太田園 さん プロフィール

  •  
太田園さん: 太田園のお茶日記
ハンドル名太田園 さん
ブログタイトル太田園のお茶日記
ブログURLhttp://ootaen.cocolog-wbs.com/1/
サイト紹介文静岡のお茶屋の4代目です。 大井川たもと、金谷で120年営業。 お茶についての日々アレコレ
自由文静岡県の島田市、旧金谷町で、120年にわたりお茶の専門店様向けの問屋をやっております。
何代も関係が続く契約農家さんと二人三脚で、美味しいお茶をご提供しています。
お茶に関する日々の仕事、日常の出来事、思ったことを綴ってています。
本店HP  http://www3.tokai.or.jp/tea-ootaen/
ネットショップ http://ootaen.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2010/12/15 16:14

太田園 さんのブログ記事

  • 先週仕上げた茎茶「ちゃばしら」
  • 先週仕上げした、茎茶「ちゃばしら」の写真です。この茎茶は、うちの茎茶の中で一番上の茎茶で、上級茶を仕上げるときに出た茎と、農家さんが荒茶製造の時にとる電棒(静電除去装置という、お茶に電圧をかけ、茎の方が帯電率が高いため金属ドラムにくっつくという性質を利用した装置)から出た最初のミル芽のころの茎を集めて、仕上げ加工した茎茶です。勿論それだけでなく、茎の甘みを生かす味の濃いお茶も使用し、甘味とコクを両 [続きを読む]
  • ほうじ茶を炒りあげました。
  • 昨日今日と、月替わりの発注なども重なり、仕事が立て込んでやっとアップできました。さて、昨日出来上がったほうじ茶の写真です。ほうじ茶は、お茶を高温で炒って作るお茶です。するとお茶の中のわずかな水分が爆発的に膨れ上がり、お茶の葉が赤くなると同時に膨張。そのためふっくらと軽い香ばしいお茶になります。また、茎の部分は、縦方向に3倍以上に伸びます。これは細胞の並び、茎の繊維の方向で縦に伸びます。丁度1枚目の写 [続きを読む]
  • 業務用の煎茶「花の雫」出来上がりました。
  • 業務用のお茶「花の雫」出来上がりました。2番茶と、1番茶を使用して作りました。100g300円です。正直コストだけのことを考えれば2番茶のみで作らなくてはいけない値段帯ではありますが、今年は特にどうにも味のコクで1番茶を入れたくなりました。味の面、お茶の価格の面でのある程度の妥協はどうしてもしなくてはなりませんが、できるだけいいもの、美味しいお茶をお客様にお届けしたいです。おかげさまで良い出来でできました。 [続きを読む]
  • 東京あきる野市の農業祭。盛況でした。
  • 土日と2日間、嫁さんと2人して、東京あきる野市の五日市ファーマーズ愛菜の農業祭で、お茶のつめ放題などを行ってきました。お茶のつめ放題は盛況で、2日目の午前中に高い方が完売。昨年よりも多く持ってきたのに完売でした。昨年から、つめ放題の高い方は、こちらで真空パックしたものを少し持ってきています。というのも、まとめ買いで20本とか買ってかれる方がいらっしゃるので、販売した後の品質が非常に気になっていたので、 [続きを読む]
  • 粉茶の3種仕上
  • 粉茶を仕上げました。1番茶の仕上げの足りないものを仕上げたので、粉茶を整理しました。粉茶が今年は少なめで、粉茶自体の在庫が結構ギリギリ。これで次の1番茶の煎茶を仕上げるまで持ちそうです1番茶の中級品から、業務用の粉茶です。左から上のもので、右側が安い粉茶です。ちなみに、手前から茶漉しでの一煎目、二煎目、茶殻となっています。粉茶は、茶漉しで上からお湯を注いで使う、お寿司屋さんで入れるような入れ方をする [続きを読む]
  • 1番茶仕上「初摘」を仕上げました。6月にはありえない空気の乾燥度合い。
  • さて、昨日に続いて、煎茶「初摘」100g600円を仕上げました。幸いお天気も良く、空気が乾燥しているので、絶好の仕上げ日和です。蒸しの良い1番茶の茶葉を仕上げしていくのですが、1番茶の中間以下なので、仕上げるのに時間がかかります。上級茶はお茶の新芽がミルいので、新芽も小さく、新芽自体の成分が濃いので粘りもあり、荒茶としても見上げていくのに潰れても粉にならずに、身になります。ですが、新芽が大きくなってくると [続きを読む]
  • 1番茶のお茶を仕上げました。「特撰ヤブ北」出来上がり。
  • 昨日、1番茶「特撰ヤブ北」が出来上がりました。2番茶がぼちぼち始まっていますが、まだ仕上げしていくほど材料がたまりません。そのためその前に1番茶を仕上げ始めました。丁度6月にしては気候が良く、湿度が少ない今年。そういう意味では仕上げ日和なこの頃です。さて、新茶の時よりは少しだけ火入れを強く、やや高温で火入れ乾燥しました、これから夏にかけて、新鮮香も大事ですが、火入れの甘みもほしくなってきます。これが夏 [続きを読む]
  • 1番茶、業務用茎茶「ヤブ北棒」を作りました。
  • 業務用の1番茶茎茶の「やぶ北棒」を作りました。今度の方が少し材料が重く黒いので、茎に混ざる茶葉がはっきりしています。前の方が少し黄色め。どちらがいいか悪いかはお好みですね。すっきり茎の味が楽しめるようにできました。2茶が本格的に始まる前に、1番茶系統の少ないお茶は仕上げておきたいです。それとまだ湿度が少ないうちに。本格的な梅雨の時期だと、地上げ工場の中は除湿していますが、それでもいいお天気の時の方が [続きを読む]
  • 茎茶「鷹の爪」100g600円が出来上がりました。
  • 今朝、茎茶の「鷹の爪」が出来上がりました。今回できたものの方が柔らかく出来上がりました。それというのも、まず源茶が蒸しの良っているものを使用したこと。茎の方も、前回の物より蒸しの良っているものを使用したことがあげられます。なので今度の方が濃く出来上がったと思います。どちらが良い、悪いはありませんが、時期の時はその時に入荷した材料で最良なものを使用し、今作るものは1番茶で入荷保存してあるものの中から [続きを読む]
  • 中国のお茶。突然若い中国人の女性が来店。
  • 昨日の夕方、うちのお店に来店した中国のお客さんからいただいたお茶です。突然いらした若い女性3人組で、試飲をさせてあげたりしたら、くれました。名前は正直読めないので、多分ですが。順番に、鉄観音茶(これは名前がわかりました)これは香りはいいですが、もっといいものは粒がそろっていて、色目もそろっていて、もっと締まっていると思います。香りはいいですね。ジャスミン茶。これは花が入っていないものですがかなり香 [続きを読む]
  • 一番上級の粉茶「クレモナ粉」できました。
  • 粉茶の一番上の粉茶「クレモナ粉」を作りました。粉茶は、お茶の仕上げるときに出る、細かい軽いところです。大きな軽いところは「川柳」となります。ちなみに写真は左から一煎目、二煎目、クレモナ粉の茶殻です。で、この「クレモナ粉」は粉茶でも一番上の粉茶です。手摘みクラスの上級茶から出た粉茶を集めて作ります。そのため、出る量が少ないので品切れすることも。良いお茶ほどお茶の新芽の柔らかい、芽が小さい時のお茶なの [続きを読む]
  • 香ばしい煎茶、「火乃香」出来上がりました。
  • 「火乃香」も出来上がりました。これは、火入れ乾燥を強くした、香ばしくした煎茶になります。当店では基本的にはあまり火入れを強くしないで、お茶本来の旨さを引き出すような火入れをしています。ですが、お客様のご要望で、火入れの強い、香ばしいお茶もほしいというものがあり、このお茶を作りました。当店で気を付けているのは、火入れを強くすればその分水色はどうしても黄色くなってしまいます。それをできるだけ色落ちを少 [続きを読む]
  • 煎茶「玉翠」仕上がりました。
  • 結局昨日の夕方に、「玉翠」100g1000円の追加仕上は出来上がりました。やはりこのクラスですと、お茶が綺麗なので、抜き分けなどの仕上げ時間がかかりません。今年のお茶の中で、かなり綺麗で、ほそく撚れ、一格上のお茶のように見えます。やはり年間の仕上げの材料を出庫して仕上げた方が、品質が一定しています。前の物と比べて、今回の物がいいかどうかは正直お好み次第。味は少し前の方が甘味があるようにも思いますが、やや [続きを読む]
  • 茶椿の変化。花変化途中。
  • おはようございます。少しのんびりした日曜日。でも会社に来て、ぼちぼち。さて、会社に植えてある茶椿の一部にこんなものが。花になれなかった葉ですね。分化がうまくいかなかったようで、たまにあるみたいです。茶椿なので、花部分も大きいようですね。昔、やぶ北品種ンのお茶で、同じような文化出来なかったものを見せてもらいましたがもっと小さかったですが、これは大きいし、色も白になっています。では良き休日を。来週は煎 [続きを読む]
  • 茎茶「ちゃばしら」追加で作りました。
  • 茎茶「ちゃばしら」作りました。今年は茎が少ないので、材料をためてやっと2回目を製造しました。これでしばらく分があります。今年は低温で芽伸びが遅く、その分節間(葉と葉の間、つまり茎の部分)が短いので、茎の量が少ないです。特に新芽のミルい(小さい)頃の良い茎が極端に少なく、上のお茶を仕上げしたりして茎がたまり、農家さんから出た電棒という、電圧をかけてその電磁力で出た茎を使って作りました。農家さんから出 [続きを読む]
  • 100g2000円「あさつゆ」在庫僅少により、仕上げました。
  • 新茶の煎茶、2000円の「あさつゆ」仕上げました。どうも在庫が僅少になってきたので、少し早いですが、新たに仕上げました。年間の材料を見直して、選りすぐりの材料で仕上げしたものです。出来上がったものを飲んで、自分で自画自賛ではないですが「旨い!」と言ってしまいました。当店のお茶は品種にこだわらず、品質によって使うお茶を選びます。で、今回は品種茶も使用しますが、良いやぶ北を入れて製造しました。そのため、前 [続きを読む]
  • 年間のお茶の材料を審査しなおししました。
  • お茶の仕入れが99%終了したので、今年のお茶をすべて見直して、年間の材料をすべて確認しました。仕入れの材料によっては、商品適材で使用原料予定を変えたり、品質と全体のバランスを見て、使用予定の原材料を変更していきます。今日1日かけて、他の仕事をしながら、ぜーんぶ見直し。なので、神経を使いました。視覚、味覚、触覚、嗅覚を使って見直していきます。視覚で、お茶自体の色、拝見茶碗でお湯を入れた時の葉柄の色、水 [続きを読む]
  • 俺んちの荒茶、新茶で出来上がりました。
  • 荒茶づくりの「俺んちの荒茶」が出来上がりました。良い出来です。味も濃くできて、原料からするともっと形がなく、昨年よりも細かくなるかと思いましたが、出来上がりは結構ピンピンと伸びたところもあり、形状よくできました。作円と比べると、少し黄色めですが、お湯で出してみると水色が黄色いということがなく、緑色の濃い色に出ます。今年の方が蒸しの良い荒茶を使用したからでしょう。使用する荒茶は、毎年少しづつ違います [続きを読む]
  • ご無用1番茶茎茶「ヤブ北棒」ができました。
  • 昨日、業務用の茎茶「ヤブ北棒」を作りました。今年は気温が低く推移してきたので、茎の部分の伸びが遅い=茎が少ないように推移しています。そのため茎茶の全体量も少ないです。そのため、これが1番茶の茎茶の1番下になるかと思います。まあそれ以下も少量、どうしてもと頼まれた物は作りますが、できるのはもっと後になる予定です。今年は出物、茎茶、芽茶、粉茶、川柳が少ないです。どれも低温で芽伸びが遅かったのが原因です。 [続きを読む]
  • 上芽茶出来上がり。今日の雨で、明日の仕入れはありません。
  • 今日は、静岡は1日雨でした。なので、明日の朝の仕入れはありません。お茶は、お茶の木の新芽を摘採して蒸し、揉みあげたものです。そのため、お茶の葉は摘採した瞬間から酸化し、萎凋していきます。萎凋したお茶がウーロン茶であり、紅茶なわけです。で、切り口から酸化と腐敗が始まるわけですが、そうならないうちの新鮮なままの新芽を蒸し、揉みあげたものが緑茶です。そのため農家さんは生葉管理装置で、お茶の新芽(生葉)を [続きを読む]
  • 新茶で常茶「川根路」100g500円が出来上がりました。
  • 新茶は「川根路」100g500円まで出来上がりました。今年の新茶でのメインは大体出来上がりました。来週は業務用の茎茶の「ヤブ北棒」、荒茶づくりの「俺んちの荒茶」を製造予定です。まあ大体出来上がったので、少しのんびり・・・・まではいきませんが、余裕は出るつもり・・・・できるといいなあ・・・の予定でいます。さて、今年は1番茶がかなり遅れ、量も取れず、新芽も小さいままで推移しています。そのため価格の安いお茶が [続きを読む]
  • 品種茶№7132「さわのみどり」の新茶が仕上がりました。
  • お待ちかねの品種茶№7132「さわのみどり」が出来上がりました。この品種は実のところ名前がなく、№7132で登録されています。それをうちの契約しておる農家さんが、「さわのみどり」という名前で持ってきたのが始まり。それをうちの親父が認めて、品種単独で売り出したのが始まりです。品種茶を単独で販売するのは難しいです。というのも「やぶ北」ならば品種の広がりが広いので、北の農家さんが合わなくても南の農家さんのを逆に [続きを読む]
  • 新茶の茎茶「鷹の爪」100g600円が出来上がりました。
  • 今日は茎茶の「鷹の爪」100g600円(税込み648円)が出来上がりました。結構な量を作ったのですが、すでに半分は出荷。茎茶は今年少ないためか、かなり人気です。今年の茎の特徴としては、例年よりも低温で推移してきたので、芽伸びが少ない=茎が伸びない=茎が少ない=量が少ない。といった感じです。そのため、茎がいつもよりもしっかりとしていますが、その分甘みは多いです。色目は昨年よりも萌黄色ですが、甘い香りがあり [続きを読む]
  • 新茶「初摘」100g600円ができました。
  • 煎茶の600円「初摘」(税込み648円)ができました。昨年と比べると、少し色が黄色め。これは都市年でしょうがないことです。昨年は特に色乗りの良い年でしたから、今年は蒸しを進めたお茶は少し黄色めのお茶になります。でも味は結構濃い味を出しています。いい出来です。値段的にも常茶で、お食事時などに飲むのには最適です。今日はこのお茶の仕上げ、出荷で大忙しでした。夕方まで座る暇がないぐらいでした。明日も茎茶「鷹 [続きを読む]