きみお さん プロフィール

  •  
きみおさん: きみおの趣味的Life
ハンドル名きみお さん
ブログタイトルきみおの趣味的Life
ブログURLhttp://ameblo.jp/kiiimiiiooo/
サイト紹介文ジギングなどの海釣り、ルアーのハンドメイド、釣り魚料理やその他料理、ペットや日常を綴ってます。
自由文ハンドメイドペンシルの製作工程を公開しています。
釣り魚を中心にイタリアンや和食の料理をします。
ペットはゴールデンレトリバー。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2010/12/04 22:01

きみお さんのブログ記事

  • 富山湾 ジギング
  • 朝焼けの立山連峰。雪が残って綺麗です。ここのところ、度々青物爆で、皆さん大型クーラーを持ち込む。船上の期待は見事に裏切られ…ガンガンシャクって、なんとまあチダイ。単発ナブラにキャスティングするも不発。青物あきらめ、スロージギングヒラメとアコウうーん、ここのところ厳しいな〜 [続きを読む]
  • 天空の郷 果無集落
  • 世界遺産に登録された熊野古道。その内の一路、高野山と熊野本宮を、ほぼ一直線で結ぶ小遍路は、深い山中を貫く。その最果ての山の頂きに、その集落はある。その名も「果無(はてなし)集落」。正式な集落名で、それだけで郷愁をそそる。天空の郷とも呼ばれているそうだ。1000年以上前から、信仰心の厚い日本人が、命懸けで、綿綿と山中を歩み続けている。世界遺産にふさわしい。山の尾根沿い、この先にわずが2〜3軒が、肩を [続きを読む]
  • 丸山千枚田
  • 田植えを終えたばかり、鮮やかな緑が目に焼きつきます。日本っていいな〜……TVのナレーションそのままです。1番小さな棚田は、わずか0.5m2だとか石積みなど、常にメンテナンスが必要で、人の手が離れたら、あっという間に荒れ果てるだろう。参考までに [続きを読む]
  • マンボウの天ぷら
  • 熊野にて人生お初の食べ物を頂きました。手前の天ぷらがマンボウ。はなから期待はせず、人生お初で、珍しいという訳で…注文したので、自業自得です。食感はプニョプニョ系。味は無し?淡白通り越して無し。奥の赤イカは柔らかくウマウマでしたので、調理が悪い訳では無さそう。 [続きを読む]
  • 富山湾のメジロ
  • 春のメジロはとってもざんねーん!なのがセオリーですね。それが寒鰤ブランドの氷見のお膝下であっても、例外ではありませんでした。刺身ではとてもダメダメ。そこで、思案し閃きましたホイル焼きにしてみましょう。バターでコクを出して、淡白な味を誤魔化します。更に、家内お手製の山椒味噌をたっぷりと…良い香り。山椒と味噌、砂糖なんぞをミキサーしたそうな。白米に付けるだけでとっても美味いですよグリルで15分。その間 [続きを読む]
  • 富山湾ジギング
  • 今シーズンの輪島鰤祭りには、風予報でまたまたフラれ…能登半島の反対側、富山湾はいつだって出航できます。てな事で、急ごしらえでスロージギングの用意。朝イチ、海はいい感じ。鳥もパラパラと気持ち良さげです。開始第1投目で、逆サイドでブリ3本同時ヒット。今日は楽勝か?2本の鰤が取り込まれ、私も含め気合いモリモリ!…でしたが…この一瞬以降は、海が完全沈黙。…長い修業…やっとあたりが!底物狙いのスロージギング [続きを読む]
  • ダイビングペンシル自作の時間
  • アルミを貼り終えたら、自作工程で一番楽しい時間ですあれこれ考えながら、ハサミでホロシートをチョキチョキ目玉と傷は有り合わせの反射シールを利用しましょう。自転車なんかに貼るやつね大きな魚に噛み付かれ、瀕死のベイトを演出しましょうお気付きですか?背と腹が逆です。決して間違えた!訳ではあませぬ。その訳は…内緒…な訳ないか。。 [続きを読む]
  • ダイビングペンシル製作
  • 中途半端に作りかけ…随分以前のブランクが、釣具の中から一本出て来ました。青物トップゲームの準備には、ドンピシャのタイミング。数年ぶりに製作意欲が湧いてきたよ。ラッカースプレーの黒と白で吹き付けた、チョー手抜きです。取り敢えずアルミを貼りましょう型紙をこしらえて、切り抜くという、オーソドックスな手作り感満載ですねー顔はハサミで切りながら合わせますこんなんかなー目玉どーしよーラメは手抜きしましょ。 [続きを読む]
  • 不思議ミュージアム
  • 高山の街並みからJR線を跨ぎ、車で10分程。住宅街に突如現れる巨大な要塞。ここを訪れるのは2度目だか、やはりその存在感に驚かされる。ここは、とある宗教団体の総本山の隣光ミュージアム歌川広重の企画展にやって来た。湯水の如く資金をつぎ込んで建築されたに違いない。所蔵品にも驚くばかりだ。横山大観などの日本画から、モネ、ゴッホの洋画。彫刻やら、果ては恐竜の骨まで…宗教とは無縁だが、一度訪れる価値は有る。次 [続きを読む]
  • サワラの祟りか?
  • ボートシーバスの準備をととのえて、さあ、明日は出撃……夕食時から左足のこうが痛み始め……腫れと発熱が…夜中には汗ビッショリ(オヤジの汗は最悪)電話でのドクターのみたては痛風!!!マジ!!!こいつとは付き合いたくない魚類はプリン体けっこう多いのね〜知らなかった。サワラの食べ過ぎか??月曜日に診察してもらおう [続きを読む]
  • 舞鶴のさわら
  • 立派な寒ザワラが釣れたので、今日は炙りにしてみます。自分の過去記事で、改めてサワラ料理をチェックしてみるとシメさわらやらサワラの味噌漬けやらソテー、醤油漬などなど…我ながら、よくもまぁずーときになっているのは、タタキです。なんせ、クッキングバーナーをやっとゲットして、念願のサワラのタタキの出番ですらね。腹側の一番美味そうな所で決めましょうコレをバーナーであぶましょこんな感じかな〜さわらの炙り刺身あ [続きを読む]
  • 舞鶴サワラジギング
  • やりました。2魚種記録更新こちらはスズキ君産卵後かな?捌く時に確かめましょうこちらも自己記録更新。今日の本命サワラです実は昨日、この寒ザワラが食べたくて、クッキングバーナーをAmazonでポチリました。船上で配達完了メールも入り、ミッションコンプリート!京都は舞鶴東から、スーパーコーリンさんでした。 [続きを読む]
  • ホウボウはこれに限る
  • 名古屋っ子のシーバスとホウボウシーバスは取り敢えずお刺身で添え物のワカメも美味い??船長H氏が身を呈して収穫してくれた、ワカメの若芽(葉)(^▽^;)でした。ホウボウはアクアパッツァが相性バツグンハーブソルトを両面にふって、ガーリックオイルで焼き付け旬の牡蠣、ネギなんかと白ワインで煮込みますよカキとも相性ヨシでした。。 [続きを読む]
  • 初釣り ボートシーバス
  • H号オーナーさんの御誘いで、遅ればせながら、初釣り出来ました相変わらずのど素人では、名古屋港の都会っ子シーバスは見向きしてくれません。大苦戦。しかーし、突然の時会いと的確なポイント選びで入れ食いタイムに突入。今年を占う釣果は、60含む賑やかなシーバスとホウボウでした。さてさて、食べるの楽しみやな [続きを読む]
  • 防衛省
  • 防衛庁が防衛省に昇格せんとする頃。世はまさにバブルのど真ん中。当時、六本木の防衛庁界隈と言えば、バブリーでキラキラした人々で溢れ返り、誰も彼もセレブ気分にで浮かれていたのでした。そんな六本木の一等地を、バブリーな値段で売っぱらって、ここ市ヶ谷に引っ越して来たのは、先見の明か?終戦までは、大本営の所在地で、いわゆる大本営発表はココでなされました。江戸を見下ろす高台にあり、江戸城の護りを担っていたエリ [続きを読む]
  • 一般公開されてます
  • 迎賓館に招かれたので……なんて事は勿論ありません。招かれるのは、海外の元首クラス。国賓だけですからね〜招かれなくても、私、一般ピープルも見学出来ます。安倍総理の一言で、国民に公開されることになったようで、納税者としては、当たり前に胸を張って入場しましょう。空港のセキュリティチェックのごとき、金属探知機をくぐり、荷物検査。内部は残念ながら撮影禁止ですが、正真正銘、VIP達が晩餐会やらセレモニーやらの [続きを読む]
  • 鰤の内臓
  • 昨晩は、持込みブリで忘年会美味しい鰤で、楽しい夜を皆さんありがとう自宅用持ち帰った鰤は、年末の食材にもってこい。エラと内臓を取り除き、クーラーボックスで強制熟成です。肝と卵巣は捨てません。胃袋は迷った末、今回は生ゴミへ。以前に食べた胃袋もイケてましたけどね。血が滴る肝臓は、熱湯で臭み抜きしてハマチのカマとゴボウで甘辛く煮付けマッタリとしたレバーとホロリする卵がグッド。立派な一品になります。 [続きを読む]
  • 福井三国ジギング
  • 長い荒れ後の凪と週末が重なって、どの船も満船御礼。昨日の様子を聞けば、海の中は魚だらけ。でも釣れない…と船長は悲観的。ほぼ全員、誰も脱落する事なく1日シャクり倒し、心が折れそうな頃合いにポツリとロッドが曲がる。私は中盤にサワラ。こいつは嬉しい。ハマチ、アオソイ。ストップフィッシング直前にメジロ。このメジロ、船長のアナウンス通り、ボトムから50m?も追いかけて、ドンピシャのタイミングでフッキングでし [続きを読む]
  • 札幌へ向かう峠では、慣れないレンタカー組を横目に、地元のバスが追い越して行く。一夜明けカーテンを開けてみる。天気予報とうりの冬景色。雪も良いもんだ。呑気な気分で雪を眺める。が…空港に来てみると、全便飛んでいない。はてさて、何時間待たされるか?座って待つしかない。 [続きを読む]