れじみ さん プロフィール

  •  
れじみさん: Appreciate ALL
ハンドル名れじみ さん
ブログタイトルAppreciate ALL
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/wwf62987
サイト紹介文洋画を中心に様々な映画記事を掲載してます♪ 基本的に辛口♪
自由文このブログの管理人、れじみです♪
長野県在住の25歳!!

以前から患っていたパニック障害の悪化が原因で、2009年10月に会社を退職しました…。
今は自宅療養しながら、家事や体力作りに励んでます♪

映画が大好きで、暇さえあれば鑑賞してます^^
10年来のNBAファンでもあり、試合はほぼ毎日観戦するほど大好きです^^
その他、漫画・小説・スポーツなど幅広く趣味を持つようにしてます^^
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2010/12/13 17:20

れじみ さんのブログ記事

  • 【映画】「SING/シング」
  • 怪盗グルーシリーズを手掛けるイルミネーション製作のアニメであり、一級品のエンタメムービー。個人的に怪盗グルーシリーズはあまり好みでなく(2作目以降未見)、今回も自分の好みに合うか少々不安を抱きながらの鑑賞となったが、そんなものは完全に杞憂だった。序盤で手際良く個性的なキャラクターを紹介し、基本となるストーリーラインがきちんとイメージ出来るこの手の作品のお手本のような滑り出し。一度物語に身を任せてし [続きを読む]
  • 【映画】「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」
  • 昨年の「君の名は。」、「この世界の片隅に」、「ズートピア」、今年に入って「モアナと伝説の海」と面白いアニメばかりを観てきたせいか、どうやら感覚が麻痺してしまっていたようだ。やはりこれらの作品群が異常なだけで、このレベルの作品が出て来る事は非常に稀な事なのだ。本作は明らかに新鮮なイマジネーションに欠けているし、主人公森川ココネが得意技である昼寝をするが如く、こちらも眠りに誘われる何とも退屈な作品だっ [続きを読む]
  • 【海外ドラマ】「アイアン・フィスト」
  • 「デアデビル」、「ジェシカ・ジョーンズ」、「ルーク・ケイジ」に続く、マーベル×Netflixが送り出す4人目のヒーローが本作の主人公アイアンフィスト。物語は幼い頃両親と共に飛行機事故で死んだはずのダニー・ランドがNYに戻って来るところから始まる。ダニーは死んだ父が経営していたランド社を、幼馴染であり今の経営者であるミーチャム兄妹から取り戻そうとする。ダニーは飛行機事故の際に奇跡的に助かり、その後クン・ルンと [続きを読む]
  • 【映画】「キング・オブ・エジプト」
  • エジプトを舞台にした映画と言えばもちろん「ハムナプトラ」がすぐに思い浮かぶが、あちらがコミカルに振り切っていた一方で、本作はシリアスとコミカルの描写が半々若しくはシリアス多めと言ったところか。「ハムナプトラ」ほどのアドベンチャー感はなく、アドベンチャー大作と言うよりは、どちらかと言えば一度は地に堕ちた天空の神ホルスが如何にして玉座に舞い戻るかを描いた人間ドラマもとい神ドラマの印象が強い。ただ神ホル [続きを読む]
  • 【映画】「モアナと伝説の海」
  • 今年のアカデミー賞において長編アニメ映画賞を受賞した「ズートピア」と同じディズニー作品としてオスカーの座を争ったのが本作、「モアナと伝説の海」。鑑賞してみて、やはり全てが高次元で纏まっていた「ズートピア」には及ばないとは感じたものの、こちらはこちらで見事な作品だった。特にアカデミー賞歌曲賞にノミネートされた「どこまでも 〜How Far I'll Go〜」を中心とした楽曲においては「ズートピア」を上回っているので [続きを読む]
  • 【映画】「ハートビート」
  • 音楽とダンスを融合させたティーン向けの青春映画と言えば、「ピッチ・パーフェクト」が記憶に新しい。本作が融合させるのは、バイオリン音楽とバレエとヒップホップ。地下鉄、バー、ホテルなどで突如始まるダンス&ミュージックバトルは視覚的にも観ていて凄く楽しい。ラストのまさしく「ピッチ・パーフェクト」的な流れを汲んだ展開には当然ながら強烈な既視感を覚えるけど、映像としての完成度は高い。ただし、映画として評価す [続きを読む]
  • 【映画】「JOY」
  • 女性発明家ジョイ・マンガーノの半生を描いた伝記映画。監督にデヴィッド・O・ラッセル、キャストにジェニファー・ローレンス、ブラッドリー・クーパー、ロバート・デ・ニーロと、まさに「世界にひとつのプレイブック」の再来と言ったところか。これだけのキャスト・スタッフなのに劇場未公開と言うのは残念で仕方ない。アカデミー会員が大好きなジェニファーは昨年のアカデミー賞で主演女優賞にノミネートされているけど、作品賞 [続きを読む]
  • 【映画】「トリプルX:再起動」
  • 前作から12年、主演のヴィン・ディーゼルに至っては前作を降板してるため1作目以来15年ぶりのカムバックとなる。正直言って今更このシリーズの続編を作ることに何の意味があるのか鑑賞前は随分と懐疑的だった。しかし作品を観終わって、その疑問はすぐに解決された。これはまさにマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)、もっと言えばアベンジャーズが分岐したひとつの未来なのだ。15年前、ヴィン・ディーゼルとサミュエル・ [続きを読む]
  • 【海外ドラマ】「エージェント・カーター シーズン2」
  • MCUに登場する組織シールドの前身にあたるSSRに所属するエージェントの活躍を描くシリーズのシーズン2。今回は舞台をNYからLAへと移し、そこで起きたある事件をきっかけにエージェントたちが陰謀に巻き込まれていく様子を描いている。1940年代のLAと言えば、公開中の「ラ・ラ・ランド」がお手本にした時代のひとつであり、主に第2話においてその「ラ・ラ・ランド」と運命的な邂逅を果たしているのが実に興味深い。また本作では当時 [続きを読む]
  • 【映画】「アサシン クリード」
  • 原案となったゲームは名前は聞いた事あるけど、プレーはした事ないので悪しからず。確か昨年末からかな、劇場で予告が流れ始めて、それを観て、これ多分つまらないだろうなって思ってたんだけど、たまたまタイミングが合ってしまって、観てみたんだけど、案の定つまらなかったw何と言うか見所と呼べるようなポイントが全くなくて、何ともうすーい作品だった。予告を観た時に一番「うん?」ってなったのがアクションで、本編観てみ [続きを読む]
  • 【映画】「トリプルX」
  • 新作鑑賞のために復習してみた。始まってすぐに完全に「ワイルド・スピード」だなぁと思って鑑賞後に調べてみたら、主演のヴィン・ディーゼルは当然として、監督もワイスピと同じロブ・コーエンだったwこれの前年にワイスピの1作目が公開されてるわけで、そりゃ似るよねと納得。内容としては定番のスパイアクションをヴィン・ディーゼルでやったらこうなりましたって程度で、べた褒めするほどではないけど、十分楽しめる内容にはな [続きを読む]
  • 【映画】「ラ・ラ・ランド」
  • アメリカを筆頭に海外の評価、試写で観た人の評価、それらを昨年からずっと目にしてきたから、正直とんでもなく期待して観たんだけど、まぁさすがにその期待値を遥かに上回るってことはなかったけども、期待に違わぬ見事な作品だった。感想を一言で言えと言われたら、「幸せ」と答えるかな。この上ない幸福感に包まれて、本当に素敵な映画体験だった。すでに周知のとおり、この作品過去の名作映画のオマージュがそこかしこに散りば [続きを読む]
  • 【映画】「ONE PIECE FILM GOLD」
  • 原作者の尾田栄一郎が総合プロデューサーを務めるFILMシリーズの第3弾で、劇場版通算では13作目となる。まぁ尾田が関わったからって必ずしも面白くなるわけではなくて、STRONG WORLDの時のようなワクワク感はないし、Zの時のような渋くて魅力があるキャラもいないし、シリーズの中では格落ち感は否めない。むしろ一般層が言うワンピのここが苦手って部分が詰め込まれていて、ファンのれじみですらところどころ眉を顰めながらの鑑賞 [続きを読む]
  • 【映画】「マグニフィセント・セブン」
  • リメイク元の「荒野の七人」も未見だし、それの基になってる「七人の侍」も未見だから、劇中にあるであろうオマージュはさっぱり分からないので悪しからず。勧善懲悪の西部劇で、これはもうストーリーで語るべき作品ではないね。キャラクターの個性だったり、ラストのアクションでカタルシスを得るべき作品だと思う。7人全員が有名キャストってわけじゃないけど、デンゼル・ワシントン、クリス・プラットはじめこれだけのキャスト [続きを読む]
  • 【映画】「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」
  • 以下、ウトウトしながら観た人間の感想。直近の話で言うと、先日鑑賞した「ザ・コンサルタント」は予告編から予想出来る物語とは良い意味で違っていて、サプライズに満ちた作品だった。それと比べて本作は、予告編から想像出来る物語が大筋から大きく外れる事もなく、見所はほとんど全てが予告編で流れていて、終始想定内で終わってしまう作品で、端的に言って退屈な作品だった。本編と予告編は本来同列で語るべきではないんだけど [続きを読む]
  • 【映画】「オオカミ少女と黒王子」
  • 漫画の実写化の地雷率の高さは周知のとおりではあるけども、やはり「ちはやふる」を皮切りに(もちろん全てではないが)流れが変わってきたかもしれない。本作も手放しで賞賛出来るレベルではないけど、決して所詮漫画の実写化でしょと切り捨てるような作品ではなかった。作品が始まってすぐにカメラワークの自由自在さと街の風景の切り取り方に惹きこまれる。これは全編通して言える事で、映像はとても素晴らしかった。学校内、学 [続きを読む]
  • 【映画】「ザ・コンサルタント」
  • 勝手なイメージで、昼と夜の顔を持つ男のスタイリッシュアクションみたいな作品だと思ってたんだけど、良い意味でイメージとは全く違った作品だった。何か事件が起きて、それの解決に奔走するって言う物語ではなくて、もちろん事件は起きるんだけど、本筋にあるのはあくまで主人公クリスチャン・ウルフの人物描写。事件と並行でクリスチャンの過去が描かれ、彼の人物像と共に周囲の人々の立ち位置も徐々に明らかになっていく。この [続きを読む]
  • 【映画】「ドクター・ストレンジ」
  • 「アントマン」でフェイズ2を締め括り、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」で最高の形でフェイズ3に突入したマーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)。フェイズ3でキャップの後に続くのは、今回がMCU初登場の魔術ヒーロー、ドクター・ストレンジ。このドクター・ストレンジ、はっきり言って今までのMCUのパワーバランスをぶっ壊すレベルのチート性能の持ち主。移動はどこでもドアのように出来て、武器も出し放題、 [続きを読む]
  • 【映画】「最後の追跡」
  • 先日発表された第89回アカデミー賞作品賞ノミニーにおいて、現時点で日本で鑑賞出来るのは(試写会等除く)本作だけ。ただ視聴方法はNetflixのみで、劇場公開は今のところ未定。作品賞だけでなく、助演男優賞、脚本賞などにもノミネートされている作品が劇場公開未定と言うのは何とも情けないなぁと思う。本作だけでなく、アカデミー賞効果を狙いたいがために日本公開を遅らせているorそもそもアカデミー賞に絡むほどの作品だと思 [続きを読む]