ゴルフいんすとらくた〜Hoshi さん プロフィール

  •  
ゴルフいんすとらくた〜Hoshiさん: 100切りゴルフ予備校
ハンドル名ゴルフいんすとらくた〜Hoshi さん
ブログタイトル100切りゴルフ予備校
ブログURLhttps://ameblo.jp/hoshitakato/
サイト紹介文レッスンプロが送る完全100切りマニュアルレッスン書やスクールでは、教えない内緒の上達法!
自由文ゴルフインストラクタープロが送る!100を切るゴルフレッスン〜 真剣にスコアアップを望んでいる方、 スコアーアップに特化したレッスン! 一般のゴルフスクールでは教えてくれない練習の無駄の省き方を伝授します。神奈川県海老名市発信!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2010/12/14 21:54

ゴルフいんすとらくた〜Hoshi さんのブログ記事

  • コース戦略は気づくより注意された方が楽だし簡単!
  • レッスンメニュー/電話をかける/メールで問い合わせこんにちはゴルフレッスン講師大崎です。神奈川県はここ数日雨ばかりでゴルフテンション上がらずでしたね!8月18日本日は夏なのに曇りの絶好ゴルフ日和、ラウンドレッスン行ってきました。本日参加者さんは100切りゴルフ予備校リアル生徒さんJ&Sさんのお二人!そして今回はトップアマのNさんに特別参加いただきました。さすがNさんトップアマ!1番ホールから決まってます [続きを読む]
  • ゴルフテークバック上半身捻転のコツ
  • レッスンメニュー/電話をかける/メールで問い合わせこんにちはゴルフレッスン講師大崎です。ゴルフスイングにおいて簡単のようで、実は難しいことがあります。セットアップ状態から、テークバックをする初期動作です。セットアップ時にしっかりと足を踏ん張りながら、背筋で上半身をねじることにより、捻転力を使ったスイングが行えます。しかし、この初期動作は意外と難しく、腕(腕の反動)を使ってテークバックしやすいものです [続きを読む]
  • ゴルフセットアップ脇締めイメージ
  • レッスンメニュー/電話をかける/メールで問い合わせこんにちはゴルフレッスン講師大崎です。ゴルフスイングにおいて脇を占めるという習慣をつけるのは、なかなか難しいものです。練習器具を使用した脇を占めるドリルはかなり効果が高いです。脇を占める感じを理解したら次に、もう一つイメージを追加すると、クラブが走りやすくなります。ボールを使用したドリルの場合、脇はかなり強めに占める必要があると思います。この感じはア [続きを読む]
  • ゴルフスイング前傾維持のコツ
  • レッスンメニュー/電話をかける/メールで問い合わせこんにちはゴルフレッスン講師大崎です。ゴルフスイングでいかに安定してまっすぐ飛ばすかは、大多数の方の悩みの一つでしょう。ゴルフスイングは日頃の生活ではほとんど使用しない筋肉ばかり酷使しながら、より遠くにとばしていきます。そして安定したショットの要の一つが、股関節からの前傾の維持でしょう。日ごろの生活において、股関節からの前傾は、ほぼすることはないはず [続きを読む]
  • クラブさばきを覚える素振りレッスン
  • レッスンメニュー/電話をかける/メールで問い合わせこんにちはゴルフレッスン講師大崎です。本格的に暑くなってきました。しっかりと水分補給しながら練習及びラウンドをこなしてくださいね。自主練習では、スイングの際のクラブあしらいや腕及び体を動かすタイミングなど、なかなか正解が解りにくいものです。そこで今回は簡単にできるチャック用素振りレッスンです。クラブの根元をグリップしてセットアップします。後は普通にス [続きを読む]
  • 肩を回すアプローチテークバックのコツ
  • レッスンメニュー/電話をかける/メールで問い合わせこんにちはゴルフレッスン講師大崎です。前回『ラウンド実戦でつけるようにするためのアプローチイメージ 』を、お話ししました。アプローチに関しても、トップまで肩を回して、身体重視のアプローチショットをすることにより、大きなミスを防げます。このショットを、実行するにあたりチェックポイントがあります。アプローチショットをする場合、ボールインパクト以降クラブフ [続きを読む]
  • ラウンド実戦でつけるようにするためのアプローチイメージ
  • レッスンメニュー/電話をかける/メールで問い合わせこんにちはゴルフレッスン講師大崎です。スコアーアップを1番簡単に行うのは、パッティング及びアプローチの練習です。100を切れない人は特に、頑張ってくださいね。アプローチ練習に時間をかけているのに、実践ではなかなか難しいということは多々あると思います。。人口マットは本当に簡単に思ったところにボールが寄ってしまうからなおさらでしょう。まずは練習方法のおさ [続きを読む]
  • ゴルフグリップ初歩のドリル
  • レッスンメニュー/電話をかける/メールで問い合わせこんにちはゴルフレッスン講師大崎です。ゴルフスイングにおいて、あまり重視されていませんが、とても大切な事の一つに、ゴルフグリップがあります。重視されていないというよりは、身につかないといったほうが良いのかもしれません。本来ゴルフグリップはクラブと身体を結びつける勇逸の接点であるため、ゴルフスイングにおいて一番大切といっても過言ではないほどです。しかし [続きを読む]
  • 飛距離アップのための練習器具中級編のスイングの為のコツ
  • レッスンメニュー/電話をかける/メールで問い合わせこんにちは大崎です。2週にわたって『飛距離アップのための練習器具中級編 』『飛距離アップのための練習器具中級編追記優れもの編』公開させていただきました。実際に練習に取り入れてみると、難しさがお解りいただけると思います。手首にボールを挟むことで、自然に脇締めが必要になってきます。一般的に言われている脇締めキープの難しさが、感じ取れますよね。普通に手首でボ [続きを読む]
  • 飛距離アップのための練習器具中級編
  • レッスンメニュー/電話をかける/メールで問い合わせこんにちは大崎です。ゴルフフォームで飛距離を伸ばすのに効果的なのは、両肘の使い方です。簡単に言えば両肘は胸の前から決して引くことなく、インパクトにかけて、両肘を近づけることができるだけで、飛距離アップに繋がります。言うが易し行うは難しいものです。そこで、まずは『ゴルフレッスン中使用率No1の練習器具 IZZO SMOOTH SWING(スムーススイング) 』からが良い [続きを読む]
  • ゴルフ練習で一番身につけたいもの!
  • レッスンメニュー/電話をかける/メールで問い合わせこんにちは大崎です。ゴールデンウイークに突入ですね!みなさんも、GW中にラウンドされる方も大勢いらっしゃるでしょう!私も一足早く昨日プライベートラウンド行ってきました。芝はまだ本調子とはいきませんが、やはり気持ちよさは最高ですね!すべての練習は必ず目標が必要です。何を身に着けるための練習かを、頭で考えながら行うことにより、効率的にスコアーアップにつな [続きを読む]
  • ゴルフを好きになってもらうための最初のレッスン
  • レッスンメニュー/電話をかける/メールで問い合わせこんにちは大崎です。桜の花も終わり本格的なゴルフシーズン到来ですね!私たちゴルファーは、ゴルフを始めてくれる人がいると嬉しくなってしまいますよね!?ゴルフは難しいし奥も深い。。。。最初からレッスンプロのもとへ向かうのが本来一番良いのは、大多数の方は理解できると思います。とはいえ、そこまで最初からゴルフを学ぶのも、なかなかハードルが高いのも事実でしょう [続きを読む]
  • 室寧練習法にイメージを付け加える
  • レッスンメニュー/電話をかける/メールで問い合わせこんにちは大崎です。桜満開で気持ちが良い今日この頃ですね。花粉が気にならない方は、練習ネットを持って、アウトドアで室内練習法を行うと気分爽快かもしれませんよ。さて、この室内練習法ですが、初中級者さんにおいては、練習結果が多少違う事があります。基本的には、この練習を取り入れることにより、ショット全般のボールインパクトを向上させれるのが目的です。そこで必 [続きを読む]
  • ストレス少なくスコアーアップはラウンド数確保が常套です
  • レッスンメニュー/電話をかける/メールで問い合わせこんにちは大崎です。スコアアップは通常、想像以上に大変かもしれません。練習を頑張っても、自身の頑張りに比例してスコアアップを感じるのは難しいです。一番ストレスなくスコアーアップするのは、やはり、ラウンド数をひたすらこなすのがある意味簡単といえます。練習場では体得しにくい傾斜地からのショット本芝からのショットイメージがつかみにくいパッティングなど、ラウ [続きを読む]
  • ゴルフラウンドプレイ不調時の最初のチェックポイント
  • レッスンメニュー/電話をかける/メールで問い合わせこんにちは大崎です。日頃は、フォームの安定性を中心に練習をしていきますよね!しかし、残念ながらコース上でプレイをしているうちに、調子が悪くなるということも間々あると思います。コース上での、不調は原因を究明するのはすごく難しいものですよね。このような時のための最初のチェックポイントです。調子が悪くなる(悪い時)と、自然とボールとの間合いが近くなってしま [続きを読む]
  • きれいなv字型グリップのコツ
  • レッスンメニュー/電話をかける/メールで問い合わせこんにちは大崎です。ゴルフフォームで1番プロと差が付きやすいのは、グリップ状態かもしれません。逆を言えばグリップがきれいな人、またその状態をキープできている人で、下手な人は数少ないといえます。きれいなグリップの状態を維持してもらうのは、なかなか難しいものです。グリップの中でも特にキーになるところのコツをご紹介しましょう。きれいなグリップの基本的といえ [続きを読む]
  • インパクト時のクラブのライ角度を身体に感じてもらう
  • レッスンメニュー/電話をかける/メールで問い合わせこんにちは大崎です。ゴルフスイングはゴルフクラブの求める動きを再現するために、フォームを作っていくことになります。そして、基本的にはクラブフェースの、向き、軌道、インパクト時の角度(インパクトロフト)等を、クラブの基本設計で求めている動きをさせることが大切になってきます。しかし、一般的な人々(もちろん私を含めてです)はクラブの求めている動きをすぐには [続きを読む]
  • ゴルフ上級者になるための練習場学習事項
  • レッスンメニュー/電話をかける/メールで問い合わせこんにちは大崎です。スコアーアップするにつけ、1打の重みが解るようになってきます。100前後打っていた時には、気にならない50センチのパッティングや3メートルからのパッティングを3パットしたくないという恐怖等、スコアーアップすれば、今まで感じなかったプレッシャーが出てくるものです。もちろんショットも同様です。多かれ少なかれプレッシャーを感じるショットはラウン [続きを読む]
  • フィンガーグリップの感覚を知る
  • レッスンメニュー/電話をかける/メールで問い合わせこんにちは大崎です。ゴルフで簡単なようで実は難しいのがグリップでしょう。100切りゴルフ予備校でも、多数派であると思われるフィンガーグリップ(指主体で握る)をお勧めしています。手のひらに比べて、指のほうが繊細な動きができて、インパクト前後の微調整が効くことによって大きなミスショットを防ぎやすいと思います。しかしフィンガーグリップの感覚がなかなか理解しに [続きを読む]
  • 諸刃の剣のバウンス(バンス)ショット
  • レッスンメニュー/電話をかける/メールで問い合わせこんにちは大崎です。アイアンクラブの要の一つといえるのが、バウンス(バンス)の存在です。バウンス部分はソール部分の中心やや後ろ側が膨らみのことを言います。一番顕著なのがサンドウェッジですね。通常の12〜14度ほどのバウンス角があり、このバウンスというでっぱりのおかげで、砂に潜らずに、砂を爆発させてバンカーを簡単に脱出することができます。そしてこのバウンス [続きを読む]
  • 肩を上下させないバックスイング
  • レッスンメニュー/電話をかける/メールで問い合わせ今年は花粉多そうですかね!?もう既に身体が花粉にいじめられている大崎です。初心者初級者さんが、割と最初に躓くのが、テークバック時の肩の動きです。スイング中の肩は上下しないほうがショットが安定します。せっかく体の捻転や右ひざの高さを変えずにいい感じでバックスイングしていても、グリップ位置がビジネスゾーンを超えたあたりから、徐々に右肩が上がってしまいます [続きを読む]
  • 地面をつかむを理解する
  • レッスンメニュー/電話をかける/メールで問い合わせこんにちは大崎です。今にも雪が降りそうな寒い神奈川です。100切りゴルフ予備校では、スイングの要は足の筋肉の使い方といっても過言ではないです。いかに足を踏ん張って、ボールにパワーを送るかで、飛んで曲がらないショットを可能にします。そして足の筋肉の使い方の一つに地面を足の平でつかむというのがあります。なかなかイメージしにくい人も多いのかもしれません。そこ [続きを読む]
  • セットアップ時のフェースは左手甲で同調イメージする。
  • レッスンメニュー/電話をかける/メールで問い合わせこんにちは、お正月明け寒さが身にしみています大崎です。セットアップ時のグリップは昨今少々ストロンググリップ気味が、現在の主流でしょうか!ストロンググリップは上手にフェースローテーションを操作することにより飛距離アップに繋がります。フェースローテーションを意識したグリップともいえます。意識的にフェースローテーションを使うということは、インパクト時に正確 [続きを読む]
  • 修正箇所を間違えると簡単にスランプになりますよ
  • レッスンメニュー/電話をかける/メールで問い合わせこんにちは大崎です。生活リズムを一定に保つのは難しいですよね!?仕事や家庭の都合で簡単に練習時間が取れなくなってしまうことも多いと思います。また、練習も習慣ですので、だんだん精神的にもゴルフから遠ざかってしまう方も多いでしょう。初級者さんならともかく中級車さんでも、身体の調子ですぐにショットの感じが変わってきてしまうものです。最近練習時間の取れていな [続きを読む]