momococks さん プロフィール

  •  
momococksさん: ...ストイックに仏像...
ハンドル名momococks さん
ブログタイトル...ストイックに仏像...
ブログURLhttp://momococks0505.blog106.fc2.com/
サイト紹介文旅人になりたい仏像好き人間の旅日記…大好きな仏像に逢い行く!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2010/12/09 19:58

momococks さんのブログ記事

  • 兵庫/鶴林寺『あいたた観音さま』
  • 今日が旅の最終日。。。奈良→大阪→兵庫。この日のために残しておいた最後の青春18切符で奈良から大移動。加古川の駅に着くと、奈良では会えなかった「せんとくん」がいました(笑)一瞬でしたが会えて嬉しかったです!鶴林寺へはかごバスに乗り10分で到着。まずは国宝の本堂から拝観です。ご本尊は秘仏の薬師如来さまで、脇侍の日光菩薩さまと月光菩薩さまもいらっしゃるそうです。持国天さまや多聞天さまも合わせ、秘仏のご開 [続きを読む]
  • 山形/大日坊 『真如海上人』
  • 湯殿山の宿坊「大日坊」で宿坊体験をしました!大日坊に到着したのは夜の8:00頃でした。辺りは真っ暗で、街灯もない山の中を車のライトひとつで登って行きます。すると、暗闇の中に山門を発見!どーんとそびえ立つ夜の山門は、少し不気味な雰囲気でした。。。荷物を2階の部屋に置いて大広間に行くと、予想もしなかった豪華な精進料理が待っていたのです…!天ぷら、お豆腐、種類豊富な山菜の和え物、そして日本酒も!ボリューム満 [続きを読む]
  • 山形/法来寺 『ベストオブ清涼寺式』
  • 山形の旅の最後に訪問したのは、山形市内の法来寺です。法来寺のご本尊さまは、平安後期の清涼寺式釈迦如来さまでした。清涼寺式釈迦如来さまとは何か???たまには知識的な事を書いてみます(笑)清涼寺式釈迦如来さまとは、お釈迦さまが37歳の時のお姿をモデルに刻んだもので、インドから中国に伝わりました。それを中国に渡った日本の留学僧がコピーの像を彫り、京都の清涼寺に祀ったのが始まりです。その後、同じ様式の物が [続きを読む]
  • 山形/吉祥院 『秘仏のヒソヒソ話』
  • 山形市の北部に位置する吉祥院を訪問しました。到着して、わたし達を待っていたのは大粒のさくらんぼ!ご住職がわたし達のためにご用意してくださった、山形の美味しいさくらんぼのおもてなしがとても嬉しかったです。吉祥院の御本尊は千手観音さまで、本堂にはお前立ちの観音さまがお祀りされていました。奥の院にあたる収蔵庫には、なんと、平安の仏さまが7体もいらっしゃると言うのです。本堂の裏手に移動し、奥の院の扉が開き [続きを読む]
  • 山形/松尾山観音 『大きな菩薩像』
  • 山形の旅1日目は永昌寺→慈恩寺→平塩熊野神社→平塩寺→華蔵院→極楽寺→出羽三山歴史博物館→出羽三山神社→安国寺→常念寺を巡り、大日坊に泊まりました。大日坊は後ほど記事をアップします!そして2日目・・・まず最初に訪問したのは、山形市の南、蔵王半郷にある松尾山観音です。木々に囲まれた74段の石段をゆっくり登って行くと、室町時代に建てられた茅葺屋根のお堂が見えました。何やら、地域の方々が境内の整備をしている [続きを読む]
  • 山形/出羽三山神社
  • 山形の旅の続きです。初日の午後は、時間に余裕があったので、当初の予定に入れていなかった出羽三山歴史博物館と出羽三山神社に立ち寄りました。出羽三山神社は、月山・羽黒山・湯殿山の山頂にある神社の神様を三神合祭殿に合わせて祀る神社です。ここを訪れれば、一度に出羽三山の神々にお参りする事ができるんですね。羽黒山の山頂に位置する事もあってか、一歩足を踏み入れると空気が一段とひんやりしていて、ここに神が宿って [続きを読む]
  • 山形/華蔵院 『秘仏の扉・大威徳明王』
  • 寒河江市から移動し、鶴岡市の華蔵院を訪ねました。こちらの趣のあるお堂の中には、一体どんな仏さまがいらっしゃるのでしょうか?ご住職によりお堂の扉が開かれます。なんと、この内陣の奥には、五大明王のメンバーの1人である大威徳明王さまが単独で祀られているそうです!かつて戦勝祈願の本尊として崇められて来たそうですが…その、大威徳明王さまはどこにいらっしゃるのでしょうか?早く、早く会いたいんですけど…!はやる [続きを読む]
  • 山形/平塩寺 『美しい阿弥陀とさくらんぼ』
  • 平塩熊野神社を参拝した後は、すぐ近くの平塩寺を訪ねました。本堂の扉が開くと、中央に煌びやかな仏さまがいらっしゃるのがすぐに分かりました。光背がキラキラと輝いていて、とても美しい仏さまです。近づいて見てみると、御本尊は阿弥陀如来さまでした。脇侍には観音菩薩さまと勢至菩薩さまがおり、南北朝時代の院派仏師作と伝わる阿弥陀三尊像です。阿弥陀さまは優しく穏やかな表情で、観音菩薩さまと勢至菩薩さまの宝冠が繊細 [続きを読む]
  • 山形/平塩熊野神社 『大きな十王像』
  • 慈恩寺を参拝した後は、寒川江市にある平塩熊野神社を訪問しました。こちらには、大変立派な十王さまがいらっしゃると聞いて、お会いする前から楽しみで仕方ありませんでした。神社に古くから伝わる十王さまとは一体どんなお方なのでしょうか・・・?宮司さんに本殿まで案内していただき、目の前の厨子が開きます。すると、「うわぁ・・・」と、思わず驚きの声が出てしまうほどの大きな十王さまが出現!!十王像と言うと小さなイメ [続きを読む]
  • 山形/慈恩寺② 『個性豊かな十二神将さま』
  • 慈恩寺レポートの続きです!本堂を参拝した後は、薬師堂を参拝しました。薬師堂ということは、こちらにあのカッコいい十二神将さまがいらっしゃるんですね…!おぉ、楽しみです!お堂の中に入ると、正面に煌びやかな薬師三尊さまがいらしゃいました。その後方に、十二神将さまのお姿を発見!!!ありがたいことに、すぐ近くで拝観する事ができました。ところどころ彩色が残り、細部まで美しい十二神将さまでした。像高は90cmく [続きを読む]
  • 山形/慈恩寺①『秘仏に会いたい!』
  • 細い坂をくねくねと上がり、山形県寒河江市にある慈恩寺に到着です!慈恩寺には、かっこいい十二神将さまがいらっしゃると聞いてとても楽しみにしていました!慈恩寺の境内には、本堂、薬師堂、阿弥陀堂、三重塔などがあります。先ずは、立派な茅葺屋根の本堂から参拝です。中へ入ると、宮殿のようや煌びやかなお厨子があり、その前に腰掛けて説明を聞きます。なんと…!このお厨子の中には、これまで数回しかご開帳されていないと [続きを読む]
  • 山形/永昌寺 『優美な聖観音坐像』
  • 仏像部で山形に行って来ました!(行ったのは6月です…^^;)今年の11月に開催された仏像ナイトvo.4で発表した小冊子『BTUTUS』の巻頭特集として、山形の記事を書かせてもらってます。我々が山形で巡ったのは、寺社仏閣・博物館を合わせて、なんと14ヶ所!!ご住職も仏さまもホントに素敵な方ばかりで、わたしはすっかり山形のファンになってしまいました♪■1日目永昌寺→慈恩寺→平塩熊野神社→平塩寺→華蔵院→極楽寺→出羽三 [続きを読む]
  • 仏像部・山形合宿ダイジェスト2日目
  • 仏像部 強化合宿2日目のダイジェストになります。1日目の記事はこちらです★【2日目】①瀧水寺大日坊朝の御祈祷の後、真如海上人(促身仏)を拝観しました。大飢饉で眼病に苦しむ民衆のために自分の目玉をくり抜いて、身代わりになろうと湯殿山に祈願したという話が印象的でした。②松尾山観音厨子が開いた瞬間、御本尊の大きさにびっくり!3m超えの十一面観音さまと勢至菩薩さま。下半身は朽ちて手も落ちているお姿ですが、慈愛に [続きを読む]
  • 仏像部・山形合宿ダイジェスト 1日目
  • 仏像部強化合宿で「山形」へ行って来ました!憧れの出羽三山!詳しくは後ほどアップしますが、先ずは自分の記録用として綴ります。今回は、湯殿山の宿坊「大日坊」で宿坊体験をしちゃいました!【1日目】①永昌寺御本尊の聖観音さまは、衣が風に吹かれてひらひらと瞬いているようでした。お堂の奥にはお釈迦さまと表情豊かな羅漢さん達がいらっしゃってとても賑やかです♪ ②慈恩寺三重塔の秘仏である、大日如来さまが本堂でご開帳 [続きを読む]
  • 地蔵愛が止まらない!その4 推し地蔵をご紹介いたします。
  • このシリーズはいったいいつまで続くのでしょうか?お地蔵さまの事を書いて4回目になりました(笑)今回は、わたしが好きなお地蔵さまをどんどん紹介しちゃいます!ドキドキ…■滋賀県甲賀市・永昌寺 地蔵菩薩立像像高 154.9cm 平安時代2011年に開催の「神仏います近江」展でお会いして以来、ずっとこのお地蔵さまのファンです。お寺で拝観した時は、憧れのお地蔵さまのお宅訪問という事で、とても緊張したのを覚えています。彫り [続きを読む]
  • 東京 閻魔巡礼
  • こんにちは。年が明けて、1月も中旬になってしまいました。こんな調子では、あっという間に1年が過ぎてしまいそうですね(汗)東京メトロのポスターに3体の閻魔さまがいらっしゃいました。1月の閻魔さまのご縁日(1月16日 初閻魔)は、都内の閻魔さまに会えるんです!仏像センサーが働いているのか、街中で見かける仏の姿にはとても敏感のようです(笑)■1月15日(日)、1月16日(月)ご開帳の都内3ヶ寺①太宗寺住所:東京都新宿 [続きを読む]
  • 2017年 行きたい美術展・仏像展など
  • 2017年 行きたい美術展・仏像展など計画を立ててもなかなか行けないものですが、ここ数年は年間スケジュールを立てるのが年始の恒例になっています(笑)★マリー・アントワネット展(森アーツセンターギャラリー 〜2/26)http://www.ntv.co.jp/marie/sphone/★篠山紀信展 写真力(横浜美術館 1/4〜2/28)http://kishin-yokohama.com★根津美術館特別展示再会-興福寺の梵天・帝釈天(根津美術館 1/7〜3/31)http://www.nezu-muse.o [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます★
  • 明けましておめでとうございます★昨年は我が家に子が生まれ、慣れない育児と好きな仕事をどうにか両立させ、年末には最愛の祖母が亡くなったりと、わたしの喜怒哀楽機能がフル回転した年となりました。2017年はどんな1年なるでしょう?今年も予想外の出来事がやってくるかも知れないと思うと、怖い反面ワクワクもします。また1年、当たり前の日々を好きな人達と送れる事に感謝して、毎日を大切に過ごして行こうと思います。このブ [続きを読む]
  • 鎌倉のボス・建長寺の地蔵菩薩坐像
  • 大船駅構内をフラフラ歩いていると、何気ない視線の先にお地蔵さまを発見!近づいて見てみると、それは鎌倉の観光ポスターでした。鎌倉五山のトップ “建長寺” のご本尊さまで、仏殿にいらっしゃる地蔵菩薩坐像。像高は371.5?もある大きなお地蔵さまです。まさに鎌倉のボス。鎌倉に行ってもあまり建長寺には足を運ぶ事がなかったのですが、そろそろ「禅」というものに触れて、自分の心と向き合う時間があっても良いかも知れ [続きを読む]
  • 地蔵愛が止まらない!その3 わたしのファースト推し地蔵
  • 「わたしはお地蔵さまが好き?」と、最近は色んな場面で口にする事が多いわたしですが、一体いつからお地蔵さまに惚れてしまったんだろう?と、地蔵好きのルーツを探ってみました。すると、仏像を好きになって最初から“地蔵推し”ではなかった事に気がつきました。仏像を好きになったきっかけは、子供の頃に家族で訪れた奈良・東大寺法華堂(三月堂)の不動センターである“不空羂索観音”さまでした。あの優美なお姿の虜になった [続きを読む]
  • 地蔵愛が止まらない!その2 地獄のお地蔵さま
  • 引き続き、こちらで地蔵愛について語らせていただきます。その1では、奈良県法隆寺にいらっしゃる国宝の地蔵菩薩さまが登場しています!前回の記事はこちらです☆お地蔵さまって、他の仏さまと比べると、頭はツルツルですし、アクセサリーや持物も少ないので、造形的には如来さまのようにとてもシンプルですよね。しかし、お地蔵さまのお顔を見つめていると、穏やかな表情の奥に秘められた強大なパワーのような何かを感じてしまい [続きを読む]
  • 地蔵愛が止まらない!その1 “マイ推し地蔵”のお話
  • 先日、Twitterのフォロワーさんと“マイ推し地蔵”の話で盛り上がっていたのですが、わたしは仏像の中で地蔵菩薩さまがいちばん好きなのです。今日は、そんなわたしの地蔵愛をここで語らせていただきます(笑)お地蔵さまと言えば、近所の道端にいらっしゃって、いつも庶民に寄り添っていてくださる身近な仏さまというイメージが強いかも知れません。しかし、わたしが好きなお地蔵さまはと言うと…どのお方も身近なイメージとは程 [続きを読む]
  • 静岡県にもカッコイイ不動明王さまがいらっしゃいます!
  • 前回、鎌倉・明王院の不動明王さまの事を書いてから、わたしが今までに拝観した不動明王さまが頭の中に浮かんできました。他のお寺にもイケメンお不動さまがいらっしゃることを思い出したのです!それは…神奈川県のお隣、静岡県!特に、伊豆周辺の地域では東国の“慶派”の仏さまを拝むことができますね。その中でも、願成就院の不動明王さまはおさえておきたい仏です!!静岡県教育委員会出版の「文化財ガイドブック ー彫刻編ー [続きを読む]
  • 鎌倉五大堂・明王院の不動明王さま
  • 私的ベストオブ不動明王殿堂入りのこちらのお方!ひゃーーー!かっこいい!!かっこ良すぎるぜ!!ナイス不動!■鎌倉・明王院 木造不動明王坐像(国指定重要文化財)鎌倉時代・寄木造 像高84cm ナイス不動はヘアスタイルもかっこいいんです!仏像ヘアカタログにもヘアモデルとして登場していますよ!(BUTUTUS 仏像部発行 より)人間界でも、ヘアスタイルがキマっている人は何割り増しかかっこよく見えますよね(笑)お堂ではこ [続きを読む]
  • 東京都青梅市・安楽寺の軍荼利明王さま
  • 軍荼利明王シリーズ第三弾!今回ご紹介するのは・・・東京都青梅市・安楽寺の軍荼利明王さまです!埼玉県飯能市・常楽院(高山不動尊)、滋賀県栗東市・金勝寺の軍荼利明王さまに続き、こちらもまた巨像…!安楽寺の軍荼利明王さまは、1年に1度しかお会いする事ができません。夏の暑い時期、8/14にご開帳されます。安楽寺を参拝したのは5年前。同じ青梅市にある塩船観音寺のご開帳(夏は8月の第2日曜日)に行った帰りに、ちょうど [続きを読む]