culture yurimomo さん プロフィール

  •  
culture yurimomoさん: 和華楽  〜カルチャー教室 in 東京都〜
ハンドル名culture yurimomo さん
ブログタイトル和華楽  〜カルチャー教室 in 東京都〜
ブログURLhttp://culturewakaraku.blog6.fc2.com/
サイト紹介文茶道・華道いけばな・フラワーアレンジ・ラッピングを通して日常を豊かに過ごす為のご提案ブログです
自由文趣味を通して楽しみを見つけ、日常を気負わず、心豊かに過ごすためのご提案
粋でいなせな日本の心を体験してみませんか・・・・(*^^)v
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/12/07 11:07

culture yurimomo さんのブログ記事

  • 初めてのお茶会に訪れて。。。『献茶式・奉賛茶会』
  •  おはようございます、yurimomoです 気まぐれな移ろいやすい空模様の季節・   爽やかな晴天に恵まれました一日・ 皆様ともに、初めてのお茶会を訪れて。。。    江戸時代、“天下祭”と称されました祭礼・ 日本三大祭のひとつと伝わります“山王祭”の最終日 “山王日枝神社”にての『献茶式・奉賛茶会』へ 最初は、濃茶席より。。。   待合。。。     初夏のこの時節柄、“瀧・”の一文字     マイナス [続きを読む]
  • 和装の装い。。。“格”について
  •  おはようございます、yurimomoです 梅雨入り・を迎えまして   湿度の気になりますこの頃       いかがお過ごしでしょうか? さて早速ですが、和装の装い・   ・・・“格”についてご紹介致します・  最初に、装いの“格”と致しまして。。。   “第一礼装”→“準礼装”→“略礼装”→   “普段着(街着)”の様な順番に、最初が格上となります  さて、一番格の高い装い・“第一礼装”とされております中 [続きを読む]
  • 節目のひと時 2。。。祝い席の楽しみ・??
  •  おはようございます、yurimomoです さて、前回の続き、後入りより、いよいよお茶の始まりです  まずは濃茶より。。。   前席でのお菓子・“唐衣(からころも)”     〜たいへん珍しく、美しい着物         ひらひらと、軽やかなイメージ・   お茶碗・“天女の舞・”は     目に麗しいお菓子のイメージとぴったりの御銘   様々な宝物が散りばめられた“宝尽くし”、そして“唐松”  実践では、久 [続きを読む]
  • 節目のひと時 1。。。祝い席の楽しみ・??
  •  おはようございます、yurimomoです 新緑・ の爽やかな初夏を迎え   皆様とともに、節目の祝席を楽しみました・  待合にて。。。    床には、能面の画      ・・・何やら、意味ありげな楽しみの予感・  本席、初入りにて。。。    良いことの起こる兆し・・・“瑞雲”      日本一の霊山・ の眺望    そして、青々と連なる山々・    唐花紋の釉裏紅の文様より・・・      “唐花”とは [続きを読む]
  • ご出産前のひと時。。。初めての楽しみ
  •  おはようございます、yurimomoです ご出産前のひと時にて。。。    初めての茶の湯のお稽古 心豊かなひと時を、楽しんで参りました ある晴れた麗かな春の日    アッという間の学びの日々が過ぎ 仕上げの“お見立て”のお点前を迎えました              〜 銘;春の夢 〜                穏やかな春の夢のごとき時を。。。                         〜 姿 [続きを読む]
  • 熟練作家様との素敵な出会い。。。信楽焼
  •  おはようございます、yurimomoです 爽やかな季節となりましたある日   熟練の作陶家様との素敵な出会いを頂きました・ 皆様も日頃、お蕎麦屋さんの店頭などにて   一度は目にした事もおありでしょう   。。。“狸”でおなじみの焼き物・・・“信楽焼”  “信楽焼”の元よりの産地は、滋賀県甲賀市信楽町     その始まりは古く、平安時代末期  742年聖武天皇により造営され     “紫香宮の瓦”を焼い [続きを読む]
  • 茶道具展。。。ご紹介
  •  おはようございます、yurimomoです あっという間に、桜吹雪の舞い散る候・ となりました さて、晴れた日には心地よい時節。。。   茶の湯に関します展示が、あちらこちらにて 中でもお勧めな二大展示のご紹介。。。    なかなか一同に拝見できる事の少ないお品に  心奪われますひと時・・・まだ、しばらくは楽しめます・                                             [続きを読む]
  • 陽春の候
  •  おはようございます、長い間、ご無沙汰しておりましたyurimomoです 桜の開花・ の待たれます頃の事   陽春の一日を、茶の湯のひと時にて、楽しんで参りました・  待合にて。。。    和歌懐紙より・・・      春霞の立ち満ちる情景を感じて    これより、馬にて、遠乗りに出かけて参りました  最初のお部屋にて。。。    ときのものがあしらわれた茶花      ・・・山吹・貝母    楚々とした [続きを読む]
  • 2017 テーブルウェア展 2
  •  おはようございます、yurimomoです そして、前回の続きより。。。   古くは、ヨーロッパ各地の王侯貴族に   遠く離れた日本より、輸出されて参りました歴史をもちます   日本の繊細かつ優れた技術を誇ります漆器   日本一と評されます漆器・“輪島塗”より     “輪島塗”の多くは、木地師・塗師・蒔絵師・等々        多くの方々の分業により、できあがります     その分業によります作品より  [続きを読む]
  • 2017 テーブルウェア展 1
  •  おはようございます、yurimomoです “2017 テーブルウェアフェスティバル”にて      目につきましたものをご紹介致します・             〜 オリンピックテーマのポップな装い 〜                                  〜 ガーデンパーティーにて、Happy Birthday 〜 このたびの展示では、“和テイスト”が多く見られました  最初にご紹介いたします [続きを読む]
  • 大切にしたい。。。“叶う心”
  •  おはようございます、yurimomoです 極寒の中にも、遠く春・ を感じる候となりました  さて、少しずつ、茶事・茶会の楽しみに触れる機会も 増えて参りました頃、大切にしたいお心もちのひとつ 。。。“叶う心”について、ご紹介致します・  “叶う心”とは。。。    お互いの心が、響き合う事  千利休のお言葉に・・・    “叶いたがるは悪し” と、教えを説いてござます      “叶いたがる”とは。。。  [続きを読む]
  • 皆様ともに、寿ぎの時。。。2
  •  おはようございます、yurimomoです  さて、早速ですが、前回の続きより。。。  中立を経ての後入り。。。いよいよお茶の始まりです  最初は、“濃茶”から。。。   前席にて、いただきましたお菓子より                                 〜 御銘;初とり 〜   今年の干支・酉に因みました意匠のお菓子にて     “神のお告げを知らせる鳥”とか       “夜明けを告げ [続きを読む]
  • 皆様ともに、寿ぎの時。。。1
  •  おはようございます、yurimomoです しばらく、ご無沙汰しておりました このところ寒波・ の影響にて、 極寒の日々が続いております     さて、そんな大安吉日、晴天・ に恵まれまして・・・   本年、初めての皆さまとものお顔合わせ   “初釜”にて、寿ぎのひと時・を、楽しんで参りました  皆様、最初はやはり、やや緊張気味・   初入りの席入、ご挨拶より・・・   毎年の最初に迎えますこのひと時    [続きを読む]
  • お正月花
  •  おはようございます、yurimomoです “酉”年を迎え。。。    昨年末のお稽古に、新たな年に願いを込めて このたびの花材は、“酉”に因みまして・・・      極楽鳥花を用いて・・・        天にも昇る極楽の美しい鳥の頭部に想いを馳せて        その姿・形より、名付けられました“和名”です            原産地は、南アフリカ      バショウ科・ストレリチア・レギナエ     [続きを読む]
  • 新春を迎えて。。。
  •    謹賀新年        穏やかに、お健やかな年をお迎えのことと、お慶び申しあげます     今年は、“丁酉(ひのと・とり)・ ”・宮中歌会始めの御題・“野”    “酉”は。。。      明け方に鳴く鶏・ の事      一番に鳴く鳥の為、縁起が良い・ とされております   また、“酉”は、もともと酒壺を意味し      収穫した果実から、お酒を造る行為に由来したとも・      この事と音・ [続きを読む]
  • 木枯らしが吹き、冬木立の候…2
  •  おはようございます、yurimomoです さて、早速ですが、前回の続きより。。。  お席も改まりましての“後入り”より       いよいよ“濃茶”よりのお茶の時間の始まりです  冷たい雨を連想させます茶碗の御銘・“時雨”    茶碗の表面の表情に、雨雫の滴り落ちます様子を垣間見て・・・  “知るを足る”事により、人は不平不満がなく       心豊かである事ができますもの・  せっかくの勉強会、また別 [続きを読む]
  • 木枯らしが吹き、冬木立の候…1
  •  こんにちは、yurimomoです 今年もいよいよ最後の月・十二月に入り…   木枯らし・ が吹き、冬木立・ の候の晴れやかな日 初めて、他社中の皆様との交流を兼ねた   合同社中での茶事の機会を体験して参りました  待合より。。。   寒空に雪の降りそうな一面の雲が          夕日にかかる重暗い様子に、冬を…              〜 待合床より 〜  立ち枯れの照り葉・水木に         [続きを読む]
  • 歴史ある御干菓子のご紹介
  • おはようございます、yurimomoです 先般、ある方より、古えより今に伝わりました   御干菓子をいただきましたので、ご紹介いたします・ その御菓子は、今に伝わります事・・・約千年   古の奈良時代・遣唐使により、日本に伝えられたとされております   昔は、超高級品、お茶と同様、いわば薬の一種のような   身体に良いものと考えられておりました                  〜 銘・清浄歓喜団 〜  [続きを読む]
  • “茶壺”。。。はじまりの季節
  •  おはようございます、yurimomoです さて、ご紹介の順序が逆になってしまいましたが。。。 初めて拝見されました方もありました。。。“茶壺・” 本日は、“茶壷”の基本的な事につきまして、ご紹介いたします・                〜 口切・初入の床 〜 “茶壺”は、お道具としては。。。    大陸からの伝来物…今で言います輸入品に当たります    呂宋(るそん)の真壺を、第一とするとされております [続きを読む]
  • 錦秋のひと時、五感で楽しむ御祝席 2
  •  おはようございます、yurimomoです 11月上旬のある秋晴れの日・ 皆様とともに、錦秋のひとときを楽しみました・  さて、前回の続きより。。。    こうして宇治に届けられました“茶壺・”        茶詰めは。。。     “宇治採茶使”が到着してから九日目より、茶道頭立ち会いのもと     “初昔”・“後昔”等、最高級の碾茶が詰められまして…     すぐに“茶壺・”は、“封印”され、細心の注 [続きを読む]
  • 錦秋のひと時、五感で楽しむ御祝席 1
  •  おはようございます、yurimomoです 11月上旬のある秋晴れの日・ 皆様とともに、錦秋のひとときを楽しみました・ 待合にて。。。    “霜華浄碧空”         晩秋の霜の華・、青空・ の元、すがすがしさを感じて・・・           〜 花入・旅枕 〜              柚子・の色づく頃…       晴れやかな旅の始まりの予感・・・      いよいよ本席へ。。。    その昔 [続きを読む]
  • 照り葉と実の美しさを愛でる
  •  おはようございます、yurimomoです 秋寒のみぎり、紅葉・の美しい頃となりました 照り葉や木の実の美しく色づく時ならではの楽しみ・  時に、家の中でも、秋を満喫してみてはいかがでしょう 入門より半年頃を迎えて・・・         〜 秋桜&照り葉の赤を 〜        アレンジ自在の蔓物を用いる楽しみにて・・・                        〜 西洋紫陽花の秋色&蔓実 〜     [続きを読む]
  • 若手作陶家様との、素敵な出会い…♪
  •  おはようございます、yurimomoです “一楽・二萩・三唐津”       。。。皆様は、お耳にした事はございますか? 古くより、茶人好みの茶碗・ の代表とされます焼き物です  一楽は … 京都の“楽焼”  二萩は … 山口県萩市の“萩焼”  三唐津は… 佐賀県唐津市の“唐津焼”  さて、あっという間に、晩秋・ を迎えましたある日    唐津にて鍛練されまして後、ご自身の地元・新潟県にて開窯 越後焼・妙高 [続きを読む]
  • “炉開き” と “口切”
  •  おはようございます、yurimomoです 十一月、“茶の湯・”では。。。   これから冬に向かうに節目にあたり、“炉”の季節を迎えます   “炉開き”は、“茶の湯”にとってのお正月とも言われております  その昔、“茶の湯”での各家のお茶は。。。    “茶壺・”を、茶師の元に預けて    歌にもございます八十八夜の初夏・ の頃    摘まれた“新茶・ ”を、この“茶壺”に詰めて封印・ し    そのまましば [続きを読む]
  • 名残の趣向より。。。ところで、“わび・さび”・・・って何? №2
  •  おはようございます、yurimomoです 茶道の世界観を表す言葉として   よく使われますのは。。。“わび・さび”という言葉  さて・・・この言葉・“わび・さび”って何ですか?    。。。“飾り気のない、素朴で自然なたたずまい”でしょうか    …前回よりの、続きです 私たちの茶祖・“千利休”は・・・   “わび”とは。。。      花をのみ 待つらん人に 山里の            雪間の草の  [続きを読む]