浜風 さん プロフィール

  •  
浜風さん: 浜風に吹かれて・・・・
ハンドル名浜風 さん
ブログタイトル浜風に吹かれて・・・・
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yoshitakasan
サイト紹介文阪神タイガースを中心に、大好きな野球を浜風に吹かれて素人評論
自由文阪神タイガースを中心に、大好きな野球を自分なりの視点で書いてます。
賛否両論、あることですが、あくまで『素人評論ブログ』です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2010/12/15 14:41

浜風 さんのブログ記事

  • 準備、シミュレーションの不足
  • 御無沙汰でございます。少しばかり、更新をしていなかったわけですが、リアルタイムではないにせよ、録画もして、しっかり観戦していました。そして自分なりに、「この試合について私ならここを書く」と考えていました。開幕してからのタイガースは、『ロケットスタート』ではないにせよ、まずまず『上出来』と言えるスタートを切ったと思っています。上を見れば切りがない・・・。『貯金がある』ということは、すごいことだと単純 [続きを読む]
  • 勝利を呼び込んだ「高山の捕殺」
  • カープの連勝STOPは"予定通り"です。(?????)? ?? ヨッシャルーキー投手・・・しかも『クセ』のある(個性的)投手です。加藤投手の攻略がこの試合のポイントの一つでした。やはり四球が多い。前回登板時のデータから、フォークが50%を占める投手です。カウントをとるフォークと、ウイニングショットとしてのフォーク。しかも、その変化が一定ではなく、スワローズの山田哲人選手も嘆いていたそうな・・・。ストレートも [続きを読む]
  • ハマでの連勝「計算通りやんけ!」
  • 先発投手に『勝ち』がつくことは、大変喜ばしいことです。23歳になったばかりの藤浪投手。今季初勝利、おめでとうございます。セットの位置・・・グラブの位置を下げたようですが、しっくりきたでしょうか?少し力を抜いて、"がむしゃら"に投げるのではなく、『自然体』を意識したような投球でした。で・・・気付いたこと・・・。左打者にはインコースも使っていて、その球も昔のように極端なシュート回転ではなかったのですが、 [続きを読む]
  • 最大の収穫は「今永投手攻略」
  • 試合前の私の注目は・・・・秋山投手の調子?いや、私の興味は『今永投手を攻略できるか?』という点でした。この投手・・・ホンマにいい投手だと思っています。どうやら最初のG戦登板の際、カーブが有効だったというのですが・・・。今永投手の最大の魅力は『ストレート』です。スピードガンの表示が、当てにならない投手であり、制球も良い投手です。昨年、高山選手がいなければ、新人王を獲得したであろう投手ですね。「ストレ [続きを読む]
  • ご贔屓していただいている方への返事
  • 月曜日の早朝、弊ブログにコメントをいただきました。いつも応援していただいている『サンガリア様』ありがとうございます。試合のなかったこの日、サンガリア様の『?』について、私なりに思っていることを、本日の記事にさせていただきます。能見投手の『ボーク』ですが、今後のクイックスローに影響しないか?どの審判が宣告したのでしょうか?1塁審判はあの白井さんだったかな?それはともかく・・・おそらくあのイニングの前 [続きを読む]
  • 北條の2本目は「理想」そのもの
  • 北條選手、上本選手のホームランで勝ったわけですが・・・(北條選手の2本目、関西ローカルでどうぞ!審判カメラあり)基本的に「投手戦」だったこの試合。球審のストライクゾーンが比較的広かったことに起因していると思います。大竹投手を打てなかったのは、彼の得意とする『シュート』と、その対極にある『外角(右打者の)』のスライダーの判定が甘かったこと。能見投手においても、(右打者の)『チェンジアップ』等、有効で [続きを読む]
  • 中止になって、家事をしながら思ったこと(笑)
  • お天気には勝てず・・・青柳選手がしっかり立ち上がったにもかかわらず、残念です。まぁ、初回のチャンスをものに出来なかったので、悔しさも半分かな?『福留選手の休養日』ということで、4番に原口選手、5番に中谷選手で挑んだわけですが・・・監督は、左右の並びとか、相手投手にかかわらず、「現状のベスト」ということで、6,7番を入れかえただけで、基本的に固定したオーダーになっています。出来れば、固定が望ましいと [続きを読む]
  • 「ここで1本!」の差が明暗を分ける
  • 聖地開幕戦は残念ながら勝てませんでした。昨年、対ジャイアンツ戦3勝で防御率0.58の投手が、初回から失点する展開でした。先頭打者を出して、2番打者のバントで2塁封殺。この送球も微妙でした。北條選手がなんとか伸び上がっての捕球・・・VTRを観れば・・・結構微妙でした。ここでの1アウトは、非常に重要な結果であり、本来はここから、落ち着いていただかなければなりませんでした。とはいえ、好調なクリーンアップ [続きを読む]
  • 5割に戻し、聖地で『Gを迎撃!』
  • 青柳投手をジャイアンツに当てる。そんな伏線もあるという情報もありますが、中5日で登板のメッセンジャー投手。甲子園開幕前に、5割復帰を狙ったこの試合・・・何が何でも勝たなければなりませんでした。また、『カード勝ち越し』という命題もあり、まさに『必勝態勢』という感じでした。メッセンジャー投手の立ち上がり・・・ストレートの制球がイマイチでしたが、2番の坂口選手に対してからは、カーブを多用した配球になりま [続きを読む]
  • バッテリーの頑張りが呼んだ宇宙人のエグい打球
  • なんだかんだで『3連敗中』のタイガース・・・ここらで連敗をストップさせなければ・・・昨年の秋から、この春のキャンプにかけて頑張ってきた秋山投手。青柳投手や横山投手・・・岩田投手より信頼したからこそのこの日の登板です。彼の昨年までの持ち玉は、カットボールがメインでした。今夜の投球は・・・シュート系の球を使って、幅の広い投球を見せてくれました。彼の成長を語るボールですね。制球も良くなり、球威もましてき [続きを読む]
  • 迷ったらあかん!!
  • ちょっと忙しくて、ブログ更新できませんでした。現在、かなり眠い状況でして・・・じっくり書けませんが、とりあえず備忘的に書きます。カープ3戦目は、久里投手を打てませんでした。シュートが邪魔だった感じです。それと、スライダーですね。入ってくる球と、逃げていく球。両方、追いかけることは無理です。球を捉える位置が違いますので・・・・少なくとも、追い込まれるまでは、どちらかに絞るべきなんですが・・・・右打者 [続きを読む]
  • 観てる方も疲労困憊
  • 開幕2戦目は"とんでもないゲーム"になってしまいました。『野球は守備から』という私の持論を証明してくれたような試合でした。開幕して2試合で失策7って・・・『野球は相手より1点でも多くとった方が勝ち』あるいは『攻撃は最大の防御』という人たちでも、これほどひどい守備(与四球を含めて)は、「それ以前の問題」だと言いたくなるでしょう。初回、上本選手がエンドランを決めて、チャンスを拡げ・・・4点先制したことで [続きを読む]
  • 効果的な2点
  • 2017年度 ペナントレース開幕「おめでとうございます。今年も、よろしくお願いいたします。カープとの開幕は、1997年以来ということだそうですね。当時の監督は吉田義男さん。いわゆる"第三次吉田内閣"ということで、初戦は雨で流し、最初の勝利は、?さんこと平塚選手の2本のホームラン、中込投手の活躍だったそうな・・・「川尻投手が投げてたのって、何年だったかな?」そんなことを考えながら、ラジオを聴きつつ帰路に [続きを読む]
  • 重要なことは、投手との信頼関係
  • 今期の(今期も)課題の正捕手問題ですが・・・・坂本捕手の骨折リタイヤは、計算外の出来事でしたね。台湾での経験が糧になり、飛躍の年になるかも知れないと思っていただけに、残念ではありますが、本人が一番歯がゆい思いだということは間違いないですね。この結果、梅野選手なのか?岡崎選手なのか?ということに事実上なったわけですが、どうやら、まずは梅野選手でスタートするようです。彼のバッティングが良くなったという [続きを読む]
  • 投手陣の準備は出来たかな?
  • あっという間に、オープン戦も終わってしまいました。いよいよ開幕を迎えるのですが、オープン戦のラストは3番:糸井選手、4番:福留選手、5番原口選手というクリーンアップを組みました。これで開幕?さぁ・・・開幕はカープ戦で間違いなくジョンソン投手でしょうから、多少、いじっくてくる可能性があると思っています。場合によっては、鳥谷選手のスタメンもどうだろうか?そんな風にも考えるのは私だけでしょうか?さて・・ [続きを読む]
  • 2017年開幕前備忘録(攻撃面一部)その2
  • 開幕前、いろんな情報がありますが、まったく入ってこない情報・・・・"横田選手の現況は?"「原因不明の頭痛」により、キャンプ地から帰阪し、その後球団からは「今、話せることは何もない」というコメント以外、私は聞いていませんが・・・何かご存じの方、いらっしゃいますでしょうか?Twitterの情報では最近・・・阪大病院の敷地内をウォーキングする姿が目撃されたようですが・・・肉体的な疾患ではなく、精神的なこと [続きを読む]
  • 2017年開幕前備忘録(攻撃面一部)
  • 「そもそも論」ということになるのですが・・・・いや・・・「いまさら論」ともいうべきでしょうか・・・・要するに「結果論」しかし、予想できた「結果論」ではなかったかと思うのですがいかがでしょうか?そういう話、『嫌い』というならここで終わってください。スルーしてくださいね。長くなると思うし・・・・私は老後のために"備忘録"として残しておきたいので・・・・書いておきます。金本監督は「超変革」の旗頭の元、昨 [続きを読む]
  • いつか見た風景
  • 3連休の最終日・・・コーヒー(ビールではない!)を飲みながら野球観戦。2死から四球の岩田投手。シングルヒットと、2塁打であっさり勝ち越されてしまいましたね・・・。まぁ、勝ち負けはどうでもいいけど、ここは抑えなければならない場面ですよ、1点で。次打者、唯一の左打者である平沢選手を三振に打ち取ったんですよ。ボールになる変化球を使って・・・サインを出した小宮山君・・・ミットに当てて前に落とせば問題ないの [続きを読む]
  • ミス多発も投手陣はまずまず
  • 2月22日、宜野座では紅白戦が行われました。録画しておいて一気に観ましたが、エラーも多く「荒れ気味」でした。新人、糸原選手がライトライナーで飛び出してしまってアウトになったり・・・・。反省点も多かったと思いますが、投手陣はおおむね順調と言えるのではないでしょうか?開幕投手に指名されるであろうメッセンジャー投手も、6〜7割というところでしょうか?現時点では『充分』だと思います。一番観たかったのは、大山選 [続きを読む]
  • 一抹の不安
  • 金曜日の夜、キャンプレポートの録画を観ました。投手陣が、実戦形式で送りバントの練習をしていたのですが・・・・これが失敗が多くて・・・・正直、「今年も相変わらずなのか?」と思ってしまいました。「簡単に、送りバントのサインは出さない」というのは、投手以外の選手に対してであって、当然投手には送りバントの可能性が高いと思います。攻撃のリズムが崩れる・・・・あるいは、流れを相手に渡しかねない大きな『分岐点』 [続きを読む]
  • おおむね「順調」かな・・・・
  • 今夜は、昼に行われた韓国サムスンとの練習試合の模様を録画で観ました。昨日書いたように、先発は岩田投手。初回はストライクが入らず、相変わらずの立ち上がりの悪さ。アウトコースに球を集める配球は、おそらくそれが『課題』だったのでしょう。ただ、ストレートの角度が悪く、球速云々以前に『球がたれる』感じでした。私が受けた印象は「余裕がない」・・・・若手なら『ガツガツ』いってもいいと思いますが『余裕』がなく「必 [続きを読む]
  • 『課題』を持って取り組んで!!
  • 15日、キャンプは休日。帰宅してCS放送を観るも、12日の模様が・・・・フリーバッティングで、D2の小野投手がキャンベル選手に投げていました。関西ローカルの朝の番組で先日、関本賢太郎氏が語っていました。「勝てる投手、良い選手を獲得しましたね」と・・・・。12日、関本氏はゲージの後ろで、彼の投球・・・・そして、キャンベル選手のバッティングを目の当たりにしてのコメントです。「ベース上で球速が落ちない」 [続きを読む]
  • 守護神は誰だ?
  • 前回は「中継ぎ投手」のことを書きましたが・・・・今回は「守護神はどうするか?」当然、監督やコーチはそれなりの私案を持っていると思いますが、今のところは『白紙』に近い状態なのかもしれませんね。マテオ投手かメンデス投手・・・・再契約になりそうなドリス投手も加わり、助っ人投手が今年も『虎の守護神』を勤めそうです。マテオ投手は、一旦アメリカに戻ったことで、予定より遅い仕上がりになりそうですし、ドリス投手は [続きを読む]
  • どうなる?中継ぎ投手陣
  • 早いもので、キャンプインして2週間経とうとしています。オフシーズン、ウエイトを中心として鍛えあげた結果、若手選手の体が、大きくなったという印象がります。筋力、パワーがついたことはいいことだと思いますが、同時に、スピードもアップしていればいうことはありませんね。ただ、シーズンを通して戦い続ける『スタミナ』という部分ではどうでしょうか?持久力を蓄えるには、食生活や生活リズムの改善も必要なのだと思います [続きを読む]
  • 『新たな自分』を創る
  • 2017年のスローガンは『挑む』ですね。「いろんな部分で、成長していこうではないか!」という感じでしょうか?とらえ方はいろいろだと思いますが、単純に『挑戦』まずは、「自らに勝っていこう!」という強い意志の表れだと思います。個々の力を伸ばすことで、チームが強くなります。もちろん、それだけではありませんが、団体競技とはいえ、選手の個人の力量が低くては、結果が良いわけはありません。昨年の秋から、若手はレ [続きを読む]