一畳庵 さん プロフィール

  •  
一畳庵さん: プリウスと車中泊そして
ハンドル名一畳庵 さん
ブログタイトルプリウスと車中泊そして
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/1-joann/
サイト紹介文エコノミーな旅、エコロジーな庭と生活そして自由で豊かな日々を
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2010/12/25 02:52

一畳庵 さんのブログ記事

  • 役に立たない高偏差値大学出身、高難易度資格保持者
  • 高偏差値大学出身者が目白押しの三菱や東芝で一連のテイタラク難しい大学出身でお勉強ができるだけでは課題解決に結びつかない。はるかに歴史の浅いスーパーカブを作っていたホンダの方がまともな飛行機づくりができているのではないか。民間でありながら役所的な空気が漂う閉鎖的組織は選挙で選ばれる議員の差配を受けないことからかえってたちが悪いとされている。これより後者の方に言及したい。日本では昔から高文とか司法試験 [続きを読む]
  • ソウル大教授と東京新聞
  • 今日の東京新聞でソウル大教授Xさんがかなり長文の記事を載せている。日本では韓国の一部の様相ばかりが強調されているが、A 村上春樹の本はよく売れ、日本への観光客もかってより100万人以上増えているなど大部分の日本への印象は悪くない。bそれなのに訪韓客が減るなど韓国への好感度が低いのは日本の保守的雑誌やメディアの取り上げ方に 問題があるからだと。典型的な論の運び方だ。Aについて  日本だっていまだ韓流ドラマ [続きを読む]
  • 記憶力のよろしくない日本人とメディア
  • 記憶力のよろしくない日本人とメディア1国有財産の払い下げ 都心の二度と出ない超一級の国有地。この払い下げをめぐって複数の大マスコミから強いプロポーズ。 時の宰相は後後の効果を考えてX新聞に決めたとの話をいかがわしくない報道記事で読んだが。 価格も、その場所の稀少性の点でも取得できたマスコミは大満足2平成の脱税王 国のトップが堂々の脱税。毎月ママから人の年収分のお金をもらっていたとか。 高額の脱税っ [続きを読む]
  • 文学賞と音楽賞
  • 長いこと芥川賞の方が直木賞より格上かなと思っていたがいつのころからか逆になっているようだ。芥川賞は素人同然の一発屋(そうでない人もたくさんいます)、直木賞は実績あるプロがもらっている。今年もそうだけど直木賞受賞者は他の文学賞の審査員になっている人が多く、芥川賞受賞者はその後鳴かず飛ばずで忘れられる人が多いことでも裏付けられているのではないか。こういったことは別にして芸術作品の本質はいかに新たな美、 [続きを読む]
  • プリウスPHV新発売2月10日
  • 今日ディーラーに行ったら2月10日発売でもう予約も受けているとか。気になるお値段はというと380万円!これじゃ売れないセールスマンもがっかりと言っていた。ベンツやBMWのPHVよりは安いが総額400万円を超えるものを買うとなると。クラウンやレクサスからのダウンサイズ組が買うかも。ソーラー、熱交換、走行中の充電、AC100V6Aでの充電可能など技術的には青学のマラソン同様ダントツとは思うが。安くするとプリウスが売れなく [続きを読む]
  • 韓国への対抗措置とテレ朝の報道の内容
  • 日本の措置としては珍しかったが、朝日新聞とテレ朝は二言三言言いたそう。1・6夜のテレ朝の内容は酷かった。冒頭から韓国の主張ばかり丁寧に紹介。日本の立場はつけたり。「もともと撤去するとは言っていない」「国に強制権はない」「逆効果だ」と韓国の弁護論。どこの国のメディアなのだろうか。韓国では幼稚園の時から反日洗脳教育しているらしいが、日本国内では大新聞を長年読むことで知らず知らずにその新聞の主張に沿う思考 [続きを読む]
  • 日本政府・メディアの不作為→韓国になめられるの構造
  • 釜山公使館前ににまともや少女像10億円は何だったのか朝日新聞は稲田が靖国へ行ったからかとの記事。これは弁護記事。これじゃ韓国に不快なことがあるたびに少女像を建ててよいことになる。朝日の記者は朴大統領にお土産をもらって得意げにネット記事を載せたこともある。まるでエイジェント新聞みたい。元に戻りつつあるのか。そもそも市も国もコロッと態度を変えるのは、日本の様子を見てほとんど何の反対らしい反対がないことを [続きを読む]
  • 糸魚川奇跡の木造住宅に感動
  • 焼け残った木造住宅についての情報がだんだん出てきた。室内の動産も無事で家族はもう住んでいるとのこと。凄いとしか言いようがない。作ったところが地元の工務店なのが嬉しい。結局丁寧な発想と設計、丁寧な仕事だろう。ステンレス板の外壁、耐火煉瓦使用というのはなかなかない。網入りガラスの二重窓でガラス破損→室内への延焼を防げたのも大きいと思う。お金のかかった住宅でも最近は雨戸を見ないがなぜだろう。ガラス面が大 [続きを読む]
  • 見苦しい弁護士の「過払い金」宣伝
  • ラジオを聞いているとやたらに「過払い金が戻ってくる「時効になる前に早く相談を」のコマーシャル。その頻度があきれるほど。そんなに手数料が儲かるのか。こんな宣伝をしなければ生活が維持できないのかかって高利貸しが不当に利子を徴収したことの恩恵にあずかる図式社会正義のために法律家を目指したのではないか過払い金の取戻し手数料で生活するなど嘆かわしい田舎の村役場で戸籍係りの職に就いた方がはるかに上等これほど短 [続きを読む]
  • ロシアと佐藤優・鈴木宗男
  • 予想通りプーチンのゼロ回答に終わった。政府は日本国内向けに無理やり成果があると言わざるを得ない様子おもてなし外交は通用しないことが分かったことが唯一の成果だろう。佐藤とスズキは事前に様相がわかってきたらしく、そして今後の自分の商売【コメンテーター】のため発言を修正しにかかっていた。それにしても、このお二人、ロシアに対して一切批判はせず、むしろ取り繕う立論と自己弁護的論調ががとても目立つ。なんだかな [続きを読む]
  • プーチンと鈴木ムネオの言説
  • ロシア問題が売りでこの線で安倍総理に接近もできたムネオさんここにきて言い方が逃げに回ってきた。あちこちの放送局でしゃべりだしている。ロシアが考えてくれるようになればそれだけで成功とかそれじゃこれまでと変わらない。食い逃げされて(灰)さよなら。失敗を隠し、言い逃れのための言説だ。一方、選挙の時からトランプとロシアの関係は変だったがアメリカの国務長官もロシアと中のよい妖しい人に決定。ロシアKGB外交の勝 [続きを読む]
  • 韓国人による石像100体以上損壊!津田大介氏のご見解は?
  • 氏は月曜日のJwaveでエジプトでのキリスト教寺院へのテロなどについて一生懸命話していた。あなたのお好きな福島県での韓国人による石像大量破壊についてはスルーおかしくないかい?韓国人は靖国神社でも爆薬を仕掛けた。対馬で仏像を盗んでも返さない。それでいて四国での韓国人による韓国語遍路マークべた張りについては大弁護百田氏と論争するのは結構だが福島の人の心を損壊する行為についてスルーは醜い。津田氏はリベラル気 [続きを読む]
  • 日本人のロシアコンプレックス
  • 一時は北方2島が返還されるのでは、などと期待を抱く向きが少なくなかった。だが進展の様相は逆ではないか。ミサイル基地を作ったり、特にひどいのは尖閣のそばにヘリコプターまで飛ばしたことだ。普段だったら抗議をするのに怒らせたら大変と何も言い出せない。私の予想では、まったく返還はない。トランプが大統領になり原油もいよいよ減産になり、ロシアはウハウハ日本に媚びる必要はまったくなくなった。ちょっとだけよとちら [続きを読む]
  • ウエポナイズ
  • アメリカ人ジャーナリストの話しではじめて知った言葉だ。(日本の政治学者、ジャーナリストのご発言は相変わらず役に立たないというか市民レベルと大差ない)本来兵器ではないものを兵器化することを指すらしい。気高い日本人はやらないが世界では当たり前とのこと。・数年前のロシアによる「いうことを聞かないならガスを止めるぞ」・アメリカもかって小麦粉の輸出を止めたことがある。・日本もさんざん中国にやられましたね 一 [続きを読む]
  • 議院内閣制と大統領制
  •  ひところ、国のトップ選定に国民が直接関与できる大統領制の方がいいとかうらやましいとかのムードが広がっていた。しかし、ここにきてフィリピン、アメリカ、韓国とあちこちで大統領にまつわる大衆迎合主義の問題が出てきている。日本だって知事選で作家、芸能人 テレビタレントが出てきて問題多発だったし他人ごとではない。議院内閣制の方が間接的な選任なのでその分大衆迎合主義の影響から距離を置くことができる。イギリス [続きを読む]
  • テレビ局慶大・早大出身者が多すぎる
  • 電通の大学別最多入学者は慶大とのこと。当然例の広告学研究会出身者もかなりの数になるはずで、敏腕週刊誌記者がなぜそこら辺を記事にできていないか疑問?インタビュウすれば内容の濃いものになると思うが。今回はこれではなくテレビ局のこと。表題の件はちょっと前に読んだ本に出ていたわずかな行の記事。著者は立命館大学出身者であったがお名前も書名も覚えていない。勇気がありかつ重要なことだと思う。社員数もさることなが [続きを読む]
  • とてもおかしい朝日の投書欄 先祖返りか
  •  ひところに比べて朝日もずいぶん変わり、その点で旧来の朝日新聞ファンはご機嫌斜めになっていた。が、今回の投書欄「声」で持ち直したのでは? 従前、朝日は其の思うところをよりストレートに反映させる場所として週刊朝日やアエラを用いてきた。新聞本体でないから少々羽目を外しても批判を回避できるのではないかというのが狙いのように見えた。そうはいかなかったのがHに関する週刊朝日の同和差別的記事でトップの辞任にま [続きを読む]
  • 春樹とボブディラン
  • 春樹とボブディラン春樹は取れないとされている。理由は①メッセージ性がない通俗小説②すでに世界に認知され莫大な富を手にしている人に与える必要はないということであろう。もう一つ授賞にあたっては既受賞者に推薦を求めているが同国の受賞者大江健三郎が推薦しないだけでなく嫌っていることが大きいのではないか。が、ここにきてボブディランの受賞!影響するのではなかろうか。また,歌詞でいいなら脚本、セリフの受賞だって [続きを読む]
  • 稲田さん不合格。小池さんすごい。
  • 防衛大臣の答弁お粗末。本人の政治生命半ば終わり。本番=国会答弁で力量すべてががわかってしまう。肩書、学歴、資格で判断するのは危険。国立大出身の元検事はダメだったし、現役弁護士も同じだった。一方追及する側にも同様に試される側面がある。辻なんとかの激しい言葉で揚げ足を取る論調は聞いていて不快。れんほう氏も似たようなもの。小池さん選挙前は政党・男を渡り歩く節操のない人という印象だった。国民の多くも同じだ [続きを読む]
  • トヨタ車デザイン貧相 マツダに援助依頼を!
  • プリウスの後ろのランプデザイン3代目についても後期より前期の方がよかった。4代目のそれは まるでパチンコ店かキャバレーの電飾みたい。クラウンの前部もひどい→鼻の下が長く中国成金向きの感じ。総じてアニメ調。落ち着きがない。10代20代で乗る人は少ないのだから再考すべきだろう。一方マツダのそれはおしゃれで落ち着いている。まさにヨーロッパ調サッカーのレンタル制度を見習ってマツダデザイン班に全面依拠した方 [続きを読む]
  • シン・ゴジラを見て
  • 映画は見ないのだけど映画業界以外の信頼できる人の評判があまりにいいので行く気になった。口コミは正しかった。傑作だ。2時間集中せずにはいられなかった。筋は言えないが個別的断片的感想を。 監督 宮崎の風立ちぬで主人公の吹き替えをやった人とは。        うつ病になるのがわかる。それほどの気の張り・集中がないとできない内容。    斬新なアイディアもうなるほど。以下に。 会話が背景    専門的用語 [続きを読む]
  • 強姦の立証
  • 強姦致傷なら非親告罪。強姦だけなら親告罪。今回致傷とされる部分は指とのこと。となると最悪被害者による事後の自傷といわれたらどう反論立証するのか。大きな事件で敗訴、えん罪に見舞われている検察はこのところ弱気、逃げ腰の姿勢が目立ち不起訴が多い。甘利大臣の件はその例だ。そんな折、厚労省局長事件で無罪を勝ち取った有名法律事務所から公訴提起する場合の訴因を強姦罪にすることにし(親告罪)、それについて示談金の支 [続きを読む]
  • 「リアル」と「バイアス」。 高橋源一郎と東京新聞
  • 世の人々の心境を理解・説明するのに「リアル」や「バイアス」という言葉が用いられることがある。後者について一言。日本にとって震災は不可避だがまさか自分のところに来ることはないだろうと思いがち。この心理を説明するのに「バイアス」文言が使われる。また、自己のよって立つ立場に有利な事象は積極的に取り上げ逆に不利な事象には消極的な扱いをしたり、論点をずらしたりすることがある。これもバイアスを使って説明される [続きを読む]