nonco さん プロフィール

  •  
noncoさん: nonco diary
ハンドル名nonco さん
ブログタイトルnonco diary
ブログURLhttp://ameblo.jp/noriton21/
サイト紹介文レストラン巡り、カフェ巡り、観劇日記等、自分の備忘録です。
自由文素敵なお店でのランチ、お気に入りのカフェでのお茶、そして歌舞伎や文楽。
日々を楽しまなくては♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2010/12/25 09:15

nonco さんのブログ記事

  • 銀座SIX 夜の屋上庭園
  • 銀座SIX 屋上庭園、夜。 昼間も気持ちよいですが、街のまたたきを見下ろすことが出来る夜も素敵。 木々の向こうは、汐留のビル群の明り。 昼間とは趣の違う回廊からの眺め。 銀座SIX東京都中央区銀座6丁目10-1 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 国立劇場六月歌舞伎鑑賞教室『歌舞伎十八番の内 毛抜』
  • 解説 歌舞伎のみかた 中村 隼人  歌舞伎十八番の内毛 抜 一幕小野春道館の場 解説は隼人丈。この日は三階まで高校生の団体、女子生徒が多め。若手歌舞伎役者随一のビジュアルであろう隼人丈がヘアスタイルキメッキメ 、キメッキメで登場すると、どよめく場内。さすがです。大ゼリ小ゼリの上がり下がり、花道の紹介、見得やツケ、黒御簾音楽、小道具などを落ち着いた口ぶりで解説し、殺陣、毛振りも披露。女方の身体の作り [続きを読む]
  • 銀座 銀座SIX 銀座モダンテラス {ESPMOSSOかき氷}
  • 銀座SIX 銀座大食堂内にある「銀座モダンテラス」で。13Fのレストランや他フロアのカフェの数店には入ってみましたけれど、6Fは今回初入店。ならば、是非テラスへ、と。色々ありましたけれど、気になっていた山田チカラ氏プロデュースの「ESPMOSSOかき氷」を。こちらはマンゴー。ふわっふわの口当たり。 中央通りに面して並ぶソファ。 お店の方が、撮りましょう、と仰ってくださったので。 視界はこんな感じですよ。7丁目方 [続きを読む]
  • コンラッド東京 CHINA BLUE(チャイナブルー)でディナー
  • コンラッド東京 チャイナブルーでディナー。 レストランに入ったのは18時少し前。日が長いのでまだこの明るさ。 前菜三宝(前菜三種盛り合わせ) 黄湯虫草花膠蟹肉羹(蟹肉 魚の浮き袋 夏草花入り濃厚黄湯スープ) XO蝦仁伴翡翠豆腐(海老のXO醤悼め) 真下は浜離宮。 勝どき方面からお台場まで、美しい夜景はまだこれから。 時果金沙排骨(スペアリブ チャイナブルースタイル季節のフルーツと共に) 生炒牛肉飯(牛ひき肉 [続きを読む]
  • Alan Chan 「HELLO GINZA !」 @ポーラミュージアムアネックス
  • 香港のデザイナー、アラン・チャン氏が1975年に初めて銀座を訪れた時に撮影した作品から今年撮影した写真まで、数千枚にも及ぶ写真の中から選ばれた約50点の作品を、アーティスティックに表現した「HELLO GINZA !」.ポーラミュージアムアネックスで。 (写真撮影は自由、とのことでしたので、めまぐるしく変わる壁面を撮ってみました。が、なかなか上手くいかず、何とか見られるものの中から。) 被写体は全て銀座の街、建物、看板 [続きを読む]
  • 国立劇場五月文楽公演 『加賀見山旧錦絵』
  • 加賀見山旧錦絵 筑摩川の段 又助住家の段 草履打の段 廊下の段 長局の段 奥庭の段 享保から寛延にかけて起こった加賀騒動をもとに、松平家の江戸屋敷で起こった女中による局の仇討ち事件を取り込み、設定は室町時代。構成は全十一段のお家騒動もの。歌舞伎においては、女忠臣蔵とも言われる六段目と七段目(ここでは草履打の段から奥庭の段)の上演がほとんどなのだけれども、今回の文楽の舞台は歌舞伎では上演されることが [続きを読む]
  • 代官山 Madame Toki {マダム・トキ}でランチ
  • マダム・トキでランチ。 アミューズブーシュ 北海道産毛蟹と長野県産グリーンアスパラガスのクレームグラッセトマトのクリスタルなジュレとジュ・ド・ルージュ 鴨フォアグラのポワレ黒トリュフ香るマデラ酒でプレゼした江戸前穴子 ラングスティーヌ フランス産ホワイトアスパラガス マンゴーのタルタル 和牛フィレ肉{A4}のロティ フレッシュな温野菜 デセールはワゴンから。 Madame Toki東京都渋谷区鉢山町14−7 にほ [続きを読む]
  • 国立劇場五月文楽公演 『寿柱立万歳』 『 菅原伝授手習鑑』
  • 寿柱立万歳常盤津節『乗合船恵方万歳』の一節を義太夫節に移した祝儀曲。江戸にやって来た三河万歳の太夫と才三が、小鼓と扇を手に柱立てになぞらえた柱の数の語呂合わせで家々の繁栄を祈り歌う。五丁五枚で賑やかに華やかに。 菅原伝授手習鑑 茶筅酒の段 喧嘩の段 訴訟の段 桜丸切腹の段白太夫七十歳の祝いの日。白太夫が、茶筅で酒をふりかけた小さな餅を祝いとして近所に配ったところへ、松王丸の妻・千代、梅王丸の妻・春 [続きを読む]
  • 銀座 「Chinese Dining 美虎銀座」でディナー
  • チャイニーズダイニング美虎銀座 でディナー。五十嵐美幸シェフお勧めの逸品で構成されているコースを。 前菜盛合わせ 美虎自家製腸詰 ホタルイカの春巻き フカヒレ姿の上湯煮込み 鮑ぷりん仕立て 和牛の薄切り極上蒸し 名物ハマグリ麺 生姜のゼリー Chinese Dining美虎銀座東京都中央区銀座5丁目7-10 イグジットメルサ7階 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 銀座  Café Dior, (カフェ ディオール by ピエール エルメ)
  • 銀座SIX Dior内にオープンしたカフェ ディオール by ピエール エルメ。 メニューはipad、そういえば青山店もそうでした。見易くてよいですよね。 パンペルデュ マング カラメル エノワ ド ココ お茶は、ダージリン キーマン ライチ ローズのフレーバーティーをブレンドしたテ イスパハンを。 Café Dior, by Pierre Hermé東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX House of Dior銀座 4F& [続きを読む]
  • 四月大歌舞伎 『傾城反魂香』 『桂川連理柵』 『奴道成寺』
  • 傾城反魂香土佐将監閑居の場又平を吉右衛門丈、女房おとくを初役で菊之助丈が演ずる傾城反魂香、通称「吃又」。元々、「吃又」の芝居の方向は(今で言う)差別的なものであったそうな。現在は、実直だけれども吃音というハンデを負う夫と、甲斐甲斐しく世話をする女房、という夫婦の情愛物語。菊之助丈と岳父である吉衛門丈の夫婦、情の通い合いが染み渡るような舞台でございました。 菊之助丈の打つ鼓が素晴らしくて、こちらも印 [続きを読む]