さくらたまご さん プロフィール

  •  
さくらたまごさん: タダの独り言
ハンドル名さくらたまご さん
ブログタイトルタダの独り言
ブログURLhttp://ameblo.jp/ohkaw/
サイト紹介文妄想と、ノンフィクションが交差する何気ない日常の徒然。
自由文自分探しの旅に出て、辿り着いたのがココでした。
紙で出来た箱の中に足を踏み入れたらもう足が止まってしまいました。
片足を取ろうともう片足が……、粘着質の……
とうとう私は安住の地を発見したのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 352日(平均0.2回/週) - 参加 2010/12/28 22:16

さくらたまご さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • エラい人のスライディングに接待ハイキック
  • 茶??うめぇ……あ!こ、こんにちばんございまちそうます。それで、何の話だっけ?ウンウン、はいはい。日本経済を支えるナンセンスなセンテンスについての考察……おー、ハイソサエティなアーバンライフがアイライクピアノなコックローチカラーディスイズフマキラー、ナイナイスウィーティ……ん?何かと戦う話はこれまでにして……お土産って買い慣れると自分のモノって買わなくなるんですけどね。10年近く……久々に何故か買 [続きを読む]
  • 久し振りなので
  • 久し振りの投稿〜地下に潜って半年、セミになるかと思いましたが。!!プハァ、ゼエゼエゼエゼエゼエゼエゼエゼエゼエゼエ…………呼吸ができない事に気が付いて浮上。良かった、半年で気が付かなかったら窒息するところだったわ。するところだったわ!!↑大事な事は二回言いましょう。するところだったわ!!↑三回言うとくどくなるのでやめましょう。何故かワタクシ、中国の空港でこれを書いております。はい、高と……もといお仕事の関係で1週 [続きを読む]
  • 生存確認
  • ただいま、のただいまは、おかえりのほうじゃなくてなう、いま、現在の方ですが。都内に向かっております。小劇場に舞台をね、観ようとずっと前から計画してたんです。今日の予報雪しかも移動と劇見て帰るまで。ジャストのピンポイントで降ります。気象庁、あざといぞ!!もっと狙うにしても偶然のハプニングを装うとかやり方があるだろう!!なぜ狙う。知りすぎたからか。尻だからか。すでに寒いぞ。帰れるかなぁ。 [続きを読む]
  • ウソようでホントのウソ
  • 賛成の反対なーのだーーー!!というタイトルですが。10年!!犬の年に換算するとほぼ一生の半分を折り返す年齢!!つまり50年です。犬50年を迎えました!!パチパチパチ(パラパラはいらん!!)……もう1回言いますよ。10年ということはセミで言うところの地面から飛び回って軽くなるまでです。いわばセミ100年です!!セミ100年を迎えましたーーー。(パチパチパチパチパチパチ)よし、まずまずこんなもんか。しかぁし!!まだ何が10年だかもいう [続きを読む]
  • 潜伏生活から息継ぎ
  • こんにちは、あれ???今は何年?2015年……………………………………………小林くん、成功したよ!!我々はタイムスリップしたのだよ。一年という時間を進めることに成功したのだ。これを応用すれば我々はもっと未来の世界に行くことが出来るのだよ。ふふふハハハははーはーーハッハッハっこれを成功させるため、1年間昼夜も年月も分からんまま没頭した甲斐があったってもんだ。……ん?という、月日の光陰っぷりに驚く今日この [続きを読む]
  • 来襲の寒波
  • 簡潔に簡潔に〜暑い(大汗)主張先まさかの暑さ。毎日晴れるは35℃超えるはでございまして‥‥これでまた本日帰国するので日本、注意されたし!!私の通るところ雨、もしくは季節はずれという言葉が付き物です。帰るぞー、夜には日本にいるぞー。 [続きを読む]
  • カエルの子はカエル
  • お久しぶりという堕落から久しぶりの脱却!!そして冬眠…zzzえ?もう6月?・・・・・おはようございます。開かれた世界までもうすぐ!!まぁ梅雨が明ければプールがご開帳す…違う!!なぜここにこういう話を持ってきたかというと明日より私、出張です。そう、「嵐を呼ぶをのこ」伝説もはや過去の栄光…じゃない都市伝説、風評被害、そして情報操作!!この生まれ持って逃れられない星の元に生まれたなんていう言いがかり!!これを見て [続きを読む]
  • あーーーっという間に
  • GW終わりやないかいっ!!!・・・・・・・・・・・・・いやいやいや、ずーーーっと音沙汰無しだって!!いや、ここには来ているんです。開かないなんて事はないんです。ただ、書いていないだけ。開いて書いた気になってます。いや、心の声で書いてます。こころのブログはいつも更新しています。そして透視で写した画像もいっぱい載せています。これが残念なのが能力者しか見られないということさらに鍵をかけているので心の扉を [続きを読む]
  • 過去の記事 …