吉備野禅三 さん プロフィール

  •  
吉備野禅三さん: 吉備野庵
ハンドル名吉備野禅三 さん
ブログタイトル吉備野庵
ブログURLhttp://zenmz.exblog.jp/
サイト紹介文残り少ない人生に向けて、傘寿男の問わず語り。
自由文昭和5年、京都・山科の生まれ、新聞記者31年→大学教員26年の後、73歳で引退し、現在は、岡山県の真ん中にある吉備高原都市で余生を楽しむ傘寿京男と喜寿浪花女の老夫婦です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2010/12/03 17:02

吉備野禅三 さんのブログ記事

  • 義理立て生活に”ノー” 終活の選択
  • ◎ 私は自分自身の性格の弱さが嫌ですね。友人から何事かを依頼されると断ることが出来ません。例えそれが意に染まないことであっても、です。同じような思いをお持ちの日本人は多いと思います。そうすることが社会通念であるかのような観念に縛られているからだと思います。 [続きを読む]
  • ゴメンね、義理立て交際は、もう辞めます。
  • ◎ 台風の予兆か、朝から黒雲が低く垂れ、家も、庭も、野山も、水浸しになっています。予報通り、台風が近づいていることを実感します。今日は、夕方から神戸で開かれる友人の新著出版記念会に出席するつもりでしたが、台風接近で取りやめました。この状況では夕方には確実に台風が中国・近畿地方を直撃しそうです。老いの身、止めて良かったと思います。 [続きを読む]
  • 65年ぶりにG.Gissingと再会。
  • ◎ 長い間、放置していた書棚の整理をしていたら、懐かしい本が出てきました。"THE PRIVATE PAPERS of HENRY RYECROFT by GEORGE GISSING" 同志社大学の学生だった1952年(昭和27年)後期に英書翻訳演習の授業で用いた教科書です。◎ 何気なく開けた最初のページ「秋・第二節」が目に飛び込んできました。書き出しの文章を一読してビックリ。何と、私の... [続きを読む]
  • Yankee英語とbrits英語
  • ◎ 英国人と米国人は、共通語を使いながら言語的に分断されている、という諺があるぐらい、使う英語に違いがある、とか。これを聞いて、なるほど! と、改めてその違いに気づきました。でも、とてもとても感覚的に違いを見分けられません。数多く聞いて慣れる以外、これを征服する方法はありません。 [続きを読む]
  • 小学校の今を知る。
  • ◎ 地元の小学校で点字を教えることになり、担当教師との打ち合わせをしました。対象は4年生。国語の教科に点字の単元があるので、その授業を担当するのだそうです。私は大学生に25年間、講義をしましたが、小学校で教えるのは初めて。そこで担当の先生にお願いして、先生を生徒に見立てて模擬授業を察せてもらい、それを評価していただくことにしまし、実際に45分授業を行いました。結果はOK. [続きを読む]
  • 英語を学びなおしたい方々へ
  • 英語を初歩から学びなおしたい、と、お考えの方々にご紹介します。Let's Learn Englishは、アメリカ政府が直営する外国人英語学習者のためのコースです。 有資格の経験豊かなアメリカ人英語教師が、初心者のためのコースを開発、設計したレッスンを毎週1回、52週に亘って教えます。 5回のレッスンごとに、それまでのレッスンを総復習する授業もあります。 [続きを読む]
  • ネット留学新学期
  • ◎アメリカでは9月は新学期の始まりですね。私がネット留学しているVOA Learning English でもメイン・コースのAnna 先生のレッスンが始まりました。人ランク上がって中級クラスになります。会話のスピードも速くなりました。でも一度ですべて聞き取れます。私の英語聞き取り能力も少しは良くなったようです。これからも毎日、アメリカへ飛んでいきます。◎ 新学期からは、これまでと異な... [続きを読む]
  • 年齢相応の弁えについて
  • ◎ 社会には「年齢規範」が存在していて、構成員全体がそれぞれの年齢期待に応じて生きることを要請しているようです。決して明文化されないが、それが社会通念として有効に作用しています。これに逆らうと、衝突が起こり、激論が始まる。多くの人々はこれを嫌い、少々、不満があっても、「年齢規範」を否定することなく受け入れているようですね。私も、「それには一理あり」と認めています。多少、いやいやながら気分では... [続きを読む]
  • 年齢相応の弁えについて
  • ◎ 社会には「年齢規範」が存在していて、構成員全体がそれぞれの年齢期待に応じて生きることを要請しているようです。決して明文化されないが、それが社会通念として有効に作用しています。これに逆らうと、衝突が起こり、激論が始まる。多くの人々はこれを嫌い、少々、不満があっても、「年齢規範」を否定することなく受け入れているようですね。私も、「それには一理あり」と認めています。多少、いやいやながら気分では... [続きを読む]
  • SNSは宝の山
  • ◎ 私はFaceBookを毎日、日記をつけるために利用していますが、8月から日英同文で投稿しています。7月に87歳の誕生日を迎えた記念に新しい挑戦として始めました。それから1か月、何とか一日も欠かすことなく続けることができました。毎日、気の趣くまま、心に浮かぶままに雑文を綴って投稿してきました。一冊の本の長さに値する分量の文章が集まりました。 [続きを読む]
  • Instagram を老人・障害者に
  • ◎ 最近、爆発的な人気が高まっているのが instagram というサイトです。日本でも、アメリカでも、特に若者に人気があって、熱狂的な支持者が増えています。この新しいSNSで何ができるのか? 今のところは、参加者が、思い思いに「なんでもあり」の先導試行的実験をしている段階だと思います。 [続きを読む]
  • Instagram を老人・障害者に
  • ◎ 最近、爆発的な人気が高まっているのが instagram というサイトです。日本でも、アメリカでも、特に若者に人気があって、熱狂的な支持者が増えています。この新しいSNSで何ができるのか? 今のところは、参加者が、思い思いに「なんでもあり」の先導試行的実験をしている段階だと思います。 [続きを読む]