vet さん プロフィール

  •  
vetさん: 理系Sの牝奴隷には言えない話
ハンドル名vet さん
ブログタイトル理系Sの牝奴隷には言えない話
ブログURLhttp://mastervet.blog53.fc2.com/
サイト紹介文元御主人様のSMや主従についての本音話。あまり表に出ない御主人様の心境や苦悩を素直に。
自由文主従関係のあるSMって、基本的にストイック。でも、そんな中から気軽な話や、クスっと笑ってしまうような失敗談、御主人様なりの人に言えない苦悩なんかを書いています。現役じゃない、元・御主人様だからこそ書けることを気楽なタッチで書くブログ。過去に飼っていた奴隷の話なんかもおりまぜて、できるだけ、SMを知らない人にも分かりやすく書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2010/12/04 09:14

vet さんのブログ記事

  •  このブログは、私の主観的な話がメインだが、今回は、さらに好みの話なので、頷ける人もいれば、なんでそれが気になるのか?と首をかしげる人もいるだろう。”青”の話。奴隷が身につけるもので、青いものを、私はあまり好まない。それほど、意識していたわけではない気がするが、考えてみたら、奴隷に青いものを付けさせることが、あまりなかったなと思う。例えば、下着。私は、奴隷には、そもそも、下着を付けさせないから、奴 [続きを読む]
  • 奴隷のハードル
  • 今回は主従の話でもあるが、このブログについての話でもある。私がこのブログを書き始めた時、こんなにも、たくさんの方々とお話をさせて頂くことになるとは、思ってもいなかった。調教写真も動画もなければ、SMプレイの描写もそんなに多くない、SMブログとしては、かなり地味で、正直、変なブログだと、自分でも思っていたから、今の状況には、驚いている。このブログ(とtwitter)を始めたことで、話しかけてくださった方々には [続きを読む]
  • 想うこと、色々
  • 以前にも、五稜郭の写真を載せたエントリーを書いた気がするが、今年はその時よりは、静かな気持ちで、行けた気がする。だから、滅多に写真は出さないのだが、桜の写真を載せてみた。私なりに、自分の中で変わってきているものはあるのだろうな。それが前進であると信じたい。少し散り始めの桜の木に、奴隷を繋いで、月明かりの下で、夜桜と、縄に悶える奴隷を楽しみながら、一番好きな日本酒が飲みたいと、思った事があるし、今も [続きを読む]
  • 主従の時間の過ごし方は何で決まる?
  • 主従の世界での、調教の現場、SM行為で、どんなふうにやるのが、普通か? なんてことは、正直、わからない。ノーマルの世界での、セックスですら、おそらく、普通のやり方、というのは無いのかなと思ったりもする。AVやその手の書籍を、参考にしている人も居るような気がするが、一般の男女が、セックスしようとなったとき、AVみたいに、体位を何回も変えてなんてことは、多分、あまりしないのではないかと思う。おそらく、フェラ [続きを読む]
  • ”こだわり”と言うと良いかもしれない話
  • 今日は、大部分の方には、笑い話として読んでいただければと思うが、一部、笑えない、真剣な方も居ることだけは、理解していただきたい。題名に書くのが、微妙に恥ずかしかったので、書かなかったが、フェチの話。ちなみに、なんで書こうと思ったか?というと、「vetさん、この頃、パンストフェチの話がないので、寂しいです」とか、「もう、パンストフェチは、卒業したのですか?」など、メールをいただくようになってしまい、私 [続きを読む]
  • アンパンマンの安心感
  • 奴隷と会って、調教をする場合、主従によって、ある程度、スタイルが決まっていると思う。スタイルというと、大げさかもしれないが、しっくり来るやり方が、ある。私にも、それはあって、”いつもの調教”の流れが、自然にできていた。ホテルに入り、奴隷が、床に正座をして、挨拶をし、首輪をつけ、…、という感じで始まり、最後になると、奴隷が挨拶をし、首輪を外して、というふうに終わる、ルーティーン。それが、ホテルの休憩 [続きを読む]
  • 主従での”好き”
  • 今回はあまりまとまらない話を書く。私の中でも、考えが定まらない部分なので、思い浮かぶことを、つらつらと、書いてみる。メールなどで、お話をさせていただいて、主に、奴隷の方に、いただくご質問。そして、そのたびに、私として、考えが固まっておらずに、あまり、しっかりした、お返事ができない話題がある。「御主人様のことを、好きになってもいいのか?」「御主人様に、好きだと言ってもいいのか?」ということ。これは、 [続きを読む]
  • 第133話 恭子との電話
  • 恭子に電話番号を教えた。でも、すぐにかかってきたわけではない。電話をかけてくる前に、メールが届いた。「電話でのお話を承諾してくださり、ありがとうございます。お電話、差し上げても大丈夫な日時を、教えていただけないでしょうか?」という感じで、電話をするときの、私の都合をまずは、確認してきた。このあたりは、別に珍しいことではないが、その後に、「vetさんに対しても、電話は、非通知でかけなければいけないので [続きを読む]
  • お返事について
  • 私に、メールやコメントをくださった方、また、メールやコメントをするかどうか考えている方への、ご連絡のエントリー。関係なければ、こちらに、普段のエントリーを書いたので、そちらを見ていただければと思う。メールやコメントへの、お返事がものすごく遅れていて、申し訳なかったのだが、昨日の時点で、先週(2月5日)までに、いただいていた、全てのコメントと、メールに、お返事させていただけたと思う。私は、そう思ってい [続きを読む]
  • 主従らしい?ホテル選び
  • 私が、主従関係を持っていた頃、奴隷とSMをしたのは、私の部屋、奴隷の部屋、そして、ホテルの主に3箇所。こういう世界だから、他の人の話を聞けば、野外という人も居たし、どこかの公共施設のトイレだとか、漫画喫茶だとか、プールなんて人もいたりして、色々と驚かされるものだ。でも、私は、そんな中では、おとなしい方だったと思う。露出の嗜好は、私にはあまりなかったし、自分の奴隷を他人に見られることが、好きではないの [続きを読む]
  • 過去の奴隷
  • 私自身も、過去に、そうだったし、お話を伺うと、同様のことを思う人も結構いらっしゃるようなので、SMや主従に限ったことではないが、御主人様(奴隷)の過去の奴隷(御主人様)のことについて書いてみたい。最初に私の思う結論を書いてしまうが、御主人様の過去の奴隷と、今の奴隷である自分を比べることに、意味はない。また、奴隷の過去の御主人様と、今の御主人様である自分を比べることにも、意味はない。ついでに言えば、多 [続きを読む]
  • 表に開いた穴、裏に開いた穴
  • 私は、年始に今年の目標とか、立てるタイプではないのだが、去年が、あまりにも、大変な事が多い年だったので、今年はもう少し、穏やかに、過ごしたいということは、思った。でも、多分、今年も、色々とあるのだろう。その”色々”は、楽しみでもあるし、いくらあっても良いのだが、できるだけ、ポジティブな方向に行くようにしたいものだ。コントロールできない事柄は、どうしても起きてしまうが、コントロールできるものに関して [続きを読む]
  • 裸と暑がり
  • 今回は少し軽めのお話。最近、寒い。北海道でも、今年は、少し季節が早いなと思うくらいなのだが、東京でも11月に雪が降ったというニュースを見て、今年は、冬が厳しいのかなと、少し心配している。と言いつつ、まずは、夏の話を書くのだが…。私は、かなりの暑がりだ。なので、夏が苦手だ。北海道の夏は、涼しいと思っている方が、多いようだが、それは、本当でもあるが、嘘でもある。北海道の夏の気温は、本州以南に比べたら、大 [続きを読む]
  • スマホ版で表示される広告などについて
  • これは、スマホでブログを閲覧している、皆さんに向けたエントリー。また、アダルト広告についての話なので、そういうことへの対処はわかっている、という方は、スルーしていただいて、先ほどアップした、こちらのエントリーを読んでいただければと思う。普段、私はパソコンからブログの更新をしているし、ブログもパソコンからしか見ていない。ちなみに言うと、メールもコメントも、パソコンで受けて、パソコンからお返ししている [続きを読む]
  • 無関心
  • 「好きの反対は、嫌いではなく、無関心」という言葉を、聞くことがある。相手に関心を持ってもらえないのは、確かに、かなりきついと思うのだが、嫌われるのも、同様にきついのではないのか?と、私は普通に思ったりするのだが…。それとも、嫌われても、なんとかする方法はあるのだろうか?恋愛関係に疎い私には、このあたりのことは、全く、わからない。まあ、そういう突っ込みを入れていても仕方がないので、話を進めるが、人間 [続きを読む]
  • 過程と結果と意欲と心
  • 私は、仕事に関しては、あまり、感情を差し挟まないほうだと思う。というよりも、意識して、そうしないと、私は、仕事をうまく回せない、不器用な人間なので、いつの頃からかそうなった。仕事では、結果を、当然、求める。自分に対してはもちろんだが、一緒に仕事をする、相手に対しても。必要な結果を出すし、出させる。出せなければ、それなりにペナルティがあるわけだし、それは当然だと思う。これは、わざわざ言うまでもなく、 [続きを読む]
  • メールに関して
  • 最近、メールがエラーで帰ってくるとか、私からの返信が来ていない(私は送ったはずのものが届いていいない)とか、メールに関する、やり取りの失敗が、結構、起きております。そういうことがあって、例えばエラーが出た方とか、しばらく待っても私からの返信が無い方とかで、それをお知らせくださった方とは、連絡が取れました。お手数をおかけいたしました。ありがとうございます。ですが、そういう方とお話をさせていただいてお [続きを読む]
  • 自分の奴隷、他人の奴隷
  • 私は、こんなブログを書いているくらいだから、”自分の奴隷”への思い入れは強い。この”自分の”というのは、私にとっては、大きなことだったのだと思う。そのことを、最近、メールをさせていただいた方とのお話の中で思ったので、書いておこうと思う。私は、ある時期、スワッピングの会に、定期的に参加していた。それは、二匹目の奴隷の話の中で、書いたが、その時のことを考えてみると、思うことがある。私は、自分の奴隷を持 [続きを読む]
  • 人間以下の存在
  • 「なんだ、お前、そこに居たのか」「なんで、人並みの女みたいなことを、考えてる?」「尽くせ。お前は、それしかすることないんだからな」「今日は、本当に暇だったから、呼び出してみただけだ」…久しぶりに思い出した、御主人様として、奴隷に言った言葉。ノーマルな男女関係の言葉として考えると、あまりにひどい。でも、こういう言葉を、奴隷を持っていた頃は、普通に使っていた。これでも、まだ、調教中の言葉ではないから、 [続きを読む]
  • もしも、何もないと思うなら
  • 奴隷の一生懸命さというのは、尊いものだ。一生懸命な奴隷は、可愛いと思うし、私に、満足感を与えてくれる大きな要因でもあったと思う。今回は、そういう話。奴隷になっている方や、奴隷になろうとしているM女の方から、「御主人様に好かれる(捨てられないようにする、奴隷にしてもらえるようにする)にはどうしたらいいか?」というような内容のご質問をいただくことが、それなりにある。文脈から、質問をくださった、奴隷の方 [続きを読む]
  • 正露丸(後編)
  • 前回の続き実は、ここからが、この話の本題だったりする。そして、ちょっと下品な話になるので、注意してもらいたい。いきなりだが、私は、胃腸があまり強くない。酒に弱い上、胃腸が弱いという、なんとも、軟弱なやつなのだが、小さいころから、消化器系があまり強くないのは自覚している。でも、食べるのも、飲むもの大好きだから、好きなもの、美味しいと思ったものは、限度なく食べるし、飲む。そして、ひどいことになる。お腹 [続きを読む]
  • 正露丸(中編)
  • 前回の続き。奴隷に押し切られるように、イチゴ狩りに行くことが決まってから、一週間後。私は、少し早起きして、奴隷と千葉に向かっていた。連れて行け、とは言ったものの、車を運転していたのは私だ。そして、奴隷が隣で、嬉しそうに、ナビをしている。やっぱり、奴隷の言うがままになっていることに、なんとなく悔しい気分がしていたが、別に嫌というわけでもなかった。この心境は、多分、御主人様という立場とか、そういうもの [続きを読む]
  • 正露丸(前編)
  • ある時、奴隷とイチゴ狩りに行った。千葉で、ハウス栽培をしているイチゴ農園に、車ででかけた。その1週間前に、それを調べてきて、「御主人様、イチゴ食べたくないですか?」なんて言い出したのは、奴隷だ。「イチゴ? 別に」私は、特別にイチゴが好きなわけではない。でも、嫌いではないし、あれば普通に食べるし、美味いとも思うが、特に買ってこようとか、思う果物でもなかった。というよりも、私は、果物全般を買ってくるこ [続きを読む]
  • 相合傘
  • 今日は、飲めないなりに飲んでしまったので、ちょっと酔っている。で、酒とは全く関係ないのだが、ふと、思い出したことを書きたい。奴隷と一緒にでかけた時。歩いていると、雨が降ってきた。傘は、奴隷が持っていた折りたたみ傘、一本。奴隷は、それを開いて、「御主人様、使ってください」といって、私に手渡そうとする。でも、それを私は拒否した。奴隷がずぶ濡れで、私だけが傘を使うことは、私にはできなかったから。「それ、 [続きを読む]
  • 劇団四季
  • これを書いたら、劇団四季の方々から怒られるんじゃないか?と思いつつも、過去にやった、変な調教を思い出したので、ちょっとだけ、書いてみる。ちなみに、劇団四季が好きな人は、不快な気持ちになるかもしれないので、読まないほうがいいかもしれない。私は、奴隷の顔や体に落書きをするのは、あまり好まない、というのは、前にブログに書いた通りで、奴隷が徹底的に惨めな姿なのは好きなのだが、使うなら、綺麗に使いたいと思う [続きを読む]