Tomozo さん プロフィール

  •  
Tomozoさん: ゆずみそ手帖
ハンドル名Tomozo さん
ブログタイトルゆずみそ手帖
ブログURLhttp://livinginnw.blogspot.com/
サイト紹介文シアトル在住、英語と日本語の間でいつも戦い、さすらう脳天気な翻訳者のご近所&脳内&あちこち放浪日記。
自由文12年住んだオアフ島から2009年にシアトルに引越しました。英日翻訳をやっています。大学生息子と2人家族です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供198回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2010/12/27 08:03

Tomozo さんのブログ記事

  • まさかこの店で買い物をすることになるとは
  • ショッピングモールに入ってる、スケボー小僧御用達のお店に「ZUMIEZ」というのがあります。バカなスローガンのはいったTシャツとかキャップとか、安めのスケボー系ウェアを売ってるお店。うちの息子も、中学生の時にたいへん気に入っていた店です。もう一生この店とは関係を持つことはないと思っていたのだが、 このあいだ映画館に行く時にここの店の前を通ったら、この猫と目が合ってしまった。フリーダ………。そして、ダリ猫… [続きを読む]
  • シアトルに自転車シェアリングが復活!
  • 先月ニューヨークで自転車シェアリングが大成功しているのをみて、そういえばシアトルのは…と思ったら市営のはひっそりと4月に廃業していた。という話をこの間したばかりだったんですけど、またシアトルに自転車シェアリングが復活しました。先日のシアトル・タイムズの記事を読んでへぇーと思っていたら、うちの近所でさっそく目撃。今度のは市もそのほかの公的な資金も一切援助なしの私営。現在2社が500台ずつで開業して、9月ま [続きを読む]
  • 水玉地獄にいって来たよ
  • シアトル美術館通称SAMでやっている、草間彌生さんの展覧会にいってきました。サムって可愛いニックネームだよね。サムくん。1か月前の日記をへいきで書いているわたしとしては超速の即日レポートですよ!むっちゃ楽しかった〜!会期は9月10日まで。もう1度なんとしても行きたいです。入場は15分間隔の時間制。入ったあとの制限はなし。4時の回をもう1か月前に予約していたのに30分遅刻。息子よもうすこしタイムマネジメントを学び [続きを読む]
  • Rainless in Seattle
  • 快晴つづきのシアトルです。もう1か月も雨が降ってないんだって!毎日、朝起きると雲ひとつない爽やかな空で、雨が降る日もあるなんてことをすっかり忘れてしまいそう。今年は冬が暗くて長くて、太陽がぜんぜん見られない日々が長かったのだったな、そういえば。快晴続きだけど、気温は最高が27度Cくらい、最低が15度Cくらいで、家の中にずっと座って仕事をしていると身体が冷えてカーディガンをはおりたくなるくらい涼しい。真っ [続きを読む]
  • ここがあの有名な。
  • セント・パトリック大聖堂から、ニューヨーク公共図書館へ。しかし残念ながらもう閉まってた。いったん雨が上がって、虹が。小さな仕事があったので、この辺にあったサンドイッチ屋さんで片付ける。出る頃には時刻は9時すぎ、ちょうど夕日が沈むころ。せっかくなので近くのタイムズスクエアとやらを見に行くことにしました。ネオンが雨に濡れたアスファルトに映って2倍の明るさ。 このフューシャピンクはT-Mobileの広告です。クラ [続きを読む]
  • 大聖堂と全裸の祭典
  • MOMA閉館後、ときどきの夕立に降られながら5番街をとりあえず歩いていくと、セント・パトリック大聖堂の前にでた。でかっ。せっかくなので中に入ってみました。でかっ。以上。向かいはロックフェラーセンター。帝国って感じですねー。スターウォーズの帝国軍のテーマが聞こえてきそう。今読んでる草間彌生さんの自伝で、この聖堂の前で1967年1月に「ボディペイントの祭典」を開催した話がのってました。「演技をするのは、ヒッピー [続きを読む]
  • 怖い絵の写真を撮る人びと
  • MOMAのつづき。最上階の企画展示は、ニューヨーク生まれの女性アーティスト、ルイーズ・ローラーさんの作品を集めてあった。美術館やコレクターの家などで撮った、ほかのアーティストの作品の写真を、妙な並べ方をしたり、関係のないコンテクストに放り込んでみる作品など。美術館のサイトにはこう説明されてます。Lawler’s critical strategies of reformatting existing content not only suggest the idea that pictures can h [続きを読む]
  • MOMAの繊細建築とライトさんの1600メートルタワー
  • マンハッタンへの旅の目的地のひとつ、ニューヨーク近代美術館。瀟洒でコンクリとガラスと木材のビルでした。めっちゃオシャレだけど、ビルの間にあって特に大声で主張するような感じがまったくない、控えめな建物という印象でした。降ったり止んだりの日だったのだけど、ちょうど行った時には雲が晴れて、吹き抜けのところの白い大きな壁にちょうど光がさしこんでて、むっちゃくちゃ綺麗だった。これにまず感動。なんて繊細な、な [続きを読む]
  • 超富豪の壮絶コレクション
  • マンハッタンのマディソン・アベニューにあるThe Morgan Library & Museum。ここはマダムMの必見リストに載っていた、ライブラリー&ミュージアム。わたしはまったく存在を知りませんでした。しかし、ニューヨークの不気味な要石みたいな存在で、すっごく面白い。ふだんは入館料20ドルなんだけど、無料になる金曜の夜に狙っていきました。 吹き抜けになっている広々した正面エントランスホールではジャズも演奏されててお洒落。20 [続きを読む]
  • 旅の朝ごはん
  • ニューヨークのユニオン・スクエアを通りかかったら、ファーマーズマーケットをやっていた。 花屋さんも。シアトル市内のモールからは撤退してしまって見かけなくなったバーンズ&ノーブル路面店に久々にお目にかかった。しかも絵本に出てくるようなかわいい古いビル!末永くそこにいてください。チーズや仔牛肉。いちごにビーツにラディッシュ、ズッキーニ、珍しいきのこ、アップルサイダー。売ってるものはシアトルのマーケット [続きを読む]
  • 地下鉄の人々
  • 残念ながらA列車に乗る機会はなかった、ニューヨークの地下鉄。6番とJと、あと他にも乗ったかな? 各駅にある、このクラシックなモザイクタイルの駅名表示が素敵。しかし、駅の多くはめっちゃ汚い。このホームは使われてないのかもしれないけど、ゾンビ映画に出てきそうな荒廃ぶり。 使われているホームもふつうに老朽化してる。暗いし。ホームの改修までお金が回らないの?地下鉄って黒字なの赤字なの?マダムMはどの駅もデフォル [続きを読む]
  • 巨大すぎる新興成金国の駅
  • ニューヨークのグランドセントラル駅。広っ。隣接する地下鉄の駅から出てきて、このとほうもなく広いコンコースにとにかく圧倒されてしまいました。 このムダな広さ。宮殿のようなきらびやかさ。近郊へ行く列車が発着する現役の駅だけど、ホームは地下にあるので、このコンコースは駅だかなんだかわからない不思議な巨大空間。いろんな映画でも見たはずなんだけど「あー映画で見た見た!」とはならない、既視感を感じようのない広 [続きを読む]
  • 幸せになるお粥
  • ニューヨークにて。イーストビレッジの外れ、地下鉄の駅の近くに「粥之家」という店を発見。マダムMと2人、かならず行こうねと固く誓い、数日後の朝食におもむきました。店の前にものすごく頑丈な鎖で縛られてる自転車。このものものしい鎖はニューヨークのあちこちでみかけた。 しかもぐるぐる巻き。 さてお粥です!こちらはマダムMのご注文された蟹いりお粥。わたくしはごくシンプルに皮蛋いりおかゆ。ぐつぐついう土鍋にはいっ [続きを読む]
  • ごちゃごちゃチャイナと隣のイタリア
  • マンハッタンのチャイナタウン。悪い夢から出てきたような金色のペガサス(…なのか?)が飛んでいました。すいかの種をはりつけたみたいな目がツボ。たてがみがツノツノなところも、ほのかに邪悪な気配を感じさせる。ウエストビレッジのスーパーで食料品のあまりの高さに目が飛び出そうになったけど、さすがにチャイナタウンはマンハッタンでも良心価格。ここでなら生活できそうな気がしてほっとする。生活しないけど。マンゴー4 [続きを読む]
  • クールな翻案ラーメン
  • ニューヨークに行ったらラーメンを食べようと楽しみにしていたのです。だってニューヨークは最近ラーメン激戦区になったって聞いてたし。とくに「モモフク」は「ニューヨークの人気ラーメン」という話を何度も聞いていたので、よし絶対行こうと期待していたのでした。ニューヨーク市内でスイーツの店とバーも展開してて、トロント、DC、シドニー、ラスベガスにも支店があるという。ちょうど、イーストビレッジで泊まったアパートか [続きを読む]
  • イーストビレッジのソルティピンプとか
  • ニューヨークでは、グリニッジ・ビレッジの次に、イーストビレッジに数日滞在しました。ここもAirBnBで、マダムMが見つけてくれた。ニューヨークではうっかりすると5階でもエレベーターなしという体育会系のアパートが多い中、 ここはエレベーターありのビルで助かった。しかしドアは手動という微妙に面白いエレベーターだった。立て込んでるのでどこのビルにも明り取りの中庭がある。イーストビレッジは、ウエスト(グリニッジ) [続きを読む]
  • 湖上の花火
  • 山中湖。じゃなくて、タホマ山AKAレーニア山が見える、シアトル郊外の湖です。シアトルからは車で1時間くらいか。湖に面した知人の家で、独立記念日におよばれ。湖を囲む家には大きいのも小さいのもみんな愛国精神にあふれた赤白青のデコレーションがされている。日が暮れる前からあちこちで花火が上がる。鳥やケモノたちは大騒ぎ。世界の終わりだと思ったことでしょう。よい月夜。湖のまんなかで小さな花火大会があるので、小さな [続きを読む]
  • 雨のニューミュージアム
  • マグナムの展覧会を見たあと、まだ雨が降る中、お向かいのNew Museumへ。ここは妹島和世さん&西沢立衛さんのユニットSANAAの設計によるビルディング。フロアをつなぐ階段の途中に窓があって、コンクリの壁に自然光がきれい。トイレのタイル。1階のカフェ。この美術館は同時代のアーティストに絞って紹介していて、この時はフロアごとに分かれて3人の作家さんの展覧会が開催されてました。トップフロアはイギリスの作家Lynette Yia [続きを読む]
  • 雨とマグナム 
  • ニューヨーク滞在中、2回ほど大雨に降られました。イーストビレッジからチャイナタウンのほうへ歩いて行こうとしたら雨脚があまりにも烈しくなり、途中で断念。たまたますぐ近くにあった国際写真センター(International Center of Photography)のカフェで雨宿り。ついでに気軽な気持ちで展示を見たら、これがすごく良かった。雨に感謝。Magnum Manifesto という、写真集団マグナムの設立から現在までの70年を三つの時代に区切って [続きを読む]
  • 7月のグリーンレイク
  • 雲ひとつない土曜日、今日中に読もうと思った本を持ってグリーンレイク一周の旅へ。気温は20度C。日陰のベンチに座ってると身体が冷えてくるくらい、風は爽やか。7月初旬は、シアトルではもう盛夏という感じです。 もっと人が多いかと思ったけど、意外にそうでもなかった。カナディアンギースのみなさんが池の一画を確保されている。この一族はここに棲みついているようです。 ボートやカヤックやカヌーで湖上は盛況。小さいビーチ [続きを読む]
  • ブルックリン橋
  • ブルックリンからの帰りはブルックリン橋を渡ってマンハッタンへ戻りました。 時刻は午後8時をすこし過ぎたころ。もう暑さもおさまり、川風が気持ち良い。 シアトルほどではないけど緯度が高いので夕暮れが遅い。シアトルは北緯47度、ニューヨークは40度だそうです。午後9時まで明るいので、東京からきたマダムMはびっくりしていた。ちょうどマンハッタンのビルのうしろに夕日が落ちる時間でした。この橋の建設がはじまったのは187 [続きを読む]
  • イーストリバーとブルックリンのピザ
  • ウォール街からのイーストリバーフェリーでブルックリンへ行きました。ブルックリンに行くなら、フェリーで行くといいよ!と、AirBnBのホストさんが教えてくれた。マンハッタンの南端から川をさかのぼって、橋を3つくぐっていくコース。お値段片道たったの2ドル75セント。しかし時間はかかる。いつ来るのかも予定は未定というゆるやかなフェリー。 IKEA行きの水上タクシーも出てた。なるほどー。イーストリバーってけっこう広い。 [続きを読む]
  • あの牛がいるところとメモリアルのプール
  • ニューヨークに行ってみるまで、ウォール街がマンハッタンのどこにあるのか知らなかったのはこちらの翻訳者です。世界随一の金融街は、こんなにせせこましいマンハッタン島のさきっちょのエリアにあったんですね。ニューヨーク証券取引所がスナップチャットに追加してねとアピールする前に中国人のご夫婦。日曜日だったのでトレーダーさんたちの姿はなく、この一画は観光客でいっぱいでした。ジョージ・ワシントンさんと写真をとる [続きを読む]
  • ホイットニー美術館のカルダー、ホッパー、ビエンナーレ
  • ニューヨーク滞在中にまず行ったホイットニー美術館で、アレクサンダー・カルダー展をやってました。ワンフロアの小さな展覧会だったけど、めったに見られない動く彫刻のデモンストレーションがあった。ちょうど運良く、デモの時間に立ち会うことができました。嬉しい!カルダーの動く彫刻が動いてるのを見たのは初めて。ほんとにかわいい。なんだろうかこの洒脱さは。 これは予想を裏切る有機的なな動き。Sの字がミミズっぽい。こ [続きを読む]
  • JFK空港と犬の御用足しエリア
  • 最後の日の朝のニューヨークスカイライン。飛行機が朝9時発だったのでマンハッタン(セントラルパークの北端あたり)を6時半に出発。行きはラガーディア空港へ、帰りはJFK空港からでした。ニューヨークのUber運転手はむっちゃくちゃアグレッシブに飛ばすので、たいへんスリリングなライドが満喫できる。こえーよ!グーグルマップだと58分だったのに40分かからなかった。 JFK空港のターミナル4はピカピカでおニュー感がいっぱい。 [続きを読む]