なおき さん プロフィール

  •  
なおきさん: なおきのブログ(200冊読了/年)
ハンドル名なおき さん
ブログタイトルなおきのブログ(200冊読了/年)
ブログURLhttp://naokis.doorblog.jp/
サイト紹介文書評を中心に、コミュニティ/ナレッジマネジメント/コラボレーションなど
自由文年間200冊読了を目標にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供385回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2010/12/25 22:10

なおき さんのブログ記事

  • 『LIFE SHIFT』関連の対話イベントの企画
  • 読書日記人気ランキング本日、企業間FCの会合で、『LIFE SHIFT』の企画検討会を開催しました。これは、5月1日の企業間フューチャーセンター全体ワークショップで発案し、理事の牛山さんとの検討を受けて、本日の企画検討会になりました。理事・フェローから6名、追加で2名の方が参加しました。5月1日全体ワークショップのアウトプットLIFE SHIFT(ライフ・シフト)リンダ グラットン, アンドリュー スコット東洋経済新報社 ( 2016-10 [続きを読む]
  • 【品川読書会】第5回(2017年8月16日)
  • 第5回の品川読書会を開催しました。今回の参加は男性3名。通算のべ人数18名になりました。次回は9月13日(水)か9月20日(水)で日程調整します。なお、私個人としては、のべ95回目の読書会参加となりました。これまでの記録:【品川読書会】第1回(2017年4月18日)【品川読書会】第2回(2017年5月16日)【品川読書会】第3回(2017年6月14日)【品川読書会】第4回(2017年7月19日)読書日記人気ランキング紹介を受けた本虚数の情緒 [続きを読む]
  • 自己受容・他者信頼・他者貢献・感謝・成長
  • LIFE SHIFT(ライフ・シフト)リンダ グラットン, アンドリュー スコット東洋経済新報社 ( 2016-10-21 )ISBN: 9784492533871なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見る『LIFE SHIFT』に関するイベントの企画検討を複数名で進めています。私からの提案は2点。『LIFE SHIFT』の輪読会ライフシフトを実践した人のインタビューとその話を聴いた上での対話『LIFE SHIFT』の理念、特に変身資産を肉付けする副読書も考えてみました。『 [続きを読む]
  • 「中公新書」は何が読まれているのか?私は何を読んだのか?
  • 「岩波文庫」は何が読まれているのか?私は何を読んだのか? : なおきのブログ「岩波新書」は何が読まれているのか?私は何を読んだのか? : なおきのブログ現在のメジャーな新書レーベルで、「岩波新書」についで歴史を誇るのは「中公新書」ではないかと思います。歴史関連の新書が多いように思います。最近だと『応仁の乱』が大ブレイクしました。「岩波文庫」、「岩波新書」についても、何が読まれているのか?私は何を読んだの [続きを読む]
  • 銚子電鉄・犬吠埼(8月7日)
  • 月曜日は有給休暇をいただき、青春18きっぷを使って銚子まで。銚子電鉄に乗ってきました。本当はもう少し遠方の温泉に行く予定だったのですが、あいにくの雨模様につき、断念。前日に急きょ行先を変更。朝活読書サロンに参加し、ゆっくり目のスタートです。いいですね、銚子電鉄。走っている電車・線路・駅舎とも満足です。行路往路●新宿|  9:15発|    JR総武線(普通)[千葉行]26分|  9:41着○錦糸町|  9:43発|  [続きを読む]
  • 【書評】『鉄子の全国鉄道ものがたり』
  • 鉄子の全国鉄道ものがたり矢野 直美北海道新聞社 ( 2011-10-01 )ISBN: 9784894536180なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見る<目次>第1章 いろいろな列車を楽しむ(トロッコ・路面・SL・寝台)第2章 ローカル線を楽しむ第3章 いろいろな車両を楽しむ第4章 いろいろな駅を楽しむ第5章 鉄道を知る読書日記人気ランキング女子鉄本シリーズ第三弾。著者の鉄子こと直美さんは写真家兼文筆家の「フォトライター」。「 [続きを読む]
  • 「岩波新書」は何が読まれているのか?私は何を読んだのか?
  • マイベスト・オブ・岩波新書はこれだ!読書日記人気ランキング「岩波文庫」は何が読まれているのか?私は何を読んだのか?につづいて、「岩波新書」についても、何が読まれているのか?私は何を読んだのか?を整理しておきます。結果的に、「岩波文庫」は古典的名著が読まれているのに対し、「岩波新書」は近年の本が読まれていることが分かりました。Amazonレビュー順にトップ10を抜き出してみました。読まれている岩波新書トップ [続きを読む]
  • 「岩波文庫」は何が読まれているのか?私は何を読んだのか?
  • 読書日記人気ランキング「岩波文庫」は何が読まれているのか?そのうち私は何を読んだのか?気になったので、Amazonでレビュー順にトップ20を抜き出しみました。抽出にあたり、雑音(岩波文庫以外の本)も拾ってしまうため、除去しました。また、通常の版以外に「ワイド版」と「少年文庫版」も検索されるのですが、対象としました。上位20冊に対し、読んだことがあるか?知っていたか?を評価しました。読まれている岩波文庫トップ [続きを読む]
  • 【朝活読書サロン】(2017年8月7日)「キ〇タマを握る」
  • 「キンタマを握る」8月7日午前7時30分ごろ、渋谷のおしゃれなサンドイッチカフェ「ボン ヴィヴァン」の店内で、うら若き女性の声がひびきわまりました。今回の朝活読書サロン参加者は女性5名男性2名。女性陣が積極的にこの言葉を連呼するたびに、私は股間を抑えざるをえませんでした。にぎられないように。。。【朝活読書サロン】(2017年6月19日) : なおきのブログ読書日記人気ランキング紹介を受けた本『とりかへばや物語』とり [続きを読む]
  • 2017年7月の本
  • credit : bBearさん via photo-ac.com(利用規約)2017年6月の本(その1) : なおきのブログ2017年6月の本(その2) : なおきのブログ2017年6月の本(その3) : なおきのブログ先月に続き、7月の読めなかった本を紹介しておきます。読めなかった本も、一度は読みたいと思ったわけです。本との出会いと読みたいと思った理由を記録に残しておくことにより、記憶に留めておくことが可能になります。読書日記人気ランキング『家族・ [続きを読む]
  • 電車の席を老人に譲らせるには?
  • credit : Cranberryさん via ac-illust.com (利用規約)帰りの電車にて。通勤時間帯につきほぼ満員です。3人掛けのシルバーシートに、中年女性2人と若者の男性1人。その前にかなり高齢のおばあちゃんが立っていました。若者はスマホに夢中、中年女性の1人はふつうに前を向き、1人は具合が悪いのか顔を伏せている状態。誰も席を譲る気配がありません。顔を伏せている人は気づいていない可能性もありますが、他の2人は気づいていな [続きを読む]
  • LIFE SHIFT(ライフシフト)を実現するために、まず変身資産を身につける
  • 仕事後に企業間フューチャーセンター理事の牛山さんと話をしました。話した内容は、出身校・地元・政治・根源的な幸せ・ライフシフト・読書会・絵画鑑賞・関東人と関西人の気質の違いなど、あれこれ脱線しながらいろいろ盛りだくさんでした。牛山さんとは5月1日の企業間フューチャーセンターのワークショップで、「ライフシフトを実現するには、目に見えない資産を棚卸し、勉強会でシェアをし、考えよう」と合意をしていました。「 [続きを読む]
  • 【書評】『暗闘』〜日米露中四か国関係
  • 暗闘山口 敬之幻冬舎 ( 2017-01-27 )ISBN: 9784344030633なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見る<目次>第一章 安倍・トランプ会談の衝撃第二章 トランプ陣営の正体第三章 安倍・トランプ時代の日米関係第四章 官邸と外務省の暗闘第五章 日露交渉最終章 安倍外交が目指すものあとがき読書日記人気ランキング【書評】『暗闘』トランプとの電撃会談の背景、親ロシア派の意味、ケミストリー : なおきのブログ日米露中 [続きを読む]
  • 「積読」(7月22日)
  • credit : 紺色らいおんさん via photo-ac.com(利用規約)思いのほか、読書が進んでいません。現在積読中の本をリストアップします。このまま読めない可能性があるため、書き出すことによって多少なりとも記録(記憶)にしたいと思います。読書日記人気ランキング暗闘山口 敬之幻冬舎 ( 2017-01-27 )ISBN: 9784344030633なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見る前著が思いのほかよかったので、直近の本も読みました。冒頭読 [続きを読む]
  • 【品川読書会】第4回(2017年7月19日)
  • 第4回の品川読書会を開催しました。のべ93回目の読書会参加となりました。今回の参加は女性1名男性4名。通算のべ15名の参加です。次回は8月16日(水)開催予定です。これまでの記録:【品川読書会】第1回(2017年4月18日) : なおきのブログ【品川読書会】第2回(2017年5月16日) : なおきのブログ【品川読書会】第3回(2017年6月14日) : なおきのブログ読書日記人気ランキング紹介を受けた本自分の時間を取り戻そう―――ゆとり [続きを読む]
  • ブログ1500記事達成
  • image generated via photofunia.com昨日の投稿で、当ブログは1500記事を達成しました。2010年12月に開設し、6年8か月目、2014年8月末から連日ブログ更新を開始してから2年11か月目になります。くり返しになりますが、なぜブログを書くのか?それは、人は読んだことは忘れるが、書いたことは覚えているからです。ブログで書いたことは大概覚えています。さて、何を投稿してきたか、おさらいしておきます。カテゴリ読書・書評 (541) [続きを読む]
  • 女はめんどうくさいが、受け入れられる(逆もしかり)
  • 本日、女子中学・高校一貫校の説明を聞いてきました。配られた冊子に、「なぜ女子校を選んだのか?」(なぜ男子校を選んだのか?)が書かれていたのですが、これが現在の婚姻率低下の原因になっているのではないかと思う節があり、筆を執った次第です。なぜ女子校を選んだのか?男の子がいないから授業中うるさい邪魔をするので決め事が遅くなる。掃除をしないでサボる。理科や家庭科の授業では良いところばかり買ってにやって後片 [続きを読む]
  • 【書評】『 余計な一言 (新潮新書)』〜精神の森を豊かにすること〜
  • 余計な一言 (新潮新書)齋藤孝新潮社 ( 2014-07-17 )ISBN: 9784106105777なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見る<目次>まえがき第一章 その一言が恐ろしい第二章 本音はいつも必要ではない第三章 バカ丁寧は迷惑第四章 がさつで無知で無神経第五章 リピート病、ネガティブ病の患者たち第六章 ディフェンス力を強化しようおわりに − 精神の森をもとう読書日記人気ランキング何が余計な一言か。日本語が難しいのは [続きを読む]
  • 『発想法―創造性開発のために』と『知的生産の技術』
  • 発想法―創造性開発のために (中公新書 (136))川喜田 二郎中央公論社 ( 1967-06-26 )ISBN: 9784121001368なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見る知的生産の技術 (岩波新書)梅棹 忠夫岩波書店 ( 1969-07-21 )ISBN: 9784004150930なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見る日本がほこる知的生産の技法といえば、川喜田二郎氏のKJ法と梅棹忠夫氏の京大式カードだと思います。KJ法はのちにポストイットやマインドマップの [続きを読む]
  • 【書評】『まずは親を超えなさい!』
  • まずは親を超えなさい!~最新の脳科学と認知心理学を基にした自己実現プログラムTPIE公式ブック~苫米地英人フォレスト出版 ( 2009-07-07 )ISBN: 9784894513556なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見る<目次>プロローグ 親が最大の洗脳者である!Unit1 TPIEの世界へUnit2 スコトーマとRAS リアリティーを見えなくするものUnit3 情動記憶があなたをつくるUnit4 人は過去に生きているUnit5 自己を過小評価していないか [続きを読む]