ひろこちゃん さん プロフィール

  •  
ひろこちゃんさん: 小説書いています
ハンドル名ひろこちゃん さん
ブログタイトル小説書いています
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/nampoo
サイト紹介文身近な鳥や花を載せています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供298回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2010/11/30 14:29

ひろこちゃん さんのブログ記事

  • 樫原湿原の野草(1)
  • 6月21日に連れて行ってもらった樫原湿原で出会った野草たちです。今季は諦めていたカキランやジュンサイにも会えてラッキーでした。ジュンサイ 新芽は吸い物に使います。スイレン科1ジュンサイの周りにも枯れた花や葉がかぶさるように広がっていました。今年は雨が少ないからでしょうか、湿原の中の植物も枯れているのがありました 23シズイ 地味な植物ですが佐賀県ではこの湿原と嬉野市でしか見られないそうです。佐賀県 [続きを読む]
  • 樫原湿原の看板植物、トキソウ他野草
  • 昨日郊外に連れて行ってくれた友人が、ついでだからと佐賀県唐津市七山の樫原湿原まで足を伸ばしてくれました。友人の好意に応えるようにこの湿原の看板植物「トキソウ」がそこここに咲いていました。この湿原には何度も来ていますがこんなに沢山咲いているのを見たのは初めてでした。感動しました。持つべきものは心優しい友人です。トキソウ 花の色がトキの翼の色に似ているのでこの名前がついています。白いのも咲いていました [続きを読む]
  • 久しぶりの野鳥 ホオジロ、他
  • 今日は友人が長いこと郊外に出てないだろうからとドライブに連れて行ってくれました。生憎の小雨でしたが久しぶりに野鳥に出会うことが出来ました。ボケボケでも出会えて嬉しかったです。ホオジロ 道の真ん中を歩いていました。12ダイサギ 山の中を飛んでいました。近くに池でもあるのでしょうか。カワラヒワ 言わなければ分からないような写真で済みません。会えただけで嬉しくて。スズメの幼鳥 この2枚は6月16日福岡市 [続きを読む]
  • ヤマモモ、シマネトリコ、他、街路樹の花や実
  • 最近は遠くではなくて近くを散歩しながら街路樹を観察しています。今まで気付きませんでしたが、街路樹も色々な木が植えられていることを知りました。ヤマモモ 総合図書館の前に生っていました。道端に生えているのはかなり珍しい気がしました。ヤマモモ科 常緑樹シマネトリコ 気がつくとこの木の並木が増えていました。モクセイ科 常緑または半常緑樹12モミジバフウ 実が沢山ぶら下がっていました。マンサク科12キョウチ [続きを読む]
  • ニワゼキショウ、ヘビイチゴ、ヒナギキョウ、他
  • 散歩で見かけた路傍の花、どの花も地味ですが凛としています。ニワザキショウ アヤメ科12ススキ 普通に見るススキより一回り大きいですが名前は分かりませんでした。 イネ科ヘビイチゴ 短い茎に花が一輪咲いていました。 バラ科1↑の花が実になったら、こうなるだろうというような実が生っていました。2ひまわり 背丈の短い花でした。ヒナギキョウ 大好きな花です。 キキョウ科12 [続きを読む]
  • コマツナギ、テリハノイバラ、他路傍の花々
  • 6月14日歯科の帰りに行ったいつもの池で出会った野の花です。どの花も季節を忘れずにちゃんと咲いていました。コマツナギ 池の土手のいつもの場所に咲いていました。 草花のようですがれっきとした木です。マメ科小低木テリハノイバラ 草に埋もれるようにして咲いていました。こちらも落葉低木です。マメ科ヤブガラシ 天に向かって伸びていました。 ブドウ科1ヤブガラシ 花びらにはみえませんが蜜が多いのでしょうかいつ [続きを読む]
  • ポンペイの壁画展
  • どうしても見たかったので、足に多少の不安はありましたが痛くなって見られなくなったときは、そこまでと帰るつもりで福岡市博物館に「ポンペイの壁画展」を見に行きました。西暦79年のヴェスヴィオ火山噴火で灰の中に埋もれた、古代都市ポンペイの壁画、2000年のときが経っているそうですが、ちっとも古さを感じないものばかりでした。ポンペイの壁画展 美術の力をまざまざと見せ付けられた気分です。12福岡市博物館12 [続きを読む]
  • ツバメ、ハクセキレイ、スズメ
  • 昨日いつもの池に行きました。水鳥の姿は全く見ることが出来ませんでしたが、巣立って間もないのだろうと思えるツバメが元気に飛び交っていました。それが見られただけで十分幸せでした。ツバメ 彼らのスピードについていけず、どれもこれもボケボケですが、それでも嬉しくて。12ハクセキレイ 水のはいり始めた田んぼを忙しそうに走り回っていました。スズメ 足元にやってき来てくれましたので、思わず「久しぶりねえ」と呟い [続きを読む]
  • アゲハ、ベニシジミ、モンシロチョウ
  • 歯科の帰り、近くのいつもの池に行ってみました。久しぶりなのでとても懐かしかったです。周りの田んぼは取水が始まっていました。もう少しで田植えが始まるのでしょう。何でもいいから飛んでいる蝶や蜻蛉に会いたいと思っていましたら、蝶は少し撮れました。蜻蛉はウチワヤンマが飛んでいましたが撮れませんでした。それでも会えただけで満足です。アゲハ あまりに近くまで飛んできて撮れないかと心配しました。何とか一枚だけ。 [続きを読む]
  • ナンキンハゼの花、トウカエデの実、他、路傍の花
  • 家の周りを散歩していて見かけた植物です。街路樹として植えられているナンキンハゼの花や、トウカエデの実も見ることが出来ました。ナンキンハゼ 紅葉の頃はよく見ますが、花の季節には気がつきませんでした。トウダイグサ科 落葉高木トウカエデの実 ベランダから見ていて花が咲いているのかと思っていましたら実だそうです。大気汚染に強いので街路樹として植えられることが多いそうです。交通量の多い表通りの街路樹です。  [続きを読む]
  • チドリソウ、ガウラ、他
  • 家の近くを散歩しながら撮りました。チドリソウが咲いていて懐かしかったです。チドリソウ 子どものころ庭に毎年咲いていました。当時は紫ばかりでしたが、ピンクの花もありました。 キンポウゲ科12ガウラ (別名 ハクチョウソウ)別名のほうが似合っているように思えます。盛りが過ぎていました。ゼラニューム どこででも見かける花ですが真紅色で存在感ばっちり。 フウロウソウ科オルレア・ホワイトレース 水分が不足し [続きを読む]
  • サボテンの花他色々
  • 近所の事務所の玄関に見事なサボテンがあり花をびっしりつけています。あまりに見事なので写真を撮らせてもらいました。サボテン 名前は分かりませんがウチワサボテンの仲間ではないかと思いました。玄関から2階まで伸びています。123ヒメヒオウギズイセン 緑の中で見ると鮮やかな赤朱色が際立っていました。ふっと猩猩緋ってこんな色かしらと思いました。明治時代にヨーロッパから観賞用に入ってきたものです。アヤメ科12 [続きを読む]
  • ヒメアカタテハ、マルモンシロナミシャク他
  • 今朝は暑くならないうちに家の傍を40分ほど歩きました。チョウやトンボに会いたいなあと思っていましたら、チョウにも会えましたがシャクガの仲間に会うことが出来ました。ヒメアカタテハ 久しぶりの出会いです。お久しぶりー!12マルモンシロナミシャク  時々見かける蛾です。飛んでいるのに出会えて嬉しかったです。かなりボケています。シャクガ科12ミナミヒメヒラタアブ 撫子の蜜を吸っていました。今朝の雲 06: [続きを読む]
  • アカメガシワ、トキワヤマボウシ、他木の花
  • 家の近くをウロウロしていましたら、アカメガシワの花が咲いていました。春先には名前の通り赤い葉が出てきて綺麗ですが、今の季節になると雌雄異株で花でも愉しませてくれます。トキハヤマボウシという珍しい花にも出会いました。アカメガシワの雌花の花序 トウダイグサ科1アカメガシワの雄花2トキワヤマボオシ 珍しい種類なのでしょう名札が付いていました。勿論私は初見でした。ミズキ科12ヤマボオシ どこででも見かける [続きを読む]
  • カルガモ一家
  • 昨日病院からの帰り小さな川を渡っていましたら、カルガモ一家がのんびりと堰の上で休んでいました。先日この雛たちは同日ほぼ同一時間に羽化したと知りましたら、その後の成長具合が知りたくなりました。そっと近付いて観察させてもらいました。生まれてどのくらい経っているか分かりませんが、多少、成長には違いが出てきているようでした。カルガモ一家 画面左の雛は兄弟の中でもかなり体格がいいようです。12私がカメラを構 [続きを読む]
  • 朝焼けとアジサイ
  • やっと歩くのにOKが出ましたので、今日は病院の帰りにバス停まで歩きました。途中には色々なアジサイが咲いていました。デイゴの花 病院の敷地に咲いていました。マメ科落葉低木アジサイ  アジサイ科 お恥ずかしいことですが落葉低木とは知りませんでした。1234巻積雲 6月4日14:55分撮影朝焼け 朝早くに眼が覚めましたら窓ガラスが真っ赤です。外に出ましたら燃えるような朝焼けでした。残念ながら我が家の階か [続きを読む]
  • 第76回 創元展
  • 今日はやっと歩いてもよいとお許しを頂きましたので、中学時代の同級生が会員の「第76回 創元展」をアジア美術館に見に行きました。どの作品も精密だったり、力強かったりと、しばし足の痛みを忘れて見入っていました。胡同(フートン) 同級生の作品です。 中華人民共和国の首都北京の旧城内を中心に点在する細い路地のことだそうです。彼が北京に赴任中には時々通った路だったのでしょうね。静かで心落ち着く雰囲気が伝わっ [続きを読む]
  • 軍艦島
  • 2015年に世界文化遺産に登録された長崎県端島、通称軍艦島にプチ旅行をした知人が写真をくれました。私も文化遺産に登録される前には何度か行きました。そこかしこに昭和の雰囲気を残した島です。軍艦島 明治〜昭和時代にかけて海底炭鉱によって栄えた島で、一時期は東京より人口密度が高かったそうです。1軍艦島の廃墟23島民はここに船をつけて乗下船していたのでしょうね。45678正面の四角の建物は日本初の鉄筋コン [続きを読む]
  • ウォーターオパール
  • 昨日はオーストラリア産のオパールをUPしましたので、今日はメキシコ産のウォーターオパールを紹介します。名前の通り水滴が石になったのではないかと思えるようなのがこの地で産出する石の特徴です。透明すぎてアクセサリーとしてはちょっと地味過ぎの感じがしますが…。ただ7色に輝く遊色効果のあるブラックオパールや、水の中で炎がめらめら燃えているような遊色のファイヤーオパールなどの産地でもあります。ウォーターオパ [続きを読む]
  • ホワイトオパール
  • オパールは色を見ると大体産地が分かる、私にとっては珍しい石です。今日UPしたオパールはオーストラリアで産出した石です。名前のように乳濁色に遊色効果が綺麗です。十月の誕生石で和名は蛋白石といいます。遊色がない石はゆで卵の白身そっくりなのでこんな名前が付いています。モース硬度は6,5でガラスと同じくらいの硬さです。ちなみに私の持っているのは数百円〜千円くらいで買えるものばかりです。ホワイトオパール 典 [続きを読む]
  • 水晶2種
  • 今日はささやかなコレクション、大好きな鉱物と遊んでいました。この写真を撮りながら何故マクロレンズが嫌いになったかを思い出しました。若い頃、鉱物を撮りたくてマクロレンズ買ったのですが、あまりの難しさに腕の未熟を棚に上げて、レンズのせいにしていました。今度は少し真面目に取り組んでみようかと思っています。水晶 黄鉄鉱、閃亜鉛鉱(センアエンコウ)も付いています。モースの硬度 水晶7 黄鉄鉱6−6、5 閃亜 [続きを読む]
  • わ〜っ! 当った!!
  • 「47都道府県の一番搾り」2017のキャンペーンが当って昨日届きました。昨年も当りましたが昨年はそろそろビールの季節が終わりそうな時季でしたが、今回は丁度いい季節なので今から楽しめます。ラッキーでした。「47都道府県の一番搾り」 18県分が送られてきました。残りはこれから順次送られてくるのでしょう。12345 [続きを読む]
  • マルタイ作業
  • 午前3時ごろ目を覚ますと、すぐ傍を通っている西鉄大牟田線のマルタイ作業が行われていました。この作業は軌道修正をするもので、いつも夜間作業です。真夜中の作業は昼間と違う大変さもあるんだろうと思います。ご苦労様です。マルタイ作業 並木の木で全体が見えません。 03:20分撮影123456 [続きを読む]
  • ハゼラン、アルストロメリア、ランタナ
  • マンション前の並木でハゼランが咲き始めていました。まだ蕾のほうが多かったですが一輪だけもらってきました。ハゼラン(別名 三時花) 観賞用が野生化したものです。午後3時ごろにはぜるように一斉に花が開くのでこの名前が付いています。スベリヒユ科123456アルストロメリア こちらも野生化しているようでした。南アメリカ原産 アルストロメリア科ランタナ クマツヅラ科 熱帯アメリカ原産 [続きを読む]
  • ミナミヒメヒラタアブ
  • 今朝、ベランダの花に水をやっていましたら、小さな訪問者がありました。ミナミヒメヒラタアブです。小雨の降るなか体長1cmにも満たない体で、マンションの6階までどうやって上ってきたんでしょう。嬉しくもありいじらしくもありました。ミナミヒメヒラタアブ ラベンダーや蘭の花には見向きもせず、ひたすらイヌホオズキの花の蜜を吸っていました。手持ちで撮りましたのでかなりボケボケです。123イヌホオズキ 熟して黒く [続きを読む]