turuyaschool さん プロフィール

  •  
turuyaschoolさん: 大河ドラマ<江〜姫たちの戦国>
ハンドル名turuyaschool さん
ブログタイトル大河ドラマ<江〜姫たちの戦国>
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/turuyaschool/
サイト紹介文天下分け目の戦いは、女たちの心の中にこそあった。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/12/18 06:10

turuyaschool さんのブログ記事

  • こころの軌跡
  • 〈こころの軌跡ー歴史の崩壊〉http://nagao86daigen.seesaa.net/index-5.html積み重ねた時が 現れた 歴史   {共謀罪法案 奇策強行}それを壊すこころ           {国破れて、山河無し}今の世に                {今 この世に}自分の子供... [続きを読む]
  • ムナーリと武満徹
  • http://fdl-italform.webnode.jp/bruno-munari-lab-/「芸術新潮」2006年5月号の特集が「はじめての武満徹」というテーマですが、この中にムナーリが贈った「読めない本」やそれに触発されて武満が作曲し た「ムナーリ・バイ・ムナーリ」の楽譜(オブジェ)などが紹介されてい... [続きを読む]
  • 田辺竹雲斎
  • http://shouchiku.seesaa.net/category/10704238-1.html下の図で、円Oと円Pは異なる2点A,Bで交わっている。(2)図において点Qは円Oの円周上にあり、点Rは円Pの円周上にあり、3点Q,A,RがQ,A,Rの順位一直線上にあるときに点Qと点Rを結んだ場合を表している。(イ)OB=5cm、AB=6cm... [続きを読む]
  • 岡野千鶴 折り紙
  • http://shizenhakobonaruta.blogspot.jp/2013/12/blog-post.html座標平面上で原点Oを中心とする半径1の円の第1象限の部分をCとする。曲線y=f(x)(0<x<1)は第4象限にあり、かつすべてのx_1(0<x_1<1)について点(x_1,f(x_1))における接線がC上の点(x_1,y_1)における接線と直交... [続きを読む]
  • 小山利枝子
  • 2010「birthday」小山利枝子1955年、長野県生まれ。東京藝術大学美術学科絵画科ゆが専攻卒業。大学在学中からインスタレーションの手法で作品を発表する。その後、表現方法を絵画に移し、個展を中心に県内のみならず各地で精力的に作品を発表し続けている。2004年『種子の秘... [続きを読む]
  • フレーベル
  • フレーベルによれば、神の似姿として作られた人間は、絶えず何かを創造することが使命であるとしました。幼児が遊びを通して自然界の仕組みを理解し、自らの創造力を陶冶するために恩物を考案し制作しました。恩物は、球、立方体、直方体、三角柱などの基本的な幾何学的形態... [続きを読む]
  • 砂 文明と自然
  • ブルース・シャピロ シーシュポスhttps://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%8
    2%B7%E3%83%A3%E3%83%94%E3%83%AD+%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%9D%E3%82%B9&rlz=1C1AOHY_jaJP708JP709&source=lnms&tbm=is
    ch&sa=X&ve... [続きを読む]
  • 良寛
  • http://www.choushouji.com/bosatsu/bo_a/a_e.htmlですから坐禪は、この大自然と一つにつながりあった『生命』に常に立ち帰るというので帰命の行であり、又報恩感謝の行でもあると言えます。そしてすべてが仏の恵みの中に生かされていたんだと気付いた時の言葉を『おかげさ... [続きを読む]
  • スズケー
  • インド・パキスタンっ子です。 この世にインドがなければ行きていけません。 人生のバイブルは「北斗の拳」です。 名古屋のイベントに「ハート*フール」のグループ名で参加し、 メヘンディ(ヘナ・タトゥ)を描いてます [続きを読む]
  • 孫悟空
  • http://www9.plala.or.jp/riversite/saiyuki/2-2.html怒りにまかせて如意棒を奮い、あちらこちらの天宮を打ち壊し、玉帝のいる霊霄殿へ向かった。 と、目の前に金色の塊が立ちはだかった。悟空は斛斗雲に乗って上昇すると、その大きな体躯の持ち主は釈迦如来であった。「... [続きを読む]
  • 疱瘡神
  • 疱瘡神は犬や赤色を苦手とするという伝承があるため、「疱瘡神除け」として張子の犬人形を飾ったり、赤い御幣や赤一色で描いた鍾馗の絵をお守りにしたりするなどの風習を持つ地域も存在した。疱瘡を患った患者の周りには赤い品物を置き、未患の子供には赤い玩具、下着、置物... [続きを読む]
  • 徧界不曽蔵
  • 「世界中あまなく隠しだてしたことはない。常に堂々とあらわれ出ている」とある。【徧界不曽蔵】 [続きを読む]
  • フォリオ
  • フォリオを開くと、右ページに貼付されたパラフィン紙の小袋に、1センチメートル× 3センチメートルほどの長方形の綿花が封入されています。小袋にはマドンナ・デッレ・ラクリメ、涙の聖母の線描画が、「マリアの青」のインクで刷られています。袋を貼り付けたところの少し上... [続きを読む]
  • 浦上玉堂
  • http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2006/1103/06_1103.html東洋のゴッホ   日本の美術に深い理解を示したドイツの建築家ブルーノ・タウトは、「この人こそ近代日本の生んだ最大の天才である。彼は『自分のために』描いた、そうせざるを得なかったからである。彼は... [続きを読む]