AKOMO さん プロフィール

  •  
AKOMOさん: 絵を描きながら
ハンドル名AKOMO さん
ブログタイトル絵を描きながら
ブログURLhttp://aamori.exblog.jp/
サイト紹介文油絵を描いています。絵のこと、好きな動物、旅先のこと、日ごろ思うことなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供296回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2010/12/02 21:15

AKOMO さんのブログ記事

  • 天ぷら (海老づくし)
  • 銀座ユニクロへ、テニスで、着ようと思って、スウェットを安い、990円の、トレーナーなどを買って、フィラ、エレッセ、いろいろスポーツブランドのもの、きっと物はいいのでしょうが高いのです。それなりにかっこよくてほしいと思うけれど、もったいないと思う私。ユニクロは錦織もジョコビッチも着ているし、、、安い方がありがたいです。ユニクロは6丁目、めんどくさがりの私は、... [続きを読む]
  • Castillo de Calatrava la Nueva
  • タイトルはスペイン語、ウィキペディアで調べたのですが、スペイン語しか見当たらず。P3(273×190mm)小さい絵で、すぐに描いてしまいました。カラトラバ騎士団というのがいて、これは日本語のウィキペディアがありました。カラトラバ騎士団 (Orden de Calatrava)は、スペインで初めて設立された戦闘騎士団(しかし認可を教皇庁から受けたのは2番目)。1164年... [続きを読む]
  • 犬と猫
  • 短くカットしました。隠れていた模様が現れます。カット前は、別の犬です。スキーウェアーなどを片付けようとしていて、オレンジ色の袋は、ウェアーを入れていた袋、袋に入り込んだ猫、半透明で、そばを通る犬を、袋の中からパンチ、、、猫の遊びは、面白い。教育幻想 クールティーチャー宣言 (ちくまプリマー新書) 新書 菅野 仁 (著) ... [続きを読む]
  • しなの鉄道の車窓から
  • しなの鉄道、妙高高原駅、小さな駅ですが、あちこちのスキーリゾートのホテルシャトルバスが来ています。外国人観光客に、、、地図や観光案内のパンフレットも、英語のものが置いてありました。斑尾はあんまり外国人は目立たなかったです。車体は汚れていますが、、、仕方ないです。そういうところを走ります。妙高山、なんとかカメラに映りました。隣の駅、黒姫... [続きを読む]
  • さらに雪は、、、
  • 昨夜帰宅しています。日曜日の夜、斑尾は雨だったようで、朝は良い天気。くしゃみも出るし目もかゆいと思ったら、ここでも、花粉の素が、、、上に上がると妙高山がきれいに見えます。妙高山の山の形はなかなか面白いです。野尻湖が見えます。船はワカサギ釣りかなぁ?ちびっこは、恐れを知らない。夜の雨で、雪はカチカチで、硬くなって、スケートリンクのよう、... [続きを読む]
  • 春の雪
  • お部屋の前で、キツツキだと思われます。宿からゲレンデまで、連絡リフト、お宿は、なんと12畳の和室、お布団も自分で、昔の合宿を思い出しました。学生時代のスキー合宿。(スキー部ではないです。)温泉は気持ちよく、なんだか客も地味、静かで、、、ちゃらちゃら度が低い。教会があるけど、結婚式用だね、きっと。ガラスに映る山ちびっこのスキースクール、雫... [続きを読む]
  • 雪国へ
  • 北陸新幹線初乗り高崎を越えて、トンネルを抜けると浅間山。煙が見えますか?長野で降りて、しなの鉄道に、走り出してすぐに、雪国、(長野駅には雪がなかった)この鉄道、駅で、自動でドアは開きません、自分であけます。川に沿って登ってます。線路と線路の間に積み上げられた雪雪の山、、スキー場には雪はたっぷりありそうです。東京は、春めいていますが、... [続きを読む]
  • 白い花、朝の光で
  • 雪柳も、もうこんなに咲きました。ピンボケ、風で揺れてたもん。このお花の形、ちょっと描きたくなる形です。白い花、なかなかいいです。好き。教育幻想 クールティーチャー宣言 (ちくまプリマー新書) 新書 菅野 仁 (著) 何事も分けて考える社会学者である著者の考え方のこつようなものです。「事柄志向」と「人柄志向」「事柄志向」は相手の人格... [続きを読む]
  • カラスとヒヨ
  • カラス、嫌いという声が多いですが、私は好きです。賢そうで、知り合いになれたらみたいな空想をします。(ドリトル先生の世界)ヒヨドリ、声が甲高いし、群れているし、けっこう嫌いな方が多いような、、、鳥って、飛べるということがとってもうらやましい生き物です。飛べたら楽しい、高いところも怖くないです。私は高所はダメ。教育幻想 クールティーチャー宣言 (ちくま... [続きを読む]
  • つぐみ
  • 今日は明るい朝でした。カメラを持って犬の散歩。いつも出会う、ツグミ。と言っても、私のデジカメ、切り取っても、こんなもんで。太目で、ピョンピョン飛び歩いている姿がかわいいです。こっちを見た。もっと近づいたら飛んでしまいました。水鳥たち、朝食時間、水に潜っては出てきて。早い通勤通学の人たちが橋を渡って駅に向かいます。教育幻想 クールティーチャー宣言... [続きを読む]
  • ルンルン
  • 確定申告が終わると、、、ホットして、うれしい、、毎年のことだけど、書類に向かうのは大嫌いです。終わると、春が来る気分になれます。ルンルン、、、これは去年の同じころの写真、税理士さんが勝どきなので、トリトンで。今年もこの木に花が咲いていたわ。写真は去年の。教育幻想 クールティーチャー宣言 (ちくまプリマー新書) 新書 菅野 仁 (著) 学校の先... [続きを読む]
  • アビラのライオン
  • ライオンの石像です。p3(273×190mm)描き込んで気が付いたけど、遅い、デッサンが、やっぱり駄目です。つぶれ気味のライオンになってます。たまには、こういうデッサン力の必要なものを描いた方がいいようで。石像だから許してもらって、ほんもののライオンさんだと、、、ちょっとまずい、そのうちまた気が向いたら、プロポーションの良いライオンさんを描いてもいいかと、。... [続きを読む]
  • 春なんですが、
  • エリカ、たぶんそうですよね。ちょっとわかりません、咲き始めてます。ミモザはかなり終わりかけています。ローズマリー春めいて、あたたく穏やかな日差しの日曜日でした。みんな春を待ちわびているようで申し訳ないけど、ちょっと待って、暖かくならんといて〜〜!なぜって、今度の連休にスキーの計画ありなんです。暖かいと、雪が、、腐って(?)滑りにくい、、、... [続きを読む]
  • 東京中央郵便局
  • お腹がきつく苦しいので、東京駅から有楽町へ歩いて、結婚式帰り(?)と思われる集団と一緒になって、声が大きくてうるさい、(若者の特権で、自分もやってたよとおもうけど)あんまり気持ちよくないので、東京中央郵便局にちょっと避難しました。お店がいろいろありますが、もう、イベント時間は終わってましたが、こんな展示。フクイラプトル(Fukuiraptor)は、中生... [続きを読む]
  • 新丸ビル、タイ料理
  • 桜田門駅から東京駅まで歩いて、夕ご飯の時間になりました。。新丸ビルに入って、行き当たりばったりで入ったお店は、サイアムヘリテイジ東京です。窓の外に見えるのは、東京駅。頼んだドリンクはモヒート。サイアムヘリテイジ東京ではディナータイムにドリンクをオーダーして下さったお客様へタイの伝統的前菜ミャンカムをサービス♪バイチャップルという葉にハーブやココナッツをくるんでオリ... [続きを読む]
  • 大手町駅周辺
  • 地下鉄、大手町駅周辺桜田門の駅を降りて、ここまで散歩、すっかり暗くなってきました。向こうに東京タワー、、このへんの雰囲気、ちょっと描いてもいいかなと、夜景の絵。東京駅方面に結婚式の写真撮影、ちょっと寒いよ。ウェディングドレスでは。それとも、暑いか??熱いか?教育改革の幻想 (ちくま新書) 新書 ? 2002/1 苅谷 剛彦 (著) から、... [続きを読む]
  • ちらし寿司
  • 普通おひなさまの日に、ちらしずしを、ひな祭りの日の夕食は一人デパ地下で買ったお弁当、こういうのも楽で好きですが、桜餅はいただきました。昨夜突然、ちらしずしが食べたくなって、いろいろ乗せちゃえば、美味しいです。簡単なのにもかかわらず。皇居周辺、走るのは嫌ですが、時々散歩はいいですね。皇居の中で暮らすのは気苦労など、並大抵ではないでしょうと思いながら、周り... [続きを読む]
  • 二重橋
  • お堀に沿ってこの広い道を進み、二重橋方向に。これが二重橋だと思っていましたが、違うらしい。正門石橋。二重橋だと誤認されることがあるが、この石橋の奥にある正門鉄橋が「二重橋」である。(ウィキペディア)皇居正門鉄橋(二重橋)。写真をウィキペディアよりかりました。へぇ、知らなかったです。天皇の退位に関するニュースで、よく映る橋で、これが二重橋だと思ってしまい... [続きを読む]
  • 桜田門
  • 桜田門というと、思い浮かぶのは桜田門外の変、あの頃、意見の違う人を殺すのに、罪の意識はなかったんだろうな。今も??最初の門。桜田門は2つの門からなり、第一の門(高麗門)、を通ると枡形の空地があり、右折すると第ニの門(渡櫓門)になります。2つの門、曲がらなければならない、城の防御。皇居周辺はランナーがいっぱい。ぼんやりしてるとぶつかりそうです。お堀の向こ... [続きを読む]
  • 桜田門駅周辺
  • メトロの駅から地上に、警視庁本部庁舎法務省旧本館なんだか畏れ多い場所で、あんまり縁もゆかりもないのですが、、、小市民お堀、、桜田門のほうへ行きました。(次回に。)菅野 仁 さん の本の話ですが、少し飛んで、教育改革の幻想 (ちくま新書) 新書 ? 2002/1 苅谷 剛彦 (著) から、菅野 仁さんの本の、参照としてよく出てきたので、... [続きを読む]
  • 中庭(アルマグロのパラドール)
  • F6(410×318mm)パラドールはスペイン語で休息所の意味があり、古城などを改装したり、景勝地に新しく建てた半官半民の宿泊施設アルマグロのは修道院の後。絵の中の猫さんは、 showsun1203 さんのブログにあった猫ちゃんを借りてしまいました。パラドールの入り口です。壁の絵調度品本の話を続けます。友だち幻想―人と人の“つながり”を考える (ちくまプリマー新... [続きを読む]
  • ミモザとセール
  • ミモザって今頃咲くのですね、少し暖かくなって,春の気配を感じるころに、今、冬物の最終セールでネットにメールにあちこちからセールの誘惑が以前なら、飛びついて買いだめしていたけど、、、「ちょっと待てよ」のこの頃です。一つには、親の家の片付けの経験から、よりシンプルに暮らしたほうがイイと、、、(できていません。断捨離は無理)もう一つには、今度の冬だっ... [続きを読む]
  • 永田町
  • 永田町、直に国会議事堂を見るのは初めて、雨が降ってなければ、もう少し歩いて正面に行ったのですが、警察の方が多くて、なんとなくうろうろするのも、気が引けてここも、警察車両が並んでいて、なんだかビビってしまうのは小市民。そばにあるお店で、有名政治家が来たら、、、なんて思ったけれど、部屋は細かく分かれていて、、、密談も可能な感じ、部屋の飾りに大きな写真。... [続きを読む]
  • ジュエリー
  • ブログを拝見していると、皆さん、きれいなものを作られていて、、、びっくりです。編んで、織って、縫って、染めて、、、、素敵素敵。やってみたいと心をかすめるのですが、、、、やめておきます。たぶん無理です。よく前を通るブルガリです。きれいで好きですが、、、お値段はどう転んでも、、、ジュエリー職人にはあこがれます。でも、不器用ですから、、、、ブルガリを通り... [続きを読む]