sava さん プロフィール

  •  
savaさん: sava!
ハンドル名sava さん
ブログタイトルsava!
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/sava_avas/
サイト紹介文興味あるものを、興味ある人に。
自由文食・旅・散歩・オマケ・Suicaのペンギンなどの雑趣味情報を狭量な視点で御紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供781回 / 365日(平均15.0回/週) - 参加 2010/12/18 17:20

sava さんのブログ記事

  • 今日の「ホンのひとことだけ」。
  • 昨晩は、眠くて眠くてどうしようもなく、21時には就寝。今朝、目覚めたのは7時でした。あまりの眠さに、ちょっと検索してみたら、普通の検索で引っかかるのは、更年期。スピリチュアルで引っかかるのは、転換期。・・・でした。本日はスピリチュアルな情報を参考にしたいと思います。転換期とは、人生の転換期のことらしく、自分の周波数が変化する時期ゆえに眠くなるとのこと。新たな道を歩もうとしている時期は眠くなるってこと [続きを読む]
  • 純米吟醸 天上夢幻濁酒@日本酒壱景
  • [純米吟醸 天上夢幻濁酒 500ml(デカンタ) 1,200円(税別)]中勇酒造店(宮城県加美郡加美町)アルコール度数:15度原料:宮城県産米、宮城・マイ酵母使用精米歩合:55%日本酒度:-10酸度:1.8先日、仙台駅で「天上夢幻濁酒 純米吟醸(デカンタ)」を購入しました。昨晩開封したのですが、フルーティーでものごっつい飲み易い。大変好みの味なので、仙台に行ったらまた購入したいと思っています。母も飲み易いと言っていましたが、お [続きを読む]
  • 桜が咲いた。@港区
  • 今日の東京地方は快晴。若干肌寒いものの、昨日よりは暖かい一日となりました。午前中に仕事で外出した帰りにふと見ると、ピンク色の花が咲く一角を発見。近寄って見てみると、桜が咲いていました。枝垂れ桜これは何分咲きになるんだろう?まだまだ蕾は多いものの、今週末に暖かくなったら満開近くなるんじゃなかろうか?かなり開花している樹もありました。グラデーションになっている花弁が可愛らしいです。外国人観光客が記念撮 [続きを読む]
  • 山梨県甲府市『小作 甲府駅前店』のカレーほうとう1,500円。
  • 目立つ場所に置いてあった単独メニュー。[旨辛カレーほうとう 1,500円]かぼちゃ、じゃがいも、にんじんなどがゴロンと入っています。ほうとう以外のメニューもあるみたい。ワタクシは「ほうとう」が好きなのだけれど、母はそうでもないらしい。しかし、山梨の郷土料理と云えば「ほうとう」なので、それを出す店の中でも人気がある『小作 甲府駅前店』でランチを摂ることにしました。オープンとほぼ同時に入店したのですが、極短時 [続きを読む]
  • 山梨県甲州市『旧高野家住宅(甘草屋敷)』の雛飾り。
  • JR塩山駅北口の前にある『旧高野家住宅(甘草屋敷)』は、国の重要文化財に指定されています。漢方薬の原料「甘草」を、江戸幕府の命を受けて栽培していたそうです。2月〜4月にかけて毎年開催されるひな飾りと桃の花まつりのメイン会場でもあります。本日は、重要文化財の建物を見つつ、雛飾りを愛でようと思い、母と二人で青春18きっぷを利用してやって参りました。雛飾りはこの時期だけのものでして、雛壇などが飾っている間は二 [続きを読む]
  • 宮城県仙台市『仙台牛焼肉 花牛』で仙台牛ランチを食べてきた。
  • 昨日はお寿司三昧だったもんで、本日のランチは肉料理を選択することにしました。早朝から大崎八幡宮を参拝した後に、青葉通一番町界隈にバスで移動。近所のドトールで珈琲を飲みつつ、母は電源チャージをして舞ったりしている隣で、ワタクシは近所に仙台牛が食べられるお店が無いかを検索しておりました。「電話予約をした方がいいわよ」と母が言うもんで、電話をかけて数分後に向かう旨を告げて予約完了。店に着いたら、「本日は [続きを読む]
  • 宮城県仙台市『大崎八幡宮』の社殿は国宝に指定されています。【後編】
  • 桃山建築の傑作とされ、国宝に指定されている大崎八幡宮の社殿。遠目からではその絢爛さは分かりにくいのですが、向拝の前に立って見上げると、その色彩に圧倒されます。黒い部分は漆塗りらしいです。立体的な彫刻の飾り。白い部分をが浮き上がるような彩色が面白いですね。拝殿の軒も豪華です。龍と虎の彫刻。金のトラが居たり・・・ホワイトタイガーが居たり・・・牡丹を食んでいるような唐獅子が居たり・・・吽形の青い唐獅子が [続きを読む]
  • 宮城県仙台市『大崎八幡宮』の社殿は国宝に指定されています。【前編】
  • 宮城県にある国宝と云えば、大崎八幡宮。慶長12年(1607年)に伊達政宗によって創建されました。絢爛豪華な安土桃山時代の社殿(本殿・石の間・拝殿)は国宝に、長床(1棟)が重要文化財に、社務所、旧宮司宿舎、神馬舎が登録有形文化財にそれぞれ指定されています。その建物が見たくて、朝からバスに乗って母と二人で行って参りました。「八」の字が鳥になってる。鳥居の向こうは階段でした。足が丈夫じゃないと神社には参拝でき [続きを読む]
  • 宮城県仙台市『すし哲』で夜も寿司を食べまくる。
  • 昼にお寿司を食べまくった母とワタクシですが、夕食もお寿司を食べることにしました。塩釜で立ち寄ろうと思っていた『すし哲』が仙台駅にも入っていたもんで。結構な人気店らしく、夕方の早い時刻だったにも係らず既に満席。って、駅地下だから当然か。名前を書いて、座って待っていましたが、席の都合で後から来た人々に越される越される。ついに我々の隣に座っていた人が怒っておられました。新幹線の時間に間に合わなくなるらし [続きを読む]
  • 宮城県塩釜市『阿部勘酒造店』で「四季の松島(純米)」を購入。
  • 創業、享保元年(1716年)の『阿部勘酒造店』。塩竈神社への御神酒御用酒屋として酒造りを始め、今で14代目になるそうです。塩竈市内と宮城県内での提供が主らしいのですが、東京でも日本酒「阿部勘」は手に入るそうです。本日は、東京では買えない日本酒を探してこちらに入店致しました。酒粕もある!でも持ち歩くのが重いので断念いたしました。[四季の松島 純米]熱燗で楽しめる・東京では入手できないお酒を訊いたら、コチラを [続きを読む]
  • 宮城県塩釜市『太田與八郎商店』で甘酒をいただく。
  • 江戸時代後期1845年(弘化2年)に創業した、味噌と醤油の醸造元『太田與八郎商店』。鹽竈神社から本塩釜駅に向かう途中に店舗があります。昭和4年の建物なんだとか。表に看板が出ていたので、ちょっと甘酒を頂くことにしました。値段は書いていません。[甘酒 250円だった気がする・・・]店舗内で味噌づくり体験をしていたので、座って飲めるのは外。ちょっぴり肌寒い日でしたが、歩き疲れて座りたかったので、有難かったです。こ [続きを読む]
  • 宮城県塩竈市『志波彦神社』の御朱印は鹽竈神社で頂けます。
  • 宮城県塩竈市にやって参りました。本塩釜駅までは仙台から30分程度の移動時間ですが、満腹だったもんで、母と二人で爆睡。スッキリ目覚めたのが多賀城辺りでした。本塩釜駅からはタクシーに乗り、鹽竈神社の上まで直行。タクシー代は640円也。帰りは母に階段利用を強いるつもりです。さて、鹽竈神社の隣にある『志波彦神社』は、国土開発・農耕守護・殖産の守護神で、もとは宮城郡岩切村という場所にあった神社らしいのですが、明 [続きを読む]
  • 母からお下がりのピアスを貰う。
  • 母が来ました。以前、「イイネ」とワタクシが言っていたピアスを持って。最近、重いピアスは肩が凝るそうで、そう感じるピアスをお下がりにしてくれたようです。身に付けているアクセサリーが銀色ばっかりなワタクシとしては、銀色のピアスが増えたのは純粋に嬉しいです。他に“重い”ピアスは無いのかなぁ・・・と期待してみたりして。【にほんブログ村】 [続きを読む]
  • 清課堂の錫盃を母に買って貰う。
  • 京都にある清課堂は、ワタクシの憧れのお店です。根付ぐらいしか購入したことがないため、それ以上の価格の酒器などは、いつかは手にしたい品物だったりします。そんな呟きを拾い、母が京都の同店で錫盃を購入してきてくれました。支払う気満々だったのですが、結果としては母にプレゼントして貰いました。それが写真の一品。手に馴染む大きさと重さ。これは新酒を買ってこれで飲まねば〜という気持ちが湧きますな。目下、熱燗にハ [続きを読む]