ayakayan さん プロフィール

  •  
ayakayanさん: 山陰ライトソルト釣行記
ハンドル名ayakayan さん
ブログタイトル山陰ライトソルト釣行記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/arakayan
サイト紹介文港湾部のアジング・メバリングを楽しむために〜日々の考察の記録from島根半島
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2010/12/14 01:51

ayakayan さんのブログ記事

  • 17/05/05 23〜24cmアジ 5匹
  • 3:50、キャスト開始。4:25、ファーストヒット。4:35、次のヒット。以降、ポツリポツリと釣れる。4:50、最後のヒット。数が出なかったのはベタ凪のせいだろうか。 [続きを読む]
  • 17/04/30 23cmアジ1匹
  • 23cmアジ1匹のみ。餌の方もほとんど釣れていなかったようだ。2〜3日爆風が続いた後の釣行だった。濁りがあったせいだろうか。 [続きを読む]
  • 【Gibson】アコースティックギターが欲しい【J-45】
  • 釣りとは全然関係ない話です。最近、アコースティックギターが欲しくなりました。実は僕、昔バンドでエレキギターを弾いてまして、ジミヘンのコピーバンドなどをやっていました。ロックの泥臭いかっこよさを求めてルーツを探る旅に出ますと、たどり着くのが黒人音楽の源流であるブルースでして、ブルースギターの魅力に取り憑かれました。てなわけで、ブルースバンドを組み、地元のジャズバーで定期的に演奏していた時期もあったん [続きを読む]
  • 春先にアジが釣れなくなる理由 〜ターンオーバー〜
  • 島根半島でアジングを始めて8年。20〜30cm台のアジを狙って釣れるようになって3〜4年が経つ。毎年、春先になると決まってアジが釣れなくなる時期が来る。それには、「ターンオーバー」という現象が関係しているのでは、と最近考えるようになった。ターンオーバーとは何か。一言で言うと、水が濁る現象だ。春や秋、上層と下層の海水温の差によって対流が生まれることが原因の一つらしい。春先に潮が濁る現象を指す言葉として [続きを読む]
  • 17/03/05 A港 アジング 水潮 14℃ 0匹
  • 前日、前々日に引き続き時化なかったのに、潮が濁っていた。朝マズメにやるも、ついに釣果は0匹。濁りの原因は、ターンオーバーだと推測している。ここ最近、週末にかけて時化ていた天候のせいで濁っていると思っていた。しかし、こうも凪が続いているのに、濁っているのは何か別の要因があるからなのだろう。毎年、春先になるとアジが釣れなくなる現象が繰り返し起きている。その原因について、考えてみたい。キーワードは、ター [続きを読む]
  • 17/02/26 A港 アジング 水潮 13℃ 22〜23cm 3匹
  • 6:00着。前日は天気が大きく荒れることがなかったので、今日は濁りと水潮が改善されていることを期待していた。昨日誰もいなかった波止には、今日は餌釣りさんが3名。時化るとアジは釣れないが天候が回復すれば釣れることを、ここの人たちは経験則で知っているということだろうか。だいぶん明るくなってきた。6:30にファーストヒット。ルアーは、クロスレンジヘッド1gにアジフラッター2.3インチ。ラインはエステル0 [続きを読む]
  • 17/02/18 A港濁り B港ノーバイト
  • 前日、午前から夕方にかけて雨があった。翌朝マズメ、A港。案の定、濁っていた。こうなるといつもの釣座では釣りにならない。しかし、雨後に機能するポイントがあるかもしれないと思い、いつもとは別の釣座からキャストしてみる。5:00過ぎに開始。だが、10投もしないうちに心が折れた。濁りにくいB港ならここより釣れる可能性があるのではと思い、移動した。6:10、B港着。ちょうど朝マズメが始まる時間だった。ここはフ [続きを読む]
  • 17/02/05 A港 アジング 22~28cm 10匹
  • 5:45着。5〜6時間前から雨が降っていたが、たいした量ではなく、すぐに海が濁るほどではないだろうと思っていた。実際の潮は、「ど」がつくほどクリアー。底がくっきり見えていた。安心した。6:00前にキャスト開始。釣り客は他に、餌釣りのおじさんが一人。その方が、地合開始の6:30以前にポツリポツリと釣っておられた。やはり、マズメ前の暗い時間帯から魚はおり、何かの方法で釣ることは可能なようである。エステル0.3号に、 [続きを読む]
  • 17/02/04 A港 アジング 22~23cm 6匹
  • ブログで連絡をいただいたOさん、ナイトブレードさんとの釣行。4:30着。他の釣り客なし。潮はクリアー。5:00前に開始。2m程度の横風。おまけに潮の動きがゆるゆるで釣り辛かった。ラインがあおられ、1gJHでは思うように沈まない。1.3〜1.5gにすることで1gに近い感じになった。地合は、6:35〜6:50過ぎの約15分間。ちょうど、明るくなりはじめる時間帯だった。この日のコンディションはイマイチだったが、それなりの対応がもっとで [続きを読む]
  • 3週連続釣りに行けず そろそろ尺アジ回遊か?
  • 先々週、先週末と荒天が続き、釣りに行けませんでした。雨や風は濁りの原因となり、アジングが成立しなくなるからです。今週末は、久しぶりに天気に恵まれましたが、家庭の事情で行けませんでした。事情というのは、下の子の断乳でして、夜中に乳を欲しがって泣き叫ぶ下の子を、妻があやし、下の子の泣き声に連鎖して起き、泣き叫ぶ上の子を僕があやす、という分担で、週末を過ごしました。朝マズメには、魚と同じように子どもも活 [続きを読む]
  • 17/01/09 A港 アジング 20〜23cm 3匹 + アジゴ数匹
  • 前日の雨で濁ることが懸念されていたが、現場に着くと澄み潮でホッとした。5:00、テトラ先端に入る。昨日と条件が同じならばすでに魚はいるはずだ。波止先端の餌師さんが、時々釣っている。やはり魚はいる。1〜1.3gのジグ単やスプリットショットなどを試した。表層から3秒ずつレンジを刻んで探していくが、なかなか釣れない。6:15、まだ暗い中、初のヒット。カウント5秒、レンジクロスヘッド1.3gに活アジ、エレクトロにPE0.3だっ [続きを読む]
  • 17/01/08 A港 アジング 20〜25cm 9匹
  • 6:00、キャスト開始。テトラ先端にはすでに先行者(アジンガー)さんがいたので、沖側テトラに入らせてもらう。まだ暗かったが、先端のアジンガーさんがポツポツと釣っておられた。レンジはカウント10、1gJHに夜光クリアのストレート系ワームだったそうだ。5:30頃から始めて、最初は表層で、その後中層でポツポツと釣れているとのこと。やっていることはほぼ変わりないように思えたが、僕には釣れなかった。地合は6:40頃からだ [続きを読む]
  • 16/12/26 A港 アジング 20〜25cm 20匹
  • 激濁りから一日経ち、風も強くなかったので、潮は改善していた。ただ、くもりであったため、地合開始は少し遅れると思った。案の定、地合が始まったのは6:20だった。テトラ先端からまっすぐキャストする方向でアタリだし、群れは徐々に湾内側へ移動していった。6:45からは、波止先端から左ナナメの方に群れがたまっていた。この日は1.5gJHでは食いが悪く、1.3gがベストマッチだった。カウントは10秒のレンジだった。先週は6:45には [続きを読む]
  • アジングがサビキより釣れる場面があるのはなぜか
  • 今回、釣客は、僕の他に、さびき師さん4名、アジンガーさん2名だった。競争をしているわけでもないし、自慢をしたいわけでもないのだが、数でもサイズでもサビキよりアジングの方が釣れた。しかも、今シーズンたびたびこういう現象が起きている。(繰り返すが、自慢ではない。事実だ。)それはなぜなのか考えてみたい。その原因の一つは、レンジの違いだと考えた。僕は表層下4m(釣り場の水深は推定6m)あたりで釣っていたが、 [続きを読む]
  • 16/12/18 A港 アジング 20〜25cm 13匹キープ
  • 前日の風は西5m。当日は南西2mの予報。濁りが残っていることが心配だったが、杞憂に終わった。5:50、先端沖側からスタート。まだ夜という感じだが、7割くらい満ちている月の光で、影ができるほど明るかった。こういう時は地合が早いはずだと思った。6:05、先端沖側から2〜4時方向にキャストするも、反応なし。6:10、12時方向にキャストして、初ヒット。案の定、まだ暗いうちから釣れた。東の空がまだ明るくなりはじめていな [続きを読む]
  • 今年のA港でのアジの釣り方
  • これからアジ釣りを始めるという人が読んでも分かるように書きたいと思います。島根半島の良型アジ釣りで最も大切なことは、「タイミング」です。島根半島の20cmを超えるアジは、朝マズメ(夜明け前後)かゆうマズメ(日没前後)に漁港へ回遊してきます。そのタイミングでないと釣ることができません。また、その時間は長くても30分程度です。具体的な時刻は、この時期の朝マズメだと6:00〜6:30前後です。次に大切なこ [続きを読む]
  • 16/12/11 C港 アジング 荒天が続き成立せず
  • 土曜から微妙な天気が続いている。ただでさえ濁りやすいA港が、この状況で水質が改善しているとは考えにくかったので、比較的濁りに強いC港へ行った。現場に到着。C港は、やはり濁っていなかった。が、風が強い。今日も北西2m。北系の風はとても強く感じる。1.5gジグヘッドはキャストできたものの、途中からタックルボックスが転倒するのではと思うほどの強風となり、6:30を待たずして納竿とした。その後、今後のために港内で [続きを読む]
  • 16/12/10 A港 アジング 荒天で成立せず
  • 微妙な天気予報だったが、ダメもとで行ってみた。雨は昨夜から降ったり止んだりを繰り返していた。風は北西2m。北系の風は、2m程度でも海が荒れる。現場についた。案の定、波がうねっている。濁りもひどい。雨の影響もあるだろうが、うねりで底の砂が巻き上げられているように感じた。こういう状況で、僕には釣れたためしがない。6:30までやってノーバイト。 [続きを読む]
  • 【島根半島】アジのシーズナブルパターンについて【まとめ】
  • 書きなぐりで読みにくいと思いますが、表題の件に関して今僕が思っていることを書きます。ちなみに、同じような話題で過去にも以下のような記事を書いています。もし興味があれば読んでみてください。15/03/29【春尺アジ前線】アジ 32.5cm 2匹【13℃ライン】【考察】尺アジはいつ釣れるか【13〜16℃ライン】前置きがながくなりましたが、本題について述べます。島根半島なら12月中〜下旬に海水温が16℃以下になってからが尺ア [続きを読む]
  • 16/11/20 A港 アジング 20〜23cm 8匹
  • 前日は雨だったが、濁りなし。風は西2mの予報。実際は北からときおり突風。やめば1gでも打てる程度だった。5:35、テトラ沖側でキャスト開始。ジグ単で打つが反応なし。5:45、先端側へ移動。先端角は、潮位も波高も高く渡れなかったので、先端へ。群れを迎撃するため沖へ打ち続けた。が、反応なし。6:15、すでに湾内へ入っていてもおかしくない時刻になった。そこで、内側へキャストするとようやく初ヒット。どうやら湾内へ入る前の [続きを読む]