なおき さん プロフィール

  •  
なおきさん: なおきのブログ(200冊読了/年)
ハンドル名なおき さん
ブログタイトルなおきのブログ(200冊読了/年)
ブログURLhttp://naokis.doorblog.jp/
サイト紹介文書評を中心に、コミュニティ/ナレッジマネジメント/コラボレーションなど
自由文年間200冊読了を目標にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供394回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2010/12/25 22:10

なおき さんのブログ記事

  • 【書評】『生物から見た世界 (岩波文庫)』
  • 生物から見た世界 (岩波文庫)ユクスキュル, クリサート岩波書店 ( 2005-06-16 )ISBN: 9784003394311なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見る<目次>まえがき序章 環境と環世界一章 環世界の諸空間二章 最遠平面三章 知覚時間四章 単純な環世界五章 知覚標識としての形と運動六章 目的と設計七章 知覚像と作用像八章 なじみの道九章 家と故郷一〇章 仲間一一章 探索像と探索トーン一二章 魔術的環世界一三章  [続きを読む]
  • 【書評】『黒蜥蜴 (江戸川乱歩文庫)』〜第43回千年読書会課題図書
  • 黒蜥蜴 (江戸川乱歩文庫)江戸川 乱歩春陽堂書店 ( 2015-05-20 )ISBN: 9784394301516なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見る読書日記人気ランキング第43回千年読書会オンライン版【江戸川乱歩『黒蜥蜴』】千年読書会 : なおきのブログFacebook上で開催されているオンライン読書会の「千年読書会」。6月の課題図書は江戸川乱歩の代表作『黒蜥蜴』でした。ほとんど書評になっていない書評を一度書いておりましたが、今度は [続きを読む]
  • 【朝活読書サロン】(2017年6月19日)
  • いつも満員御礼となる朝活読書サロン。今回は男性2名女性4名の6名の参加。いつもより人数が少ないこともあり、一人当たりの持ち時間が増え、質疑応答も増えました。なお、のべ92回目の読書会参加となります。【朝活読書サロン】選書の場としての読書会(2017年6月5日) : なおきのブログ読書日記人気ランキング紹介を受けた本子供の「脳」は肌にある (光文社新書)山口 創光文社 ( 2004-04-17 )ISBN: 9784334032456なおきの本棚 (Na [続きを読む]
  • 父の日の贈り物:『猫のゆりえ』『目がよくなる28のすごい写真』
  • 父の日に、78歳になる父に二冊の本を贈りました。あなたもできるプロの塗り方で 猫のぬりえエヴァーソン朋子東邦出版 ( 2017-04-21 )ISBN: 9784809414824なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見る一冊目は『あなたもできるプロの塗り方で 猫のぬりえ』。あまり大きくはない駅前の本屋さんに行くと、けっこう目立つように置かれていました。出版から2か月弱。けっこう売れ筋の本なのでしょう。しかし、決して父が自分の手で選 [続きを読む]
  • 【品川読書会】第3回(2017年6月14日)
  • 第3回の品川読書会を開催しました。のべ91回目の読書会参加となりました。今回の参加は女性1名男性4名。場所に迷われてしまった方もおられましたので、地図をつけておかなければなりませんでした(m_m)。文末に掲載しましたので、ご参照ください。次回は7月12日か19日を予定しています。今回のFacebookイベントでいいね!、興味ありをしていただいた方には、次回のご案内をする予定です。これまでの記録:【品川読書会】第1回(2017 [続きを読む]
  • 2017年5月の本(その2)
  • credit : soraraさん via photo-ac.com(利用規約)5月に気になった本で、まだ読めていない本のつづきです。読書日記人気ランキング『レジリエンス入門: 折れない心のつくり方』レジリエンス入門: 折れない心のつくり方 (ちくまプリマー新書)内田 和俊筑摩書房 ( 2016-09-05 )ISBN: 9784480689672なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見るなかなか「レジリエンス」というキーワードを日本語で一言で表現するのが難しいので、 [続きを読む]
  • 2017年5月の本(その1)
  • credit : はむぱんさん via photo-ac.com(利用規約)5月に気になった本で、まだ読めていない本です。どう気になったかの記録を残しておきます(読む予定の本は除外)。読書日記人気ランキング『ヒトはどうして死ぬのか』ヒトはどうして死ぬのか―死の遺伝子の謎 (幻冬舎新書)田沼 靖一幻冬舎 ( 2010-07 )ISBN: 9784344981812なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見る6年前のブログ記事で再発見。[勉強会]本のキュレーター勉 [続きを読む]
  • 【書評】『チェーザレ 破壊の創造者』第9-10巻
  • ここまでの書評【書評】『チェーザレ 破壊の創造者』第1巻 : なおきのブログ【書評】『チェーザレ 破壊の創造者』第2巻〜権謀術数、そして点と点を繋ぐ : なおきのブログ【書評】『チェーザレ 破壊の創造者』第3巻〜手玉・魅了・信用・接近 : なおきのブログ【書評】『チェーザレ 破壊の創造者』第4巻〜第6巻 : なおきのブログ【書評】『チェーザレ 破壊の創造者』第7巻 : なおきのブログ【書評】『チェーザレ 破壊の創造者』第8 [続きを読む]
  • 【朝活読書サロン】選書の場としての読書会(2017年6月5日)
  • 2週間に一度開催される朝活読書サロン。本日も満員御礼の9名の参加です。興味のある方は、Facebook・Twitter等でお声がけください。くりかえし述べますが、読書会とは選書の場です。本は1年間に8万冊から9万冊も出版されます。1日当たり200冊以上です。すべての本に目を通して選書するわけにはまいりません。読書会とは、決して自分の選書眼では見つけられない本を他人の選書眼を利用する場です。今回も、自分のアンテナでは引っ掛 [続きを読む]
  • 【書評】『エクサスケールの少女』
  • エクサスケールの少女 (文芸書)さかき漣徳間書店 ( 2016-11-26 )ISBN: 9784198649135なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見る<目次>序章 誰のための“EMERGENCY”第一章 本当の名も知らない頃第二章 Rationally, Practically, Expeditionusly第三章 千の歌第四章 The Privileged Few第五章 種族保存本能としての「生」第六章 Psychic Singularity終章 極彩色の、Hadean eonから続く織物を読書日記人気ランキング [続きを読む]
  • 安倍晋三氏の友人・知人の方は気をつけて
  • 安倍首相に近い元TBS記者山口敬之氏にレイプされたと詩織さんという女性が実名告白した件、事件の是非はともかく、これは、森友問題、加計問題につづく、民進党がしかけた稚拙な反安倍キャンペーン・政局づくりの一環と見ています。「私はレイプされた」。著名ジャーナリストからの被害を、女性が実名で告白<ネット民に告ぐ>ジャーナリスト山口敬之氏を強姦で訴えた伊藤詩織さんのものと思われるTwitter、ブログ、サイトを発見! [続きを読む]
  • 【書評】『手にとるようにNLPがわかる本』
  • 【書評】『テイクチャージ 選択理論で人生の舵を取る』 : なおきのブログ【書評】『わが子を一流選手にするメンタル・コーチング』 : なおきのブログ【書評】『コーポレートコーチング 上』目的はなにか? : なおきのブログ【書評】『一生折れない自信のつくり方』選択すること、積み重ねること、感謝すること : なおきのブログ一連の心理学の本(人材育成系の本)を読んできましたが次はNLPです。読書日記人気ランキング手にとる [続きを読む]
  • 【書評】『「全世界史」講義』出口治明(著)
  • 「全世界史」講義 I古代・中世編: 教養に効く!人類5000年史出口 治明新潮社 ( 2016-01-18 )ISBN: 9784103364726なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見る「全世界史」講義 II近世・近現代編:教養に効く! 人類5000年史出口 治明新潮社 ( 2016-01-18 )ISBN: 9784103364733なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見る読書日記人気ランキング連続で世界史の本を読んでいます。半藤一利氏、出口治明氏の『世界史としての日本 [続きを読む]
  • 【書評】『チェーザレ 破壊の創造者』第8巻
  • via ロレンツォ・デ・メディチ - Wikipedia (public domain)ここまでの書評【書評】『チェーザレ 破壊の創造者』第1巻 : なおきのブログ【書評】『チェーザレ 破壊の創造者』第2巻〜権謀術数、そして点と点を繋ぐ : なおきのブログ【書評】『チェーザレ 破壊の創造者』第3巻〜手玉・魅了・信用・接近 : なおきのブログ【書評】『チェーザレ 破壊の創造者』第4巻〜第6巻 : なおきのブログ【書評】『チェーザレ 破壊の創造者』第7巻 [続きを読む]
  • 【書評】『世界と日本がわかる 最強の世界史』
  • 世界と日本がわかる 最強の世界史 (扶桑社新書)八幡 和郎扶桑社 ( 2016-12-24 )ISBN: 9784594076405なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見る<目次>はじめに第一章 人類・神話・民族第二章 ローマ・ペルシャ・秦漢帝国第三章 仏教・キリスト教・イスラム教第四章 民族移動・宗教政治・商人の活躍第五章 成吉思汗・ルネサンス・オスマン帝国第六章 大航海時代・アメリカ・宗教改革第七章 ウェストファリア体制・絶対 [続きを読む]
  • 【朝活読書サロン】(18禁)女性上位(2017年5月22日)
  • 読書日記人気ランキング1ヶ月ぶりの朝活読書サロン。前回参加は4月24日でした。今回の参加は女性5名・男性4名です。またしても、女性上位です。単に人数比だけでなく、紹介されている本もどことなく女性上位の本が並びます。私は、上位の女性の言いなりになるより仕方がありません。女性上位とは。初級〜上級まで、女性上位のコツ・腰の動かし方をプロが解説 - モデルプレスLa matriarca(邦題:『女性上位時代』)紹介を受けた本 [続きを読む]
  • 【品川読書会】第2回(2017年5月16日)
  • 読書日記人気ランキング2回目となる品川読書会です。通算88回目の読書会参加となります。いつも本の写真を撮影するんですが、今回取り忘れてしまいました。ですので、代わりに会場となったタリーズコーヒー・品川インターシティ店の写真を掲載しておきます。次回品川読書会は、曜日をずらし、6月14日(水)予定です。前回の読書会:【品川読書会】第1回(2017年4月18日) : なおきのブログ通算87回目の読書会:【朝活読書サロン】 [続きを読む]
  • 【書評】『チェーザレ 破壊の創造者』第7巻
  • カノッサの砦前で3日間待つハインリッヒ7世image via Road to Canossa - Wikipedia (license : CC0)ここまでの書評【書評】『チェーザレ 破壊の創造者』第1巻 : なおきのブログ【書評】『チェーザレ 破壊の創造者』第2巻〜権謀術数、そして点と点を繋ぐ : なおきのブログ【書評】『チェーザレ 破壊の創造者』第3巻〜手玉・魅了・信用・接近 : なおきのブログ【書評】『チェーザレ 破壊の創造者』第4巻〜第6巻 : なおきのブログ読 [続きを読む]