静岡の古民家伝道師 さん プロフィール

  •  
静岡の古民家伝道師さん: 静岡で古民家や古材の価値をお伝えしています。
ハンドル名静岡の古民家伝道師 さん
ブログタイトル静岡で古民家や古材の価値をお伝えしています。
ブログURLhttps://ameblo.jp/kominka-yume/
サイト紹介文静岡で古民家や古材の価値をお伝えし、循環型建築社会の創造に寄与することをめざしてがんばっています。
自由文「日本の理想郷 ふじのくに」を創造するためには、循環型建築社会の構築が必要だと考えています。
県内に現存する4万棟の古民家には、静岡の住文化と先人の長い間培った知恵や想いがいっぱい詰まっています。
また、環境保全の見地からも古民家の保存や再生、古材の活用が大切なのです。

高校生の写真コンテスト「民家の甲子園静岡県地区大会」は、私たちが大切に取り組んでいるイベントです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供330回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2010/12/10 23:29

静岡の古民家伝道師 さんのブログ記事

  • 活用塾から二人目の市議会議員目指して??
  • 活用塾と言う手弁当の企業塾「傾聴力と伝達力を鍛える目的の塾」の副代表を7年間務めています。来月は、活用塾 代表の浜崎さんが市議会選挙に挑みます。私も 微力ながら 応援に駆けつけます。人が頑張る姿は美しい!助けを必要としている時に助けとなる。少し無理して 応援に伺う予定です?? [続きを読む]
  • 我慢して暮らす古民家オーナー様へ
  • ご先祖様から引き継いだ古民家の暮らし暗い ‼? 寒い ‼? 使いづらい ‼?ご先祖様に感謝をしながら しかし、我慢して暮らすオーナー様達へ石の上に建っている 古民家は実は、地震に対しても強い潜在能力を持っていることをご存知でしょうか?そして、今 新築されている近所の家より築100年 築300年の古民家の方がこれからの耐久性を有していることをご存知でしょうか?私達が勧 [続きを読む]
  • 社会貢献事業を目指して??
  • 私達は、社会貢献できる事業を目指しています。経済が低迷し、営利事業もおぼつかない時代になっているように思っています。私達の進める事業が社会に貢献できるものであれば、それは極めてやり甲斐がある事業となるはずです。環境問題や災害、空き家問題に過疎化。。。偽善だと言われても良いでしょう!どうせ一度のそして、短い人生です。やり甲斐ある事業、人生を送ることを目指せば楽しいでしょう!「子供達の未来のために」 [続きを読む]
  • 古民家には、時刻歴応答解析??
  • 時刻歴応答解析とは、主に高層建築物等に用いられる構造計算方法のことです。地震等の外力を建物の柔軟な変位により逃す能力を計算する方法と言えるでしょう。古民家は、現在の固めて建物を守る木造住宅の構造と異なり高層ビルと同様な考えて方の構造で造られています。古民家の耐震診断性能は、時刻歴応答解析により判断することが本来の考え方でしょう。時刻歴応答解析は、昭和56年に施行された、新耐震基準にも沿うものです。 [続きを読む]
  • リフォームかし保険 あんしん確保??
  • 日本の世帯数より、既存住宅の数が上回るようになりました。国も新築より既存住宅の活用を薦めて来ています。こうなると、シロタクのリフォーム業社による、不良工事等の問題や事業者の工事途中の倒産などの問題も多くなってきます。そこで、国は「リフォームかし保険」の制度を勧めています。特徴は1.保険加入業者が公開されます。2.リフォーム工事の質の高い施工が 確保される。3.後日、工事に欠陥が見つかった場合 修理費 [続きを読む]
  • 楽しい松崎町の古民家調査
  • 松崎町様より新たに古民家(蔵)の調査の依頼を頂きました。取材も2社頂くならで古民家鑑定床下インスペクション古民家耐震診断を実施しました。松崎町は、棚田の活用も先進的です。東京都民を始めとして約100名の方々がオーナーとなっている棚田棚田の道は地域の魅力を理解するには十分てました。。。 [続きを読む]
  • kominka活用まちづくり 第3回目の研究会
  • 第3回宇津ノ谷峠 kominka活用研究会が行われました。今回は、私達 静岡県古民家再生協会のkominka活用まちづくりの提案をさせて頂きました。アレックス カー氏のプロデュースによる宿泊施設としての活用提案です。研究会の委員の皆さんから様々な貴重なご意見を頂きさらに熱くなっていきそうな研究会となりました。私達が願うのは、先人が残した文化である古民家を何とか後世へ繋げたいということです。その手法として、今 国が勧 [続きを読む]
  • 里山に元気くれる IT企業サテライトオフィス
  • 南アルプスの里山に空き家を活用した IT企業さんのサテライトオフィスが開設されています。最先端の企業のサテライトオフィスがあることで、里山は元気になっていきます。里山の子ども達の未来にも期待します。里山の古民家を含む空き家を活用しもっと多くの サテライトオフィスを誘致することが、足の速い里山振興に繋がると感じています?? [続きを読む]
  • 確認申請というハードルを越える??
  • 都市計画区域と都市計画区域外の地域が存在します。都市計画区域は、市街と言い換えれるかも知れません。都市計画区域で、100平米以上の住宅を宿泊所などに用途を変更する場合確認申請と言う審査に合格しなくてはなりません。確認申請の基準は、昭和25年に施行の「建築基準法」となります。昭和25年以前の伝統構法 古民家が確認申請の審査に合格するのは難しい?建築基準法施行以降の昭和56年施行の新耐震基準に記されている「時 [続きを読む]
  • 空き家活用 基礎が無くて良かったですね ^_^
  • コンクリート基礎が無い‼?空き家を活用した宿泊所を開設したいと言うご相談が多くなってきています。しかし、「その空き家は、基礎が 無いからダメですよねー」そんなご相談者へは、「 逆ですよ。 コンクリート基礎が 無い 古民家で良かったですね 」 とお答えしました。 コンクリート基礎の耐久年数は どれぐらいでしょうか? 50年みれば良いでしょうね!そして、木材( 天然乾燥)の耐久年数は 数百年以上と言え [続きを読む]
  • 古民家に適した耐震診断があります。
  • 古民家など伝統木造軸組工法にはそれに適した耐震診断方法があります。それは、「時刻歴応答解析」を使った耐震診断となります。この方法は、超高層ビルの構造計算と同じ考え方でもあります。どちらも、建物本体が地震の揺れを逃すことにより、建物を守ると言うものです。古民家本来持つ耐震性能を活かすため建物を強固に固定する在来の方法に比べコストも抑えることも可能になります。そして、その方法での耐震補強した古民家は [続きを読む]
  • ◯◯グリーン ??
  • ◯◯グリーン?奥大井のグリーンは、奥深い色!夢の吊り橋湖上駅のグリーンブランド川根茶のグリーン南アルプス山脈のグリーンこれら 無垢の自然なグリーンの名称を本日、決定しました。◯ ◯グリーン??商標登録の届けを行います。ご期待下さい?? [続きを読む]
  • OLD & NEW
  • 本日の静岡新聞さんの朝刊に掲載頂きました。経済面の最前線 キーパーソン良いのだろうか? それとも、私達の活動を理解頂いていると言うことなんでしょうか?少し困惑 ??これからの活動も 自信を持って古民家とその住まい人を守るため‼?古民家を通して、日本の伝統文化を愛する人達のお悩みに耳を傾け力になれるよう精進して参ります?? [続きを読む]
  • フラン人古民家鑑定士 ダブィ ビハン氏
  • 昨日の日本経済新聞で静岡県古民家再生協会の特別会員であり日本住文化研究家のダブィ ビハン氏の古民家への想いが紹介されました。ダブィ氏とは、数年前に古民家活用をテーマにしたTVプログラムで共演したのが出会いでした。私も圧倒されるほどの古民家への想い??古民家鑑定士の資格取得を薦め見事合格されました。日本人が忘れかけている日本文化の素晴らしさを思い出させてくれる存在として、今後 各地で古民家を通した日本 [続きを読む]
  • 古民家を活用した暮らしづくり
  • 滋賀県長浜市に「長浜古民家暮らし研究会」が設立されました。(一社)滋賀県古民家再生協会の大森理事長が会長に就任されました。古民家を活用することにより長浜市の活性化を目指します。歴史のある伝統的街並みを活かす取り組みです。長浜市さんも全面的に支援されるとのことでした。始めは、たった一人の情熱でした。今では、その情熱に多くの人たちが期待をし応援してくれています。誰かがやるなら応援しよう‼?誰もやらない [続きを読む]
  • 里山暮らし 博物館
  • 奥大井の里山暮らしの様子木材の伐採や大井川の流れを活用した出材山の動物や昆虫 植物里山の伝統文化である梅津神楽奥大井の接岨峡温泉にある里山博物館の視察に行ってきました。里山の暮らしを地元や市街地の子ども達に伝える良い施設??嬉しくなりました。 [続きを読む]
  • 既存住宅状況調査技術者 とは?
  • 東京都建築士会の事務所において開催された 既存住宅状況調査技術者への以降講習と考査に行ってきました。昭和48年頃から住宅のストック数は世帯数を上回ってきています。そして、国交省のホームページによれば平成25年の調査で、今後の住替え方法の意向において新築、既存住宅にこだわらないと答えた人が30%を越えたと言っています。借家住まいの人より現在持ち家の人の方がその傾向は顕著で38%になっています。建築士限定のこの [続きを読む]
  • 家づくりのポイントは 「住み心地」
  • 家を建てる際に、展示場に足を運ぶ人は多いと思います。現実離れした豪華モデルハウスを順番に見て、デザインや設備を確認し、カタログにある性能や担当者の人柄で比較し会社を選びます。しかし、実はこういった選び方が、日本の家づくりにおいて多くの不満を抱える原因となっているようです。住み心地や暮らし方、子供や家族な健康そして、幸せを考えることが、本当の家づくりのように思っている方もいらっしゃるはずです。住ま [続きを読む]
  • 吊り橋 混雑解消実験
  • 一日に5000人が訪れて頂くこともあるエバーグリーンの湖面を見下ろすことができる 「夢の吊り橋」奥大井の寸又峡温泉??のゲートにて混雑を解消するための施策の実証実験を行いました。「AIrwait 」予約しお呼び出しをさせて頂くまでは寸又峡のお休み処や美人の湯で楽しんで頂けたら。。。今回の実証実験で判明した問題を解決しながら もっともっと皆さんに楽しんで頂ける 「夢の里山」に成長させていきたいですね?? [続きを読む]
  • 新聞取材 頂きました。
  • 昨日は、新聞の??取材をして頂きました。テーマは経済から見た 古民家ブームについてだったでしょうか?「今の古民家ブームをどんな風に思いますか?」の問いかけに対し私は「違和感があります」。。。と答えてしまいました。 (^ー^)カフェやレストラン、田舎暮らしデーサービス等々しっかりと耐震を考えて活用されているのか?耐震されている古民家でもコストを掛けて、石場建ての古民家をコンクリート基礎を設けて耐震工法 [続きを読む]
  • 今日は裏盆
  • 今日 8月24日 「 裏盆」と言うようです。「逆さ吊りの苦しみから救う」ための供養を行う日で、日本では西暦606年に始まったようです。昨年亡くなった父と8月16日にお別れを言ったばかりですが、裏盆で又、父を近く感じることができる嬉しい日であると、私は勝手に解釈して一日を過ごしました。それは、それで、ありがたい感謝の日となりました。 [続きを読む]
  • 宇津ノ谷集落 お祭りへ
  • 延命地蔵尊へお参り名物の十団子を頂きました。明治トンネルでは、神秘的な催しが行われていました。お寺さんを中心に 永い間続く集落の日常がありました。決して自分勝手な暮らしはありません。人と人が関わりながらの生活!皆さんいい方ばかりの集落そんな印象でした。懐かしい気持ちになりました。初めて訪れましたが良い集落、良いお祭りでした?? [続きを読む]
  • 日本住文化研究家 ダブィ ビハン氏 の古民家
  • 静岡の藤枝市の中山間地の古民家に夫婦で暮らすフラン人 ダブィ氏日本住文化にそして古民家に魅せられたんだそうです。この日は、フラン、日本の合同の草刈り‼?「なぜ? 日本人は古民家や日本の素晴ら しい伝統的暮らしを大切にしないのか?」 私は、返答に悩みながら 「 私達古民家再生協会の古民家の価値 を伝える活動がまだまだ十分で ないからでしょう」 と答えます?? ダブィ氏は、(一社)静 [続きを読む]
  • インバウンド 観光に期待??
  • 今、私達はインバウンドを念頭に置き 古民家を活用する観光に取り組んでいます。インバウンドにより、外国観光客が使ってくれるお金??を期待しています。しかし、そう言った経済的効果のみならずインバウンド観光には、世界の民間交流と言う側面を大切にしなければならないでしょう。国同士の外交だけでは、様々な誤解が生まれてしまうことが多いようです。お互いの国民性を民間同士の理解が大切です。私達は、古から伝わる日本 [続きを読む]