geezenstac さん プロフィール

  •  
geezenstacさん: geezenstacの森
ハンドル名geezenstac さん
ブログタイトルgeezenstacの森
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/geezenstac/
サイト紹介文音楽はクラシックが中心で、読書は推理小説を中心に紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供397回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2010/12/22 23:43

geezenstac さんのブログ記事

  • 車の入替え
  • 車の入替え 昨年からスズキの「アルト」に乗っていたのですが、今日からホンダの「ライフ」に乗り換えました。アルトに不満があったわけではなく、ちょいと訳ありの理由で乗り換えることになったのです。日展画家の叔父が、今年年初に奥さんを亡くしました。我が家のおふくろの弟という事になるのですが、お互いいい年です。昨今話題になる高齢者の交通事故に鑑み、独り身ではあまり出掛けることも無いと運転免許証を返上しました [続きを読む]
  • 大阪芸術大学プロムナードコンサート2017
  • シンフォニック・シネマ・ナイト 22日は「大阪芸術大学プロムナードコンサート2017」に出掛けてきました。現在は愛知県芸術劇場のコンサートホールは改装工事のために閉鎖されているので、今年のコンサートは大ホールで開催されました。さすが大ホールは大きいですね。恥ずかしながらコンサートホールは何度も足を運んでいますが、大ホールは縁がなく今回が初めてでした。大きさでいえば名古屋市民会館(現在は日本碍子フォレスト [続きを読む]
  • 居残り同心 神田祭
  • 居残り同心 神田祭著者 吉田雄亮発行 祥伝社 祥伝社文庫 神田明神で三人の男が殺された。うち二人は抜け荷を追う十手持ちで、北町の定町廻り水木弦太郎の手下であった。事件解決のため弦太郎は一計を案じ、神田を縄張とする香具師の元締の家に居座ることに。「居残りの旦那」と揶揄されながら探索を続ける弦太郎。だが、新たに浅草で香具師が殺される。立て続けの事件に関連は?やがて、裏に幕閣の存在が浮かび上がる…。--デ [続きを読む]
  • フォンタナローザのモーツァルト
  • フォンタナローザのモーツァルト曲目/モーツァルト1.ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲変ホ長調K.3642.ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調K.216ヴァイオリン/パトリス・フォンタナローザヴィオラ/ブルーノ・パスキエ指揮/ヘルムート・ミューラー・ブリュール演奏/ケルン室内管弦楽団録音1970/01バークレー SR-5226 散財の一枚です。これ一枚だけ購入したので、まだ取り上げていませんでした。「BARCLAY(バークレイ)」という [続きを読む]
  • 見聞組 評定所書役・柊左門 裏仕置4
  • 見聞組 評定所書役・柊左門 裏仕置4著者 藤井 邦夫発行 光文社 光文社文庫 訴状の廃棄処分をしていた評定所書役の柊左門は一通の訴状に目を止めた。古寺に巣くって乱暴狼藉を働く浪人たちを取締まってほしいというものだった。調べたところ、浪人たちの背後には公儀の影が。裏仕置を決意した左門たちだったが、かねてから対立してきた“妖怪”中野碩翁の隠密軍団が前に立ち塞がる――。裏仕置人たちに、最大の危機! 待望の [続きを読む]
  • グラジオラスが咲きました
  • 白いグラジオラスが漸く開花しました。球根としては、下の「グロリオサ」と同時に植えたのですが、後から芽が出たグロリオサがどんどん成長して、先に開花していました。個体としては、「グラジオラス」の方が沢山植えてあります。漸く一株の開花です。上の2枚は昨日の開花直後で、まだ開花しきっていません。今日は完全に開花し、薄いピンクの模様が白を際立たせています。グロリオサの方は、咲き始めは薄いクリーム色ですが、や [続きを読む]
  • 我が家の花 8月
  •  花枯れで、花壇が寂しくなったので少々花を仕入れてきました。上は「クジャクアスター」です。丁度お盆の頃に咲くという事で、切り花としても良く利用されていますね。 斑入りの葉に白い花という事で、やけに目立ちました。「ハツユキソウ」です。トウダイグサ科ユーフォルビア属の一年草で、ポインセチアも同じトウダイグサ科なんですねぇ。 これ、花の名前聞くの忘れました。 ヒャクニチソウの白です。 ミソハギ科の「クフ [続きを読む]
  • ルートビール(ビア)とドクターペッパーグミ
  • ルートビールとドクターペッパーグミ こんな商品が有るとはつい最近まで知りませんでした。ドクターペッパーについては、最近扱うスーパーが増えてそれなりに手が入り易くなっています。何しろ、コカコーラが発売元ですから、繁華街の自販機でも見かける事が多くなりました。でも、暫く前までは「ドンキ」でしか見かける事はありませんでした。 ルートビールのA&Wに至っては日本では普通には沖縄でしか手に入らないでしょう。個 [続きを読む]
  • 浅草古翁堂 隠れひさぎ
  • 浅草古翁堂 隠れひさぎ著者 片岡麻紗子発行 廣済堂 廣済堂文庫 「見つからないものを探しだす」と評判を呼ぶ浅草の古物屋古翁堂の主人、伊平は昔、盗賊の頭だった。盗むのは金ではなく、道楽で集め、ろくに賞玩されていない骨董だった。そのやり方が手ぬるいと手下の「浮闇の弐助」に裏切られたのがきっかけで、足を洗うことにした。しかし金品を盗み、人殺しも厭わぬ弐助を許せなかった。そして京から逃れてきた元盗っ人、仙 [続きを読む]
  • デラふぁーむの野菜たち
  •  「でらファーム」は農業センターだけあって色々な野菜が栽培されています。 カラーピーマン「オレンジ」 南瓜「コリンキー」 ナス「ロッサビアンコ」 カラーピーマン「フルーピーレッド」 ナス「アレキサンドリア」 「オクラ」です。ダビデの星という品種です。普通のオクラよりデカイです。 オクラの花です。 なす「ホワイト・ベル」 なす「うすむらさき茄子」 こちらはししとうです。「甘長」という品種です。 こぼ [続きを読む]
  • アカペラ・カンタービレ・クラシックス
  • アカペラ・カンタービレ・クラシックス曲目/1.歌劇「天国と地獄」序曲 2:052.G線上のアリア 2:223.交響詩「わが祖国」より「モルダウ」 5:054.野ばら 1:215.カノン 5:496.愛の挨拶 2:107.交響曲第5番「運命」 0:578.カンタータ147番より「こころに主イエスを」 3:419.ピアノソナタ第14番ハ短調Op.27-2「月光」 3:4310.カルメン 1:1011.ピアノソナタ「悲愴」第2楽章 3:2612.ヴァイオリンソナタ「春」〜第1楽章 1:3513. [続きを読む]
  • 名古屋市農業センターのヘチマとかぼちゃ
  •  名古屋市の農業センターは天白区にあります。この農業センターが開園50周年を迎えるにあたり、愛称を募集したところ、選考の結果「delaふぁーむ」となったそうです。これは、Delicious(美味しい):美味しいものがたくさんあり、Enjoy(楽しい):来園者みんなが楽しみながら自然と親しみ、Learn(学ぶ):学ぶことができるAgriculture(農業):農業センターという意味と、名古屋の方言からだそうです。名古屋には1990年代に「 [続きを読む]
  • 昭和日常博物館の「暮らしの端っこ展」
  •  面白い展示をしているので、北名古屋市の「昭和日常博物館」へ出掛けてきました。昭和のくらしの様子を展示する博物館はあちこちにありますが、それは生活の様子をただ切り取っての展示の所が多いのですが、ここは一味違います。 昭和時代の暮らしの激変ぶりをモノで残し記録し、活用していくという試みを展開しています。収集した10万点を超える生活資料が集まり、その中から約1万点を展示し、昭和時代のごくありふれた日常生 [続きを読む]
  • 四日市市博物館に残る宿
  • 最近仕事で、毎月のように四日市に出掛けています。あまりゆっくりと滞在する時間は無いのですが、今回はちょいと四日市市博物館に出掛けてみました。 「四日市市博物館」は近鉄四日市駅の直ぐ東にある「そらんぽ四日市」の中にあります。 北側入り口には、四日市市平津新町で発掘されたアケボノゾウの骨格復元模型が入り口に置かれています。博物館自体はこの建物の3-5階を占めていますが、4階は特別展示、5階はプラネタリウム [続きを読む]
  • 僕らの冒険 〜リヤカー東海道五十三次 2017 夏〜
  •  もう過去になってしまいましたが、8月2日の10時頃名古屋市港区の環状線から金城埠頭方面へ向かう途中で「リアカー冒険隊」を見かけました。 この日も暑い日で、信号待ちで小休止をしていました。今年の中学生は、北海道や千葉、東京から参加し、7月21日に日本橋を出発していました。 このリアカー隊は、旅の象徴となる1つのリヤカーに共同生活道具一式を積み込んで18日間で東海道53次520kmの道程を踏破する企画で、もう何年も [続きを読む]
  • 喧嘩屋藤八 鬼蜘蛛
  • 喧嘩屋藤八 鬼蜘蛛著者/庄司圭太発行/光文社時代小説文庫 「失せ物ひと探し悩み事万お引き受け仕り候喧嘩屋」―浅草は雷門の近くで看板を掲げる藤八を商家の主人が訪ねてきた。湯島天神へのお参りの帰りに拐かされた娘を無事取り戻してくれという依頼だ。「鬼蜘蛛」を名乗る犯人からは身代金二百両を要求する脅迫文も届いていた。若い娘たちを狙って連続する事件に、藤八がへっつい長屋の住人と共に立ち向かう。文庫書下ろし長編 [続きを読む]
  • フラワーパーク江南の花 5
  •  フラワーパーク江南に来るとほぼ一日滞在することになります。エントランスと池だけで1時間、ダリアとひまわりで、1時間掛かりました。 レモンバームの花です。別名、「セイヨウヤマハッカ」と言うようです。 ザクロが実をつけていました。こちらは「ポポー」の実です。バンレイシ科の植物です。 「ムーンシャイン」という品種のブットレアです。 サルビアの仲間の「インディゴスパイヤー」です。 キキョウ科の「トラケーリ [続きを読む]
  • 北名古屋吹奏楽団演奏会「MISIC BOX」
  • 8月6日は、北名古屋市で開催された北名古屋吹奏楽団の演奏会へ行って来ました。暑い一日でしたが、会場は満員のお客さんで熱気ムンムンでした。このコンサート「MISIC BOX」と名されていて、夏だけに懐メロを楽しむコンサートです。曲目は、下記の通りです。 ご覧のようにジャズあり、歌謡曲あり、フォークあり、ポップスあり、映画音楽ありとなんでもござれで、これは前年のお客さんのリクエストに寄る選曲がなされているからで [続きを読む]
  • フラワーパーク江南の花 4 ダリアとひまわり
  •  江南フラワーパークには、睡蓮以外にもダリアとひまわりを纏めて展示しています。 メインの建物となる「クリスタルフラワー」の直ぐ西側の回廊に植えられているダリアの展示です。こちらはダリーナマキシというシリーズの「ソノラ」という品種です。コンパクトでたくさんの花を付けます。 こちらは「エンゲルハルト・マタドール」で、濃い赤紫色の中輪の花を付けます。 デコラティヴ咲きの「幸楽」という駐輪系のサーモンピン [続きを読む]
  • 8月の散財
  •  暑い日が続くと、判断が鈍くなるのでしょうか。無性にCDが聴きたくなる日があります。この日もそんな日で、ネットサーフィンをしていて気に入ったCDを見つけるとお気に入りリストに入れてしまいそれがいくつか貯まると、ついついポチッと してしまいったのがこの散財です。今回購入のCDはCPが高く、最近の小生の琴線に触れたものです。 一番最初にカートに入れたのは「ミシェル・オークレール」の8枚組のボックスです。 [続きを読む]
  • フラワーパーク江南の花 3 睡蓮
  •  クリスタルタワーの前にある、水盤池の回りには今は「睡蓮」が展示されています。開花時期にズレがあって、すべての花を一望出来ないのが残念ですが、池のスモークの演出で幻想的な雰囲気を楽しむ事が出来ます。 「パヨー・ブルー」という品種で、青紫の花と赤い雄しべのコントラストが見物です。 ムカゴ種の「ティナ」です。鮮やかな青紫の花色が特徴です。 一般種の「ミゾレ」です。2016年に発売された新しい品種です。 「 [続きを読む]
  • フラワーパーク江南の花 2
  • エントランスの花の続きです。普通の「葵」に見えますが、全て「アメリカフヨウ」の巨大な花です。キク科の「ルドベキア・タカオ」です。こちらもキク科の「エキナセア」です。 同じくキク科の「チコリ」です。ハーブとして利用されますが、花は僅か半日しか咲いていません。もうちょっと花期は過ぎたのですが、キク科の「ルリタマアザミ」です。一般には学名の「エキノプス」で流通しているようです。ユリ科のネギの仲間の「チャ [続きを読む]