YOOMI さん プロフィール

  •  
YOOMIさん: YOOMI’S至福温泉日記
ハンドル名YOOMI さん
ブログタイトルYOOMI’S至福温泉日記
ブログURLhttp://shifukuonsen.blog94.fc2.com/
サイト紹介文離島の温泉、秘湯など、全国めぐった温泉を綴ってます。著者『わたしのしあわせ温泉時間』
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2010/12/01 15:13

YOOMI さんのブログ記事

  • 宮城_色が変わる廃業民宿の湯
  • 『実は、もう旅館はやめちゃってねぇ。お風呂はわたしが入っているだけだから散らかっているけど・・・せっかく来たんだし・・・いいよ、よかったら入りな。』丘の上に建つ朽ちかけた浴舎の壁に惹かれ、廃業中の民宿さんを訪ねてみたところ、年老いた女将さんが出てきてくださり、快く温泉に入らせてくださいました。かつては、多くのお客さんによって使用された温泉。廃業後は、女将さん専用の温泉として使われているそうです。浴 [続きを読む]
  • 山形_龍王温泉_龍王温泉荘
  • 山形にある「龍王温泉荘」さん。龍王温泉荘さんへは、旅に出る前から湯船から溢れるドバドバの湯と懐かしいタイル造りの浴室が私好みで、必ずいってみようと決めていました。一見、営業されているのか不安になる静けさと外観・・・すぐ隣に、想耕庵という手打ちそばのお店も経営されています。この日は休みでしたが、仲間から聞いたところによると高評価でした。次はチャレンジしたいなあ。。門番のりんごちゃんかなり臆病なワンち [続きを読む]
  • 神奈川_かぶと湯温泉 山水楼
  • 関東に引っ越してから、もうはや8か月が経ちました。短いようで、長い?長いようで、短いのかな??未だに都会暮らしには、まだまだ慣れずたまに自然に触れながら静かな場所で温泉に浸かりたくなります。そんな衝動にかられて行ってきたのが、東京から1時間強の厚木にある「かぶと湯温泉」。坂を下ると、山の中に鄙びた一軒宿と煙をあげる煙突。周りはとっても静かで、ここが首都圏近郊だということを忘れてしまいます。『わ〜、 [続きを読む]
  • 宮城_なつかしいポリバス。
  • 東北を廻った写真を整理していたら、ちょっと、なつかしい写真が出てきました。宮城のゆめぐりをした時に浸かった温泉です。側溝にポリバスが置かれ、そこにお湯が注がれています。後で聞いたところによると、廃業旅館跡らしいです。先日、鳴子へ行った時、こちらの温泉に最近行ったという人の写真を見せてもらいましたが、今はわたしが入っているポリバスはなく、大きいバスタブに変わったようです。パイプから約40℃の適温の湯 [続きを読む]
  • 山形_かみのやま温泉_下大湯公衆浴場
  • 山形 かみのやま温泉。東北新幹線の駅からすぐでアクセスのいい温泉地ですが、一歩温泉街の路地に入れば古い公衆浴場や酒屋があったり、散策もなかなか楽しいです。公衆浴場は現在、7軒ありますが、なかには老朽化のため建て替えられたりしています。(ちなみに、「中湯共同浴場」は平成29年度で閉鎖の話も出ているそうです。)温泉泉街のシンボル的存在でもある「下大湯公衆浴場」寛永元年に一般開放されたという、長い歴史の [続きを読む]
  • 宮城_川渡温泉 川渡温泉浴場
  • 鳴子の湯めぐりん鳴子温泉郷の東の玄関口にあたる「川渡温泉」の共同浴場へ。川渡温泉と言えば、日本茶のような濁ったグリーンが浮かびますが、実は、代表的なグリーン色の湯をしっかりと味わったことがありませんでした。『こんにちは〜。』浴室のかけ湯の音だけが鳴り響く静かな共同浴場です。なんかこの雰囲気いいなぁと思わずうっとりしてしまう、朝の共同浴場。休日ともあって共同浴場は激混みかと思いきや、誰もいらっしゃい [続きを読む]
  • 1年ぶりに・・・(^^♪
  • 和歌山の湯めぐりの途中、オーナーのご厚意でこちらでも入浴させていただきました。前回の訪問は4月でしたがその時の記録はこちらです↓前回訪問記まるで洗濯機のなかで入浴しているかのようにざぶざぶと溢れるお湯と、ぬるめの温度がちょうど心地よかったのを記憶しています。今回は3月ともあって、若干、温度が冷たく感じましたが、それでも、やっぱり豪快・完全放流のインパクトは変わらずでした。湯船からは緑色に輝く窓が見 [続きを読む]
  • さくらんぼ東根温泉_松乃湯旅館
  • さくらんぼ東根温泉??車通りが激しい道路から少し入ったところにあり、街中の温泉地といった印象ですが温泉街に一歩足を踏み入れると、土曜日の昼間だというのにとっても静かでした。東根温泉は7年ぶりの訪問です。一度めぐった温泉地は大体メモに残してブログにアップするのですが、怠惰なわたしはアップすることなくそのまま放置。時間が経ち、東根のお湯の記憶が薄れていたのでした。なので、今回は記憶を呼び戻す意味でも絶 [続きを読む]
  • ご厚意温泉(濃厚な湯の華)
  • 和歌山の湯めぐり日記。以前、入浴させていただいた施設所有の温泉です。10人ぐらいは余裕で入れそうな大きな岩づくりの浴槽がひとつ。今から20年ごろ前からあったらしいのですが、当時と殆どを形を変えず、ひっそりと存在していました。お湯はぬるめの33.4℃で、塩ビ管からお湯が自噴でこんこんと溢れています。排水溝のまわりには、毛足の長い湯の華がべったりと覆っています。ちょっとカラフルな色じゃないですか。長年の蓄 [続きを読む]
  • 宮城_鳴子温泉 こはくの宿 中鉢
  • 山形、宮城の旅。山形の赤湯、かみのやま温泉を抜けて、辿り着いたのは鳴子温泉です。鳴子温泉へは、わたしが温泉に興味を持ち始めた頃から、東北の仲間に連れられ、度々遊びに来ていたので、「旅先」というよりもどこか「落ち着く温泉地」でした。ただ、ここ2年ぐらいは、本の出版とか私自身の環境が変わったりで、長らく足を運んでいませんでしたので、久々に会いたい人もいたり、今回の訪問はすごく、すごく楽しみでした♪鳴子 [続きを読む]
  • 和歌山_行きたかった秘湯。
  • 和歌山の温泉力を改めて実感する一湯でした。ず〜っと会いたかった温泉今回、所有者の方のご厚意で入れていただきました。40℃弱ぬるめの温度、硫黄の香り何より強烈な勢いのかけ流しに、もう笑顔がとまりません直径10cmぐらいある太い塩ビパイプが湯口がわりになっていますが、それでもお湯の勢いは留まるところを知らず。湯船からあふれる量も、留まるところを知らず。排水溝も渦巻きながら、お湯が流れています。【動画】 [続きを読む]
  • 山形_カラオケスナックのポリバス
  • 『お風呂?いいわよ。みんな歌ってるから、早く来なさい♪』少し甲高い、陽気なママの声。電話口の後ろからは大音量のカラオケ音が聴こえてきます。一体、どんな光景が待ち受けているのだろう・・・なんだかよく分からない世界に、心のなかでわくわくする私。早速、車を走らせ赤湯温泉街から少し離れた住宅街のなかに。ありました、目的の建物がありました!一見、普通の喫茶店?民家?にも見えるのですが。恐る恐るドアノックし、 [続きを読む]
  • 山形_赤湯温泉 旅館清茂登
  • 猛吹雪のなか、引き続き、赤湯温泉街の気になる旅館を廻りました。「山形に来る前までは晴れていたのに、どうして突然、吹雪なのー」と叫んでも、ここは3月の東北。悪天候に八つ当たりしても仕方がありません。履いていたスニーカーをびしょびしょに濡らしながら、お目当ての旅館さんへ。『赤湯温泉 旅館 清茂登』赤湯温泉街でも、ひときわ鄙びた木造2階建ての旅館さんです。※ちょうど12時ごろの写真。それにしても、凄まじ [続きを読む]
  • 山形_赤湯温泉 旅館近江屋
  • 今回の山形旅は、いろいろと身の回りの環境が変わったので、久々に「会いたい人に会いにいく」という目的もあったのですが、「山形の未湯の温泉をしっかりと味わってくる!」という目的も密かに抱いていました。過去、山形には何度も訪れているのですが、自然いっぱいの温泉が好きな私は、どちらかというと、米沢八湯周辺の山の温泉へ頻繁に脚を運びがちでした。そんな訳で、今回は赤湯温泉に行ってきました(^^♪※赤湯温泉市神社 [続きを読む]
  • 山形_満沢温泉
  • 山形にせっかく行ったので、満沢温泉にも行ってきました。温泉までは、雪の積もったあぜ道を歩きます。全く予期していなかった山形の積雪に足を滑らせそうになりながら。。近づくと、小屋の脇に30℃弱のお湯が土管にぼこぼこと湧いていました。(実測は29.5℃)泉質は単純温泉でしょうか、無色透明で香りや味なども特に感じません。ちょっと迷いましたが、せっかく来たので寒さに耐えながら入湯。人肌より低いぐらいの温かさ [続きを読む]
  • 山形_ご厚意温泉(企業泉)
  • 「あれ!?なんだこれ。」畑の中にある塩ビ管から、源泉の余り湯が側溝にドバドバと捨てられていました。側溝からは、ものすごい湯気が漂っています。こんな思わぬ光景に思わず笑みが「もしかして・・・( ̄皿 ̄)!?」偶然出会った近所のお父さんいはく、過去、マイポリバスを置いて余り湯に浸かっていたこともあるそうですどこかの旅館のお風呂にも見える、豪華な檜造りの内湯。実はこれ、社員の保養用に造られた温泉なんです。今 [続きを読む]
  • 山形_かみのやま温泉 本陣しまづ旅館
  • 小野川温泉から少し北上し、かみのやま温泉へ。今回、と〜〜ってもいいお宿に出会いました久々にテンション高めな感じです「かみのやま温泉 本陣しまづ旅館」もともと酒屋さんが本業で明治2年から創業されたという老舗。昭和39年からは、もともとあった温泉を活かして旅館業も営も始められたそうです。ちなみにお酒屋さんは、お宿のすぐお隣。道路から見たら、お宿ということはわからないかもしれません。「ごめんね〜、昨日は [続きを読む]
  • 山形_小野川温泉 扇屋旅館
  • 久々に山形?旅に出ています。7年ぶりの小野川温泉。いや〜、もうそんなに経ったのでしょうか?年とったようね。うん。・・・なんて思いながら旅館の外観を撮ろうと、カメラのシャッターボタンを押した瞬間待ってました!ってぐらいタイミングよく旅館の前に1台の車が止まりました(;'∀')「あ〜、ごめん、ごめん。もしかして写真の邪魔になったが〜?風呂入りに来たからよ、1時間だけまっでなあ。」車の中から山形弁なまりのお父 [続きを読む]
  • 群馬_法師温泉(日本温泉地域学会の視察?)
  • 昨年の11月 みなかみで開催された、地域学会の視察の続き。一番たのしみにしていた「法師温泉 長寿館」さんです。テレビや仲間の口こみで良いとは知っていたものの、なかなかいく機会がなく、今回、学会の視察に長寿館さんが入っていることを知り、すかさず参加表明(。>ω長寿館さんのほかにも、視察にはみなかみの魅力的な温泉がてんこ盛りで、予想通り、過去最高の参加者(大型バス2台)だったそうです。混浴の法師の湯。ヒ [続きを読む]
  • 紀伊國屋書店 新宿本店?
  • 「わたしのしあわせ温泉時間」紀伊國屋書店 新宿本店でも、今週から平積みしていただいてます今日は昼から新宿店さんに行ってきました。実際、書店に並んでるのを見ると、なんだか嬉しいものです。多くの人に手にしてもらえるといいなぁ追伸:ご購入いただいたakrさん、あと、地獄温泉清風荘で一緒だったAさん。 拍手コメント、拝見しました!!ありがとうございました!!!!うれしくて、感謝感激です☆*:;;::;; *:;;;;;;:**:;; [続きを読む]
  • 紀伊國屋書店 梅田本店で?
  • 2月27日「わたしのしあわせ温泉時間」が発売となりました!昨日より紀伊國屋書店 梅田本店で平積みしていただいていますこのカラフルなPOP、実は私の友達がつくってくれたものなんです。(右上に絶景温泉の写真もちょこんと。)平積みの話が急に決まり、私が関西に居ないので大阪で作って紀伊国屋書店さんにもっていってくれました。・・・感動の連携プレーと傑作に涙、涙です。関西のお友達のみなさん、ぜひ、お立ちよりくだ [続きを読む]
  • 宮崎_湯乃谷温泉
  • 温泉めぐりをしていて、ふとした時、仲間に閉鎖していることを知らされ残念に思うことがあるのですが、今朝もそうでした。宮崎県 えびの市にある激渋の温泉銭湯「湯乃谷温泉」湯守の方が亡くなられ、後継ぎがいらっしゃらないため閉鎖されたそうです。この辺りは、鹿児島県と宮崎県の県境で、「吉田温泉」や「亀沢温泉」「鶴の湯温泉」など、鄙びた湯小屋が好きにはたまらない温泉がたくさんあるエリア。わたしも初めて訪れたとき [続きを読む]
  • 群馬_川古温泉 浜屋旅館(日本温泉地域学会の視察?)
  • 昨年11月20−21日 群馬で行われた日本温泉地域学会の視察で廻った、みなかみの温泉の記録。みなかみは個人的にも何度か訪れていますが、まだまだ未湯も多いので視察が楽しみでした。すっかり時間が経ってしまったのですが、ルポしますね。今回の学会は宿泊ではなく、日帰りでの参加。(いろいろと事情があり。)今から振り返っても、、、東京から群馬の日帰りはきつかったです(;'∀')・・・うん、次の榊原温泉での学会は絶対、泊 [続きを読む]
  • 【温泉本】先行予約始まりました!
  • おはようございます。先日、お知らせさせていただいた私の書籍の件ですが、Amazonの先行予約販売が始まりましたので、紹介させてください!゙一作目なので多くの方に読んでいただきたいです♪ 私はデジタルには疎いので(;'∀')・・・SNSでもシェアいただけると嬉しいです。↓↓【タイトル】わたしのしあわせ温泉時間 〜おとな女子が行く絶景秘境温泉の旅〜【発売日】2017年2月27日【出版社】メディアソフト【価格】 1300円+税【 [続きを読む]
  • もう少しで?本できあがります。
  • 早いものでもう2月。あともうちょっとで出来上がります。温泉本!校正も終わり、いよいよフィニッシュです。昨年の秋頃から書き始めて、ずっと集中してやってました。今まで行った全国の温泉のなかから、特に思い出深かった温泉や地元のかたとの触れ合いをストーリーにして紹介してます★ちょっとマニアックになったけど、、、なかなか、おもしろいものに仕上がるかと!2月末発売なんで、今月中にはブログで詳細お知らせします( [続きを読む]