tatsuya_mori さん プロフィール

  •  
tatsuya_moriさん: 公教育を支える教材出版社代表のブログ
ハンドル名tatsuya_mori さん
ブログタイトル公教育を支える教材出版社代表のブログ
ブログURLhttp://tatsuyamori.com/
サイト紹介文教育/学校/先生/3代目/iPad/デジタル教材/マラソン/スキー/丙午/愛娘のパパ/愛妻家
自由文小中学校向け教材出版社 教育同人社代表 全ての子どもにもっと教育を! 全ての先生にもっと力を! 公教育の再生が日本の未来をつくると本気で思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/12/10 22:33

tatsuya_mori さんのブログ記事

  • 今年も選べる夏!
  • 夏教材を決める時期になりました。夏休みは短くなる傾向ですが、夏教材の採用は年々増え、ニーズは益々旺盛です。今年も教育同人社の「選べる夏」をお願いします。以下のサイトで目的別オススメ教材がわかります。http://www.djn.co.jp/elementary/sp/summer.html見本を見てみたいと思っていらっしゃる先生方はこちらから請求できます。 [続きを読む]
  • 2018年度大学新卒者採用の募集
  • 2018年度大学新卒者採用の募集を行います。ここは、同じ志を持つ人が集う場所。少子化によって社会構造が大きく変化するなか、学校教育の現場も様変わりしようとしています。2020年から始まる新しい学習指導要領において小学校で英語が教科化され、5年生から英語の授業が始まります。またデジタル教科書が発行されると、学校のICT環境は劇的に変化します。それに伴い教材もデジタル化に対応して活性化していくでしょう。こうし [続きを読む]
  • 若い先生を応援すること
  • 6月11日の日曜日、200名を超える皆様にお集まりいただき、今年も椿山荘で第5回JEES教育シンポジウムが開催されました。今年のテーマは「新学習指導要領の改訂」でした。新しい学習指導要領に向かってこれからの時代を担う若い先生に知っておいて欲しいことについて、白梅学園大学大学院特任教授の無藤隆先生にご講演をいただきました。次期学習指導要領は、未知のことがたくさん起こるこれからの世界を、子どもたちが生き抜くため [続きを読む]
  • 新流通センター開設のお知らせ
  • 新たに流通センターを開設することになりました。 これまで弊社では自社の物流拠点として二つの流通センターを構築し全国の学校に図書教材をお届けしてまいりましたが、これらを新流通センターに集約・統合することによりご注文の受付から出荷までの一連の業務を効率化・高度化し、全国の学校に図書教材を「正確」・「丁寧」・「迅速」にお届けできるようサービス品質の向上を進めてまいります。なお、本稼働は本年11月初旬を目処 [続きを読む]
  • JEES教育シンポジウムと『wutan』 リニューアル
  • 株式会社 教育同人社(所在地:東京都豊島区、代表取締役社長:森 達也)は、特定非営利活動法人 全国初等教育研究会(以下 JEES)が2017年6月11日 (日) ホテル椿山荘東京にて主催する、第5回JEESシンポジウム「まもなく学習指導要領が改訂に! これからを担う若い先生に知っておいてほしいこと」に協力します。■第5回 JEES教育シンポジウムテーマ | まもなく学習指導要領が改訂に!これからを担う若い先生に知っておいてほしいこ [続きを読む]
  • 出荷遅延のお詫び
  • 弊社教材ご採択の先生方および特約販売代理店のみなさま 平素は、弊社出版物に格別のお引き立てを賜りありがたく厚く御礼申し上げます。新学期商戦におきましては、弊社出版物販売に多くのご尽力をいただき誠に有難うございます。改めて感謝申し上げます。さて、首題の件、弊社教材をご採択の先生方および販売代理店の皆様方には出荷遅延の件におきまして大変ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。伏してお詫び申し上げます。 [続きを読む]
  • さあ!新学期 2017
  • さあ新学期です。振り返るといろいろやった一年です。全力でやった一年です。その真価が問われるのが新学期です。大企業に比べれば知名度もなく、有名でもない小さな会社でも、学校現場にはかけがえのない存在でありたくて、その思いだけで頑張りました。結果はおのずと出ると信じています。改革のスピードと企画力はどこにも負けないと思っています。我々がやった「教材革命2017」の活動の一部ですがまとめてみました。「アクティ [続きを読む]
  • 売ること
  • もう3月も終わろうとしています。いよいよ新学期を迎えます。我々はここまで来ると泣いても笑っても「まな板の鯉」。後は、弊社の販売代理店さんのお力にお任せするしかありません。教科書は無料なのに教材は有料とよく言われます。販売代理店さんからも「学校教材は有料だから大変だ。」と聞くことがあります。確かに保護者目線で見るとそうなりますが、教科書も「教科書無償給与制度」によって国が買っているわけですから有料の [続きを読む]
  • 日本教材学会にて
  • 本日は、日本教材学会関東甲信越支部の研究会でした。研究テーマは「アクティブ・ラーニングと教材研究〜「深い学び」を求めて〜」基調講演では国立教育政策研究所統括研究官の千々布敏弥先生にご講演賜りました。新学習指導要領が告示されるタイミングでの旬な話題でした。改めて新しい学習指導要領が求めるものをおさらいできましたし、「深い学び」についてわかりやすく解説していただきとても勉強になりました。シンポジウムで [続きを読む]
  • 「未来の学びコンソーシアム」
  • 3月9日文科省講堂におきまして「未来の学びコンソーシアム」の設立総会が開かれ、賛同人として参加してきました。このコンソーシアムは文科省、総務省、経産省の3省合同のプロジェクトで主にプログラミング教育を官民一体となって普及・推進を目指すものです。錚々たる顔ぶれの中に混じり少し緊張しましたが、一般社団法人全国図書教材協議会の副会長としてこれからも大役をこなしていく覚悟です。プログラミング教育の推進にはた [続きを読む]
  • まずはこの業界の価値を高めること
  • 販売会議真っ只中の新学期前にも関わらず、最近は協会の活動が忙しいのです。 昨年の「2020年代の教育の情報化に関する懇談会・基本問題WG」に続き、先日は「学習指導要領における各項目の分類・整理や関連付け等に資する取組の推進に関する会議」学習指導要領のコード化に関する会議に有識者として呼ばれました。そうしたら何と教育新聞さんにバッチリ取り上げられちゃいました。自分の発言がメディアに載ってしまうなど思って [続きを読む]
  • さあ、新学期だ!
  • いよいよ2020年度から始まる学習指導要領の改定案が出たところで話題沸騰ですが、弊社にとっての足元は来年度の実績作りです。来年度は小中ともに教科書の改訂もありませんから、学校教材の改訂も必要ない年です。しかし、文科省の「開かれた教育課程」のかけ声の元に次期学習指導要領の情報は早くから公開されていました。情報は既に現場の先生方のお耳にも入っていることを踏まえ、弊社は次年度に向けて、次期学習指導要領の要素 [続きを読む]
  • いざアメリカへ
  • アメリカのシカゴに事務所を構えることになりました。 以前より準備をしていた米国小会社がいよいよ本格的に稼働します。 【プレスリリース】アメリカの子どもたちのために、アメリカのカリキュラムに合わせてアメリカの学校向けの算数教材を制作します。もちろん全て英語です(笑) 全く未知なる挑戦です。ゼロからのスタートです。どうなることやら全くわかりませんが、今はただ、このような挑戦をすることができる機会を頂いた [続きを読む]
  • 鬼は外、福は内?
  • 組織は内部から崩れると言います。変化が起こっている時は特に戒めなければなりません。弊社においても内の危機がありました。冬教材の出荷から3学期の出荷と大きな遅滞を生じさせてしまい販売店さま及び学校の先生方に多大なご迷惑をおかけしてしまいました。また急いで出荷するあまりミスも多くなり、更なるご迷惑をおかけしました。このことは内部の体制を過信した経営者の責任です。大反省です。関わった販売店様及び先生方に [続きを読む]
  • 会社のために何ができるか
  • 明けましておめでとうございます。今年は酉年でもあり大いに飛躍したいところですが、まずは来るべき変革の時代に向けて爪を研ぎたいと思います。さて、新年初日は全社員を集めて恒例の社長の年頭所感です。演題は『会社のために何ができるか』です。アメリカではトランプ新大統領が誕生し、その就任演説が注目されているところですが、社員に向けてケネディ大統領の就任演説から有名な一節を引用して話をしました。Ask not what y [続きを読む]
  • 今年を振り返って。。。
  • 早いもので激動の2016年が終わろうとしています。今年を振り返って。。。1月「会って会って」http://tatsuyamori.com/?p=5524今年もやっぱり「会う」ことを大事にスタートしました。2月「みんなの総ルビテスト」http://tatsuyamori.com/?p=5577インクルーシブ教育に対応していく覚悟を示しました。3月「人が足りない」http://tatsuyamori.com/?p=5647流通センター運営の苦悩が。。。今も問題山積で責任を感じております。。。4 [続きを読む]
  • 見た目の年齢
  • クリスマス前のこの時期ですが、先日は娘の15歳の誕生日でした。子どもの成長は早いものですね。一人娘なので少々過保護に育ててしまったかなと反省しつつ、ここまで大過なく元気に成長してくれたことに感謝です。勉強は遅くなかなか期待には応えられていませんが、人を思いやる心を持っている優しい娘で友達も多くコミュニケーションは上手なようです。明るく楽天家というのもいいですね。家族での誕生会の席で、来年は高校生か [続きを読む]
  • 中教審答申
  • いよいよ中教審から新学習指導要領の答申が出るようです。新しい教育が始まります。答申が出れば2020年度を待たずして新しい教育を見据えていろいろなことが動き出すことになります。先日中教審初等中等教育分科会(第108回)を傍聴してきました。分厚い資料を頂きました。意見徴収は50団体に及び、分科会、部会、教科別ワーキンググループなどの複数の会議で膨大な時間をかけて審議が行われたことがわかります。そしてこれ [続きを読む]
  • グーグル本社 inシリコンバレー
  • もう先月になりますが、経営者交流会の仲間とシリコンバレーにあるグーグル本社を訪問してきました。グーグル本社は大学のキャンパスのよう、4万7千平米とも言われている広大な敷地に建物が点在していました。まさにグーグルシティという感じ。広大な敷地を動き回れるように自転車は乗り放題。本社内には恐竜や宇宙船が。ゲームセンターやビリヤード、ビーチバレー場、ボーリング場もあるらしい。社員食堂は24時間営業。もちろ [続きを読む]
  • インクルーシブ教育を学ぼう2
  • インクルーシブ教育がますます注目されています。NPO法人全国初等教育研究会(JEES)では第7回JEES教育セミナーにて「スクール・インクルージョン実践講座」子どもたち全員が参加できる学級経営〜インクルーシブ教育を学ぼう〜と題して、むさしの発達支援センター所長の森山徹先生をお呼びして教員研修会を開催いたしました。インクルーシブ教育は障害者教育の一環の指導指針なのですが、わかっているようで実はよくわかっていま [続きを読む]
  • ICT教育活用研修会
  • 一般社団法人日本図書教材協会【日図協】では11月3日(木)に東京ガーデンパレスにて東北大学大学院教授の堀田龍也先生をお招きしてICT教育活用研修会を開催いたしました。堀田先生は「デジタル教科書の位置付けに関する検討会議」の座長、「小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力等の育成とプログラミング教育に関する有識者会議」の主査、その他文科省関連の委員を多数お引き受けされていらっしゃる、まさに [続きを読む]
  • 「夏休みエコポスターコンクール」全作品大公開!
  • 「第6回 夏休みエコポスターコンクール」にたくさんのご応募、誠にありがとうございました。応募いただいた全作品(平成28年度分)を大公開!しております。ようやく集計できました。今年も素敵な作品ばかりです。是非子どもたちの作品を見てみてください。全作品が見れるサイトはこちら⇒JEES(NPO法人全国初等研究会) [続きを読む]
  • 冬・しあげ教材
  • ここのところ急に寒くなりましたね。春の桜は仕事柄ゆっくり見ることもできないので、秋の紅葉をゆっくり楽しみたいと思っていましたがバタバタと冬支度が忙しいですね。学校教材も冬休み教材、学期末のしあげ教材の季節になりました。今年の教材はズバリ新刊「要点チェック」です!今までの前学年までの復習と当該学年の練習問題に加えて当該学年の「要点」をわかりやすくまとめて出題されています。もちろんチェック問題は練習問 [続きを読む]
  • 走っちゃうんですよね〜
  • 日曜日に荒川河川敷で開催された「タートルマラソン国際大会in足立」に大学時代の友人と出てきました。久々の大会出場でへとへとになりながらも何とか完走できました。練習しないと結果はテキメン。思い知らされたな〜(@_@;)大会後は北千住にある老舗の銭湯「大黒湯」さんへ。神社のような建物の中で、疲れた体にここのお湯は最高でした!その後は大学の友人宅にお邪魔して冷たいビール!お母様の温かい手料理!高層マンションの [続きを読む]
  • イニシエーション
  • 先日、毎年恒例の社員親睦会(互助会)があり大勢の社員たちとボウリングと美味しい食事を楽しみました。ボウリングは久々。ボウリングって面白いもので年の功が効くスポーツでしょうか、若手以上にベテランが大活躍でした。その後の食事会ではお決まりの新入社員たちによる出し物です。今年は随分ベテランが多い。。。それも男性ばかり。。。昨年とは様子が違うようです。出し物はなんと女装コンテスト。念入りな化粧と妖艶な身の [続きを読む]