jtstj さん プロフィール

  •  
jtstjさん: Home,Sweet Home
ハンドル名jtstj さん
ブログタイトルHome,Sweet Home
ブログURLhttp://threef.blog18.fc2.com/
サイト紹介文夫経営の建設会社の専務。家では3人の息子の母。家庭のこと自分のこと、そして少しだけ仕事のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供197回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2010/12/04 10:04

jtstj さんのブログ記事

  • 役所に行きました
  • 都庁に行き、決算の変更届けを出して、経審の予約もしてきました。例年の事ですが、決算が終わってから3カ月くらいの間はやらなければならない事務処理仕事が結構あるのです。都庁の建設業課や建築士事務所協会に届けを提出するのもそのひとつですが、さらに今年は、経審もうけることにしました。経審というのは、公共工事を受注するのに必要な審査で、経営規模とか技術力、経営状況分析、さらには社会保険に加入しているか、みた [続きを読む]
  • 人が変えられるのは
  • 小林麻央さんが亡くなられ、海老蔵さんの記者会見をテレビで見たのだけれど、海老蔵さん、変わったな、という印象を受けた。海老蔵さんのイメージは、暴行事件のせいもあるのだろうけれど、私の中では、あんまり好ましいものでは無かったのだ。でも、あの記者会見でイメージが変わった。ご本人が言っていたけれど、麻央さんは、海老蔵さんを変えた、奥さんだったのですね。人は変わる。人が変えられる理由は、愛。それしか無いのだ [続きを読む]
  • 平日のゴルフ
  • 平日、お休みを取ってのゴルフは、メンバーの男性お二人との組み合わせでした。お二人とも、ゴールドティーの権利がある年齢、とおっしゃっていたので、80代?かな、と思いましたがとてもお元気で若々しく、お一人は夫に付き合ってレギュラーティーからプレイされました。マイペースの夫は誰と一緒でもマイペースで、いつもと同じようなスコアでしたが・・・シャイで人見知りであがり症の私は(?)今年のワーストスコアタイでした。一人 [続きを読む]
  • 今日という日は・・・
  • 強風と雨の中、池袋の銀行に行きました。レインコートにレインシューズ。カバンも濡れても大丈夫なビニールの物にして、準備万端。思いの他、雨は激しくなくて、銀行もとても空いていて、スイスイ。ラッキー!!と喜んでいましたが、だんだん風が強くなり、帰り着く直前の強風で傘の骨が折れてしまいました。一瞬の強風で使用不能に。明治通りから会社までで、びっしょり濡れてしまいました。あ〜〜あ。本当は、今日お休みをいただ [続きを読む]
  • 父の日に
  • 今年の母の日、私はお嫁さんからプレゼントが届き大喜びしたことを書きましたが、父の日は・・・お嫁さんから手紙が届きました。プレゼントを買いに出かけようと思っていたやさきに体調を崩してしまって、手紙だけになってしまいました。お父さん、ごめんなさい。・・・なんて可愛いことが書かれていました。夫は、それだけでも嬉しそうでした。プレゼントももちろん嬉しいのですが、親のことを気にかけていてくれた、というだけでとても [続きを読む]
  • 小学校の同期女子会
  • 土曜日は、小学校の女子会がありました。金・土と連続飲み会になりましたが、こちらにも出席しました。出席者は、比較的、近くに住んでいる人が多かったのですがはるばる八丈島からの出席もありました。小学生だった女の子たちは、みんな還暦過ぎの立派な中年女性。お孫さんが居ておばあちゃんになっている人。ご主人と死別されて、事業を引き継いでバリバリ働いている人。仕事上の試験に挑戦して、さらにキャリアアップを目指して [続きを読む]
  • 蛍の夕べ
  • 夕べは、いつもの皆さんとの食事会でした。毎年、椿山荘でほたるを見て食事をしようね、と言っていたのですが毎年、出遅れて実現しませんでした。今年は早々と日程を決めて、漸く実現しました。そば処 無茶庵でのそば懐石 蛍光 をいただきました。どのお料理も涼しげで、美味。ワインの白でも合いそうでしたが、日本酒の久保田をいただきました。食後にお庭を散策。チロチロと闇にまたたく蛍の光も味わいました。はかなげで風情 [続きを読む]
  • サラリーマン川柳
  • お世話になっている社労士さんの事務所から、毎月「事務所便り」が送られて来ます。仕事上の情報ももちろん掲載されているのですが、雑談ふうの記事も楽しくて、仕事の合間に読んではホッコリしたり、プッと吹き出したりしています。今月号には、第一生命のサラリーマン川柳がいくつか掲載されていました。ゆとりでしょ?  そういうあなたは バブルでしょ?これが第1位だったそうです。第2位は 久しぶり! 聞くに聞けない 君の名 [続きを読む]
  • 忖度 そんたく
  • 雨でちょっと涼しい東京です。ご近所のお庭に咲くあじさいもしっとり雨に濡れてひときわ美しく見えました。雨にあじさい、似合うのですね。午前中は夫の病院でした。先週の火曜日、先生が体調不良で、1週間延びたのです。先生は回復されていましたが、やっぱり年齢を感じるな。若い頃は休診など考えられなかった。とおっしゃっていました。これは・・・がむしゃらな夫に対しての警告のおつもりかな、と私は思いながら聞いていましたが [続きを読む]
  • 大人だけの日曜日
  • 次男が就職してからは、土日とも、「朝、起こさないで下さい」というのが定着し、三男も便乗して起きて来なくなりました。かくして、土日の朝食は、この頃いつも夫と二人です。昨日は私が教会に行くまで彼らは起きてきませんでしたが、放っておいても、それぞれが自分で食事をし、思い思いに過ごしているようで、楽になったなぁ、と実感します。私は教会から帰り、テレビでゴルフを見ながら休憩して、今度はジムに出かけました。ゴ [続きを読む]
  • 三男の就職
  • 昨日、三男の就職についての記事を書いた時、実は手元に第一希望の会社から届いた三男宛の郵便物があったのです。差出部署は、人事部採用、とハンコが押してあって・・・良い知らせなのではないだろうか、と思いながら、開封もできず本人の帰宅を待っていたのでした。夜、三男が封筒を開けたら、採用試験 合格通知書が入っていました。良かったね。嬉しそうに、書面を見つめていた三男でした。第一希望の会社から採用していただける [続きを読む]
  • 子育ての終盤
  • 三男の就活もいよいよ終盤なのだと思われる。希望通りの道が開ければ、三男は他県で仕事をすることになる。長男は海外、三男は他県。次男は当面、自宅から通勤するけれど、彼もお金を貯めて、自立するのを目指しているのだと言っている。もしかしたら、来年4月からは3人家族。そのうち次男が独立して、近い将来本当に夫と2人になるのだ。いよいよ、子育てから卒業なのだ、と思う。子育ての真っ最中は、見えなかったことに、今、少 [続きを読む]
  • 修羅場の先に
  • 仕事をしていれば、誰にも仕事上の困難にぶち当たることがある。何事も無く、職業人生を全うできることなど絶対に無い、と私は思う。その時、どうするか。組織に所属している以上、自分の意向とは関係なくそういう場に着かざるを得ないことだってたくさんあるはず。むしろ自分の意向と一致することの方が稀なのではないだろうか。逃げ腰になるのではなく、挑んでもらいたいと思う。やってみよう、と前向きに考え、精一杯の力で取り [続きを読む]
  • 今日のできごと
  • 今日は夫の病院の日だったのですが、9時頃に病院から電話がありました。先生が体調不良のため休診・・・という連絡でした。医師も体調を崩す。当然、そういうこともあるでしょう。人間ですものね。どうぞお大事にして下さい。頼りにしております。というわけで、スケジュールが変わり、社内での仕事がはかどりました。決算が終わると、役所に各種の届け出をするのですが、その書類の準備がひと仕事なのです。法律が変わるたび、益々書 [続きを読む]
  • 土曜の午後とお財布
  • 土曜日は午前中、ジムに行きスタジオ1本とゴルフレッスンを受けました。この過ごし方は、我が夫婦の一番平穏なルーティーンです。お風呂とサウナで汗を流し、帰り道にちょっと遅めのランチ。それから帰宅。その後家で少しでも昼寝ができれば尚幸せ、というものです。おとといは、昼食の後、神保町に行く用事がありました。お財布とか靴などを皮で製作している工房があって、そこに支払いに行く必要があったのです。そこで作ってい [続きを読む]
  • 蟻とキリギリス
  • 弟が脚の手術をしたのが今年の2月。あれから、まるまる3カ月以上が経過して、弟は無職。リハビリに通院するのが仕事、みたいな生活です。無職、ということは無収入なわけでこれからどうなっていくのか、と考えると私は、心配で胸が一杯になります。夕べ、弟は行きつけのお店で食事をして、帰りに我が家に寄りました。おみやげに、さくらんぼ。キラッキラッの佐藤錦を持って来ました。奮発しちゃった、などと言い、さらに、三男の就 [続きを読む]
  • 夫の同級生
  • 昨日は夫にお客様がありました。大学建築科の同級生の方。近所まで来ているので、寄っても良いか?という連絡が有り、大歓迎でお待ちしていたら、間もなくKさんがいらっしゃいました。ずいぶん久しぶりだったようですが、すぐに打ち解けて話が弾んでいました。Kさんは建築科を卒業されたけれど、建築の仕事はしないで家業を継がれたのだそうです。そしてそれも、今はご子息様にお任せになったとか。夫も我が家の息子たちの話や、仕 [続きを読む]
  • 友人の消息
  • 先日、友人の消息を聞いた。病気になり、失明してしまい、もう20年くらいになる友。闘病の中で、精神も少しずつ、蝕まれてしまったようだが、諦めなのか、現状を受け入れたのか、そのまま、静かにバランスを取りながら暮らしている、そんな彼女の状態を私は知っていたのだ。けれど、彼女の体は、だらだらと坂道を下るように悪くなっていたようだ。人工透析になるのだ、と聞いた。カリウムとタンパク質と水分、塩分の制限がかかる。 [続きを読む]
  • 週末の予定
  • 週末は仕事とは別に用事、予定が詰まっていて、ウイークデーとはまた違った忙しさがあるものです。でも、基本的に、好きなことの予定で楽しみでもあり、成果、結果を求められないのも心が軽やかです。夫は土曜日の早朝から、山荘へ行きました。近隣の山荘の方たちと、水源清掃をするのです。私は都合で同行できなかったので、一人で運転して出掛けるのが少し心配でもあったのですが、ちゃんと往復して水源清掃もして、おまけに登山 [続きを読む]
  • 昨日という日は・・・忘れていた記念日
  • 昨日は36年目の結婚記念日でもありました。私は30期の決算が終わった事で脱力し、会社が良く続いた物だ、という感慨に浸りましたが、後で結婚記念日を思い出し、36年間の夫婦の時間、というのも凄い時間だと感じました。以前は結婚記念日の頃にゴルフ旅行に行きましたがここ何年かは、とりたてて何にもしていません。今回など、思い出したのが夕食後の後片付けをしている時でした。(夫は・・・忘却の彼方かな?)喧嘩しながらも、とにか [続きを読む]
  • 30年
  • 会社で一日、忙しくしていました。昨日税理士さんが来て、決算を確定しました。明日、税務署に決算書を持って行きます。毎年のことですが、納税を済ませて、ちょっとだけ一息入れたら都に提出する書類を片付けなければなりません。そして、会社とか、他の諸々の総会を終えると、ようやくホッとできるのです。でもその頃は、もう1年の半分が過ぎてしまっている。その繰り返しの毎年です。30期の決算が終わって、30年という年月の重 [続きを読む]
  • 夫の言葉に思うこと
  • 夫の病院の日でした。途中、インターバルはあったものの、もう通い始めてかれこれ1年以上になりました。このところ調子も良く、側で見て居ても安定しているように感じます。先生との雑談も楽しそうでした。体調が悪い時でも、奥さんにバックアップしてもらえて恵まれていますよ。服薬管理もしてもらえるし。と先生がおっしゃった時に、本当に、感謝しています。と言った夫。我が耳を疑いました。そして、調子が良いと、100%働けな [続きを読む]
  • 食事会と友達
  • 先日の食事会は、フレンチの可愛らしいお店でした。見た目も味も大満足。幹事さん、有難うございました。玉手箱のような一皿は、わぁ!!と声が上がりました。ビール、シャンペン、赤とボトルが2つ空きました。牛肉の赤ワイン煮。ホロット柔らかいお肉、ワインが良くあいました。そして昨日の日曜日は、礼拝の後、ちょっとした用事を済ませ最後は古い友人の家に寄りました。彼女は長男が保育園に通っていた時からの友人です。玄関ド [続きを読む]
  • 週末ですね
  • 週末、金曜日です。私はこれからいつもの友人との食事会。月に1回くらいのペースで、美味しいものを食べに出かけています。忙しければ、無理して参加はしない、なんとなく、幹事も旨い具合に順番で。予算もリーズナブルで、タマには奮発しよう、という時も、みんなで納得した上で。いろいろとわきまえたお付き合いをして下さるのが長続きしている理由だと思います。泊りがけの旅行にもずいぶん一緒に出かけましたが今は、それぞれ [続きを読む]
  • 昨日の夕食は・・・
  • ご近所のタイ料理屋さんに行きました。夕べは、夫と弟と私の三人でした。食べた物の一部です。その時の話題から・・・次男が内定をいただいた会社は、分割し、売却されたそうで、入社した時には勤務地は変わらないけれど、社名は変わっていたそうです。技術系の息子は、大元の親会社の名前がついた会社の社員。M&Aで勤務先が変わる、ということが身近であるのだな、と驚きました。研修中でも次男は忙しいらしく、家で夕食を食べる回数 [続きを読む]