ひろこちゃん さん プロフィール

  •  
ひろこちゃんさん: 小説書いています
ハンドル名ひろこちゃん さん
ブログタイトル小説書いています
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/nampoo
サイト紹介文身近な鳥や花を載せています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供301回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2010/11/30 14:29

ひろこちゃん さんのブログ記事

  • ツタバウンラン、ナガミノヒナゲシ他
  • 家の傍に咲いていた野の花です。よくみると足元にも色々な花が咲いていました。ツタバウンラン 花はトキワハゼやムラサキサキゴケに似ていますが、葉の形が大きく違っています。ゴマノハグサ科のつる性植物12ナガミノヒナゲシ 帰化植物 ケシ科サルビア・ミクロフィラ かつては花壇だったらしいところに咲いていました。赤と白なんて目出度い花ですね。シソ科12シラン ラン科バビアナ? 全く自信はありませんがそうではな [続きを読む]
  • ウォーキングバッグを買った
  • あまり熱心に写真撮りに励んでいましたら、ついに骨挫傷とやらになりました。初めて聞く名前でした。レントゲンでは分からずMRIによって原因が判明。骨折でも捻挫でもなく、ミクロな傷がついた状態で炎症を起こしているのだそうです。ミクロな傷でもかなり痛くて歩けません。薬はなく自然治癒に任せるしかないそうです。若ぶっていると思われるかも知れませんが、杖を突いて歩くのには少々抵抗がありますので、杖代わりにこのバ [続きを読む]
  • シジュウガラとスズメ
  • 朝ベランダに洗濯物を干していましたら並木のプラタナスにシジュウガラが番でやってきていました。車がひっきりなしに通るところですが、そんなことはお構いなしに元気に飛び回っていました。シジュウガラ1234スズメ まさかスズメを珍しいと思うところに住むことになろうとは思いませんでした。ここはビルばかりでスズメが巣を作る場所がないようです。昨日の夕陽 18:31分撮影 [続きを読む]
  • 清川ロータリーが記事になりました
  • 今年の初めくらいだったろうか、朝日新聞の鈴木記者と福岡市中央区清川にあるロータリーについてフィールドワークをしていた。昔は畑の中のただの井戸だったところが、新柳町という色街が出来て井戸としては使われなくなり、戦後ロータリー生まれ変わったものだ。それでも鈴木記者は色々調べられたようで、今朝の新聞に記事となって載っていた。鈴木記者さんご苦労様でした。清川ロータリー昔の面影今いずこ寂れているようですが、 [続きを読む]
  • 木々の若葉とランの花
  • 散歩の途中で見かけた木々の若葉と、友人が手塩にかけて咲かせたランの花の写真を送ってくれました。アングレーカムというランの一種類だそうです。一輪だけでも存在感がありますね。アカメガシワ樟若葉 上から見ると並木はこの若葉で埋め尽くされたようで地面が見えません。生命力にあふれているのでしょう。見ているだけで元気をもらえます。俳句では初夏の季語だそうです。コナラ ブナ科ヨドガワツツジ12昨日の夕陽 18: [続きを読む]
  • ノアザミ、チチコグサ、他、野の花
  • 散歩のときに路傍に咲いていた花たちです。よく見ると地味だけどとても綺麗です。ノアザミ キク科チチコグサ 風流に桜の花びらをつけていました。地味ですがよく見ると蕾の先はピンクなんですね。キク科タンポポの種 これを見ていると幼心がよみがえってきて吹き飛ばしたくなります。タマサンゴ 久しぶりの出会いでした。 ナス科タチイヌノフグリ 花径5ミリくらいの小さな花ですが、茎をまっすぐ伸ばした姿には凛としたもの [続きを読む]
  • ニガナ、サギゴケ他、野草
  • 散歩の途中で見かけた野の花です。ニガナ キク科サギゴケ ムラサキサギゴケの仲間で白い花のみサギゴケと呼びます。滅多に見かけません。 ゴマノハグサ科タチツボスミレ 余程土地が痩せているのかミニスミレのように小さかったです。12セントウソウ? 肝心の花が咲いていませんでしたから名前は間違っているかもしれません。 セリ科ムラサキケマン 今季は何度も登場していますが、花の先が少し茶色をしていました。枯れか [続きを読む]
  • 茸と苔
  • 野の花を撮っていましたら、茸に出会いました。その下には苔も生えていました。日の射す野原だったのですが、それでも茸も生えるんですね。ヒダヒトヨタケモドキ 自信はありませんが図鑑で調べてましたらこれに一番似ていました。毒キノコ 123ハネヒツジゴケ よく見ると花らしいのがついています。 アオギヌゴケ科12 [続きを読む]
  • 路傍の花と今朝の空
  • 道を歩いていると色々な春の野草に出会えます。昨日、福岡は洪水注意報が出されるほどの大雨でしたが、今朝は雨に洗われてベランダから見えるお向かいの山が鮮明に見えていました。マツバウンラン ゴマノハグサ科ハハコグサ キク科スズメノエンドウ マメ科コメツブツメクサに絡まったスズメノエンドウ どちらもマメ科ウマノアシガタ 草むらの中で日差しを浴びて咲いているのを見ると、息を呑むほど綺麗でした。キンポウゲ科1 [続きを読む]
  • ツグミ、セグロセキレイ、カワラヒワ他
  • 4月12日にいつもの池周辺で出会った野鳥たちです。ツグミ 風流なツグミさんで1羽でお花見をしています。メジロ 先日植物園でであったメジロです。チョウジザクラの蜜を吸っていました。セグロセキレイ 番でしょうか川の縁にも、流れの中にもいました。互いに鳴き交わしているようでした。123カワラヒワ アオジかと思っていましたがどうやらカワラヒワのようです。123ハクセキレイ キンクロハジロ いつもの池にはま [続きを読む]
  • 「南風」41号を発刊いたしました。
  • 毎年2回作品を発表しております文芸同人誌です。この度41号を発刊いたしました。今回は小説5篇、エッセイ1篇の構成になっております。興味を持っていただけましたら下記の書店に置いておりますので、ご覧いただけたら幸いです。なお事務局にご連絡いただければ郵送も受け賜っております。「南風」41号ジュンク堂書店福岡店 紀伊国屋福岡本店 「南風の会」事務局 電話&FAX 092−846−0736 600円 [続きを読む]
  • 桜 サクラ さくら
  • 4月12日にいつもの池で見かけた桜ばかりです。友人によれば桜は満開のときが一番美しいと言います。私は一歩二歩咲きもそれなりに綺麗だと思いますが、それぞれ感じ方があるのでしょうね。桜 全体的にぼってりした感じの花でした。12345678今朝の月 ずうっと雨や曇り空ばかりでしたから久しぶりのお月様でした。4月14日06:58分撮影 [続きを読む]
  • 嬉しかった話と桜
  • 嬉しかった話4月10日も朝から雨が降っていました。病院の帰りタクシーを呼びましたが、雨が降っているからでしょうかなかなかきません。病院の前の桜は雨に打たれて散っています。 ああ〜 花散らしの雨だ〜 と思いながら眺めていました。そこに20代前半と思われる金髪に染めた青年がやってきました。彼はいったん病院の玄関に入っていきましたが、すぐに戻ってきました。「あの〜 傘がないのでしたら」と言いながら、彼が [続きを読む]
  • 蝶を含む昆虫とヘビ
  • 今日は久しぶりにお天気が良かったのでいつもの池まで行ってみました。色々なチョウにで会えました。ベニシジミ 愛の季節ですねえ1234モンシロチョウ 今からが活躍の季節なのに、なんだかお疲れのようです。12ヤマトシジミヒメウラナミジャノメエサキモンキツノカメムシ 背中にハートのマークがあります。アシブトハナアブシマヘビ このヘビ気性が荒くすぐ噛み付くそうです。 [続きを読む]
  • 桜と野の花
  • 4月3日に散歩の途中で出会った花です。ソメイヨシノ この日はまだ5分咲きくらいでした。12ヨウコウザクラ?(陽光桜) 植物園と違って名札は立っていませんので図鑑で調べました。この名前の桜に似ているようでしたが、全く自信はありません。可憐な花でした。ハナカイドウ リンゴと同じ仲間だそうです。どんな実がなるんでしょう。バラ科12ユキヤナギ この花咲き始めはピンク色でしたのにいつの間にか白色に変わってい [続きを読む]
  • ベゴニア、フクシア、キフゲットウ
  • 植物園の温室で見た花たちの最終回です。長い間お付き合いいただきましてありがとうございました。ベゴニア 栽培種の花には全く疎いですが、ベゴニアだけは知っていました。ただこんなに色々な花があるのは知りませんでした。ベゴニアとはシュウカイドウ属の植物の総称なんだそうです。シュウカイドウ科12345フクシア 前回行ったときユニークな形の花だなぁと名前を調べましたが分かりませんでした。今回は札が立っていまし [続きを読む]
  • 植物園の温室の花々(2)
  • 植物園温室の花の続きです。やはり温室の花といえばラン科の花が一番に浮かんできます。ミニカトレア 以前行ったときもこの花が咲いていました。可憐な花でした。ラン科バンダ 名前がパンダかと思ってびっくりしました。この花は木の枝や岩石に根を貼り付けて成長し、空気中から水分を取っているのだそうです。ラン科12デンドロビュウム・クリソトクスムテイキンザクラ(提琴桜) 提琴とはバイオリンのことで葉の形がバイオ [続きを読む]
  • 植物園の温室の花々
  • 植物園で夢中で花の写真を撮っていましたら、思いのほかたくさんの数になっていました。野の花が好きな私は温室で咲く豪華な花には圧倒されますが折角撮りましたので、暫くお付き合いください。ポインセチア クリスマスフラワーとしてお馴染みですね。鉢植えで栽培されていますが、本当は高さが数メートルにもなる樹木なんだそうです。ベンガル・ヤハズカズラ 涼やかな色の花でした。キツネノマゴ科ヒスイカズラ 豪華なシャンデ [続きを読む]
  • 苞が花に見える植物
  • 今日は植物園の温室の花を紹介します。色々なブーゲンビレアを見ることが出来ました。面白いと思ったのは花のように見えるのは苞だそうです。苞とは花の根元につく小型の葉のことです。ブーゲンビレア 苞に中に小さな白い花が見えています。つる性熱帯花木 オシロイバナ科1234ブーゲンビレア 太陽 とても個性的でした。5ノランティア・ギアネンシス 赤く目立っているのが苞で苞の上部の小さい丸いのが花の蕾だそうです。 [続きを読む]
  • 植物園の花々(3)
  • 植物園に行って野草園を覗いてもあまり花が咲いていることはないのですが、この日は珍しく普段は道端や草むらで見る花が咲いていました。トキハハゼ だろうと思うのですが、ひょっとしたらムラサキサキゴケかも知れません。大分悩みましたがとうとう分かりませんでした。違っていたらすみません。ハエドクソウ科シラン  ピンクの花のようですがまだ蕾でした。ラン科12ヒマラヤユキノシタ ユキノシタ科オキナグサ(翁草) 山 [続きを読む]
  • 植物園の花と人の横顔のような雲
  • 植物園で出会った花まだ続いています。今日は人の横顔のような雲を見ました。ヒュウガミズキ(日向水木) 花びらが薄いのでしょうか向こうが透けて見えるようでした。マンサク科12ノハカタカラクサ(別名 トキワツユクサ) ツユクサ科12スモモ バラ科12アンズ バラ科1アンズ? 3月の中旬大濠公園で撮った花ですが、名前が分かりませんでした。アンズの蕾ではないだろうかとUPしました。違っていたらすみません。2 [続きを読む]
  • 植物園の花々(2)
  • 福岡市植物園で見た花々です。レンギョウ(連翹) 高校入学式のとき講堂の横にたくさん咲いていました。そのときなんと綺麗な花だろうと思ったことを思い出しました。大昔のことですが。レンギョウはモクセイ科レンギョウ属の総称だそうです。シナレンギョウ こちらの花はまだ葉が出ていませんでした。ミツマタ 色々な方のブログで拝見していましたが実物を見たのは初めてでした。小さな花の集合体なのですね。しかも白と黄色で [続きを読む]
  • 植物園の花々
  • 3月30日に行った植物園で撮った花々です。栽培種もありますがそうでない野原に咲いていた花もあります。夢中で撮っていましたら相当な数になっていました。暫く植物園の花が続きますが、よろしかったらお付き合いください。リナリア とても可憐な花ですがじっと見ていると目がチカチカしてきそうでした。 ゴマノハグサ科12ボリジ(ルリジシャ) 個性的な花です。花には解熱、鎮痛作用があるそうです。ムラサキ科フラサバソ [続きを読む]
  • 日本最大級の蝶 オオゴマダラ
  • 植物園でまさかオオゴマダラに会えるなんて思っていませんでしたらとてもラッキーなことでした。温室に入るとオオゴマダラが見られますと張り紙がありましたので早速入ってみました。このチョウの幼虫はホウライカガミというキョウチクトウ科の植物しか食べないそうです。その植物が植えられているので、オオゴマダラに会えたというしだいです。オオゴマダラ 横に写っているつる性の植物が食草のホウライカガミだろうと思いますが [続きを読む]
  • 植物園の木の花
  • 3月30日に行った福岡市植物園に咲いていた木の花とモミジの若葉です。モミジの若葉がこんなに美しいとは知りませんでした。ハナカイドウ まだ花はひらいてはいませんでした。 バラ科ユスラウメ 看板には花は4月初旬、果実は6月と書かれていましたが、花はすでに盛りを過ぎているように見えました。バラ科ニシキモクレン 満開でした。モクレン科12ドウダンツツジ ツツジ科イロハモミジの若葉 カエデ科12イロハモミジ [続きを読む]