武山小町 さん プロフィール

  •  
武山小町さん: 店主のブログ
ハンドル名武山小町 さん
ブログタイトル店主のブログ
ブログURLhttp://royalshop9952.blog33.fc2.com/
サイト紹介文着物のはぎれ、帯のはぎれ、アンティーク、アクセサリー、手作り、を紹介
自由文古布で小物を作っている方必見です
つるし雛、バック、リメイク服に
古布はぎれを100円からお安く提供しております
いろんな和服のはぎれを販売してます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2010/12/06 17:01

武山小町 さんのブログ記事

  • 着物のはぎれ「ティッシュケース」
  •                              着物のはぎれでティッシュケース手作りする方は誰しもが一つは作るティッシュケース。こんな小さな手作り小物は、シーンに合わせて使えて、いただいてうれしい小物です。ちょっとアールがかかった開け口のアイデアと、色も配色がいいですね。正絹のブルーグレーの無地に鹿の子柄の赤とピンク。いただきものですが、こんなちょっとしたこものは、使ってみて、ちょっとテ [続きを読む]
  • 着物のはぎれ「お財布にひと手間アップリケ」
  •                         着物はぎれ「モスリン花柄でかんたんアップリケ」 何かひと手間加えたいと思い、モスリン子供着物花柄をアップリケしてみました。簡単に上からぬいつけただけですが、お気に入りのはぎれをいつも目にすることができると、ちょっとテンション上がります。もとはデニールのこれはこれで素敵ですが、ちょっと小さなリメイクやってみたくて!気が付けば、いつも首からつるしている眼 [続きを読む]
  • 着物のはぎれ「今年の干支ニワトリ」
  • 着物のはぎれ「ニワトリ」今年は酉年。干支にちなんで、ニワトリの置物です。知人の作品ですが、美化された姿はとても素敵ですね。丹後ちりめんの白生地で作ってあります。 小物を作るとき、女子着物のかわいらしいピンクをポイントに使うと、とても引き立ち、どんなものでも、こんな女子着物の華やかな色味はとても役に立ちます。目はフェルト、とさかの部分は、人気の縮緬で、くちばしの小さなところまで正絹を使うこだわりは [続きを読む]
  • 着物のはぎれ「はたき」
  •                            着物のはぎれ「はたき」 実家にあった昔のはたき、使ってなさそうなので、いただいてきました。これがとても使いやすい、軽く、はたきやすい。パタパタと、上から下へと「まるで腱鞘炎にでもなるんではないかと思うほどパタパタと」です。ここで「心身に喝を入れる」このすっきり感はこのはたきならではの感覚です。暇に任せて測ったサイズは1?巾84枚27?ということは、1 [続きを読む]
  • 着物のはぎれ「京紅型でネコの置物」
  •                           京紅型のはぎれでネコの置物古代色の絵柄とターコイズブルーの目のコントラストで妖艶な猫になりました「知人の作品」詳細をアップすると、たぶん小物づくりに慣れている方は、できてしまうのではないかと思います。料理上手の方が、外食でおいしいと思ったものを、食べただけで、家で忠実に再現できるように!です。手芸用「ペレット」中身は「ペレット」というポリプロピレ [続きを読む]
  • 黒のベルベットでネコのぬいぐるみ
  •                         黒のベルベットコートでネコのぬいぐるみ  黒のベルベットコートのはぎれで ネコのぬいぐるみ「知人の作品」とても手触りのいいベルベットは、触れた瞬間ほんのり心が和らぎます。目にターコイズブルーを使ったのが、ポイントで、一層引き立ちます。ぬいぐるみは買うものだと思ってましたが、こうしてはぎれで、しかも古布を使って、作ったものは、さらに愛着がわきますね。髭 [続きを読む]
  •                               女子子供着物で鏡台カバー                                  あまり持っている方はいないかと思いますが、昔の古い小さな鏡台です。傷があるので扇の小物で隠していますが、実際に使っています。このはぎれを見た瞬間に、この鏡台にカバーを作ろうと思い、何故か手縫いでチクチク縫いました。                  [続きを読む]
  • 木綿絵がすりでコースター
  • 着物リメイク「木綿絵絣糸巻き柄と子供着物胴裏の赤でコースター」木綿を使ってちょっとあると便利な絵絣と赤木綿のコースターこれは20年も前に、母と作ったコースターです。実家に残ってました。和裁も洋裁もできた母は、4人姉妹が子供のころ随分と、洋服を作ってくれてました。小学校の時に作ってくれた、白地に水玉のワンピースは、とても気に入って、今でも鮮明に覚えています。皆が大人になり、作るものもなくなり、繕いもの [続きを読む]
  • 着物リメイク[黒地着物で風に揺れるチュニック]
  •      着物リメイク「風に揺れるチュニック」黒の兵児帯でチュニックを作ってもらいました。昨年は白の縮緬でタンクトップを、手縫いで必死に作りましたが、今回は知人で洋裁、和裁の熟練者にミシン縫いで作ってもらいました。襟ぐり、袖ぐり、諸々つれることなく、とてもきれいに、仕上がりました。さすが熟練者!丈50?×巾65?。広げると、ほぼ正方形。朝の連ドラで昭和のリメイク服に登場した直線裁ちに近いです。50 [続きを読む]
  • 着物のはぎれ[風に揺れるチュニック]
  •                          着物のはぎれ「風に揺れるチュニック」黒の兵児帯で、チュニックを作ってもらいました。作りましたではなく、洋裁、和裁熟練者の知人に作ってもらいました。昨年は手縫いのタンクトップを必死に縫いましたが、柔らかい布のミシン縫いは、私にとって、ちょっとハードルが高いので。襟ぐり、袖かがり、とてもきれいに出来上がっています。さすが熟練者!着丈50?と短めなので、何 [続きを読む]
  • 着物のはぎれ[ワインボトルケース]
  •                   黒地のはぎれと子供着物はぎれでワインボトルケース知人の作品です。ここでも女子着物、襦袢地が活躍です。赤地は金砂子が散らしてある襦袢地。中は接着芯が張ってあるので、しっかりとしたものになっています。7?角×30?の筒状のもので750mmのワインをいれられることができます。間に赤いひもと金のひもを縫い付け、アクセントがつき、とても高級感がでますね。小さなはぎれの寄せ集め [続きを読む]
  • 着物のはぎれでブライスドールのワンピース[アウトフィット]
  •                      着物のはぎれでブライスドールのワンピースはぎれをながめていて、ふと思い立って作ってみました。ドールの洋服初挑戦です。こんな感じでいいんでしょうか?見よう見まねでチクチク手縫いましたが、裾だけミシンデビューです。小さなはぎれで作れるドール服です。鮮烈な赤地ときれいな花柄が手伝って、自分でいうのもなんですが、見かけかわいいです。割と簡単に作れて、思わぬ表情が [続きを読む]
  • 花柄のラミネート生地でポーチ
  •                     花柄のラミネート生地でポーチ昨年購入してあったラミネート生地で、実はオーダーして作っていただきました。何か入れ物をつくるとしたら、ラミネートだと裏地がいらないと思いましたが、ファスナー付けの経験がないので、進みませんでした。近くにクリエイターさんのものを集めて、手作りのお店がありましたので、お願いしました。さすがきれいに作ります。透明シートもつけていただき、 [続きを読む]
  • 着物のはぎれ[モスリン花柄女の子の着物]
  •                                大正時代のモスリン女子着物時としていろんな素材と柄がつかわれているモスリン着物に出会う。すでに解いてしまったものですが、袖、身ごろ、エリの違った絵柄が楽しめる。まさに「一粒で何度もおいしい」です。こちらは人絹「じんけん」の身ごろ部分ですが、このまま額に入れて飾ってもいいくらいの、華麗な花色です。 [続きを読む]
  • 古布蚊帳生地「紫外線対策と汗取りストール」
  •                木綿 蚊帳生地で紫外線対策と汗取りストールタイ綿のボンボンストールに古布蚊帳生地を合わせてリバーシブルに。暑い日に首に巻くのも、それだけで汗が出てしまう感じですが、巻く分の長さをカットして、1メーターの長さに。カラフルなビーズがついていることで、適度な落ち感があり、くるっとするだけで安定します。ストール初めての体験ですが、結構汗っかきなので、手軽に汗ふきができるものを [続きを読む]
  • 着物のはぎれ[袱紗]
  •                                  着物のはぎれで袱紗知人の作品ほとんどの袱紗が、袋状になっているか、ふろしき型ですが、こちらはリバーシブルで、裏表使えるよう縫い付けなしの袱紗ですシルバー色に輝く綸子地の袱紗大島柄に似た、鮮やかな紺地に真紅のバラ柄が引き立ちます作者が以前着ていた羽織から作ったそうです。着ることがほとんどななくなった今、こんな形で、小物に蘇るとは。い [続きを読む]
  • 着物帯のはぎれ[懐紙入れ]
  •                 帯地のはぎれで懐紙入れ知人の作品帯地のはぎれで懐紙入れ「UL640}もともと懐紙いれはお茶席で使うものなのです。茶道はごく限られた方の小物ですが、今は様々な使い方があります。いただいたので、茶道のたしなみがない私は、通帳いれに。17?×11?と小さめでシンプルなので、留め金はフラットに仕上がる小さなホックを着けました。ちょうど6冊くらいが、ベストで、早速使っています。端は千鳥 [続きを読む]
  • つまみ細工の髪飾り「結婚式」
  •        結婚式に手作りでつまみ細工の髪飾り一つ一つパーツを作り、仕上げ豪華なお花が出来上がりました。お母さまが娘さんのために丹精込めて作り上げた、プロ顔負けの素敵な髪飾りです。一生に一度の幸せな瞬間に、手作りの髪飾りも手伝ってより一層輝きのあるお姿です。白無垢に羽二重のつまみ細工髪飾り白一色のつまみ細工髪飾りアレンジが素敵です。赤と黒のコントラストが、とてもモダンな髪飾りです初心者とは思え [続きを読む]
  • 着物のはぎれ「花魁ネズミ」
  •            着物のはぎれ「おいらんネズミ」縮緬の白でネズミ、作り、背中に花尽くしの飾りを付けた、華やかな姿です。つるし飾りの講座に通っている、知人の作品です本来の「花魁」とは江戸時代の吉原遊郭の位の高い遊女の帯をまえむすびにして、豪華に飾った姿のことですが、これは縮緬で作った白いネズミに、それだけでは、寂しいので、背中につまみ細工の小花を飾った。その姿が「おいらん」に似ていたことから、 [続きを読む]
  • 木綿のパッチワークトップス
  •  タイ綿のパッチワークトップスの古着です。ネットでゲットしたものですが、厚地のざっくりとした味わい深い古着です。少し退色してますが、気兼ねなくざぶざぶと洗え、普段使いに。時々、火野正平さんの「こころ旅」を見ていましたが、こはぜ「足袋の止め金具」を袖口に使ったリメイク服を目にし、すっかりファンになりました。まとめてビデオにいれて研究してますという男の方、参考にしていますと女の方。近頃珍しくいい番組 [続きを読む]