なおき さん プロフィール

  •  
なおきさん: なおきのブログ(200冊読了/年)
ハンドル名なおき さん
ブログタイトルなおきのブログ(200冊読了/年)
ブログURLhttp://naokis.doorblog.jp/
サイト紹介文書評を中心に、コミュニティ/ナレッジマネジメント/コラボレーションなど
自由文年間200冊読了を目標にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供400回 / 365日(平均7.7回/週) - 参加 2010/12/25 22:10

なおき さんのブログ記事

  • 【書評】『世界と日本がわかる 最強の世界史』
  • 世界と日本がわかる 最強の世界史 (扶桑社新書)八幡 和郎扶桑社 ( 2016-12-24 )ISBN: 9784594076405なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見る<目次>はじめに第一章 人類・神話・民族第二章 ローマ・ペルシャ・秦漢帝国第三章 仏教・キリスト教・イスラム教第四章 民族移動・宗教政治・商人の活躍第五章 成吉思汗・ルネサンス・オスマン帝国第六章 大航海時代・アメリカ・宗教改革第七章 ウェストファリア体制・絶対 [続きを読む]
  • 二つの「営業力」
  • LIFE SHIFT(ライフ・シフト)リンダ グラットン, アンドリュー スコット東洋経済新報社 ( 2016-10-21 )ISBN: 9784492533871なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見る【書評】『LIFE SHIFT』ワーク・ライフ・アンバランスの現実 : なおきのブログ20代から50代までの現役世代に最もお薦めしたい本が、この『LIFE SHIFT』です。この本は、人生に考える上での道標を示してくれるでしょう。私が仕事上恵まれたことの一つが、営業人 [続きを読む]
  • 【朝活読書サロン】(18禁)女性上位(2017年5月22日)
  • 読書日記人気ランキング1ヶ月ぶりの朝活読書サロン。前回参加は4月24日でした。今回の参加は女性5名・男性4名です。またしても、女性上位です。単に人数比だけでなく、紹介されている本もどことなく女性上位の本が並びます。私は、上位の女性の言いなりになるより仕方がありません。女性上位とは。初級〜上級まで、女性上位のコツ・腰の動かし方をプロが解説 - モデルプレスLa matriarca(邦題:『女性上位時代』)紹介を受けた本 [続きを読む]
  • 町内会総会に参加(5月21日)
  • 町内会総会に参加しました。2年前にも参加していますが、今回は懇親会まで参加しました。町内会といえば、どちらかというと参加率が減少していると思うのですが、私の参加している町内会は、2年連続で参加世帯数が増加しました。というのは、どんどん新しくマンションが建っているためです。うれしいことです。しかしその反面、総会参加者の8割方はご老人です。現役世代はなかなかいませんが、私も夏のラジオ体操や盆踊りにお世話 [続きを読む]
  • 「建学の精神」について
  • credit : かえるWORKS via ac-illust.com (利用規約)今日は二つ、私立中学校の学校見学に行ってきました。それぞれの学校には、それぞれの建学の精神があります。東京の私学はルーツの古い学校が多く、建学が明治時代に遡る学校も多いです。建学の精神が現在も学校の特徴に表れています。あらためて気づいたのですが、男子校よりも女子校のほうが、将来の職業、将来の人生を子どもたちに問う教育をしているように感じます。今日の [続きを読む]
  • 【品川読書会】第2回(2017年5月16日)
  • 読書日記人気ランキング2回目となる品川読書会です。通算88回目の読書会参加となります。いつも本の写真を撮影するんですが、今回取り忘れてしまいました。ですので、代わりに会場となったタリーズコーヒー・品川インターシティ店の写真を掲載しておきます。次回品川読書会は、曜日をずらし、6月14日(水)予定です。前回の読書会:【品川読書会】第1回(2017年4月18日) : なおきのブログ通算87回目の読書会:【朝活読書サロン】 [続きを読む]
  • 【書評】『チェーザレ 破壊の創造者』第7巻
  • カノッサの砦前で3日間待つハインリッヒ7世image via Road to Canossa - Wikipedia (license : CC0)ここまでの書評【書評】『チェーザレ 破壊の創造者』第1巻 : なおきのブログ【書評】『チェーザレ 破壊の創造者』第2巻〜権謀術数、そして点と点を繋ぐ : なおきのブログ【書評】『チェーザレ 破壊の創造者』第3巻〜手玉・魅了・信用・接近 : なおきのブログ【書評】『チェーザレ 破壊の創造者』第4巻〜第6巻 : なおきのブログ読 [続きを読む]
  • 【書評】『コーポレートコーチング 上』目的はなにか?
  • photo credit : FreeGreatPicture.com (license : CC0)コーポレートコーチング 上苫米地英人開拓社 ( 2015-06-08 )ISBN: 9784758970112なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見る<目次>まえがき第1章 コーポレートコーチングを学ぶための基礎知識第2章 コーポレートコーチング・入門編第3章 コーポレートコーチング・初級編読書日記人気ランキング先月より組織開発系の本を大量に読み漁っています。【書評】『上司の [続きを読む]
  • 日本十進分類法(図書分類法)についてのメモ
  • 出典:しらべてみよう! | 国立国会図書館キッズページ読書日記人気ランキング図書分類法の一つであり、日本の図書館で図書分類のスタンダードである「日本十進分類法(NDC)」について調べましたので、メモをしておきます。第1次区分表0 総記 (情報学、図書館、図書、百科事典、一般論文集、逐次刊行物、団体、ジャーナリズム、叢書)1 哲学 (哲学、心理学、倫理学、宗教)2 歴史 (歴史、伝記、地理)3 社会科学 (政治、法律 [続きを読む]
  • 【書評】『桃のふわり鉄道旅』JR全線踏破
  • 桃のふわり鉄道旅伊藤桃開発社 ( 2016-11-11 )ISBN: 9784759101560なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見る<モデル>グラビアはじめにJR北海道JR東日本JR東海JR西日本JR四国JR九州特別対談コラム読書日記人気ランキング『電車の進歩細見』に続く女子鉄本の書評です。『電車の進歩細見』がメカ鉄だとすれば、『桃のふわり鉄道旅』は乗り鉄の本です。巻頭に昨年JR全線踏破した著者伊藤桃さんのグラビア写真付き。男性がJR全 [続きを読む]
  • 2017年4月の本(その2)
  • credit : bBearさん via photo-ac.com(利用規約)前項:2017年4月の本(その1) からのつづきです。読書日記人気ランキング『ヒルビリー・エレジー』ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たちJ.D.ヴァンス光文社 ( 2017-03-15 )ISBN: 9784334039790なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見るHONZの内藤順さんのレビューより。『ヒルビリー・エレジー』取り残された街のため息が、トランプを大統領に押 [続きを読む]
  • 企業間フューチャーセンター全体ワークショップ(5月1日)
  • 3×3lab Futureにて(開場前)久しぶりの企業間フューチャーセンター全体ワークショップ。4月1日に塚本さんが新代表に就任したこともあり、ワークショップが開催されましたので、参加いたしました。人の出入りがありましたが、間違いがなければ参加人数は総勢31名です。さすがは対話のプロたちの集まりです。おそらく日本一の対話のプロの集まりです。企業間フューチャーセンターの第3ステージへシフトするよい場になったと思いま [続きを読む]
  • 2017年4月の本(その1)
  • credit : 紺色らいおんさん via photo-ac.com(利用規約)読書日記人気ランキング『グスコーブドリの伝記 』宮沢賢治全集〈8〉注文の多い料理店・オツベルと象・グスコーブドリの伝記ほか (ちくま文庫)宮沢 賢治筑摩書房 ( 1986-01 )ISBN: 9784480020093なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見る千年読書会4月の課題図書です。著作権切れにつき、青空文庫で読むことが出来ます。1994年と2012年の2回、アニメ映画になっている [続きを読む]
  • 【書評】『ミュシャのすべて (角川新書)』
  • ミュシャのすべて (角川新書)堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)KADOKAWA ( 2016-12-10 )ISBN: 9784040820811なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見る<目次>総論 「ミュシャ芸術の本質――祖国を愛した時代の寵児」Chapter1 パリでの飛躍 挿絵画家からポスター作家へChapter2 パリ時代II ポスター画黄金期 Chapter3 祖国のために アメリカからチェコへ Chapter4 《スラブ叙事詩》 祖国への祈り 年表 [続きを読む]
  • 『フラットランド』、四次元の世界、そして相対性理論
  • 回転する四次元立方体(正八胞体)を三次元に投射したアニメーションcredit : JasonHise via 4次元 - Wikipedia (Public Domain)読書日記人気ランキング4月24日の朝活読書サロンで、以下の二冊の本が紹介されました。4次元思想とフラットランド (MyISBN - デザインエッグ社)佐道 来夢デザインエッグ社 ( 2017-03-27 )ISBN: 9784865439090なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見るm-content" style="float:left;margin-left:15p [続きを読む]
  • 【書評】『夜は短し歩けよ乙女』
  • 夜は短し歩けよ乙女森見 登美彦角川書店 ( 2006-11-29 )ISBN: 9784048737449なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見る<目次>第一章 夜は短し歩けよ乙女第二章 深海魚たち第三章 ご都合主義者かく語りき第四章 魔風邪恋風邪読書日記人気ランキング現在映画が絶賛公開中の『夜は短し歩けよ乙女』。原作の初出は2005年9月、ハードカバーが2006年11月の発売なのですが、本書の存在に気づいたのはシミルボンでした。昨年末 [続きを読む]
  • 【書評】『どこまでやるか、町内会』
  • (118)どこまでやるか、町内会 (ポプラ新書)紙屋 高雪ポプラ社 ( 2017-02-09 )ISBN: 9784591153390なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見る<目次>はじめに第1章 ごみ出し問題には町内会の抱える問題が集約されている。第2章 「担い手がいない」という悩みへの「解決策」の罠第3章 その事業は本当に必要か第4章 町内会はどこまでリストラできるか第5章 今すぐできるリストラ策「おまとめ事業」と手続きの簡素化第 [続きを読む]
  • 読書会参加の変遷
  • 今週、あらたに読書会を立ち上げましたが、ここで過去の読書会参加記録を振り返っておきたいと思います。過去7年間で何回、読書会に参加したのでしょうか?読書日記人気ランキング読書朝食会 "Reading-Lab"(通称:リーラボ)アットカフェの加藤たけしさんが立ち上げた読書会。Mixi内の読書会です。[mixi] 読書朝食会Reading-Lab首都圏版最初に参加したのは2010年3月5日で、その後2011年1月21日までの間に合計13回参加しました。参 [続きを読む]
  • 一流の営業人材を育てる
  • model : 川崎大洋(ぱくたその利用規約)まもなく48歳になり、「天命」も近づきつつあります。【書評】『40歳を過ぎたら「これ」を捨てよう。』〜天命に備える。 : なおきのブログほかの「天命」のブログ記事人材育成を仕事にするようになって6年目。いよいよもって、人材育成が天命になりつつあります。ただの人材ではありません。一流の人材です。「一流の〇〇人材を育てる」「一流の〇〇人材を輩出する」〇〇は「営業」です。も [続きを読む]
  • 【品川読書会】第1回(2017年4月18日)
  • 読書日記人気ランキング隔週で渋谷で開催している「朝活読書サロン」からスピンアウトし、「品川読書会」を立ち上げました。月1または2か月に一度の頻度開催していきます。立ち上げた理由は2つあります。「朝活読書サロン」が活況で、連日満員御礼気味であること。品川での開催要望があったこと。日時:2017年4月18日(火)7:30〜8:45場所:THE CITY BAKERY 品川(ザ シティベーカリー)(品川駅コンコース内港南口より)参加者:3 [続きを読む]