潤沢に資源を投入できたのでE3に耽溺 [続きを読む]
  • 艦隊これくしょん 2017年春イベント 全クリア 
  • 無事E5までクリアしてガングート姐さんをゲット。E5だけ乙でクリアして、あとは甲だったのですけれど、E5の感触からしてこれ甲で行っても行けたかなあ。ちょっと勿体なかったかもしれない。舞台が列島北方近海戦だったせいか、かなり難易度としては易かったように感じる。E5も第二艦隊を史実艦の第五艦隊で揃えたら、ボス戦はほぼ撃滅戦の様相を呈していたし。今回は資源もかなり潤沢で鋼鉄・燃料に関しては30万近くまで。弾薬 [続きを読む]
  • 魔術師たちの就職戦線 2 ★★★☆
  • 【魔術師たちの就職戦線 2】 嬉野秋彦/惠坂 ファミ通文庫 Amazon Kindle B☆W二年朱雀組最強のギャル佐原閑丸、ユキナリ争奪戦に参戦!?年二回行われるクラス対抗戦が近づき、代表者三名の選出で揉める二年朱雀組。実力的には自分とミオ、マルコがふさわしいと主張するカオリだが、嫌がるマルコと監督・山崎の推薦で三人目はユキナリに決定! さらにマルコの提案で、ユキナリはカオリと賭けをすることに。実力者集団“不動連”の [続きを読む]
  • 僕と彼女のゲーム戦争 10 ★★★ 
  • 【僕と彼女のゲーム戦争 10】 師走トオル/八宝備仁 電撃文庫 Amazon Kindle B☆W周囲の同級生の間では進路という話題が出始め、どうせなら将来はゲーム関係の仕事に就けないかと、なんとなく考えていた岸嶺。そんなとき、権田原から人が足りないので練習試合に参加してくれないかと誘いを受ける。それと引き替えに、岸嶺は権田原に進路について相談を持ちかける。権田原はチームメンバーを招集して、悩める岸嶺にいくつかの進 [続きを読む]
  • 正解するカド 第六話「テトロク」 
  • ああ、やっぱりそう簡単にワムは作れないのね。そりゃ、あんなん作れる気がしない。というわけで、一気にワムが拡散、という自体にはなっていないものの、品輪博士以外も作れることは実証できているのだから、いずれは拡散していくだろう。でも、ザシュニナの説明だと老人よりも子供、この世界に馴染みきっていない方が良い、ということだけれど……ワムって手作業でないと作れないのかしら。もし形状が大切、というのならそれこそ [続きを読む]
  • 尾木花詩希は褪せたセカイで心霊(ゴースト)を視る ★★★ 
  • 【尾木花詩希は褪せたセカイで心霊(ゴースト)を視る】 紺野アスタ/竣成 ダッシュエックス文庫 Amazon Kindle B☆W久佐薙卓馬は廃墟と化したデパートの屋上遊園地で、傷だらけの古いカメラを持った不思議な少女―尾木花詩希と出逢う。卓馬の通う高校で“心霊写真を撮ってる変わった女”と噂される詩希に「屋上遊園地に出るといわれる“観覧車の花子さん”を撮ってほしい」と依頼するのだが、「幽霊なんていない」と取り合って [続きを読む]
  • ガーリー・エアフォース 6 ★★★★ 
  • 【ガーリー・エアフォース 6】 夏海公司/遠坂あさぎ 電撃文庫 Amazon Kindle B☆Wモンゴルの鉱山で、なぜかF-15Jの翼の残骸が発見された。しかも検査の結果、千年以上前のものだという。ザイの脅威が迫るモンゴルで、さらなる調査に向けまだ埋まっている他の部品を回収するため、グリペンたちに指令が下る。現地に到着し、まずはご当地料理を楽しもうと目を輝かせる一同の前に、しかし三人のアニマの少女が現れる。クロームオ [続きを読む]
  • カンピオーネ! XX 魔王内戦2 ★★★★ 
  • 【カンピオーネ! XX】 丈月城/シコルスキー ダッシュエックス文庫 Amazon Kindle B☆W草薙護堂は神殺しである。『最後の王』ラーマとの決戦を賭けて激突する魔王VS魔王。混戦の中、なんと羅濠教主とヴォバン、最古参のカンピオーネふたりがまさかの同盟!迫り来る最凶タッグに、護堂はやむなく手を組んだドニと共にこれを迎え撃つ!一方、ラーマに寄り添う黒き影にしてその実弟、ラクシュマナも顕現。魔王内戦の裏で、怪しい動き [続きを読む]
  • 2017年 6月 漫画新刊カレンダー
  • 6月2日 【Fate/stay night [Heaven's Feel] 4】 タクスオーナ(カドカワコミックスA) Amazon 【ぼくたちは勉強ができない 1】 筒井大志(ジャンプコミックス) Amazon6月7日★【フラウ・ファウスト 4】 ヤマザキコレ(KCxITAN) Amazon 【小説付き フラウ・ファウスト(4)特装版】 ヤマザキコレ(プレミアムKC BE LOVE) Amazon6月8日 【はぐれアイドル地獄変 59 高遠るい(ニチブンコミックス) Amazon6月 [続きを読む]
  • 2017年4月読了ライトノベル系書籍からのお勧め
  • 読んだ本の数:33冊 うち漫画:8冊どうも休みの日にまとめて読んで、平日は感想記事書いて、というサイクルになっている模様。疲れてると本読むのにも気力が追いついていかない年齢になってきてるんかな。ともあれ、4月オススメ新作は【終奏のリフレイン】。好きな作家を何人かあげろ、と言われて名前を入れる一人である物草純平さんの新シリーズ。期待通りのボーイミーツガールであり冒険譚であり異国情緒あふれる物語であり、 [続きを読む]
  • 生ポアニキ パンプアップ ★★★☆
  • 【生ポアニキ パンプアップ】 アサウラ/赤井てら オーバーラップ文庫 Amazon Kindle B☆Wユリが好きだという気持ちを抱えながら、相変わらずマッチョなアニキとの健全な二人暮らしを続けるユースケの元に、さらに妹系美少女が給付されてくる。そしてユリの前にも、100万人超のフォロワーを有する人気動画配信者ジュンイチが現れ、彼女に一目惚れをしたと告げる。「君は彼女にとって相応しい男なのか?」ジュンイチに問われ言葉を [続きを読む]
  • 折角の休みなのに。
  • 花粉症かと思ってたら、風邪だった。熱だ、熱が出てる。うわぁ、熱でたの久々だ。何年ぶりだろう。ツラい。身体の節々が痛い。ううっ、38度まであがってないのにキツイなあこれ。歳取るとちょっと風邪ひくだけでホントキツイわー。久々にまともにまとまった休日なので、めっちゃ本読んでめっちゃ記事かいて、滞ってた作業進行させて、んでもって艦これの春イベガンガンすすめるつもりだったのに、予定全部おしゃかだ。ぐったり。 [続きを読む]
  • 七日の喰い神 4 ★★★★
  • 【七日の喰い神 4】 カミツキレイニー/nauribon ガガガ文庫 Amazon Kindle B☆W「何度言ったらわかるの? わたしは六花じゃない--!」大事にしていたウミネコのサキちゃんに逃げられ、傷心のラティメリア。七日とのやりとりもすれ違う一方で、"六花のマガツカミ"を巡るプロジェクトは最終局面を迎えようとしていた。祈祷士協会解散を目論むGHQと、「最後の切り札」を楯に祈祷士たちを利用し、自らの悲願を遂げようとする紙燭龍 [続きを読む]