八岐 さん プロフィール

  •  
八岐さん: 徒然雑記
ハンドル名八岐 さん
ブログタイトル徒然雑記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yamata14/
サイト紹介文本や雑誌、アニメなどの感想を日々綴っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供460回 / 365日(平均8.8回/週) - 参加 2010/11/28 15:09

八岐 さんのブログ記事

  • 終末なにしてますか? 第11話「どうか、忘れないで」 
  • これね、原作三巻のクライマックスになるんだけれど、その三巻のあらすじがまた凄まじく印象的な文章なんですよね。おかえりの声を、聞きたかった。ただいまを、きちんと、言いたかった。バターケーキを、食べたかった。それらの願いは、すべて叶った。帰るべき場所へ帰り、逢いたかった人に逢えた。だから。約束は尽きて。追いついてきた終末は、背後から静かに、少女の肩に手をかける。青年教官と少女妖精の、儚く輝いた日々。第 [続きを読む]
  • パラミリタリ・カンパニー 萌える侵略者 1 ★★★☆
  • 【パラミリタリ・カンパニー 萌える侵略者 1】 榊一郎/足立慎吾 講談社ラノベ文庫 Amazon Kindle B☆W『地球は、狙われている』遙かなる太古より地球は数々の生命体に狙われていた。その地球を守るための組織“サキモリ”は、今、司令官不在という未曾有の危機に陥っていた…。主人公・阿倍野晴克は何のへんてつもない高校生。いや強いて挙げれば貧乏なことだろうか。「普通」というものに憧れている極貧高校生だった。しか [続きを読む]
  • 友人キャラは大変ですか? 2 ★★★★ 
  • 【友人キャラは大変ですか? 2】 伊達康/紅緒 ガガガ文庫 Amazon Kindle B☆W【第二部】一郎、魔神と友達になる!?の巻【~前回までのあらすじ~】俺の名は小林一郎。“本物の主人公”火乃森龍牙の親友だ。龍牙の衝撃の事実を知ったことで色々あったものの、それでも俺たちの友情は盤石、まさにベストパートナー、ベストフレンドシップを築いていた。なのに、何故こんなことに……。「旦那はいいなぁ。俺も龍牙たんとイチャイチ [続きを読む]
  • 救世の背信者 2 ★★★☆ 
  • 【救世の背信者 2】 望月唯一/蒼咲ゆきな 講談社ラノベ文庫 Amazon Kindle B☆W人類の天敵である星喰いが湯水のごとく湧き出る災害―大湧出。それが芽深市を襲ってから、既に二ヵ月ばかりが経った。傷は深かったものの、復興は順調に進んでおり、芽深市は以前にもまして多くの錬金術師が集まる錬金術の最前線になっていた。そして、夏へと移り変わりつつある季節の中。かつて人類最高峰の錬金術師―達人として活躍していた三森 [続きを読む]
  • 2017年 7月 漫画新刊カレンダー
  • ★マーク付は要注目作品7月4日 【異世界居酒屋「のぶ」4】 ヴァージニア二等兵(カドカワコミックスA) Amazon 【食戟のソーマ 25】  佐伯俊/森崎友紀(ジャンプコミックス) Amazon Kindle 【双星の陰陽師 12】 助野嘉昭 (ジャンプコミックス) Amazon Kindle 【Dr.STONE 1】 Boichi(ジャンプコミックス) Amazon Kindle 【憂国のモリアーティ 3】 三好輝(ジャンプコミックス) Amazon Kindle7月7日 [続きを読む]
  • ヒーローお兄ちゃんとラスボス妹 抜剣!セイケンザー ★★★☆ 
  • 【ヒーローお兄ちゃんとラスボス妹 抜剣!セイケンザー】 逢空万太/児玉酉 GA文庫 Amazon Kindle B☆W「わたしはどうしても世界征服がしたいッ!」高校生の少年、鶴来奏斗は、海外留学から戻ってきた双子の妹、湊と一緒に訪れた地元の催しで『聖剣』を引き抜き、謎の騎士団「ブラッドテンプル」を呼び出してしまう。驚く奏斗をよそに、彼らを従えて野望に燃える湊。大事な妹の暴走を止めようとする兄に対し、悪の大首領になった [続きを読む]
  • 幼い女神はかく語りき ★★★☆ 
  • 【幼い女神はかく語りき】 暇奈椿/夕薙 講談社ラノベ文庫 Amazon Kindle B☆W現代の日本、燈京―アメリカから訪れたインタビュアーを前に、幼い女神はかく語る。「それじゃあ、彼の話をしましょう―」時は古代、空白の四世紀―未だ神話が綴られる神秘と幻想の時代。この国のはじまりを築いた、はじまりの“士”の話。―邪馬台の侵略、異国の神々、異形のモノノケ、“化外”の民。真人と常夜。ただの人間だった少年と、無力な女神 [続きを読む]
  • 天使と鴉のプレセピオ 人狼×討伐のメソッド 1 ★★★ 
  • 【天使と鴉のプレセピオ 人狼×討伐のメソッド 1】 斜守モル/マナカッコワライ MF文庫J Amazon Kindle B☆W“人狼”、彼らは一年間に一人、人間を喰らわなくては、その命を保てない。カナガワ3区の新人討伐官・連野壮真は、人に化けて人を喰らう人狼を討伐するため、自らを天使と名乗る同僚の討伐官・篠崎樫乃と任務に励んでいる。共に両親を人狼の手によって失った二人。だが、二人は初めての囮捜査で偶然にも、樫乃の両親の [続きを読む]
  • 正解するカド 第9話 ナノミスハイン
  • ほんにゃあ!?やばい、なんか変な声でた。ちょっとまって。え? ちょっとまって。どういうことなの!?超展開は超展開なんだけれど、野崎まどの傾向としてわかりやすい展開にはならないと思うところなんだけれど。ザシュニナは全然悪気はなく、人間と異なる価値観に基づく行動であるわけですし、あれをもって人類や真道への敵対とするのは違うと思うんですよね。結論はまだ先。ってか、酔っ払ってるんじゃないだろうな、ザシュニ [続きを読む]
  • あれこれ
  • もちだーー!!いしーー!!【GIANT KILLING】の持田については、ここしばらくの流れからしてフラグ立てまくってたから衝撃的ながらも受け止められたのだけれど、衝撃覚めやらぬなかで【バンデット】の方がえらいことになっちゃって。主人公、主人公がそんなんなっちゃってどうなるのさ、どうするのさ、これぇ!?足利さん家の人々が出てきて以来史実でも著名な面々がどんどん出てきた上に、そいつらが尽くぶっとんでて、ハッチャ [続きを読む]
  • 薔薇十字叢書 ジュリエット・ゲェム ★★★★ 
  • 【薔薇十字叢書 ジュリエット・ゲェム】 佐々原史緒/すがはら竜 講談社X文庫ホワイトハート Amazon Kindle B☆W昭和十七年四月、中禅寺敦子は兄・秋彦の薦めで、横浜の港蘭女学院に入学し、寮生活をはじめる。同室の麗しい先輩・紗江子と万里にかわいがられ、学校にも慣れた頃、学校で『天使様』というゲームが流行りはじめる。天使様のお告げで、紗江子が万引きの常習犯だと噂されるようになり、敦子は兄の知識も借りて、天使 [続きを読む]
  • 2017年 7月 書籍新刊カレンダー
  • 6月30日 【ようこそ自由で平和な魔王の城へ! 人は、クズになれる】 三河ごーすと(講談社ラノベ文庫) Amazon 【双子喫茶と悪魔の料理書】 望月唯一(講談社ラノベ文庫) Amazon 【ようこそ!ジョナサン異世界ダンジョン地下1階店へ】 船橋由高(講談社ラノベ文庫) Amazon 【老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます】 FUNA(Kラノベブックス) Amazon 【俺の『鑑定』スキルがチートすぎて 〜伝説の勇者を読み? [続きを読む]
  • 異世界修学旅行 5 ★★★☆
  • 【異世界修学旅行 5】 岡本タクヤ/しらび ガガガ文庫 Amazon Kindle B☆W異世界だよ全員集合!大運動会はじまるよ!修学旅行の最中、突如中世ファンタジー風異世界に飛ばされた沢木浩介たち二年一組の一行は、王女プリシラとともに、異世界での修学旅行を続けながらクラスメートを捜し続けていた。エルフの住まう島をあとにした彼らの次なる目的地は、オーク、コボルト、フェアリーといった三種族の縄張りに取り囲まれた城壁都 [続きを読む]
  • 正解するカド 第8話『タルネル』 
  • サブタイトル、時々出て来る「サンサ」や「ワム」などは固有名詞だっただけに理解できたのだけれど、他に関しては謎のままだなあ。最後までには明かされるのだろうか。徭沙羅花とデート。デートである、実質。夏目さんが不満そうだったけれど、実際に何やってたかを知ったらと思うと……。まあそれはさておき、「くり」で全部台無しであるwあのTシャツを来て許されるのって、イチローくらいなんじゃなかろうか。とりあえず、家族 [続きを読む]
  • 2017年5月読了ライトノベル系書籍からのお勧め
  • 読んだ本の数:56冊 うち漫画:20冊今月はゴールデンウィークがあったのもあり、ガンガン読めましたー。それでも、GW明けからは順調に停滞したのだけれど、それでも気候が暑くもなく寒くもなくという過ごしやすい気温湿度だったのも大きいのよね、最近読書も体力気力勝負なだけに。月末にキンドルで90%の投げ売りがあったせいで、ついついあれこれと買ってしまったせいでマンガの冊数がふえていますが、それ以外でもそこそ [続きを読む]