ひこさん さん プロフィール

  •  
ひこさんさん: 盆バカひこさんの盆栽道楽
ハンドル名ひこさん さん
ブログタイトル盆バカひこさんの盆栽道楽
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/fwnt1093/
サイト紹介文悪性盆栽バカ病の盆栽道楽の記録です。切った張ったの危険な場面も多いので、気の弱い方はご注意!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供689回 / 365日(平均13.2回/週) - 参加 2010/12/28 23:18

ひこさん さんのブログ記事

  • 実生梅もどきに取り木をかける
  • メスであることを確認したはずの実生梅もどきです。青い腰巻がメスのしるし。普通に環状剥皮して・・・マイブームのルートンをまぶしたティッシュを・・・巻いておきます。ビニールポットの底に鋏を入れて・・・スッポリと被せました。これを固定するために・・・針金でU字の釘を作って・・・ポットの底に刺します。最後に赤玉を入れたら出来上がり。3分クッキングならぬ、10分取り木ングでした。後は待つだけ!盆栽ポチボタン [続きを読む]
  • 実生山モミジの徒長枝をちょん切る&CG
  • 2012年ものの実生山モミジのうちの一本です。困ったことに・・・ここに芽あたりが見えるんですが、ちっとも動きません。逆に、徒長した枝だけがピューっと伸びるだけ。もうこれ以上走らせると枝太りになるので、一節まで切り戻しました。これで芽が動いてくれればいいんですけどねえ。そうすれば・・・こんな感じに作れるんですけど。盆栽ポチボタン [続きを読む]
  • 楓27番の回し接ぎを切り離したり葉刈りしたり
  • 苦心しながら作っている楓27番です。(苦労していないほうが少ないですけどね)まず葉刈りして、姿を確認します。赤い矢印は今年根接ぎした接ぎ穂です。青い矢印は回して接いで芯を作ろうとしています。その回し接ぎの方は、活着の促進のためにちょっと前から削りを入れています。もう十分だろうと思われるので・・・外しました。今後の展開次第で・・・このくらいまでは「なる早」で。盆栽ポチッボタン [続きを読む]
  • 今年、5本目の実生山モミジの取り木を外す
  • まだまだ続く、実生山モミジの取り木外しです。これもかなりの発根ですねえ。ルートン恐るべし。この樹の場合も、下の幹部分を残します。残す、残さないはTPOですけどね。いつもどおり、葉を減らし、根も切り揃え・・・深い駄鉢に。一応、芯になる枝に針金をかけています。とは云え・・・厄介な傷を負って、一筋縄でいかないことだけは確かです。盆栽ポチボタン [続きを読む]
  • 挿し木仕立てのニオイカエデの整枝
  • 挿して何年かのニオイカエデです。残念ながら矢印の枝は枯れているので、これに代わる枝を下げないとイケマセン。どうせやるならちゃんとやろうと、必要な枝すべてに針金をかけ・・・模様を入れて・・・弱くなりがちな下枝はそのままとして、上部の枝は切り戻しました。後も検討しましたが、やはり正面はこちらなので、このまま充実させていく予定です。バイオも追加しました。盆栽ポチボタン [続きを読む]
  • こっちのチリメンカズラはコンサバに
  • 取り木で作っているチリメンカズラです。取り木を外すのに、さらに1年待ったくらいですから、根の生育が旺盛とはいっていませんでした。だから、昨年外してからもほとんどノータッチです。今回も「強引」なバリカン刈りなどはせず、一本一本の元葉を確認しながら切り戻しました。もう一年くらいは根作りに専念して、来年暖かくなったらバッサリといく感じ?です。盆栽ポチボタン [続きを読む]
  • 取り木で作っているクチナシ14番を追い込む
  • お祭りのセリで貰ってきたクチナシを、取り木で短縮した14番です。葉刈りして、チョロチョロっと整枝でもしようかなんて思っていたんです、最初は。正面棒を立てて、針金をかけていこうとしていたんです。ところが・・・結局いくつかの枝を抜き、切り戻すハメに。これで10センチは下回っていますが、葉が出れば越えちゃいますね。盆栽ポチボタン [続きを読む]
  • 真柏の? これはナント云ったらいいのかしらん作業
  • 雑草著しい真柏です。つまり、ずっと手出ししていないということでもあります。赤い点あたりと、矢印の後枝は接いで作ったものです。いろいろと苦労してきて、ちょっと諦めたということですね。ただ、今回ちょっと色気を出して、取り木でもするかと思い、一応ISOさんに相談したんです。すると・・・取り木するくらいなら、この根を使ったらいいんじゃないかとサジェスチョンを受けたんです。そう云われれば、ある意味もっともなこ [続きを読む]
  • チリメンカズラ02番のバリカン刈りと勉強会でのグッさんへの指導
  • チリメンカズラ02番です。なんか丸くて、マリモみたいです。一気にバリカン刈りしてしまいました。軽く「棚」も入れています。かなりキレイに仕上がりました。最後に、大きい葉を刈ったり、掃除をしました。ことしも植え替えできなかったので、来年はやる必要がありそうです。ところで、今日はネジロでの勉強会でした。とても暑い中での作業ですので、日陰がありがたいですね。勉強熱心なグッさんは、ISOさんからなにやら薫陶を [続きを読む]
  • マユミハーレム 愛の戦場編
  • 先日、サイトーさんの棚場から拝借してきたマユミのオスの周りに、メスたちが群がっております。一匹のオスをめぐる、愛の戦場であります。さて、私の荒皮性のマユミはサイトーさんの(マユミの)愛を勝ち取れたんでしょうか?結実しているようにも見えるし、そうでないようにも見えるし・・・まあ数日でハッキリすると思いますけど。盆栽ポチボタン [続きを読む]
  • 楓03番の全葉刈りとオクラ会長3態
  • 一蒼の辰砂鉢に入れてある楓の03番です。フトコロまで光と風を通して、小枝を増やすことが葉刈りの目的なんでしょうけど、私の場合はそんなことより裸樹が好きなんですね。やまと園で貰ってきてから5年くらいでしょうか。もう一息というところです。マユミを撮るフリして、我らがオクラ会長を撮影しました。でも、最近はちょっと嫌がるんですよ。あれだけ盆栽界で顔の広い男が、いまさら目線でもないでしょうし、もう少し堂々と [続きを読む]
  • 今年、4本目の実生山モミジの取り木を外す
  • この春(2月)に取り木をかけた実生山モミジです。根は見えないんですけど、他のもよく発根していたので・・・ポットを開いてみたら案の定・・・スゴイことになっていました。昨年までは、山モミジの取り木には発根剤(ルートン)を使っていませんでしたが、やはり効果があるんですねえ。ちなみに、なぜ発根剤を使わなかったかというと、昔、ケヤキの取り木でオキシベロンを使ったら、ボディからも根が出てきて使い物にならなくな [続きを読む]
  • 寄せ植えの長寿梅12番の追い込み
  • かなり元気な長寿梅の12番です。寄せ植えで作られていますが、私がお祭りで手に入れて5年くらい。バイオはケチらずにくれています。まずは、徒長した枝を元にたどって切り戻しました。もちろんこれでも構わないっちゃ構わないんですけど、これでは10センチオーバーになってしまっているので、やっぱり・・・ザクザク葉刈りしていって・・・高植えしなければ10センチ以下になるようにまで追い込みました。入手時は・・・こん [続きを読む]
  • 軽い切り戻しとかトコトン追い込んだりとか ニオイカエデ2態 +α
  • これは、今年はバイオをやるくらいしかしていないニオイカエデです。コイツは今年延びた元までたどって切り戻しました。さて・・・こちらは花まで咲いたもの。間延びが激しく、単なる追い込みでは追いつきません。そこで・・・トコトンまで追い込みました。どうせ小さくしなければならないので、ここは「勝負」ですね。上手く吹くかどうかは「運」次第です。おまけ例の、「下向きにしか芽が出なかったニオイカエデ」です。それなら [続きを読む]
  • もう一本の小葉のイボタの葉刈りと針金はずし
  • 先日に続き、もう一方の小葉のイボタです。こちらも、そろそろ葉刈りでもしようかと・・・少しずつ葉刈りしていますが、なんと言っても「小葉」ですからね。葉がなにしろ多いんです。それでも、二日がかりでどうにか針金はずしまで終えました。ちょっと芯の処理で悩んでいて、さてどうしたものか。盆栽ポチボタン [続きを読む]
  • 磯山椒のちょい整枝
  • ちょっと工夫して作っている磯山椒です。花なんか咲いたりしています。まず、こちらから見て左の部分の整枝を・・・右部分もちゃちゃっと。ついでにバイオも載せました。一時は元気をなくしていたように思いましたが、なんとかなりそうです。盆栽ポチボタン [続きを読む]
  • 病気になってから回復途上のイチイの整枝
  • イチイです。今は新緑がキレイに見えますが、昨年末くらいから病気になって・・・葉に生気がなくなり、触れると落ちるくらいの状態になりました。松類の葉ふるい病みたいなものかと・・・キノンドー(銅水和剤)200倍液にドブ漬けしておきました。その後、古葉は落としました。だから、葉を落とした分、間延びしているので、芽吹きを待っていましたが・・・整枝してしまいました。太るでもなし、なんとなくやりにくい樹ですね。 [続きを読む]
  • 楓22番の葉刈りと根接ぎの後処理
  • 枝接ぎとか根接ぎとかの小細工で作っている楓22番です。葉も固まってきたようだし、今年一発目の葉刈りをしました。さらに・・・一つ残していた、根接ぎの穂先の残滓を・・・元から落としました。記念写真を撮って・・・ちょっとだけ針金を追加して完了です。これまででほぼ必要な加工は済みましたので、この後は枝作りと樹冠部の仕上げということになります。盆栽ポチボタン [続きを読む]
  • 五葉松22番は芽切りする
  • 五葉松22番です。ご覧のとおり、一部の芽の勢いがありすぎです。これを枝として活用するなら、これでも良いんでしょうが、この樹の場合は余分な徒長ということになります。これは別な五葉松ですが、こんな「金平糖芽」であれば、徒長もなく樹形の維持が図れるということなんです。で、折角だから・・・「昌国」の五葉芽摘鋏を使って・・・芽切りしてしまいました。輪郭を整える感じで。黒松なら「短葉法」という意味合いもありま [続きを読む]
  • チリメンカズラ2態 母の日spl
  • 先日、バリカンをかけて一気に短縮を図ったチリメンカズラ。乱切りした部分からも、ちゃんと芽が出てきました。ただし、折角切り揃えたのに、ピューと伸びてしまうものあるので、それらを元に戻って切りなおし・・・輪郭を整えました。まだ、しばらくはこれの繰り返しでしょうか。それと・・・取り木したこのチリメンは・・・この「ヤゴ芽」と・・・長いことかかっているこの針金を・・・外しました。将来的には・・・このくらいで [続きを読む]
  • たぶん挿し木の梅もどき
  • 一昨年の2015年10月の梅もどきです。いろいろとやっていると、ブログに記録していない樹については正体不明という場合もあります。この梅もどきもそうで、たぶん挿し木なんじゃないかと思います。それが今では・・・このようになりました。と云っても、これじゃあなんだかわかりません。葉切りしたりして、よく見えるようにしました。芯には、早めの針金をかけて走らせたので、ゆるい模様が入っています。また、蕾も見えます [続きを読む]
  • うっちぃが「手に余した楓は・・・」、今ここに、ない!
  • この、どこかで見たような見ないような楓ですね。別に言い訳をしたいわけじゃないんです。ただ、一応経過ぐらいは掲載しておかないといけなかなあ〜と。今朝、気になった「ヤケ」と思われる部分をほじってみたところです。枝を接ぐにしても、「生幹」じゃないと接げませんね。だから、どこか生きていないか、どんどん探していきました。すると、どこを探してもないんです。もちろん・・・後も。そりゃ、微かな水吸いは見えますけど [続きを読む]