千尋 さん プロフィール

  •  
千尋さん: にじのえほん
ハンドル名千尋 さん
ブログタイトルにじのえほん
ブログURLhttp://nijino-ehon.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文自然、動物たち、虫たち。 いきものたちからの小さな小さなメッセージを綴ります。
自由文アニマルコミュニケーターの千尋です。

自然の中を散歩しながら野鳥や虫たちと会うのが
日々の幸せです。
そんないきものたちからのメッセージや日々の思いを
のんびりと綴っています。

アニマルコミュニケーションのサイトはこちらです。

伝言屋ひまわり

http://rainbow-ship.blog.so-net.ne.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2010/12/19 17:46

千尋 さんのブログ記事

  • 自然のいきもの〜なぜ?なに?リクエストを募集しています。
  • お待たせしてしまって申し訳ありません!にじのえほんでは、ブログを読んでくださっているみなさん、自然や野のいきものが大好きだというみなさんに、おはなしリクエストを募集します。姿を見せてくれた小さなカナヘビさん<自然のいきもの〜なぜ?なに?リクエスト>みなさんが普段接している、TVの中で知っている野のいきものに聞いてみたいことはありませんか?にじのえほんでは、リクエストをいただいたご質問をいきものに聞い [続きを読む]
  • ヒアリのこと〜落ち着いた対処を
  • 日本にヒアリが上陸したことで、様々なニュースやツイッターが出回っているみたいなのですが・・・色々記事を読んでいて、落ち着いた内容で信頼できる記事だと感じたものをご紹介しますね。☆Yahoo!ニュース「ヒアリ」の疑問を専門家が答える…覚えておきたい合言葉は“ひありおくやみ”https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-00010001-houdouk-soci&p=1一部記事から引用させていただきます。<ココが一番大事だと思いまし [続きを読む]
  • 介護をしている犬さんと猫さんのセッションのご感想です。
  • 九州では大雨の被害に続き、地震があり、大変な日々をお過ごしのことと思います・・・被害に遭われた皆様にお見舞いを申し上げます。一日も早く雨があがってくれますように・・と祈っています・・伝言屋ひまわりでは、介護をしている動物さんのご相談をいただくことがあります。みなさん、日々のお世話の中で動物さんがどう思っているのか、何が辛いのか、どうしてあげたらいいのかを悩まれていて、少しでも動物さんのために何かし [続きを読む]
  • ☆おはなしリクエスト第ニ段・蚊のおはなし〜殺虫剤をどう思う?
  • 前回の記事で、ある飼い主さんから蚊とのおはなしのリクエストいただきました。「蚊は殺虫剤についてどう思っているんでしょうか?」というご質問です。リクエストをいただいておはなしをさせていただくのは、「自然のおはなし会」以来だったので新鮮でした〜!とても嬉しかったです(^^)「自然のいきもの〜なぜなに?おはなしリクエスト」を来週くらいにみなさんから応募をしていただきたいと思っています。初めてなので3〜5 [続きを読む]
  • クロゴキブリのおはなし〜我ら不動の強さのヒミツ
  • 今日、面白いリクエストをいただきました(^^)ある動物さんとセッションをさせていただいた飼い主さんです。セッション後に少し雑談をさせていただきました。にじのえほんのおはなしになって、「千尋さんって蚊とおはなししたことありますか?」と聞かれました。私「確かなかったような・・・」飼い主さん「にじのえほんの記事を過去にさかのぼってみても、      蚊はなかったんですよね。      実は蚊に聞いてもら [続きを読む]
  • ゴマダラカミキリのおはなし〜森の巡回者
  • 早朝、クッキーとの散歩の帰り道・・・道をのしのし歩いている虫を見つけました。こ・・これは!ゴマダラカミキリ!!クッキーを家の中に入れて、急いでカメラを持って戻りました!それがこの方です!ゴマダラカミキリのカッコよさに惚れ惚れ〜♪写真を撮らせてもらってから、葉っぱに乗せて木のあるところに移動してあげました。のしのし歩き続けるので、そのまま手にも乗ってくれたのですが穏やかな虫でした(^^)朝からゴマダ [続きを読む]
  • コガネムシのおはなし〜害虫?益虫?
  • 6月22日、朝のベランダにコガネムシがいました。正面から見るとかわいい顔をしています(^^)このコガネムシ、よく害虫とも言われてしまうのですが・・おはなししてみました。コ「いろんな花の汁を飲みに来てるよ。  甘いのが大好き。」私「今はどんな花が好き?」コ「イチゴとか。」私「今咲いてるよね。」お隣さんには木いちごの花が、我が家は野ばらの花が今咲いているところです。コガネムシは白い花を好むんだとか。コ「 [続きを読む]
  • ヤスデとダンゴムシ〜土の掃除屋さん
  • 3日前の夕方、廊下の壁にヤスデが歩いていました。ハガキの上を這わせてあげて、ヤスデの動きに合わせて落とさないようにしながら玄関へ・・前庭に逃がしました。ヤスデはムカデのように噛んだりしませんが、びっくりすると身を守るために体の表面から臭い液を出すことがあるので、触らないように出してあげたほうがいいと思います。翌日、前庭を観察したらダンゴムシとヤスデ天国でした!(ゲジケジ系が苦手な方はすみません^^ [続きを読む]
  • 私のやる気スイッチ④〜虫を助ける
  • 私のやる気スイッチ第四段は、虫を助けることです。やる気シリーズの②〜④はほぼココ最近起こったことです(^^;)先週、街中に用事があってバスに乗りました。私の席は真ん中ほどでした。その2〜3列前の席の窓にぶんぶん飛んでいる虫に気がつきました。遠めでよくわからなかったのですが、黒くて細い虫で蜂ではなさそうです。幸いその席の女性の方は、うたた寝をしていらして虫に気がついていないようでした。虫はなんども窓 [続きを読む]
  • 私のやる気スイッチ③〜野鳥の観察
  • 私のやる気スイッチ第三段は野鳥の観察です。飛んでいる姿やさえずりに耳を傾けたり、近くで姿を見かけたら声真似や同じ動作をして、野鳥の様子を観察して楽しんでいます(^^)A female Blue Rock Thrush appeared by male's beautiful song / coniferconiferイソヒヨドリのメスです。おかりした写真です。先日は、口にいっぱい小枝や草をくわえたイソヒヨドリのメスに出会いました。巣材を運んでいるようです。すぐに行ってしま [続きを読む]
  • 私のやる気スイッチ②〜虫(小さなともだち)の観察
  • 私のやる気スイッチ第二段は、にじのえほんでもおなじみ、虫の観察です。家の周りや散歩中に見かけた虫をじ〜っと観察。写真撮影して、後から名前を調べたり、生態を調べるのに夢中になってしまいます(笑)一昨日みかけたのは〜トンボエダシャクシャクガの仲間ですが、ヒラヒラ飛んでいる姿はきれいでチョウのようです。顔のアップかわいいです(^^)おなかの模様がトンボみたいですね。外の水道にいたヒラタグモ水道と壁の間に [続きを読む]
  • 私のやる気スイッチ①〜みなさんからのご感想
  • 今読んでるのは「東大生だけが知っている『やる気スイッチ』の魔法岡田真波・著 主婦の友社」という本です。図書館で見かけて面白そうだな〜と思ってかりてみました。現在東大生の著者が、同じ大学に通う学生さんたちに「自分にとってやる気を出すためのアイディアってなんですか?」というアンケート調査と取材をまとめた本です。東大生だからと言ってと特別ではなく、みんな様々な悩みがあってモチベーションが落ちるときがある [続きを読む]
  • ツチカメムシのおはなし〜いのちの暦
  • 午前中はクッキーのおトイレのために庭に出て〜、ちょっと周囲を一緒に歩きます。クッキーとルンルン♪で帰ってくると、玄関前の階段でちょっとドジな虫と会いました(笑)ぷ〜んと飛んできたのですが、階段にぶつかってぽとっと落ちてしました。真ん丸くて1センチもない小さな虫です。クッキーを部屋に戻した後、カメラを持って戻ってみました。いました!目がつぶらでかわいい〜!虫は元気でした。土のあるほうに導いたら、早足 [続きを読む]
  • ヒョウタンゴミムシのおはなし〜海をきれいに
  • 前にナミテントウのお使いが「虫の使者がくるよ」と言っていました。やってきました・・使者・・しかも結構なメッセージを携えて・・びっくりです。夕ご飯の片づけを終えて、階段を上って来たら・・・一番上の階段にこの虫がいました。こんなにはっきりと目立つ場所にいる場合、メッセージがある可能性が大です。写真を撮って逃がしてあげたあとは、ちゃんとおはなしをすると約束しました。階段灯の明かりで、あまりはっきり写すこ [続きを読む]
  • アニマルコミュニケーションの言葉の壁
  • 日々の読書(マンガも含みます・笑)の中で、はっとさせられる言葉や場面に出会うことがあります。自分の体験とぴったり合って、そうそう!とシンクロした場面をご紹介したいと思います。私は昔からマンガが大好きです。この年齢になっても時々レンタルコミックをして、マンガ熱を発散しています(^^)今回賃りているのは、日渡早紀さんの「ボクを包む月の光」高校時代は前作の「ぼくの地球を守って」の世界観が大好きでした。そ [続きを読む]
  • 蛍舞う夕辺
  • 静岡市の駿府公園内にある紅葉山庭園で蛍の鑑賞会を開催していたので、家族で行ってきました。ご案内はこちらです。☆5/24(火)〜5/29(日) 蛍舞う初夏の紅葉山庭園(蛍の鑑賞会)開催http://sumpu-castlepark.com/info/archives/66初日の昨夜は、ぽつぽつ小雨が降りだすお天気で心配でしたが・・・入り口には行列を作って待つ人が〜。結構人気なんですね(^^)ゆっくりと暗い庭園内に入ると・・・ぽわ〜ぽわ〜と水辺をただよう蛍が [続きを読む]
  • ナミテントウのお使い
  • 昨日の夕方、洗濯物を取り込んでいたら・・・一匹のナミテントウが飛んできて、私の持っていたシーツに止まりました。「おやおや〜」と思って、手に乗せてから「ほら、飛んでいきなさい」と手を空のほうに向けたのですが・・・普通、テントウムシは高いところに歩いていって、てっぺんに来たら飛び立ちます。・・・飛んで行きません。しかも、何度もシーツに戻ったり、手に戻ってくるのです。何度も「ほらほら〜」と飛ぶように促し [続きを読む]
  • ちびこと糖尿病の日々
  • <お知らせ>みなさん、こんにちは。私がアニマルコミュニケーションのお仕事をはじめて、この春で6年になりました。ここまで続けてこられたのも、飼い主さんと動物さんたちのおかげです。本当にどうもありがとうございます!もう一度初心にかえって、アニマルコミュニケーションが初めての皆様にもわかりやすく、親しみやすいセッションをさせていただけないか考えていました。そして、セッションメニューをリニューアルさせてい [続きを読む]
  • コケ観察キッドでの観察
  • 15日の土曜日に、主人とクッキーとお花見&コケ散歩をしてきました。近所のお寺の桜です。境内に犬は入れないので、主人と順番に見てきました。幹も見事な桜です。さて、コケ観察キットというのは、コケを観察する拡大ルーペと水の入ったスポイド、ピンセット、簡易図鑑が入っています。スポイドで乾燥したコケに水をかけてあげると・・・だんだん開いてきて・・・こんなふうにみどりになります!朔との観察で、これはハリガネゴ [続きを読む]
  • コケの朔の観察
  • そのまた翌日の散歩道もいいお天気でした。散歩道のコケは、乾燥して縮れていましたが・・・こんなふうににょきにょきとかわいいのが出ています(^^)これは朔といって、中に胞子がいっぱいつまった袋がはいっている胞子体というものだそうです。この胞子がはじけ、発芽してコケが成長していくのだそうです。これまた図鑑とネットでうんうん〜と調べたのですが、ケヘチマゴケの朔?かなと思ったのですが、そのまた翌日の観察で、 [続きを読む]
  • クッキーとコケ散歩♪
  • さくら見物とともに、コケ観察もしてきました。じっくり眺めたり、触ってモフモフ感を楽しんでから写真撮影します。帰ってから図鑑とにらめっこして、このコケかな〜と考えるのですが、これが難しい!!私では間違っている可能性大なのですが、図鑑とネットで多分、このコケかな?と名前を書いてあります。間違っていたらすみません(^^;)撮影した4月12日の前日は雨だったので、コケたちは生き生きとしていてきれいでした〜 [続きを読む]
  • さくら散歩♪
  • 今年のさくらは遅咲きで、4月に入ってから咲き出しました。中旬までさくらが咲いていることは滅多にありません。今でも散歩道でさくらを楽しむことができます(^^)4月4日 公民館のさくら~クッキーとの散歩で4月11日 自転車で通りがかった川沿いの桜並木4月12日 クッキーとの散歩道今日もお花見散歩を楽しんできます♪ [続きを読む]
  • 蛸の枕さんで「春だよ〜もぐもぐ手芸会」
  • 9日の日曜日は、羊毛造形作家の鈴木オリエさんの手芸会にお友達のIさんと参加させていただきました。場所は神奈川県真鶴のカフェ蛸の枕さんです。☆鈴木オリエさんのホームページです。https://orie-suzuki.jimdo.com/☆蛸の枕さんのホームページです。https://sites.google.com/a/octopus-pillow.com/top/home☆食べログのページです。https://tabelog.com/kanagawa/A1410/A141002/14053629/昨年10月に真鶴散策に出かけたとき、偶 [続きを読む]
  • ハシボソガラスのおはなし〜カラスの生き方
  • 先日、一羽のハシボソガラスが白いものをくわえて飛んできました。ひらりと屋根に降り立つと、もう一羽のカラスがそばに降り立ちました。カラス達の大きさはほとんど同じでした。すると、先にやってきたカラスに、あとからやってきたカラスが近づきました。大きく翼をゆさぶって、甘えた声で鳴いています。先にやってきたカラスは親鳥のようです。白いものはパンのようで、こまかくちぎって若鳥に与えていました。もうすっかり大き [続きを読む]