静岡の古民家伝道師 さん プロフィール

  •  
静岡の古民家伝道師さん: 静岡で古民家や古材の価値をお伝えしています。
ハンドル名静岡の古民家伝道師 さん
ブログタイトル静岡で古民家や古材の価値をお伝えしています。
ブログURLhttp://ameblo.jp/kominka-yume/
サイト紹介文静岡で古民家や古材の価値をお伝えし、循環型建築社会の創造に寄与することをめざしてがんばっています。
自由文「日本の理想郷 ふじのくに」を創造するためには、循環型建築社会の構築が必要だと考えています。
県内に現存する4万棟の古民家には、静岡の住文化と先人の長い間培った知恵や想いがいっぱい詰まっています。
また、環境保全の見地からも古民家の保存や再生、古材の活用が大切なのです。

高校生の写真コンテスト「民家の甲子園静岡県地区大会」は、私たちが大切に取り組んでいるイベントです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供339回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2010/12/10 23:29

静岡の古民家伝道師 さんのブログ記事

  • 築300年の古民家をご案内
  • 300歳の古民家は、次のオーナーさんを探しています。古民家を再築したい方古民家を移築して別の場所で後世へ様々な後世へのバトンが考えられます。単に、古くて使い難いからと言って壊してしまうのは、「勿体無いない」そんな事にならないよう私達の活動は続きます。。 [続きを読む]
  • 日本伝統再築士会支部連合会設立
  • 本日は、日本伝統再築士会支部連合会の設立がされました。昭和25年以前の伝統工法の木造軸組工法は、建築基準法が制定される前からありますがそれは、地震対応に特有の性質があり昭和25年以降の建物に勝るとも劣らないと言えます。その伝統工法の建物を専門的に扱う団体の支部が全国に設置されていきます。私達の静岡県にも勿論設立されることになります。 [続きを読む]
  • お勤め時代の上司と古民家談義?
  • 昨夜は、お勤め時代の上司達と一献傾けることとなった。私が以前勤めていたのは、県内ではトップクラスのゼネコンでした。ビル物から木造物まで現場技術や営業を20年に渡り経験させて頂いた。後輩であった者が取締役になっていたりその話も、なかなか迫力がありビックリさせられました。技術者時代の上司との会話でもビックリ‼?古民家などの伝統工法における地震対応の性能について理解がない⁉?説明しても固まって頭は、柔ら [続きを読む]
  • 外国人観光客の受け入れ体制 ?
  • オリンピックの開催に向け、外国人観光客が急増している。そして、余り想定していないのはオリンピック開催後の状況ですが過去 開催されたオリンピックを参考とするならば、2004年のギリシャ2008年の中国では、オリンピック開催後もインバウンド観光客数は増えていっているようなのです。オリンピックまでだからと、余りインバウンド対策に前向きでないでいると大きな遅れを取ってしまうでしょう。訪日外国人が日本でしたこと‼? [続きを読む]
  • 宇津ノ谷峠 古民家活用検討会 残り3回
  • 宇津ノ谷の古民家活用今回は、常葉大学の学生さんのプレゼントを拝見することができました。学生さんが、フランクに感じた提案は非常に参考となりました。古民家を活用することによる事業性が問題になっている中私達は、その前に宇津ノ谷集落の古民家を活用する意義の重要さを再度確認し後は、可能な限りそれに挑んでいく覚悟を表明させて頂きました。今 行動しなければ、後世に遺恨を残すこたにもなりかねないと考えています。残 [続きを読む]
  • お茶 or コーヒー 長生きに挑戦‼?
  • 身体に入れる物に気おつけようと考えてい今日この頃ですがコーヒーが思ったより良いようですね‼?(CNN) コーヒーをよく飲む人ほど寿命が長い傾向があるという2つの研究結果を、欧州と米国の研究チームがそれぞれ10日の米内科学会誌に発表したそうです。欧州の調査は英インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究チームが10カ国で52万人以上を対象に実施した。コーヒーと寿命の関係を調べた研究としては過去最大規模。調 [続きを読む]
  • 外国人から見た日本人 侍 ?
  • インバウンドで海外の観光客が日本人へ押し寄せている。海外から見た日本人の印象の中に「神秘的だ!」と聞いたことがある。それは、 「侍」 「忍者」「芸者」などという「キーワード」からでしょうか?今までの人生の中でサムライ魂を感じることは、ほとんどなかった。武士道が最初に西洋に広まった新渡戸稲造の「 BUSHIDO: The Soul of Japan 」ジョン・F・ケネディやセオドル・ルーズベルトをはじめ、多くの政治家や文 [続きを読む]
  • リフォーム前の必要な調査は?
  • リフォーム前に調査したい箇所は?床下 土台の石が沈んだり、基礎の柱が腐食しているケースも少なくありません。土台の歪みは家全体の歪みに通じます。一部の補強ですむのか、家全体を持ち上げて基礎をやり直すか専門家と十分に話あってください。屋根雨漏りをしている物件は、内部の骨組みも腐食している可能性が有ります。そうなれば補修費用も跳ね上がります。屋根瓦もすべて葺き替えるのではなくなるべく再利用できる方法で [続きを読む]
  • 古くて新しい古民家の暮らし
  • 日本の伝統的な生活様式が見直され建替対象になっいた「古民家」も活用して新しい暮らしを楽しむことが静かなブームになっています。木の風合いやデザインを生かしながら現代の生活に合う住まいにリフォームしたり、気に入った古民家を見つけて田舎に移住する団塊の世代、又、若い世代でも、子供の成長や教育を根本から考えることにより古民家での暮らしを洗濯される方も増えています。古民家で暮らすことは、たんに昔の暮らしを [続きを読む]
  • 日本人の癒やしの空間 和室
  • オシャレな洋風住宅も勿論いいですが日本人のDNAに染み込まれている癒やしの空間のひとつに和室があることは間違いありません。和室では、低い位置で心を落ち着かせて過ごすことができます。座ったり寝転がったときには、その魅力を味わえるようになっています。まずは、畳のイ草の香りが、ココロのコリをほぐします。イ草は天然の空気清浄機。スポンジ状の繊維が余分な湿気や空気中の二酸化窒素、ホルムアルデヒドなどの有機物質 [続きを読む]
  • 健康寿命
  • 人生の最後まで自分の足で?く。。先日、55歳の誕生日をむかえ。。一週間遅れで、県外で大学に通う息子から、昨日 お祝いメールが届きました。当然、まだまだ 頑張らなくてはいけない歳であるが、最後まで健康で生活したいと思うのは当然なことでしょうか⁉?昨年亡くなった父の介護施設を探していた当時、施設には、おばあさんばかりでビックルしたこたを思い出すデータです。私も今から、生活習慣を改善して、出来れば仕事と [続きを読む]
  • 夢の吊り橋 死ぬまでに渡りたい吊り橋 混雑解消
  • 大井川の奥 寸又峡の夢の吊り橋 若い人達を中心にSNSにより大人気が続いています。3時間待って 渡れず帰るお客様‼?申し訳ありません‼?この混雑解消が、私達の近々の大きな課題となっています。この様な山奥に、多い時で1日 5000人のお客様‼?南アルプスの里山観光短期的な対策と長期的な対策に分類しまずは、吊り橋の混雑解消策その答えは? 回転寿司にありそうです‼?^_^ [続きを読む]
  • 日本ミツバチのおうち造り
  • 日本ミツバチのおうち造りの依頼がお客様から飛び込んできました。いつもお世話になっているお客様のご依頼ですから、快くお受けすることにしました。見本も頂きましたが、より良くなるよう改良してみたいと考えています。里山の田舎では、趣味でミツバチの巣を山に設置しミツバチの蜜を収穫する風景を良く目にします。ミツバチの現生種は、世界で9種類。日本ミツバチとは、山野に自生するミツバチのことです。日本ミツバチは、性 [続きを読む]
  • 九州豪雨
  • 記録的豪雨であったようですが未だ、行方不明の方々が多くいらっしゃるとのことで、ご家族はさぞかしご心配のことでしょう。この様な不幸は異常気象によるものなのでしょうか?地球温暖化が原因なのでしょうか?それは、人類の自然界へのおごりが引き起こした結果なのでしょうか?私達は、短期的な考え方を優先し長期的に考えることが苦手なように思います。次の世代へ何を遺すかも考えながら今を生きていかなくては大変な取り返 [続きを読む]
  • ママ宅さんありがとうございます
  • 川根本町には、ママ宅さんがあります。地元NPOさんが取り組むプロジェクト‼?高齢者のひとり暮らしが多くなっている人口 約7000人の小さな町毎日の食事にも困る ご老人達に幼子と一緒にお弁当を配っています。町の若いお母さん達が主役です。県古民家再生協会も、このプロジェクトを応援しています。 [続きを読む]
  • 誕生日を迎えて
  • 昨日は、小姓 55回目の誕生日でしたがSNSの普及も加わり多くの皆さんからお祝いの温かい言葉を頂きました。私は、田舎育ちで 誕生会とかそう言ったものは、子供の頃からほとんど経験が有りませんので、今でもどうして良いよいかわからな所があり、失礼をしてしまっているかもしれません。唯、若い人達などに気にかけて頂いていることは、元気が出るし、ありがたいことです。55歳には、少し楽に仕事をしていたいと考えていました [続きを読む]
  • 歳を重ねたからか? 緑に癒されている
  • 先日の寸又峡周辺の資源活用のための協議会のプレゼンの中で、「ミドリ」というワードがなぜか新鮮に感じた自分がありました。プレゼンは、山?のミドリに焦点を当てたものでした。山で産まれ 山で育った私達には衝撃なものでした。永遠のミドリの景色が、多くの観光客の皆さんを癒すのか?そう言えば、私も今の歳になり、少しミドリに対する想いが変わってきた事を感じています。この里山には、限りなくある 「ミドリ」永遠に [続きを読む]
  • 宇津ノ谷の古民家活用が掲載されました。
  • 静岡新聞さんに、宇津ノ谷の古民家活用調査の記事が掲載されました。古民家活用した場合の事業性が一つの超えなければならないハードルになることは必至です。 が??その前に、古民家活用が可能となった場合宇津ノ谷の地域、或いは住民の方々にプラスになるかどうかという事をハッキリ見極めなければならないはずです。仮に、古民家活用が地域の将来に必要だと地域の方々が判断されたならば実現する為の様々な方法に挑戦するべ [続きを読む]
  • 家造りは、最高の道楽だ??
  • 家造りに関心を持って貰いたい!徒然草に「家のつくりようは夏を旨とすべし」と家の造り方を記してあることをご存知でしょうか?「冬の寒さは、我慢できるし、どの様にでもなるが、夏の暑さはどうしようもないので、家は夏涼しく造らなくてはいけない。」と教えてくれている。ただ現代では、敷地の狭さなどなど先人の知恵を活用するのは難しい。住宅メーカーさんも消費者が気づかないように工夫していますからよけいわからない社 [続きを読む]
  • 観光と古民家 3連チャン
  • 本日は、会議 3連チャン先ずは、アプト式 トロッコの誘客 協議会そして、温泉地周辺の資源活用の協議会そして、最後は 古民家再生協会の定例会でした。観光と古民家⁉?建築屋が観光を⁉?今、観光は、国の最優先事業の一つとなり観光による地域の再生が期待されています。そして、乱暴は言い方と言われるかもしれませんが、古民家の活用無くして、観光による地方創生は無し‼?そんな気がしています。。。 [続きを読む]
  • 愛と死 俳優 心理カンウセラー 住職
  • 久しぶりにSPAC (静岡県舞台芸術センター)さんのお誘いで清水の里山のお寺へ向かいました。こんな景色久しぶり‼?お寺と感じないお寺⁉? 不思議⁉?30分位 本堂から山の??景色をぼ〜 ぼ〜 幸せな時間。。そしてん〜? テーマは「 愛 と 死 」 なんと 出演者 参加者 皆さん 予定外の 3時時間 〜。女は金星 男は火星からやってきたそうです。会話がらできているのが不思議なくらい [続きを読む]
  • 古民家鑑定士講習 島田市初開催
  • もうお馴染みとなったでしょうか?古民家鑑定士講習試験を開催しました。静岡県では、東は三島市 西は浜松市そして、中央の県庁所在地である静岡市で開催しています。今月は、静岡市と浜松市の中間地帯の先ずは、島田市で初開催となりました。静岡市の安倍川 浜松市の天竜川を挟んだ地域は、予てより県内でも古民家が多く残存していると認識していました。この地域において古民家鑑定士を増やすことが重要だと考えいます。今 [続きを読む]
  • japatra 7 配り始めています
  • 今月は、表紙のデザインがガラッと変わっています。全国の古民家にまつわる記事が掲載されています。「古民家すまいる」古民家不動産物件の 紹介では、 静岡県島田市の築300年 風格が漂う古民家が紹介されています。 各市町の施設や銀行、病院、博物館 等々に置いてありますが⁉? まだまだ、県内隅々まで行き渡って いないかも知れません。 まだ、ご覧になっていない地域の皆さん もう少しお待ちください。 [続きを読む]
  • 宇津ノ谷 kominka活用検討会研究会+α
  • 宇津ノ谷集落にて 常葉大学の学生さん達がお勉強にきてくれました。お寺の方丈さんから宇津ノ谷峠やその周辺地域についてご説明をいただき宇津ノ谷集落を散策しながら空き家の活用を考えながらの散策です。7月には、kominka活用検討研究会にてkominka活用のプレゼンを学生さんから頂く予定です。 [続きを読む]