jtstj さん プロフィール

  •  
jtstjさん: Home,Sweet Home
ハンドル名jtstj さん
ブログタイトルHome,Sweet Home
ブログURLhttp://threef.blog18.fc2.com/
サイト紹介文夫経営の建設会社の専務。家では3人の息子の母。家庭のこと自分のこと、そして少しだけ仕事のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供194回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2010/12/04 10:04

jtstj さんのブログ記事

  • 本日の仕事
  • 契約が1件。有難うございました。久しぶりに、夫が契約に行かせていただきました。・・・そういえば、2月の契約には私が行って、その時、右足の小指を骨折したのでした。本日は、何事も無く、無事に社内で仕事をしておりました。そして税理士さんの月末恒例の監査。今終わって帰られました。来月は20日前後にいらして、決算の確定です。もうひと頑張りです。明日からのお休みで、顔を見に行こう、と思っていた叔母は、緊急入院してし [続きを読む]
  • 私のハンコ
  • 会社の書類に、印鑑を押すことが多々あります。専務、社長と二人の決裁が必要な時、名字が同じで、ちょっと紛らわしいのです。それで、最近私は印鑑を変えて、これを使っています。大町のギャラリーで見つけたネコの印。大きめのイニシャルJです。表情がちょっととぼけたみたいなネコちゃんで、後姿も可愛いのです。ちゃんと、ツメもあるのですよ。印箱にしまわないで、私の机の上にいつも出してあります。書類に押印するのが、こ [続きを読む]
  • 夕食の話題は・・・
  • 昨日は力尽きて、夕食の支度をする気力がありませんでした。次男は朝から、夕食不要と言っていたし、三男は、遅いお昼を長男にご馳走して貰って、まだ食べない、ということだったので、夫と二人で池袋に出て、食事をしました。二人で話したことは、昨日は息子たちのことでした。子どもたちが幸せに暮らしていてくれることが、私たち親の幸せに直結していることを実感します。親の理解できる範疇の世界に居てくれれば、安心なのでし [続きを読む]
  • 今日という日は・・・
  • 今日、4月25日は、我が社のお給料日。そして、3か月に1度の私の病院の日でした。これは、予定されていたことで、準備万端、いつもの通り、こなせるはずでしたが、早朝5時、いつもとはちょいと違う事態が発生しました。夫が携帯を見ながら、私に声を掛けたのです。長男が来るって。お嫁さんのご両親と一緒で、ちょっと寄るんだって。えええっ~~~!!!それから飛び起きた私です。どんなに知恵を絞ろうとも、できるおもてなし、準備は限 [続きを読む]
  • 叔母のお見舞い
  • 土日のお休みの日には、どうしても家の用事が多くなります。平日の仕事とはまた違った忙しさがあるものです。盛りだくさんの二日間だったのですが、特に心に残っているのは、92歳の叔母のお見舞いに行ったことです。事前に聞いてはいたけれど、老いの残酷さをまざまざと感じさせられました。痩せて、小さくなってしまった叔母はベッドに横になっていました。どこを見ているのか、遠い別の世界を見つめているような瞳。私が声をかけ [続きを読む]
  • やっと1週間
  • 漸く、週末です。やれやれ、とため息をつく私。疲労感は年々増しているように感じます。この1週間、新社会人の次男の生活もそれなりに落ち着き、三男も大学が本格的に始まって、ペースが整ってきたと感じました。以前なら、彼らの予定や動きに合わせて、うまく隙間時間をつくり細切れ時間でも家事仕事や読書などこなしたのですが、なんだか今は、そんな気力がありません。全員出払ったリビングで本日は朝からソファーに横になって [続きを読む]
  • 住まいブログのカテゴリー
  • 私のブログ、住まいブログ 一戸建注文住宅(業者)というところにも登録しているのですが、どうも住宅関連、仕事に関する記事が少ないなぁ、と我ながら感じています。今日は○○様邸の地鎮祭です。とか、上棟式でした、とかという記事もあまり書かず、こういう家が最高です、というような記事も、我が社がどんなふうに仕事をしているのか、品質が良いのだぞ!!えっへん。 みたいな記事も書かないし・・・カテゴリーから抜けてしまおう [続きを読む]
  • 老いること
  • 還暦で旅立ってしまった友人のことを思い出す。会おうと思えば、いつでも会えるはずで、また、お芝居を見たり、食事に行ったり、できるはず、と根拠無く思いこんでいた私。先日、こんにゃく座のオペラを見たのだけれど、彼女と一緒にこんにゃく座のオペラを見た日の事が思い出され、もう、一緒に見に来ることが出来ないのだ、としみじみ感じて、改めて淋しい! と思った。ゴールデンウイークの前半は、高齢の叔父や叔母を訪ねてみよ [続きを読む]
  • 日曜日のゴルフ
  • 昨日は弟の関係のゴルフコンペでした。弟が参加できなくても、是非に、と誘っていただいていたのですが、なんと弟もオミソで参加しました。基本、カートで近づけないところへ飛んだ球は、拾って来て、ドロップして平らな所からショット。バンカーも出入りが困難なら拾ってきてドロップ。脚の調子を見て、途中で止めるなどする。と、特別な配慮をしていただいて、弟と一緒に久しぶりのゴルフでした。夫は組が別れ、私と弟に、あとお [続きを読む]
  • 早退して
  • 昨日は、夫と共に早退しました。お客様が関係しているオペラこんにゃく座の公演に声をかけていただき、夫が申し込みをしてくれたのです。3時開演と7時とあったのですが、午後3時からなんて本当に珍しくて、どうかしたのか?と心配になってしまうレベル。でも、嬉しく出かけて来ました。新宿のスペース・ゼロで演目はタングとても楽しい舞台でした。私はこんにゃく座を見せていただくようになって、ミュージカルとも違うオペラには [続きを読む]
  • 夜桜見物
  • 昨晩は、夕食を終えてから、夫に誘われてご近所の神田川(石神井川だそうです。)沿いの遊歩道まで、夜桜を見に行きました。そんなに寒くも無くて、心地よい風の中をのんびりと歩きました。こうして桜の時期になってみると、あちこちに桜の木があるのを改めて気付きます。飛鳥山から神田川石神井川沿いの桜は本当にみごとなのですが、子どもたちを小さい時によく遊ばせた公園とか、板橋駅へ続く道の街路樹とか、たくさんの桜が咲い [続きを読む]
  • 息子たちの現状ほか
  • 次男が会社から持ち帰った物は、関連会社?が工場生産している野菜とそれを使ったサンドイッチでした。パンフレットには、洗わずにそのまま食べられて、栄養価も高いのだと書かれていました。池袋では西武と東武の両百貨店で取り扱い。通販の申し込み書も添えられていました。息子がお世話になっている会社に関係しているお野菜だ、と思うと母としては、多少の割り高には目をつむって購入しようかしら、などと思うのですが、当の本 [続きを読む]
  • 夫婦仲良く、病院の日
  • 今日は夫の病院受診の日。ほぼ毎回、一緒に病院に出かけています。今日は先生から、いつも仲が良いですねぇ。幸せですね。と入室の途端に話しかけられ、夫は思わず絶句していました。その様子を見て、私は笑ってしまいました。真面目なのはわかっているけれど、あそこまで真剣に言葉に詰まらなくたって良いのに・・・仕事も一緒、ゴルフや登山の趣味も一緒。35年以上の年月を過ごしてきたとは、我ながらビックリです。でも、この長い [続きを読む]
  • 社会人3人の月曜日
  • 月曜日、仕事に出かける次男に行ってらっしゃい!! と声を掛けるのも、なんだか新鮮な感じ。行って参ります。と答える次男は、少し緊張して見えました。合宿研修からも疲れた様子で帰って来ましたから。しばらくはクタクタだね。ガンバレ。三男も、本日から大学へ。3月中は、休みなく就活で動き回っていたけれど、第一希望の会社から面接の知らせが届き、少し落ち着いた様子。まずはちゃんと修論をまとめて卒業すること。さすがに [続きを読む]
  • 週末ですね。
  • 今週が漸く終わります。日曜日、月曜日と二日間の友人の葬儀。大学建築科の皆さんとのゴルフコンペ。そしていつものメンバーでの食事会。そして新年度のスタート。予定は全部クリアしました。4月3日は次男の入社式だったのですが、友の告別式の日でもあり、お赤飯を炊く気になれず、ごく普通の朝食で送り出しました。次男は今日まで、新人研修の合宿です。あまりの慌ただしさに、どうしているのだろう?と気にする暇もありませんで [続きを読む]
  • また日常が始まる
  • 友の前夜式(お通夜)と告別式に出席してきました。15歳で知り合ってから、45年の歳月を語り尽くすことはできないけれど、友人代表として同じ信仰を持つクラスメートが弔辞を述べました。弔辞を読んで、と頼まれた時、良いけれど、それは20年くらい先の話よね・・・と返事をした、というエピソードも語られました。本当に、あれよあれよという間に容態が悪化して、旅立ってしまったのですね。クラスメートとは有難いものです。友を失っ [続きを読む]
  • 願いも虚しく
  • ひたすら回復を願い、祈り続けていた友は、残念ながら、旅立ってしまいました。神の定められた時だった。私たちは同じ信仰の中に居ます。しばしの別れの後、また相まみえましょう。いずれ私もそちらに行くのですから。私のその時まで、しばしのお別れです。・・・でも、そうは言っても淋しいし、気を抜くと、涙が出てきそうです。年度末、税理士さんが監査に来ていて、忙しいのも救いです。思い出されるのは、3年前の昨日、3月30日で [続きを読む]
  • 春の嵐・・・
  • もしかしたら、と予想はしていたけれど、1本の電話で、良くない方へと予想が的中してしまった。ある程度想定していた、とは言え我が社にとっても、影響が無いわけではない。第一、嬉しい事でも無いわけで。でも、淡々と受け止められている自分が居る。間違いなく、30年を越える会社経営の中で培われた私の一面なのだ。自信がついたというのか、図太くなったと言うべきか。嵐の時は嵐のやり過ごし方があり、暴風雨なりの歩き方もあ [続きを読む]
  • 春の願い
  • 具合が悪かった友人。弔辞を読んで欲しい、と頼まれた、という話を聞いたけれど、きっと回復できる、と信じ、祈り続けていた。時々経過報告が寄せられていて、紆余曲折、一喜一憂はあったものの、方向性が決まり転院もできて、あとは一刻も早く、と思っていた矢先に、容態が急激に悪化して、集中治療室に入ってしまった、と知らせがあった。私にできることは、祈ること。それしかないのだ。なんだか泣きそうになってしまうのだけれ [続きを読む]
  • リンパマッサージと香りの効用
  • 体調を崩してから、夜にかかる仕事やお付き合いをずっと失礼していた夫ですが、このところ調子良く過ごしていて、昨晩は、久しぶりに夜の集まりにも出かけて行きました。仕事ではなくて、高校の東京同窓会の集まりだということで、復活の最初にはちょうど良かったのかもしれません。夫が出かけた、ということは、食事のことなど、私にも余裕が生まれます。昨晩は、仕事を定時で終えて、リンパマッサージに行きました。友人のお姉さ [続きを読む]
  • それぞれの身の上
  • 先日、大学時代の仲良し4人組で食事会をしました。部活の関係から、大学時代の友人のほとんどは男性なのですが、この4人は、本当に数少ない私の女友達なのです。親しくなった理由というのは、なんのことはない、みんな旧姓がカ行なので、何かにつけて、一緒に行動していたからなのですが、それにしても付かず離れず、今でも行き来できるのは有難いことです。定年後の身の振り方、年老いて、弱ってきた親とのかかわり、そして子ども [続きを読む]
  • 私にとっての、爆弾宣言
  • 就活中の三男です。エントリーシートを出して、説明会に参加して、と忙しそうです、少しでも、有望で賢い人材に見えるように、と写真館に写真も撮りに行きました。あれこれ、いろいろやっているようです。先日、ある会社からの分厚い封筒が届いていました。詳しく話を聞く時間がなかったので、今日ちょっと聞いてみたら、その分厚い封筒の会社に、教授に推薦状を書いていただき、推薦応募をしたのだそうです。要は、そこが第一希望 [続きを読む]
  • 矜恃を保つ
  • 長らく仕事をしていると、いろいろな経験をする。嬉しく、晴がましい経験もあれば、失敗して、挫折感を味わったこともある。素晴らしい人との出会いもあったけれど、できればご縁を持ちたくはなかった、という人との出会いもあった。失敗してしまうのは、致し方の無い事だと思う。失敗の無い人生なんてあり得ないし、挫折なくして成功も無い、と私は思っている。要は、その、できればしたくないような経験、失敗、挫折にどう向き合 [続きを読む]
  • 卒業の季節
  • 会社に帰って来た社員から、偶然通りかかった長男の通った大学は、今日卒業式だったみたいですよ、と言われました。2010年の3月だったから、もう7年もたったのですね。なんだか懐かしく思いました。先日、我が家では、次男が大学院を卒業し、彼の学生生活は終わりになりました。持ち帰って来た、製本された修士論文と学位記に私は胸が一杯で、なんだかウルウルしてしまいました。論文の最初の方に、研究の背景が書いてありました。 [続きを読む]
  • お休み報告その2
  • 大町では、わちがい というお店でお昼の食事をいただきました。こちらにお伺いするのは二度目です。わちがいは、大地主栗林家の屋号だそうで、明治時代からの建物の中でお食事をいただけます。3種類の飲み比べセット 夫はハンドルキーパーなので、私が美味しく飲み比べ致しました。白馬錦・大国・黒部それぞれに美味しいのですが、山荘の雪見酒用に、黒部を購入することにしました。おぼろ豆腐に信州サーモンに菜の花のオイルが [続きを読む]