YOOMI さん プロフィール

  •  
YOOMIさん: YOOMI’S至福温泉日記
ハンドル名YOOMI さん
ブログタイトルYOOMI’S至福温泉日記
ブログURLhttp://shifukuonsen.blog94.fc2.com/
サイト紹介文離島の温泉、秘湯など、全国めぐった温泉を綴ってます。著者『わたしのしあわせ温泉時間』
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2010/12/01 15:13

YOOMI さんのブログ記事

  • 岩手_須川高原温泉
  • 須川高原温泉栗駒山の中腹に建つ豪快な自噴の宿です。溶岩石の間のいたるとこから温泉が自然湧出しており、その湯量は一目見ても凄いのが分かります。。雪解け水が多い5月のこの時期、1年の間で湯量が最も増えるそうで、ちょうとタイミングよく行くことが出来ました。今回、宿泊させていただき、1日堪能しましたが、それはもう大迫力でした!※さすが標高1126m!小雨が降ったり晴れたり、天気が目まぐるしく変わりました。ま [続きを読む]
  • 宮城_アブラ臭と豪快な自噴泉
  • 先週末は八丈島に行く予定で、早朝に空港まで行ったものの・・・強風のため全便とも欠航島モード全快の軽装とリュックサック姿で、途方に暮れていたわたし。「せっかくの週末なのに、おとなしく帰るなんて・・・涙」半泣きで、出発ロビーに立ち、数分考えこんだ末、気持ちを切り替え、進路を東北に変更♪♪その潔い決断が良かったのか、偶然行った東北で素敵な野湯に出会いました。山の中に人知れず湧く自噴泉。物凄い湯気をあげ、 [続きを読む]
  • NHKに出演します!
  • ★テレビ出演のお知らせです★NHKさんに著書 『わたしのしあわせ温泉時間』について取材していただきました!首都圏ではまだ放送するか未定ですが下記の県では、ほぼオンエアされるようですとっても観てみたいのですが、私はエリア的に観れるかどうか・・・どなたかお優しい方!オンエアどんなだったか教えてくださ〜い◆番組名  :NHK報道局「各局配信ソフト:いまほん」◆放送日時:5/19配信分(予定)(5/22〜5/2 [続きを読む]
  • 神奈川_強羅温泉 太陽山荘
  • ふふふ( *´艸`)久々に硫黄チャージに行ってきました♪箱根 「強羅温泉 太陽山荘」国民宿舎と聞いていたので、もっと無機質な外観を想像していたのだけど、行ってみてびっくり!!登録有形文化財に指定されている伝統的木造建築でした。どどんっ!「いらっしゃい。はじめて?お風呂は向いの別棟にあるから、そこまで下駄に履き替えて行ってね。朝一お湯を張り替えたばかりだから、ちょっと熱いかもよ。」朝から数人の従業員のお [続きを読む]
  • イベントのお知らせ
  • ★イベントのお知らせです★「わたしのしあわせ温泉時間」 出版記念トークイベントやります(^^)/題して・・・・「絶景秘湯×恋する世界一周 〜わたしが命がけで絶景を見にいく理由〜」【場所】高円寺パンディット【時間】6月17日(土)17:30〜20:30【料金】1800円(※オリジナルタオル付き)【出演】金裕美(トーク)、窪咲子(ゲスト)、よねざわいずみ(MC)↓↓↓【URL】お申し込み&詳細はコチラから [続きを読む]
  • 秋田_十和田大湯温泉 荒瀬共同浴場
  • トンビが飛びまわる、夕暮れの大湯川。この大湯川から自然に湧き出す温泉を利用し800年以上も前から温泉街として栄える秋田県 「十和田大湯温泉」こちらの川のすぐ横にある鄙びた共同浴場「荒瀬共同浴場」。温泉街の道路から路地を入り、少し川の方へと下ったところにあります。「川から自噴する温泉をそのまま湯船の底から入れているの。ほら、この水門を閉めるとお湯が熱くしたり調節ができるわ。」番台のお母さんが、大湯川 [続きを読む]
  • 秋田_廃業旅館さんのご厚意湯
  • 有名な温泉地にひっそりと建つ古びた木造のお宿。その外観、どうしても気になり素通りすることができませんでした。大正時代に栄えたと言われる湯治旅館さんで、今は営業していないのですが、今も温泉は湧き続けている・・・という話を聞き、ダメもとで、入浴をお願いしたところ、ご厚意で入れていただきました。廃業されて、ずいぶん経つのか脱衣所はコンクリートの壁がむき出しの脱衣所。飾られていない素の感じが、妙にそそられ [続きを読む]
  • 温泉ソムリエセミナーにて!
  • こんばんは。今日は温泉ソムリエセミナー@表参道にお手伝いに行ってきました♪関西に住んでいたときは、なかなか東京に行けるチャンスは少なかったのですが、関東に引っ越ししてから、ちょくちょく参加させてもらってます。本日の受講者は46人!毎回、途切れることのない受講生の多さにびっくりします。まずは、家元の軽快すぎるトークから授業がはじまります。わたしにも、この頭の良さとトーク力が欲しい・・・・本日一緒に受 [続きを読む]
  • 神奈川_厚木飯山温泉 元湯旅館
  • 以前、かぶと湯温泉に行って、七沢温泉付近のヌル付きに感動したわたし。「いや、他にももっとあるかもしれない!!」と、やってきたのがここ。「厚木飯山温泉 元湯旅館」江戸時代に湯治場として栄えたとされる、歴史のある旅館さんです。ちょうど、しだれ桜が満開になり、宿の駐車場付近は最高に綺麗でした。たんたんたぬきがお出迎え♪それにしても、デカい・・・門からお宿までのアプローチは周りを緑に囲まれていて何とも気持 [続きを読む]
  • 秋田_男鹿温泉 元湯 雄山閣
  • 秋田 男鹿温泉 元湯 雄山閣創業600年。なまはげで有名な男鹿半島の高台に建つ老舗温泉旅館。男鹿温泉では一番古いお宿さんです。春爛漫の時期。雄山閣さんのすぐ近くの土手には、桜が満開になっていました。一度は入ってみたかった、スケールばりばりの湯(スケール:もともと温泉に溶け込んでいた成分が水に溶けずパイプなどに析出したもの)。写真はパイプに詰まったスケールです。3か月に1回は掃除しないと詰まってしま [続きを読む]
  • 山形_赤湯温泉 旅館大和屋
  • 3月の赤湯温泉めぐりでお世話になったお宿さん。「〜美術館のようなお宿〜 大和屋さん」です(^^)/その名の通り、ちょっとオシャレで一風変わった浴室に惹かれて宿泊しました。場所は赤湯温泉街の中心にありますが、路地に隠れてひっそりと建っているので、一見わかりにくいかもしれません。美術館みたいな造りなのは、浴室だけではありません!館内に入ると、骨董品のような絵画や彫刻が出迎えてくれます。脱衣所の隅には、天使 [続きを読む]
  • ふぉとぐらふぃー2
  • YOOMI’S ふぉとぐらふぃー第2段。これまで行った美しい温泉の写真を紹介しています。今回は縦サイズのもの6つ紹介ますね♪◆秋田 硫黄取り沢の湯湯の沢という川に流れる温泉です。40℃、豊富な湯量・・・申し分なしに気持ちのいいお湯の川に昇天しそうでした。2/27に出版した「わたしのしあわせ温泉時間」の表紙もこちらで撮影しました。この写真は一番、お気に入りです。◆長野 和山温泉 仁成館廃業中の温泉宿。今 [続きを読む]
  • 和歌山_ドバドバのご厚意温泉
  • 大好きな仲間たちと和歌山を廻った時の記録。こちらの持ち主の方に、ご厚意で入れていただきました。個人のお宅だとは思えないスケールに正直、驚きを隠せませんでした。10人は余裕で入れそうな大きな湯船に、毎分366ℓで温泉が湯船へと注がれているのですが、この広さで、溢れるか?湯口のドバドバ加減を見ていただければわかるかと(;^_^Aダムの放水・・・?のような勢いです。湯船に入っている間も、(当時・・・)体験した [続きを読む]
  • 宮城_鳴子温泉 二見源泉とご厚意の湯
  • 鳴子で最も、圧倒された源泉です。「二見源泉」何に圧倒されたかと言うと・・・独特の香り。(コールタール臭やアブラ臭)とも言い換えられるような独特な香りで、源泉に近づくと手前数メートルから香りが漂っています。鳴子温泉自体がもともと、個性的なお湯の結集地だと思っていますが、それでも、こちらの源泉は特に記憶が残るものでした。源泉の周りからは、ものすごい量の余り湯が溢れてきます。近づけば近づくほど、鼻を刺す [続きを読む]
  • ふぉとぐらふぃー。
  • こんにちはです最近、知人から写真の精度を上げるソフトを教えてもらいました。簡単に言うと、せっかく撮影したけれど、「ちょっと、薄暗い・・・」とかで、いまいち・・・だった写真を綺麗に見えるように修整できるおりこうソフトです。超アナログなわたしには、ちと難しいですが試行錯誤で使えるようになってきています( *´艸`)で、まあ、これも良いきっかけだということで、過去に廻った絶景温泉の写真を整理しはじめています [続きを読む]
  • 大分_由布院温泉 荒木共同浴場
  • 今日は一日じゅう雨ですね外に出かける気にもならず、ずっと家にこもってます。。どんより曇り空で気分までめいりそうなので(引き続き)春らしい温泉を!!「由布院 荒木共同浴場」由布院と言えば、おしゃれな温泉宿が浮かびますが、ここは主に地元の方で利用されている浴場です。ただ、地元の方でなくても100円を支払うことで入れていただけます♪横の土手には菜の花がいっぱい!菜の花×鄙びた浴舎・・・ついつい嬉しくなっ [続きを読む]
  • 大分_堀田温泉 無幻の里 春夏秋冬
  • もう4月ということで、春に一番美しさが増す温泉を(*^^)v『無幻の里 春夏秋冬』別府に遊びに行くと、必ずこちらへ立ち寄ります。こちらは、2014年に初めて訪れたのですが、その時、一番奥にある貸し切り湯「滝の湯」が工事中だったので、滝の湯をお目当てに訪れました。敷地に一歩踏み入れると、一面菜の花と桜の鮮やかな色どり。一面に硫黄の香りが漂い、どこか別世界に来たような雰囲気です。桜の花を見ていると、なぜだろ [続きを読む]
  • 群馬_猿ヶ京温泉 料理旅館樋口
  • 猿ヶ京温泉 料理旅館樋口さん。先日、記事にアップした猿ヶ京住民センターの前に建つ1日5組限定のお宿さん。こじんまりしていますが、日帰り入浴もできます。「ちょっと待っててね〜。お風呂の準備するから。」女性の従業員の方が、掃除機片手に対応快く迎え入れてくださいました。朝のお掃除中だったみたいです。そう言われて通されたのは、大きなガラス窓があるロビー。「おお。赤谷湖が目の前!」木造の味わいのある湯船を貸 [続きを読む]
  • 素敵な贈り物。
  • ちょっと、湯めぐりから話がそれますが。昨日、親しくさせていただいている温泉研究家の方から贈り物をいただきました.:*゚..:。:.   .:*゚:.。:.温泉人Tシャツ(白い文字で温泉人と書かれています。)それと温泉人タオル。.:*゚..:。:.   .:*゚:.。:.可愛いでしょ?6年前、奈良の「三之公」という野湯へご一緒したのが初めての出会いですが↓【過去記事】三之公全国の温泉を6千〜7千ヶ所めぐられるうえ、海外の温泉にも精通され [続きを読む]
  • 群馬_ありがたい一湯。
  • 『あの〜、こちらの温泉に入れていただくことはできますでしょうか?』『いいよ。今は誰も入っていないし、よかったらゆっくり浸かっていきなさい。最近は皆、自宅に温泉を引いているから、わざわざ入りにくる人が少なくなったんだよ。』『ほんとですか!ありがとうございます』管理されているお父さんの優しいお言葉に甘えて、入れていただいたその浴舎は、約14軒の住民の方で利用されている浴舎は、民家のなかに隠れるように建 [続きを読む]
  • 群馬_湯檜曽温泉 林屋旅館
  • みなかみの湯めぐりで、最もこころに残ったのがこちらのお宿でした。湯檜曽温泉の湯量の豊富さをひしひしと感じさせてくれた衝撃的な湯で。「湯檜曽温泉 林屋旅館」さん。湯檜曽温泉自体は山奥の小さな温泉地。廃墟のホテルや古い建物も周りにあり、少し寂れた雰囲気もありますが、こちらのお宿さんは一際新しく綺麗で存在感がありました。「うちの温泉はね、熱い源泉とぬるい源泉を混ぜて最適な温度に調節しているの。水も一滴も [続きを読む]
  • 群馬_猿ヶ京温泉 猿ヶ京住民センター
  • 「猿ヶ京住民センター」有名な猿ヶ京温泉街のなかのだだっ広い田園にポツンと1軒建つ、地元の方メインの共同浴場です。組合の方で管理されているお湯なのですが、組合員外のお客さんも300円支払って入ることが出来ます。念のため、浴舎にいらっしゃった地元の方にお断りをし入れていただきました。共同浴場には看板もなく、「温泉」とは大々的にうたっていないので辺りの道を車で何周か走り、ようやく見つけたという感じです(; [続きを読む]
  • 宮城_色が変わる廃業民宿の湯
  • 『実は、もう旅館はやめちゃってねぇ。お風呂はわたしが入っているだけだから散らかっているけど・・・せっかく来たんだし・・・いいよ、よかったら入りな。』丘の上に建つ朽ちかけた浴舎の壁に惹かれ、廃業中の民宿さんを訪ねてみたところ、年老いた女将さんが出てきてくださり、快く温泉に入らせてくださいました。かつては、多くのお客さんによって使用された温泉。廃業後は、女将さん専用の温泉として使われているそうです。こ [続きを読む]
  • 山形_龍王温泉_龍王温泉荘
  • 山形にある「龍王温泉荘」さん。龍王温泉荘さんへは、旅に出る前から湯船から溢れるドバドバの湯と懐かしいタイル造りの浴室が私好みで、必ずいってみようと決めていました。一見、営業されているのか不安になる静けさと外観・・・すぐ隣に、想耕庵という手打ちそばのお店も経営されています。この日は休みでしたが、仲間から聞いたところによると高評価でした。次はチャレンジしたいなあ。。門番のりんごちゃんかなり臆病なワンち [続きを読む]
  • 神奈川_かぶと湯温泉 山水楼
  • 関東に引っ越してから、もうはや8か月が経ちました。短いようで、長い?長いようで、短いのかな??未だに都会暮らしには、まだまだ慣れずたまに自然に触れながら静かな場所で温泉に浸かりたくなります。そんな衝動にかられて行ってきたのが、東京から1時間強の厚木にある「かぶと湯温泉」。坂を下ると、山の中に鄙びた一軒宿と煙をあげる煙突。周りはとっても静かで、ここが首都圏近郊だということを忘れてしまいます。『わ〜、 [続きを読む]