ひこさん さん プロフィール

  •  
ひこさんさん: 盆バカひこさんの盆栽道楽
ハンドル名ひこさん さん
ブログタイトル盆バカひこさんの盆栽道楽
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/fwnt1093/
サイト紹介文悪性盆栽バカ病の盆栽道楽の記録です。切った張ったの危険な場面も多いので、気の弱い方はご注意!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供684回 / 365日(平均13.1回/週) - 参加 2010/12/28 23:18

ひこさん さんのブログ記事

  • キンズの蕾と山モミジ09番の構想
  • まずこちらのキンズですが・・・・こんなところとか・・・こんなところに、小さい蕾が現れました。短く留まっているので、使える実になりそうです。新梢も伸びていたので、ついでに針金もかけておきました。それと・・・もう一方の小さいキンズです。まだ数は少ないものの、こちらも短く留まっていていい感じ。もっと出てきそうな雰囲気もあるので、今年はイケチャウかも。話変わって・・・山モミジの09番ですが・・・2012年 [続きを読む]
  • 今年2月の立春大市で貰ってきた四国五葉松のその後
  • 毎年、国風展開催中に上野グリーンクラブで開催される立春大市。そこに必ずやって来る四国の業者がいます。四国の五葉松の素材とかを持ってくるんですね。毎年何がしかを貰ってくるんですが、今年はこれでした。それを・・・このようにしています。上から。針金かけの様子。テルさんの久三八角鉢の底穴からも、白く輝かしい菌根菌の群生が見えます。ただし、この針金で調整できそうもない出っ張りだけは落として・・・ここまで。一 [続きを読む]
  • もう黒松の芽切りは全部終了
  • なにしろ、今年の黒松はほとんど病み上がりの状態です。一時は、ほぼ全滅になるんじゃないかと危惧もしましたが、濃い目のキノンドーへのドブ漬けで、なんとか持ち直しているようです。ただし、病に冒された葉はそのままなので、芽切りしてしまうと、こんな汚らしい状態になる訳です。これはまだマシに見えるヤツですが・・・芽切り後はこんな感じ。こちらは・・・こんな調子です。もしキレイに新葉が出揃ったら、小汚い古っ葉は全 [続きを読む]
  • 挿し木仕立てのニオイカエデの構想
  • ずぅ〜っと、発泡トレーに刺さったままで大きくなったニオイカエデを、この春に叩いてから鉢上げしたものです。これが、鉢上げ後ちょっと経過した写真ですが、ナント芽が下側からしか出てきませんでした。それを・・・強制的に持ち上げて作っています。叩いた部分を、出た芽に合わせて削りました。これで、伸ばした枝を引っ張れば、傷が早く巻きます。だから、当面追い込んだりしないんです。将来的には・・・こんなイメージでしょ [続きを読む]
  • またも長寿梅の切り戻しとビール祭り番外編
  • 長寿梅です。コケもすごいし、徒長もしているので・・・切り戻しては掃除しました。いつも同じですね。ところで・・・昨日のビール祭りでの一コマです。あろうことか、まいちゃんの見つめる中、我々の制止する声を無視して、自慢の皺腹(しわばら)を見せるミャーイさんです。日頃、ボディービルで鍛えた体を見せたくて仕方がないんですね。誰も見たくないんですけど。盆栽ポチボタン [続きを読む]
  • 恒例!ビール祭 続報
  • 昨日の「荷」の中身で、この右下の山モミジは・・・すごく小さいこれでした。鉢は9さんから貰った山正ですね。見事にきみちゃんに引き取ってもらいました。一瞬のスキをついて盗撮しておきました。きみちゃん、眼力があります。こちらの楓は・・・ご意見番のサイトーさんが持って帰りましたね。ちなみに、この手前のブドウは、きみちゃんの差し入れであります。この、滅法酒に強い男もイロイロとゲットしたらしいです。最後に・・ [続きを読む]
  • 今日のビール祭り速報! &荷&獲物
  • 我が会の恒例行事である「ビール祭り」が滞りなく実施されました。飛び入りで、小学生のK君もお母さんと一緒に参加してくれました。(右側で酔っ払っているおじいさんは、云わずと知れたミャーイさんです)とても利発そうな男の子で、「勉強できそうだね!」というと、元気に「ハイ!」と応えてくれました。盆栽が好きだそうで、以前来たときに、くまさんから立派な真柏を貰ったらしいです。セリに出した私の荷はこんなところです [続きを読む]
  • 芽切りしたり、しなかったり
  • たぶんKIDちゃんからのもらい物の実生黒松の1本です。これは、針金が食い込みかけているので・・・外しただけ。芽切りなんてしません。これはくまさんから貰った寄せてくねらせてある黒松ですが・・・これはナニもしません。これは45番としてある小さい黒松ですが・・・芯にする芽以外は芽切りして・・・芯にする芽だけ針金をかけました。これも、サイズ的にはKIDちゃんサイズですが、きっと好みじゃありませんね。盆栽ポチボタ [続きを読む]
  • 気づけば暴れていたローヤ柿のジョニーナントカ
  • 別に血液型を言い訳にしたくはありませんが、それでもいい加減なのはB型だから?名札がないと、名前すらよくわからなくなりました。で、そのローヤ柿のジョニーナントカです。ちゃんと手を入れているのに、目を離した途端にこれですから。シュートした枝を切り戻し、葉を切り、針金を追加しました。細かいことは云いませんから、来年はひとつ、実が生りますよ〜に!盆栽ポチボタン [続きを読む]
  • いわゆるKIDちゃんサイズのクチナシの手入れ
  • 細葉のクチナシの「キヨホマレ」です。今はデカイですが・・・こうすれば小さくなります。でも、これで容赦するようなわたしぢゃありません。これで5センチくらい。ちょっと針金までかけちゃいました。もっとも、目の肥えたKIDちゃんを振り向かせるのは、並大抵の努力ではかないません。やっぱし、オーセンティックでありながら、アバンギャルドな感じがないとダメなんです。(意味わかりますかねえ、くまさん!)チョイ悪オヤジ [続きを読む]
  • 赤松も芽切り
  • 唯一の赤松です。これはなんとか病気を免れているみたいです。底穴の奥をよく見ると、白っぽく見えるんです。良い兆候ではあります。さて、これも芽切りしました。昨年より芽切り時期を遅くしました。どういう結果になるでしょうね。盆栽ポチボタン [続きを読む]
  • これも本当はヤバイ黒松04番の芽切り
  • これはテルさんの雲足の正方鉢に入れてある黒松の04番です。昨年はあまり芽切り出来なかったという札です。そうなると、今年はどうしたってやらない訳にいきませんね。またもピンボケですが、要するに元葉がないところがいくつか見受けられるという意味です。例の病気で古葉が抜け落ちてしまったんですね。それでもやむなく・・・芽切りを終えました。元葉がないところに芽を持つことができるのか?それも実験ではあります。盆栽 [続きを読む]
  • 2017年度版実生山モミジの近況と楓16番の葉刈り
  • 毎年、なんらかの形で実生を続けています。続けていかないと、根接ぎとか急な用途に使えないで困るからなんです。中身はいつもながらのこんな感じです。当然、曲を入れないものも何本かあります。それと・・・楓の16番です。今回が今年2回目の・・・全葉刈りです。3回目ができるかどうかはわかりませんけどね。盆栽ポチボタン [続きを読む]
  • これまた、かなりヤバイ感じに見える黒松37番の芽切り後
  • これは、やはり昨日と同じ症状の黒松37番です。この樹の場合も、芽の軸が伸びているので、芽切りしないという訳にはいかないんです。そこで・・・やりました。(7月4日実施)それから一週間ですが・・・ダメそうなところも見受けられますが、芽を確認できるところもあります。で、私つらつらと考えました。今年伸びた新葉に病気の症状がないのなら、これから出る芽も大丈夫なんじゃないかと。要するに、芽切りが上手くいけば、 [続きを読む]
  • 荒皮性のイボタとニオイカエデの切り戻し
  • 前回の追い込みから数ヶ月経ち・・・あまり枝も太らせたくもないし、切り戻しました。こういう樹は飾れるレベルまで達するのが大変です。それと・・・これまたすごい調子のニオイカエデです。どうもカメラのピンの調子が悪く、かなり甘い写真ですが、一応追い込み完了です。新しいカメラも欲しいけど、解像度がありすぎて、ブログ向きじゃないんですよね。それ用のデジカメってあるんでしょうかね。盆栽ポチボタン [続きを読む]
  • かんりヤバイ感じに見える黒松39番の芽切り後
  • 今年の黒松を襲った病は、この39番にも深刻に影響しています。この写真だと、今年の新葉が展開しているので、それ程は深刻に見えませんが・・・芽切りしてみると一目瞭然です。この樹については、芽切りしないという選択肢はありません。間延びを吸収できないからです。そこで、痛々しい葉には手を入れずに芽切りしたのが、7月2日でした。こんな葉でも、抜いてしまっては芽を持てない(だろう)からなんです。それから一週間・ [続きを読む]
  • まともな方の黒松の芽切り
  • この黒松は管理場所が違うので、他の多くの黒松みたいに病気が入っていないものです。だから、普通に芽切りするだけなんですが、芽の強弱はハッキリしているので、どうしようか考えた挙句・・・結局、一度芽切りで済ませてしまいました。但し・・・数箇所の強い芽のところだけ、軸を長く残して芽切りしました。カズさんは去年の芽切りで、この手が上手くいったと書いていましたので採用したんです。私も過去に何度かトライして、そ [続きを読む]
  • ズミの話
  • このクネったズミには・・・昨年接いだ一才性の枝に、いくつかの実を着けました。一方・・・これも以前に一才性の枝を接いだものですが・・・結局、結実に至りません。受粉に使った樹も同じズミだったからでしょうかね。やはり、よく咲く姫林檎か海棠も用意すべきなんでしょう。でも、すぐに忘れて来年慌てるんですよね。盆栽ポチボタン [続きを読む]
  • ミニ真柏、ガマズミ、ローヤ柿、オクラ会長の言霊
  • 小さい真柏13番。ちょっと「チネッテ」、手を入れました。KIDちゃんに喜んでもらおうと思って。このガマズミは・・・待望の芽が動いたので、針金をかけ・・・不要な芽を摘み、足元の掃除を。樹形の維持と短縮のために、今年の実を諦め追い込んだローヤ柿。ちょっと葉切りして・・・その後の手入れはまた後日。ただ、枝枯れっぽいところも、芽が見えるので一安心。さて、盆栽のことはひとまず置いておいて、今日のことです。この [続きを読む]
  • 梅もどきのやり直し2態
  • たぶん取り木した梅もどきの23番です。景気づけのために放っておきましたが・・・いつまでも遊ばせておく訳にもいきません。こっちはエスカルゴタイプの梅もどき30番です。こっちも行き詰ってしまったので、ここでやり直しすることにしました。余談:いよいよビール祭りが近づいてきました。ジュンコちゃんからのメールで参加確定のようなので一安心。もちろん、きみちゃんは参加してくれるので楽しくなりそうです。そう云えば [続きを読む]