とーにん さん プロフィール

  •  
とーにんさん: フランスに魅せられて・・・
ハンドル名とーにん さん
ブログタイトルフランスに魅せられて・・・
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/muguet0714
サイト紹介文趣味で始めた写真、フランスの風景写真を紹介しています。
自由文フランスから帰国してもう9年になりました。
古きものを大切にする心、
時間に縛られず、のんびり暮らす風景、
いつ行っても変わらぬ街並み、
何度訪れても新しい発見があります。
趣味の写真を撮り、感じたこと、調べたことを綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2010/12/26 21:04

とーにん さんのブログ記事

  • お手軽Mac
  • フランスから帰国すると良く聞かれる質問「フランス料理食べてきたの?」「良いなぁ〜」「えっ?食べてないの?」そうなんですよ、毎回フランスへの渡航は費用ミニマムの旅なんです。理由は、言うまでもなく、何回も行きたいから・・・普通のサラリーマンが行く旅行ですから、ミドルサイズの旅行カバンにリュックサック背負って行く、貧乏旅行です。予算は毎回20万円、この費用には、航空券の往復費用やホテル代、現地の観光、お土 [続きを読む]
  • こんなのあり?
  • プロバンスのある街を歩いていた時の事1台のプチトランが走ってきました。許可車専用の道路の為、道路中央の円筒が、電動で下がり、通過できる仕組みになっているのですが・・・そのプチトランが、私たちの横を通過する時に、えっ!何?赤丸の部分見えますか?実はアイスクリームを食べながら運転していたんです。いったいどこで手に入れたのでしょうか?プチトランは、速度的には徐行程度の速さですが、働く時は責任持って働きま [続きを読む]
  • フランスのわんこ
  • フランスの犬は、日本の犬に比べてとっても大人しく、カメラを向けても吠えたり逃げたりしません。(反対に猟犬は、半端に無く獰猛で怖いです)今回の旅行に、数点犬の写真を撮りましたので紹介しておきます。ニースの旧市街でエスの村でエクスアンプロバンスの噴水の中で・・・ニースの海岸にて◆このブログは、フランスに関する内容で作成してます。ブログのHomeへ戻る時は、下のバナーをクイックしてください。 ◆ブログランキ [続きを読む]
  • エズの高台を目指す(後編)
  • 狭いエズの中の通路を登りながら歩いて行くと、高台に向かう手前に庭園に入る為の入り口があります。唯一、ここはこの村の観光資源になっているところでしょうか?料金所の女性は、携帯電話でおしゃべりの真っ最中。大人2枚の入場券を頼むときも、携帯は耳から離さない。我々がチケットをもらい、入り口のゲートを通過する時も、その態度は変わらなかった。ここからは、住居がなくなり、頂上に向かって整備された山道が延びている [続きを読む]
  • Ezeの村を散策(中編)
  • フランスの小さな町や村に付いたら、まず最初にインフォメーション(観光案内所)を探します。エズに着いたその時も、同じ様に観光案内所とトイレを探します。(これ、意外と大事)決まって観光案内所は、村の入り口にあるか、村の中心の教会の近くにある事が多いですね。今回は、入り口から少し歩き右手に観光案内所、その奥にトイレを見つけました。トイレを見つけると、いつも安心します。次は観光案内所で、村の地図をもらいま [続きを読む]
  • コート・ダジュールの鷹の巣村 Eze (前編)
  • 私が、死ぬまでに行きたい場所の1つに、このエズと言う小さな村があるなぜ、ここに行きたいのか?聞かれても、ただ行きたいからとしか答えられないのです。眼下に広がる青い地中海、遠くを見渡せば、ナポレオンが生まれたと言うコルシカの島、想像すればするほど行きたくなる村なのです。前日、ニースの観光案内所でエズへ行く、バス停の場所を尋ねました。観光案内所でエズ行きの時刻表とエズ経由モナコ行の時刻表をいただく。で [続きを読む]
  • 風景写真と後姿
  • 写真のアングルを決めていても、人影が入ってくることは当たり前でこの当たり前を集めてみました。意外と人が入る事によって、風景写真がより良く見えることも・・・日本には無い、風景写真ご覧くごださい◆このブログは、フランスに関する内容で作成してます。ブログのHomeへ戻る時は、下のバナーをクイックしてください。 ◆ブログランキング 『ブログ村』 カテゴリー 『フランス旅行』 フランスに関するブログがランキング [続きを読む]
  • セントレアからフランスへ FINNAIR
  • 愛知セントレアからフランスに行く為には、必ずどこかの空港を経由して行かなければならず、私がフランスに行く時は、季節や価格を重視しながら、選択するのですが、毎回旅券を発注する旅行会社、航空会社はバラバラなんです。言い換えると、なかなか同一グループのマイルが貯まらないのです。今回は、フィンランド航空を選択したのですが、今回は移動時間を最重視しました。航空券を選ぶにあたって、YahooトラベルかDeNAあたりで [続きを読む]
  • マルセイユ旧港の魚市
  • フランスの中では、個人的に一番行きたくない街がマルセイユ。フランスではパリに次ぐ大都会でもあるが、映画『タクシー』の舞台となったこの街は、マフィアがいっぱいいるのではないかと思い込んでしまっていたのが理由です。高速から、マルセイユの中心街に入り、海底トンネルをくぐってアルスナル地区の地下駐車場に車を停めた。駐車場から地上へ出ると、レストランが立ち並ぶ広場がそこにあり、建物の間からマルセイユ旧港に停 [続きを読む]
  • 中世の雰囲気が漂う村 Saint Paul de Vence
  • ニースから西に車を走らせて、30分も経たないうちに見つけた小さな村サン・ポール・ド・ヴァンス残念ながら「フランスの美しい村」には選ばれていませんが、選ばれてもおかしくない村の1つではないでしょうか。もともと、行く予定の無い村でしたが、ついでに気分で立ち寄ってみて、意外にも素敵な村でした。観光客もすごく多かったので、南仏では有名な村なんでしょうね村に入ってすぐに広場があり、そこでペタンクをしている達村 [続きを読む]
  • ニースのトラム
  • ニースの駅から海岸に向かって伸びるメインストリートのジャン・メドサン通りこのメインストリートには、車が走っていないんです。この通りは、トラムの線路になっており、トラムが来ない時は歩行者天国状態???とは、言うものの、トラムの線路の横には、幅の広い歩道があるから、わざわざ線路を歩く人はいません。トラムの線路内も特に立ち入り禁止エリアなんてありません。皆さん、常識をわきまえています。ニースの滞在に時間 [続きを読む]
  • 赤い村 Roussillon #2
  • アヴィニョンから、東へ約40KmにあるRoussillon(ルシヨン)と言う村。 この村を訪れたことは無かったのですが、過去のブログでこの村の記事を書いたことから、無性に行きたくなり、現地で急に行先を変えて行ってきました。 この村へのアクセスは、かなり狭い道を通って行かなければならず、たまたま借りたレンタカーにナビゲーションが付いていたこともあり、迷わず行けたことがラッキーと言わざるを得ません。タイ [続きを読む]
  • ニースの朝市 Cours Saleya
  • ニースの2日目昨晩ニースに着いたので、ニースを回るのが初日となります。ホテルの朝食も良いけれど、高額の割に中身が無いので朝一番で外出し、パン屋さんを探します。最近はイ―トインのパン屋さんも増え、その場で出来立てのパンを食べるのが、私にとって一番の幸せ。私が買うのは決まって、シュコラパンとレーズンパン、合わせても2?程度です。(ホテルの朝食は安くても6?はしますから)パンを購入後、旧市街のサレヤ広場 [続きを読む]
  • ポン・デュ・ガールの美女
  • このポン・デュ・ガールも旅行の計画に入っていなかったのですが、アルルからアヴィニョンに向かう途中で、少し遠回りして立ち寄ってしまいました。巨大なローマの水道橋は、現在は使われておらず、橋のみが残っているのですが、このガルドン川に架けるにあたって、当時は大変な苦労があったことが想像できます。高さ48m、長さ275mで実は終わりでなく、当時は約50Kmかけて水源からニームまで、飲料水として流れていたそうで [続きを読む]
  • 噴水の街 Aix-en Provence
  • マルセイユから北へ車を走らせたところにある、エクス・アン・プロバンスもともと立ち寄る予定も無かったこの街も、以前から訪れたい街だったこともあり、ニースの帰路の途中で街散策となりました。駅横の駐車場に車を停め、駅を起点にスタート。街のメインストリートのド・ゴール広場にある噴水噴水は、こんな植物のだんごになったものもあります街を陽気は、既に夏!喉が渇くとつい飲みたくなってしまうほどきれいな水です苔むし [続きを読む]
  • WRC モンテカルロのコースを試走
  • 今年からTOYOTAが再参戦したWRC(世界ラリー選手権)このデビュー戦となったモンテカルロのラリーコースを走ってみたくなりました。toyotagazooracing.comから、画像を拝借場所は、モンテカルロだから、モナコと思いきや、ほとんどがモナコの北にあるフランスの山岳コース。どうせ走るならスポーツカーと言いたいのですが、予約したのはゴルフクラス。もう少し、小さな車が良かったのですが、何せ条件は旅行カバンが2つ積める事が [続きを読む]
  • 南仏の旅へ
  • 1年半ぶりにフランスへ旅行することができました。最近はFacebookで、トレッキング中心の活動報告してばかりで、なかなかブログ更新ができず、ほとんど忘れ去られたブログになっています。申し訳ありません、これも時代の流れでしょうか、それとも怠惰な私の性格の為でしょうか?今回は、フランス旅行で初めて「パリ外し」をしてみました。日本からパリまではアクセスし易いのですが、南仏となると1度はトランジットしなければ行け [続きを読む]
  • モナコF1グランプリ直前!
  • 今週末は、モナコでのF!グランプリが開催されます。たまたま、ニースからバスでエズに向かい、その後モナコへ観光に向かいました。F1グランプリは、世界各国のサーキット場で開催されますが、モナコでは市道を使ってレースが行われる為、週初めから少しずつですが準備が始まってます。モナコも観光しつつ、F1コースも部分的に歩いて回れましたので様子を見てきました。カジノの北側のコースはまだ一般車の通行が許されてましたが、 [続きを読む]
  • ロダンの作品がある美術館(静岡県立美術館)
  • パリに行けば2回に1回は訪れるロダンの館(下の写真)個人的には、彫刻、彫像類は敬遠がちなのですが・・・何度行っても飽きないのは???でも、そう何度もフランスに行くことができなければ、日本で楽しんでしまえば良いじゃないですか。このブログでも紹介したことがある「モネの庭園」は静岡県にありますが、ロダンの作品を集めた美術館も静岡県にあったんです。と言うか、以前から知っていましたが、なかなか行く機会がありま [続きを読む]
  • ロダンの作品がある美術館(静岡県立美術館)
  • パリに行けば2回に1回は訪れるロダンの館(下の写真)個人的には、彫刻、彫像類は敬遠がちなのですが・・・何度行っても飽きないのは???でも、そう何度もフランスに行くことができなければ、日本で楽しんでしまえば良いじゃないですか。このブログでも紹介したことがある「モネの庭園」は静岡県にありますが、ロダンの作品を集めた美術館も静岡県にあったんです。と言うか、以前から知っていましたが、なかなか行く機会がありま [続きを読む]
  • 旅行の準備
  • しばらく、ブログを更新してなくてゴメンナサイ最近は、Facebookばかり更新して、こちらがかなり疎かになっています。フランスで行方不明になっている女子大生、本人早く元気で見つかると良いですね。彼女が住んでいた「ブザンソン」と言う街は、フランスの中央東部に位置し、スイスの国境に近い所にあります。Wikiには書いてませんが、スイスの国境に近いことから、時計等の精密機器が産業ときいたことがあります。(間違っていた [続きを読む]
  • 旅行の準備
  • しばらく、ブログを更新してなくてゴメンナサイ最近は、Facebookばかり更新して、こちらがかなり疎かになっています。フランスで行方不明になっている女子大生、本人早く元気で見つかると良いですね。彼女が住んでいた「ブザンソン」と言う街は、フランスの中央東部に位置し、スイスの国境に近い所にあります。Wikiには書いてませんが、スイスの国境に近いことから、時計等の精密機器が産業ときいたことがあります。(間違っていた [続きを読む]
  • 凱旋門と山登り
  • 日本に住んでいると、フランスの素敵な部分が見えてきて、「また、行きたいなぁ〜」なんて、気分になってきますが、最近は「日本も捨てたものじゃないな」って感じてくることも多くなってきました。帰国してすでに12年の歳月が経ち、いろんな趣味も増えましたが、最近の趣味は『登山&トレッキング』健康つくりと写真撮影、そして登山後の温泉とやりたいことが一度にできるのが、この趣味を止められない理由です。で、私はこの山登 [続きを読む]
  • 凱旋門と山登り
  • 日本に住んでいると、フランスの素敵な部分が見えてきて、「また、行きたいなぁ〜」なんて、気分になってきますが、最近は「日本も捨てたものじゃないな」って感じてくることも多くなってきました。帰国してすでに12年の歳月が経ち、いろんな趣味も増えましたが、最近の趣味は『登山&トレッキング』健康つくりと写真撮影、そして登山後の温泉とやりたいことが一度にできるのが、この趣味を止められない理由です。で、私はこの山登 [続きを読む]
  • パリの安ホテル
  • 最近はインターネットでホテルが予約できるようになったので、わざわざ旅行会社にお願いしたり、直接ホテルにFAX入れて予約なんてすることが無くなって、随分と簡単になったのは良いけれど・・・さて、パリへ行きたくなったら、まずエアーのチケットを格安で手に入れることから始めます。格安チケットの背景には何か理由があるはずなんですが・・・先回手に入れたANAのチケットはルフトハンザとのコードシェア便であること、国内移 [続きを読む]