いわちゃん さん プロフィール

  •  
いわちゃんさん: いわちゃんの素人風景写真
ハンドル名いわちゃん さん
ブログタイトルいわちゃんの素人風景写真
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/mld03776
サイト紹介文一眼レフの初心者です。 気に入ったものを、自由気ままに撮影しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供264回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2010/12/08 20:01

いわちゃん さんのブログ記事

  • 鬼ノ城
  • 古代の山城 鬼ノ城復元された西門城というか砦のイメージ標高400mの山に、高さ7mの土塁の城壁当時は、すり鉢状の山頂の周囲を一周2.8kmも続いていたのか…そのスケールに驚きますhttps://photo.blogmura.com/p_chugoku/↑村ポチ☆も、よろしく [続きを読む]
  • 福山 登山
  • 総社市清音の福山(302.4m)に登ってみました。安養寺口から登ると、奇妙な曲がった木がありました。木漏れ日の杉木立を35分で頂上へ登山と言うか、山歩きでしょうね妙見展望台から総社方面を猿田彦神社にお参りしてhttps://photo.blogmura.com/p_chugoku/ [続きを読む]
  • 風の道 下津井電鉄跡を歩く 2
  • 鷲羽山駅昔、ここまで電車で来て鷲羽山に行った記憶があります。鷲羽山駅を通過すると、展望が開けますアニメ映画「ねむり姫」に出てくるような風景東下津井駅下津井吹上駅?こんな駅は、なかったです後で、看板だけだしたのでしょうね緑のトンネルを抜けて終点 下津井駅到着線路が残っていましたね当時の電車も、保存されています。※下津井は交通の便が悪いです私は、徒歩で往復しましたが、ウォーキングが趣味の人以外は事前に [続きを読む]
  • 風の道 下津井電鉄跡を歩く
  • 近所なのに完歩したことのなかった風の道下津井まで6.5kmを歩いてみました。スタートは、児島駅です。整備された土の道を歩きます備前赤崎駅子供の頃、なんでここだけ備前がつくのか不思議でした。阿津駅この辺は、特に花がたくさん植えられてきれいでした木の柵が…枕木で作られた黒い木の柵が続いていたことを、思い出しました上り勾配が続き児島競艇場が見えてきました琴海駅です大畠漁港が眼下にここからの眺めは良いです [続きを読む]
  • 王子が岳トレッキング
  • 5月7日、王子が岳へ歩いて登ってきました。渋川海岸横の港の近くに王子が岳の登山道入り口があります。ツツジの咲く登山道先ほどの港も眼下に低山と言えども、登りはそれなりにキツイ階段が続きます35分でにこにこ岩到着、登って来た方向を振り返って爽快な風景やはり、歩いてくると格別爽やかな気持ちになりますねいつもは、駐車場に車を止めて徒歩でしたが…途中で写真を撮りながら60分で山頂到着標高235m登山の練習に [続きを読む]
  • 和気藤公園
  • 5月5日、和気藤公園大勢の見物客で、大賑わい人が写るので、上を向いて撮影和気到着が御昼前でして…駐車場まで、まだ3.8km地点から渋滞(汗)今まで、この辺から渋滞したことはなかったのですが結局、駐車場に到達するまで90分経過渋滞は覚悟でしたが、まさかここまでとは一人ならば、もっと早く出ていますがこの日は、珍しく夫婦で出動…出発には時間がかかります〜私一人なら、早朝起きたら救急車のごとく素早く旅立ち [続きを読む]
  • ハートランド倉敷 藤娘
  • 5月4日、ハートランド倉敷  藤娘川舟流し今年の藤娘さん、笑顔の素敵な御嬢さんでした。イベントの間、ずっと笑顔ですカメラマンとしては、助かりますありがとうございました最大限、きれいに可愛く撮ろうと試行錯誤下手は下手なりに…最後は、藤娘さん撮影会でhttps://photo.blogmura.com/p_chugoku/↑村ポチ☆も、よろしく [続きを読む]
  • 大神山神社
  • 無事下山できたことを感謝、手を合わせます。まだ、桜が咲いていました。南光河原より北壁を同じ景色を元谷から眺めると、こんな感じです。帰路、鍵掛峠より南壁をさっきと反対側になります。沿道には、まだ残雪が所々にhttps://photo.blogmura.com/p_chugoku/↑村ポチ☆も、よろしく [続きを読む]
  • 大山登山
  • 4月29日、大山に登ってきました。6合目避難小屋からの北壁の景色ここから上は、所々に残雪がありましたねここで雨が降ってきました、風も強くて…頂上到着ガスで何も見えません風も強くて、体感温度は氷点下5m先が見えませんね風景写真を撮りに来たのですが、お天気が悪くて避難小屋で弁当を食べて、下山となりました。木道の周りにも残雪がありましたとにかく風が強くて、体ごと飛ばされそうでした。もう、写真どころじゃあ [続きを読む]